ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 知っておきたい!銀行ローン審査に通るときのコツってあるの?

知っておきたい!銀行ローン審査に通るときのコツってあるの?

お金を借りたい!と思ったときに真っ先に思い浮かぶのはどこですか?

お金を借りるときに敷居が高いと思われがちなのが銀行ローンです。銀行ローンは審査が厳しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、近年の銀行ローンは商品も多種多様あり、間口も一昔前よりも開かれるようになりました。以前のように口座を持っていないと絶対に申し込みができないということもありません。

今回は、そんな距離が近くなった銀行ローンで審査に通るためにはどうすればいいのかということについて調べてみました。

お金を借りたい!と悩んでいる方、是非銀行ローンを検討されてみてはいかがでしょうか?

まずは知っておきたい!銀行ローンと消費者金融はどう違うの?

キャッシング・カードローンといえば消費者金融!というイメージが強い方も多いかもしれません。

しかし、銀行でもカードローンを取り扱っているところが多くあるのをご存知ですか?

銀行でお金を借りると言えば住宅ローンなどを真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、銀行ローンには様々な種類があります。

借り入れ申し込みをする前に!銀行ローンの種類をおさえておこう

住宅ローンや教育ローン、カーローンなどの何らかの目的を達成するための目的別ローンの他に、使い道を限定しないフリーローン、カードローンなどがあります。

基本的には目的別ローンの方が、フリーローン、カードローンよりも金利が低い傾向にあります。そのため、車を買いたいから…という場合は、フリーローンなどで申し込みをするよりも、カーローンを組んだ方がお得ということです。

そうではなくて、友人の結婚式があるのにお金が…なんていう方は借り入れ後の使途が指定されていないフリーローンやカードローンに申し込むとよいでしょう。

ただし、使途が指定されていないと言っても、事業用資金への使用はNGなど禁止事項もありますので、それらについてはきちんとチェックしてください。

フリーローンとカードローンは目的を限定しないという点では同じですが、違いもありますので注意しましょう。

フリーローンとカードローンの一番の違いは、お金を借りられる回数です。

フリーローンの場合、申し込み時にお金を借りたら、後は返済をしていくのみとなります。その後、更に借り入れしたいと思えば改めて申し込みをし、審査を受ける必要があります。

カードローンの場合は限度額が定められます。その限度額の範囲内であれば何度でも借り入れすることが可能です。そのため、返済しながら必要に応じて新たに借り入れということができます。

金利については比較的フリーローンの方が低めに設定されている場合が多いようです。

自由に借り入れできると借りすぎちゃうという不安がある方にはフリーローンが、継続的に借りたり返したりをする必要があるという方にはカードローンが向いています。

今回は、目的を限定しないローン(フリーローン・カードローン)にスポットを当ててご紹介していきましょう。

消費者金融と銀行のローンでは適用される法律も違うってホント?

消費者金融と銀行のローンでの一番の違いをご存知でしょうか?

消費者金融のほうが審査が緩い?怖い取り立てがある?金利が高い?銀行ローンの方がお堅いイメージ?審査になかなか通らない?銀行の窓口まで行く必要がある?…こんなことを思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし違います。これらはすべてそれぞれのイメージからの正しいとは言えない情報なのです。

消費者金融と銀行のローンを比べたときに一番の違いは、遵守している法律が違うという点です。
消費者金融は、貸金業法という法律に則って営業をしています。

貸金業法とは…

個人などに小口の融資を行う業者を貸金業者とし、それらが営む貸金業についての様々な内容を定めた法律のことです。総量規制・金利の上限の明確化など、多重債務による消費者の経済破綻をできるだけ防ぐような目的で、2007年に改正されました。

よく聞く年収の1/3以上借り入れができないという総量規制は、この貸金業法によるものです。また、一定の借入額以上になると収入証明の提出が義務付けられるようになり、個人事業主の場合、借入に決算書が必要となりました。

金利も改正前はいわゆるグレーゾーン金利がはびこっていましたが、現在では金額に応じて最大20%以下と定められています。

一方銀行は銀行法に則って営業をしています。

銀行法は銀行の営業に対するあらゆる内容が定められており、ローンについてもこの法律に基づいて設定されているのです。

では、具体的には消費者金融と銀行のローンでどういった内容の違いがあるのでしょうか?

教えて!消費者金融と銀行ローンどっちを選べばいいの?

お金を借り入れできる場所が消費者金融などの貸金業者と銀行があるのは分かったけど、じゃぁどっちから借り入れしたらいいの?とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

これらにはそれぞれ違った特徴があります。そのため、安易に決めるのではなく、内容をよく理解し、ご自分に合うのはどちらかを考えていく必要があるのです。

銀行 消費者金融
総量規制 対象外 対象
(借入総額は年収の1/3以下)
専業主婦(夫)の借り入れ 可能な場合あり
(配偶者の収入等による)
不可
配偶者貸付制度 なし あり
信用情報の登録 必要 必要
収入証明の提出 銀行ごとの指示による 1社から50万円以上、合計100万円以上の場合必ず必要
おまとめローン あり あり

簡単にご説明すると上記のような特徴があります。

例えば、配偶者貸付制度を使わずに専業主婦(夫)の方が借り入れをしたい!と思ったときは、銀行からの借り入れを申し込むことになるのです。

総量規制も銀行からの借り入れは対象外となりますので、大きな金額が必要な際は銀行に申し込みを行うとよいでしょう。ただし、審査の際に必ず通るとは限りません。

おまとめローンに関しては、消費者金融であっても総量規制の対象外となりますので、おまとめローンを検討の方は消費者金融・銀行どちらでもよりご自分に合った方を選ぶことができます。

教えて!銀行ローンの審査の仕組みってどうなってるの?

銀行ローンの審査といえばとっても厳しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

近年は、貸金業者も法律が改正され、以前に比べると借り入れ時の審査が厳しくなっていると言われています。そのため、銀行だけが著しく審査に厳しいというわけではないようです。

では、具体的にはどのような審査をしているのでしょうか?

銀行ローンの審査の流れを簡単にご説明します!

銀行ローンの審査、特にフリーローンやカードローンを受けるときにホームページなどを確認すると、「お借り入れ診断」などがある場合があります。

そのような場合は、まずご自分がその銀行ローンに申し込むことができるかどうかを知ることができますので、是非やってみましょう。

ただし、注意してほしいのは、この診断で「融資可能です」と出たからといって必ず審査に通るわけではありません。審査に通らないかもしれないということもきちんと頭に入れておきましょう。

申し込みをしたい銀行ローンが決まったら商品説明をよく読んで、申し込みを行う必要があるのです。

申し込み後の流れは大体以下のようになります。銀行によっては今回はWebを使った申し込みをした場合の大まかな流れについてご紹介します。

申し込み完了→審査→審査結果の通知→契約の手続き→カードの送付または振込

ここで気になるのは審査の内容ですよね。

基本的に、無担保となるフリーローンやカードローンは、保証会社の審査を受ける必要があります。

保証会社は、アナタが入力した各情報と、信用情報機関に登録されている情報を精査して融資後にきちんと返済してくれる信頼たる人物かどうかをチェックするのです。

信用情報機関には、アナタの今までのクレジットヒストリーが記載されています。現在返済中のローンなどは他にあるのか、以前返済を滞ったりしていないか、他の金融機関などにも一斉申し込みなどをしていないかなど様々な事をチェックするのです。

また、あわせて、職場に電話確認を行うこともあります。これは、保証会社ではなく銀行が直接行う場合が多いです。本当にアナタが記載された職場で働いているのかという点をチェックしています。

また、保証会社の審査とあわせて銀行自身も審査を行います。いくら保証会社が「融資可能」と判断しても、銀行側が「融資不可」と判断すれば借り入れすることはできません。

もちろん、借入には保証会社の保証が受けられるということが大前提となっている場合が多いので、保証会社が「No!」といえば、基本的には銀行側の審査如何によらず借り入れはできないでしょう。

保証会社と銀行の双方の審査を通って初めて借り入れが可能となるのです。

申し込むときにあわてないために!審査のときに必要な書類は?

フリーローンやカードローンを申し込む際に、Webなどからでも申し込みができますが、様々な書類が必要となる場合があります。

Webからの申し込みの場合はデジカメやスマートフォンのカメラなどで写真を撮ってアップロードするという方法をとる場合が多いです。

多くの銀行で必要とされる書類についてご紹介します。

本人確認書類 免許証・健康保険証など身分証明書
(基本亭には住所・氏名・生年月日が明記されているもの。外国人の場合は外国人登録証明書なども必要となる場合があります。)
収入証明書 源泉徴収証・住民税決定通知書など
(銀行により必要になる場合とならない場合があります。多くの銀行では○万円以下は収入証明書不要などの表記がされています。会社経営者や個人事業主は借り入れ金額にかかわらず必要なケースが多いです。)

また、銀行によっては会社の在籍証明書が必要なケースなどもありますのでその銀行ごとの申し込み要綱をよく確認しましょう。

保証会社って何?銀行と消費者金融が関係している場合があるの?

銀行の無担保フリーローンやカードローンは、無担保・保証人不要で受けられるという利点があります。

無担保ということはお金を借りる際に返済が不能になった時に代わりに持っていかれるものがないということですし、保証人不要ということは、返済が厳しくなっても他の誰かに返済義務がいって迷惑をかけてしまうということもありません。

つまり、何の対価も払わずにお金を借り入れできるということです。とても便利なように聞こえますが、単に無担保・保証人なしでは、銀行も貸し倒れしてしまう恐れがあります。

そのため、銀行は保証会社というのを定めて、借入を希望する人に保証会社の保証を受けてもらうようにしているのです。

保証会社は、借入した人が実際に返済困難な状況に陥った時に代わりに銀行に支払い、あとは保証会社・回収業者などが本人に回収を促すことになります。

そのため、銀行は安心してお金を融資することができるということになるのです。

この保証会社ですが、銀行のホームページを見ていると、よく聞く消費者金融の名前が記載されていることがあります。

実は保証会社を自身のグループ傘下に置く消費者金融に設定している銀行がとても多くあるのです。グループ傘下でなくても、消費者金融を保証会社にしている銀行もたくさんあります。

これは、消費者金融が貸金業法の改定により営業に陰りが見えたという面も関係しています。今までは別の世界だと思われていた消費者金融をはじめとする貸金業者と銀行は業務的な面では繋がりつつあります。

銀行ローン審査に通るために気を付けたい5つの注意点とは

銀行ローンの審査についての大まかな内容をご紹介しましたが、では、銀行ローンの審査に通るコツはあるのでしょうか?

実はこれをすれば必ず通る!というものはありません。保証会社・銀行の判断になりますので、100%大丈夫とは言い切れないのです。

審査に通るために出来れば注意した方が良いこと5つとは?

絶対に大丈夫という方法はありませんが、しかし多くのケースでやってはいけないことというのは存在します。やってはいけないことをやってしまっていると、ほとんどのケースで審査に通ることは難しくなるでしょう。

また、確実ではないけれど、少しは審査に優位に働くと言われているポイントもあります。

今回は特に注意した方が良い点5つをご紹介していきます。

  • 口座開設が必要なくても口座を持っていると良い

最近は銀行のローンも口座開設が不要なものも多くあります。また、ローン申し込み時に口座開設するというパターンも多いです。

以前は、口座を持っていないと申し込みもできないという状況もありましたので、間口が大分広がりました。

とはいっても、口座は銀行が審査を行う際に注視するポイントにもなります。たとえば申し込みの銀行に定期貯金100万円ある人と、口座がない人では前者の方が銀行も貸すときに安心しますよね。

保証会社の審査が合否のぎりぎりのラインのときにプラスに働く可能性が高いと言われていますので急ぎや面倒でなければ口座を開いておきましょう。

  • 口座を持っている場合は給与振込口座に指定しておくとなおよし

口座を持っていても、1円もお金の動きが無ければ持っていないのとさほど変わりません。

特にオススメなのは給与振込口座に指定しておくことです。給与振込口座に指定しておけば、収入状況が把握されますので、継続して安定した収入が確かにある…とより安心感を与えることができます。

  • 審査に通りたいからって虚偽記載はダメ絶対!

よく、審査に通りたいから勤務先はじめ年収や勤続年数、借入件数など、嘘の情報を記載して申し込みを行ってみたという方がいらっしゃいます。

しかし、虚偽記載は絶対にしてはいけません。

勤務先などは電話で確認される場合も多いですし、年収や勤続年数も著しく高いと怪しまれたりすることもあります。

また、一定の金額以上を借入する場合は収入証明書も必要となりますので、いざ収入証明書を出すときに整合性が取れないと審査には通りません。

借入件数や、現在の借り入れ金額なども嘘の情報を記載したとしても信用情報機関には借入状況がきちんと記載されていますので、嘘がばれるでしょう。

虚偽記載が判明した場合は、多くのケースで審査不可はもちろんのこと、今後二度と申し込みが出来なくなるなどの可能性もありますので、申し込み時には正しい情報と記入するようにしてください。

  • 他の金融機関などで滞納など金融事故を起こしていないことが大前提

保証会社は審査の際に必ずといっていいほど信用情報機関をチェックします。信用情報機関には、現在返済中のローンなどの情報の他に一定期間の金融事故情報・金融機関への申し込み情報なども記載されています。

そのため、金融事故情報が記載されている状態では、ほとんどの確率で審査に通ることはできないでしょう。

また、申し込み情報でも、多数の金融機関に同じような時期にたくさん申し込みをしていると俗に言う申し込みブラックと判断されて審査には通りにくくなります。

金融事故情報は一定期間掲載された後削除されますので、過去に任意整理や自己破産など債務整理を行ったことがある方は信用情報機関を確認し、情報が消えてから申し込みをするようにしましょう。

銀行ローンに申し込むときは、他のローンの滞納などをしていないことが大前提です。

自分の要望に合った銀行ローンを上手に探しましょう

一口に銀行のフリーローン・カードローンといっても銀行によって、サービス内容は様々です。

数ある商品の中からご自分の要望に合った銀行ローンを選ぶことが何よりも大切だと言えます。

例えば、専業主婦の方がカードローンを作りたいのに、申し込んでみたら、専業主婦は創れないタイプのものだったなどでは時間ももったいないですよね。

専業主婦でも大丈夫という銀行カードローンも多数ありますが、その中でも、限度額がさまざまなものなどがあります。必要な金額に応じて必要な商品を選ばなくてはいけません。

また、金利も銀行により様々です。同じ3.0%~15.0%だとしても、A銀行では100万円は5.0%、B銀行では100万円は10.0%など金利が異なることもあります。

まずはご自身がいったいどういった属性の人間で、どのようなプランで借り入れをしたいのかを明確にしておきましょう。

それから条件に合った銀行を探して、申し込みをすればいざ契約したはいいけれど想定と違ったということにはならないはずです。

注目!銀行のフリーローン・カードローンのオススメ3社ご紹介!

銀行ローンの審査に通るコツや注意点をご紹介してきましたが、では実際申し込むときにどんな銀行ローンがあるの?とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは安心してご利用できるオススメの銀行のフリーローン・カードローンをいくつかご紹介しましょう。

借り入れは一度!あとは返済を頑張りたい方にオススメのフリーローン

自由に借り入れできるとつい借りすぎてしまうという方や、目的別ローンの中にはないけれど、引っ越しや結婚資金など一定の目的の為に借り入れしたい!という方にオススメの銀行フリーローンをご紹介します。

  • りそな銀行「プライベートローンJ」

安定した収入があれば、年収・勤続年数不問。Web完結も可能です。

金 利 固定:6.5%、9.5%、12.0%、14.0%
限度額 10万円~最大300万円まで
返済期間 1年以上7年以内
保証会社 株式会社ジェーシービー
くりあげ返済 可能

基本的には申込時までに口座を開設する必要があります。Web完結申し込みをすると、来店をする必要がありません。審査の回答は最短で2時間以内ですが、借入までには日数がかかる場合もあります。

必要なときに自由に借り入れしたい!オススメカードーンは?

3カ月連続で結婚式が続いてちょこちょこ厳しくなる…という方や、必要なときに必要な金額を自由に借り入れしたいとお思いの方にオススメの銀行カードローンを2社ご紹介しましょう。

  • イオン銀行「イオン銀行カードローンBIG」

専業主婦(夫)の方でも申し込み可能!自動融資の申し込みも可能!

金 利 変動:3.8%~13.8%
限度額 30万円~最大800万円まで
専業主婦(夫)の借入 可能
(ただし限度額は50万円まで)
学生の借入 不可
保証会社 イオンクレジットサービス(株)
オリックス・クレジット(株)

口座の開設が必要となりますが、カードローン申込時に同時に口座開設をすることも可能です。すでに口座を持っている方は即日融資も可能となっているのでお急ぎの方にもオススメです。300万円までは所得証明書は不要です。

  • みずほ銀行「みずほ銀行カードローン」

コンフォートプランとエグゼクティブプランの2通りありますが、プランは銀行側が指定するため選択不可です。

金 利 変動:3.0%~14.0%
限度額 10万円~最大1000万円まで
専業主婦(夫)の借入 可能
(ただし限度額は30万円まで)
学生の借入 不可
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

口座を既に開設済みの方は24時間以内に融資が可能です。エグゼクティブプランとなると金利も3.0~7.0%と低く、様々な付加サービスが提供されます。借入限度額が200万円以下の場合は収入証明は不要です。

借り入れをする際には十分な返済計画も練っておこう!

銀行のカードローンやフリーローンは総量規制の対象外となるため、審査にさえ通ればかなり大きな金額を借り入れすることもできます。また、収入のない専業主婦(夫)の方の借り入れもできる場合もあります。

しかし、借入をすれば必ずしなくてはならいのが返済です。借入額に金利を付けて返済をしていくことになるので、最終的には結構な金額を支払う必要があることもあります。

そのため、借入をする際には必ず返済できるという見通しを立てておきましょう。

カードローンの場合は限度額まで何度でも借り入れ可能ですから、返済をするために借りては返しを繰り返してしまう悪循環に陥ることもあるかもしれません。

しかし、借りては返すではいつか限度額に達してしまい、返済が困難になります。そうして、また別の借入先を探して、借りては返し…としていると多重債務となってしまうのです。

身内で内緒に何とかしたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、多重債務などの状態になると、ご自分一人ではなかなか打開策を見つけられないものです。

そのまま、借入先もなくなって、つい闇金などに手を出してしまうと目も当てられません。

しかし銀行のフリーローンもカードローンも上手に付き合えば私たちの生活に潤いを与えてくれる大変便利な商品です。

最悪の事態になってから家族に知られて…なんて不幸なことにならないためにも、返せる範囲内で借りるということを心がけるようにしましょう。

トピックス
ページトップへ