ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査でパスする秘訣は?勤務先への電話にしっかり対応する!

ローン審査でパスする秘訣は?勤務先への電話にしっかり対応する!

ローン審査でキャッシングする際に多くの人が気になるのが勤務先への電話ではないでしょうか。

「勤務先に電話が来たらキャッシングがばれるのではないか?」といった点を心配する方は多いと思います。しかし、そんなに不安に感じる必要はありません。

そして、なによりも勤務先への電話にしっかり対応できないとカードローン利用を認めてくれません。

今回のレビューでは、ローン審査でとても重要になる勤務先への電話について徹底的に検証してみたいと思います。

勤務先の電話は「在籍確認」審査なので原則免除なし!

ローン審査で多くの人が気になる、心配してしまうのは「勤務先への電話」と言ってよいでしょう。勤務先への電話は、いわゆる「在籍確認」あるいは「本人確認」の審査として行われます。

また、返済を延滞してしまうと職場に返済を促す電話が来ますが、これは必須の電話ではないので例外的なものとなります。

そこでカードローンを利用する人でまず気になるのは「ローン審査で勤務先の電話は必須なのか?もしきちんと対応できない場合にはどうなるのか?」といったことになるのではないでしょうか。

ローン審査において“必須審査”となります

勤務先への電話は、ローン審査の一環となるのでカードローン利用では必ずあると考えてください。いかにお金持ちでも社会的地位の高い方であっても勤務先への電話による審査は免除されません。

つまり、カードローンを利用してキャッシングしたいのなら誰でも必ず受けなければならない審査になると言うことです。

勤務先の電話が必須審査となるには2つの理由があります。

1つ目は、申込書に記載した勤務先にウソや偽りがないかを確認するための「身元確認」「本人確認」の意味があるからです。

勤務先で本人確認ができれば申込書の勤務先記載に偽りがないことで審査はOKとなります。また、勤務先で確認が取れることで返済能力がある証明にもなります。

勤務先での電話審査では“勤め先確認”のみとなるので、その電話で根掘り葉掘り質問されることはまずありません。

具体的には、まず名前を確認された後に生年月日等を聞かれる程度なので1~2分で終わります。が、まれに所属部署や勤務状況などを聞かれることがあるようです。

2つ目の理由は、なりすましの申し込みや不正行為を未然に防ぐためです。カードローンの利用では、申込者と利用者が同一人物でなければなりません。そのことから、勤務先に電話してその点を確認する必要があるのです。

なりすましの申し込みや不正行為は、場合によっては重大な犯罪の温床となってしまうことがあるのでカードローン会社側では未然に犯罪を防止する責任があるのです。

以上の2つの理由から、ローン審査での勤務先への電話は必須になると言ってよいのです。

勤務先の電話には原則として利用者本人が応対する

ローン審査での大前提は、「カードローン会社から勤務先に来る電話にはきちんと対応しないと審査に落とされてキャッシングできなくなってしまう」と言うことです。

一般的なローン審査では、勤務先への電話は審査の最終段階で行われる場合が多く、「勤務先での電話審査をクリアできればカードローン利用が決まる」といった場面で行われると言ってよいのです。

だから勤務先での電話にはしっかり対応することがとても大切なのです。勤務先の電話には利用者本人が応対するのが原則となり、利用者本人が応じられればいちばん間違いがありません。

しかし、「営業で席を外している」「会議中で席にいない」などの諸事情でどうしても利用者本人が応対できないケースも実は少なくありません。

それでは勤務先への電話において「本人が対応した場合」と「本人が対応できなかった場合」ではどのように審査に影響してしまうのでしょうか?

勤務先電話での対応 予想される審査結果
本人が電話に出た場合 ・本人自身による確認がとれたのでその場で審査パスとなる
本人不在の場合 ・再度勤務先に電話来る
・応対した第三者の返答によって在籍確認取れた場合には審査OK
・行き違いの連絡となって審査落ちとなる可能性あり

問題なのは「本人不在の場合」でしょう。電話に応対した第三者が利用者本人の存在を知らなかった場合には行き違いの確認となって審査に落とされてしまう可能性があります。

たとえば、電話に出た社員が新入社員であった場合、その新入社員がたまたま利用者となる会社員の名前や存在を知らなかった…といった際に想定できる事態と言えます。

パートやアルバイトではそのような確認や連絡の行き違いによる審査落ちとなるケースが多いようです。

他方で、電話に出た社員が「○○は只今席を外しています」といった返答であった場合には、勤務先での在籍確認が取れたとして利用者本人が電話に応対しなくても審査がOKとなることがあります。

勤務先の電話でキャッシングがばれてしまう可能性はあるのか

カードローン会社から勤務先にかかってくる電話で多くの方がいちばん気をもんでしまうのがキャッシングがばれてしまう可能性だと思います。

「会社の同僚にキャッシングがばれると困る」「部下にカードローンでキャッシングしている事実を知られたくない」といった人は多いと思います。

しかし、仮に勤務先での電話に他の社員が応対してもキャッシングがばれてしまう可能性は極めて低いと言ってよいのです。

それはカードローンの利用者本人が直接電話に応対しない限り「△△カードローン会社の××です」とは絶対に言わないからです。

利用者本人以外の第三者が電話に出た場合には、友人を装う、保険会社の勧誘員を装う、取引先の社員を装う、といったようにふるまってくれるケースがあります。

以下に主なカードローン会社での勤務先への電話での第三者に対する対応例を挙げておきます。

カードローン会社 第三者への対応の仕方
三菱東京UFJ銀行 銀行名を名乗る
(ただし個人名の希望あれば可能)
新生銀行レイク 個人名を名乗る
楽天銀行 (担当者の)個人名を名乗る
みずほ銀行 (担当者の)個人名OR銀行名
オリックス銀行 原則として個人名を名乗る
イオン銀行 個人名を名乗る
三井住友銀行 銀行名
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) (担当している)個人名
アイフル (担当者の)個人名
モビット (担当者の)個人名
アコム (担当者の)個人名

銀行では基本的に「銀行名」を名乗るところが多いと言ってよく、個人名でもOKのところがあります。一方、消費者金融の場合は「会社名」を名乗るところは無いと言えます。

ほとんどが「個人名」を名乗るようになっており、事前に担当者と相談して「友人を装って電話して欲しい」「保険会社の勧誘員を装って電話して欲しい」などの細かいリクエストもOKとなる場合があるようです。

特に消費者金融カードローンでは「キャッシングしていることが第三者にばれないようにする」といった配慮が銀行よりも行き届いていると言ってよいのです。

それゆえ、かえって消費者金融の方が勤務先の電話でキャッシングしていることがばれ難いと言ってよいかもしれません。

勤務先への電話は怖くない!働く人別の“賢い対処法”を大公開!

カードローン会社がかける勤務先への電話に確実にカードローン利用者自身が応対できるように事前にきちんと準備しておけば、勤務先の電話審査をまったく不安がる必要はないのです!

勤務先の電話に“賢く対処する方法”とは、確実に利用者本人が電話に応対できる環境を事前にしっかり整えておくことになります。

そこでここでは働き方や借りる人別に観た賢い対処法を大公開します。

会社員の場合~事前に勤務先電話の日時を決めておく~

会社員の場合は、営業担当だったりすると日中はほとんど社内にいることがなく勤務先への電話に対応し難いことが多いと思います。

また、会議や他部署との連絡が頻繁で席を外している時間の方が多いといったケースもあるでしょう。

そのことから会社員で特に営業担当で外回りの時間が多い人などは、申込時にでもカードローン担当者と相談して勤務先へ電話する日時を事前に決めておくことが賢い対処法になります。

「この日時ならまず確実に社内にいるので電話に対応できます」と説明すれば、勤務先への電話でそのような便宜を図ってくれるカードローン会社は意外に多いと言ってよいのです。

カードローン会社側でも、できれば職場で確実にカードローン利用者本人に応対してもらった方が良いのです。また、「確実に対応できる日時がどうしても定まらない」といった会社員なら、今では会社から支給されている携帯電話やPHSがあるので、そちらの電話番号にかけてもらうようにすることも可能です。

カードローン会社 事前相談の対応有無
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 事前に相談すれば電話連絡の日時に対応可
アコム 事前相談で柔軟に対応可
アイフル 事前相談なら日時指定も可能
モビット 事前相談で理由が妥当なら日時指定もOK
三菱東京UFJ銀行 事前相談で柔軟対応OK
楽天銀行 事前に相談すれば勤務先電話の時間指定は可能
オリックス銀行 事前に申出れば勤務先の電話での日時指定もOK

消費者金融カードローンについては、ほとんどの会社で事前に相談すれば勤務先の電話での日時指定にかなり柔軟に対処してくれると言えます。

また、銀行カードローンの場合でも事前にしっかり相談して事情を説明できれば日時指定に応じてくれるところはあるようです。

パート・アルバイトの場合~“連絡の行き違い”に注意しよう!~

パートやアルバイトで働いている方の勤務先への電話でいちばん注意したいのは“連絡の行き違い”といったことです。

それはパートやアルバイトで働いている人たちをすべて社員が把握しているとは限らないからです。

実際にその会社でパートやアルバイトで働いているにもかかわらず、カードローン会社からの電話に応対した社員が「○○という名前の人はうちの会社にはいません」と返答したことで審査に落とされてしまったという話しは少なくありません。

そのことからパートやアルバイトの人の場合は、そのような連絡や確認の行き違いに対するしっかりした対処が賢い対処法になると言ってよいのです。

そのためにはパートやアルバイトを統括している担当者に「カードローン会社から職場に電話が来るのでその時はよろしくお願いします」とひと言きちんと承諾をとっておくことがいちばんの安全策となります。

しかし、パートやアルバイトに中には職場の人間にカードローンを利用していることを知られたくないといった人もいると思います。

その場合にはアルバイト担当者の社員に「保険会社の勧誘員から保険の加入について電話があるかもしれませんのでよろしくお願いします」とでも断っておけばよいと思います。

そして、その場合には事前にカードローン会社に「勤務先への電話では保険会社の勧誘員を装ってかけてください…」と相談して確認をとっておけばよいでしょう。

銀行の場合は、そのような相談にはなかなか応じてくれないと思います。が、パートやアルバイトの利用率が比較的高い消費者金融カードローンなら対応してくれる可能性は十分あります。

派遣社員の場合~「派遣元」に電話が原則になる~

派遣社員の場合は、正社員やアルバイト・パートの場合とはまた違った対応が必要になると言ってよいでしょう。

それは派遣社員だと「派遣元会社」と「派遣先会社」といったように在籍している会社と実際に勤務している会社とが異なるからです。

それゆえ、派遣社員の場合は「派遣元会社」か「派遣先会社」のどちらにカードローン会社から電話が来るのか、あるいは電話して欲しいのかを事前にしっかり確認する必要があると言ってよいのです。

たとえば、派遣先会社に電話が来た場合には、派遣先会社の社員すべてが派遣社員であるカードローン利用者の存在を知っているとは限らないので、そのようなケースでは先のパートやアルバイトのように連絡の行き違いで審査に落とされてしまう可能性があるのです。

一方、派遣元会社の担当者なら派遣社員のことはすべて把握している筈なので連絡の行き違いになってしまう可能性は低くなると言ってよいでしょう。

それゆえ、派遣社員の場合は、基本的に勤務先への電話は「派遣元会社」にしておくのが安全策となります。

カードローン会社によって「派遣元会社」か「派遣先会社」になるかは異なるようです。

カードローン 派遣先OR派遣元
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 原則として派遣元会社
(ただし派遣先会社にも電話ある場合あり)
アコム 派遣先でも派遣元でもどちらでも可
アイフル 原則として派遣元会社
モビット 原則として派遣元会社
三菱東京UFJ銀行 派遣先会社と派遣元会社の両方に電話ある場合あり
三井住友銀行 派遣先会社
(ただし無理な場合は派遣元会社)
オリックス銀行 派遣元会社が原則
(ただし派遣先会社の場合もある)
楽天銀行 原則として派遣先会社
(派遣先で無理な場合は派遣元会社でもOK)

消費者金融の場合は、原則として「派遣元会社」に電話が来ると考えてよいでしょう。

他方、銀行の場合だと「派遣先会社」となることが多いと言ってよいでしょう。また、申込書での勤務先情報でも原則として「派遣先会社」の情報を記入するようになるところが多いようです。

派遣社員ではできれば「派遣元会社」と「派遣先会社」の両方でカードローン会社からの電話連絡に対応できるかどうかを事前に確認する必要があると言ってよいでしょう。

「勤務先電話」に柔軟に対応可のカードローンある

ローン審査で勤務先への電話は原則として避けることはできません。しかし、カードローンを利用される方の中には、どうしても会社の都合や事情で職場で電話を受けられない、あるいは仕事柄社内にいることが少なくていつも外回りが仕事となってしまうので職場で確実に電話に応対できない…といった人はいると思います。

カードローン会社ではそのような特別な事情や理由がある人に対して「絶対に勤務先の電話に応じなければカードローンの利用は認めない!」といった頑なな態度を崩さないといったことはありません。

カードローン会社の中には、そのような勤務先の電話にどうしても応じられない理由があるといった場合には、かなり柔軟に対処してくれるところはあります。

柔軟対応でオススメの消費者金融カードローンならこれだ!

ちかごろでは個人情報保護法の観点から、会社や職場にかかってくる個人的用件の電話については応対できない、あるいは本人への取り次ぎを拒否されてしまう会社が増えてきました。

そして、そのような会社ではカードローン会社からの勤務先への電話審査に応じられないケースが多いのです。

だからと言って、カードローン会社では、そのような自分の責任ではなく会社の事情や都合で電話に応じられない人を一刀両断でバッサリと審査に落としてしまうような真似はしません。

「勤務先への電話に応対できない正当な理由がある」と認められる場合には柔軟に対処してくれるのです。そんな柔軟な対応可能となるのは消費者金融カードローンなんです。

どの消費者金融カードローンでもローン審査での勤務先への電話審査は必須となります。が、事情によってはあえて「勤務先への電話」というかたちではなく代替書類の提出でOKとなるところがあります。

しかし、勤務先への電話などによる「職場での本人確認の審査」が免除される訳ではありません!

どうしても職場での電話連絡での本人確認が難しい場合には、その代わりに書類の提出によって勤務先への電話が免除されるということになります。

その際に必要になる書類は以下のものとなります。

  • 社員証
  • (会社名が記載された)社会健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 賞与明細書

また、勤務先の電話に代わる対処法をしてくれる消費者金融カードローンは次に通りです。

消費者金融カードローン 金利 融資限度額 勤務先電話の代替措置
アコム 年4.7~18.0% 1~500万円 事情によって勤務先電話の免除のみでOK
アイフル >年4.5~18.0% 1~500万円 在籍証明書の提出で可
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 年4.5~17.8% 1~500万円 申込完了後、ご相談ください
モビット 年3.0~18.0% 1~800万円 「Web完結申込」が利用可なら勤務先への電話無しでOK

以上の消費者金融カードローンでは、すべて原則として勤務先への電話はあります。それゆえ、勤務先電話の代替案が適用されるのはあくまでも例外的措置と考えておいてください。

銀行カードローンでも柔軟対応のカードローンある

銀行カードローンに対する一般的なイメージとしては、「審査が厳しめでなかなかお金を借りられない」といったものではないでしょうか。

確かに銀行カードローンの審査は消費者金融カードローンの審査に比べると一般的に厳しめとなります。そして、「ローン審査が厳しめとなるので勤務先への電話審査が無理な場合の代替措置には応じてくれない!?」といった印象を持ってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、ローン審査が厳しくても勤務先の電話については、会社の事情や都合などでどうしても無理となる場合には柔軟に対応してくれるところはあります。

が、一般的に銀行カードローンでは勤務先の電話審査ではカードローン利用者が応対することが利用条件と考えているところは多いと思われます。それゆえ、銀行によってはいかなる事情であっても職場での電話確認に応じられない方はカードローンの利用を断るところもあると考えられます。

柔軟に対応してくれる銀行カードローンでは、先の消費者金融と同じように勤務先の電話の代わりに社員証等の会社に在籍している事実を証明できる書類の提出でOKとなります。

ただし、勤務先の電話による在籍確認が免除されるだけであって職場での在籍確認の審査自体が免除される訳ではありません。

それゆえ、在籍証明書が提出できない場合はカードローンの利用ができません。勤務先への電話に代わる措置に応じてくれる銀行カードローンは以下のところがあります。

銀行カードローン 金利 融資限度額 勤務先電話の代替措置
新生銀行レイク 年4.5~18.0% 1~500万円 ・在籍証明書の提出でOK
イオン銀行 年3.8~13.8% 800万円まで ・イオン銀行に口座あると電話免除の場合あり
・社員証等の在籍証明書の提出でも可
三菱東京UFJ銀行 年4.6~14.6% 1~500万円 ・給与明細書の提出で代替措置となる場合あり
セブン銀行 年15.0% 10万円・30万円・50万円 ・基本的に勤務先の電話なし

三菱東京UFJ銀行では利用条件において「勤務先に電話する場合もあります」といった明記があるので職場への電話連絡はかなり柔軟になると言ってよいと思います。

なぜなら、場合によっては勤務先への電話をしないケースもあると言えるからです。

また、セブン銀行については「原則として勤務先への電話なし」と明記されていますが、「場合によっては勤務先に電話連絡あります」とも記されているので100%の確率で勤務先への電話が無いとは断言できません。

ローン審査での勤務先の電話は必須審査となります

勤務先への電話は、ローン審査の一環となることで基本的に免除されることはありません。

また、審査となるので勤務先での電話連絡にきちんと応対できない場合にはカードローンの利用は認めてもらえません。つまり、勤務先への電話はカードローン利用においてとても重要なものになると言ってよいのです。

一方で、どうしても勤務先にかかってきた電話に応対できない人もいるので、その場合には勤務先に電話をいれる以外の代替措置で会社での在籍確認が取れる場合にはそれでOKとなる柔軟に対応してくれるカードローンもたくさんあります。

しかし、これはあくまでも例外的措置と言ってよく、原則としてはカードローン会社から勤務先にかかってきた電話連絡にはカードローン利用者自身が応対することになります。

トピックス
ページトップへ