ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 徹底比較!カードローン審査通る人通らない人の違いって何なの?

徹底比較!カードローン審査通る人通らない人の違いって何なの?

消費者金融、銀行共にカードローンサービスはますます充実しており、年年利用者が増え続けています。とにかく何処の金融機関で利用したらいいのか、我々はまず選ぶことから考えねばなりません。

でもその前に皆さんはカードローンを申し込んでからの審査について考えたことってありますか?お金を借りるのに審査は絶対に必要なのです。

カードローンは申し込んだからと言って、必ず審査が通る保証はどこにもありません。そこで今回は審査に通る人通らない人の違いについて述べて行きましょう。

カードローンを申し込んだ!どうして審査が行われるの?

消費者金融でも、銀行でもカードローンを申し込むと必ず審査は行います。現代は審査なしで融資を行うことなど法律上絶対にしてはいけないことなのです。

金融機関で新規にカードローンを申し込むときには、アナタの個人情報から勤務先まで何もかも申請しなければならない強制的なところがあります。これはある意味仕方のないことです。

金融機関がカードローン審査をどうしても行わなければならない訳

消費者金融と銀行が、カードローンの審査をどうして行わなければいけないのか?その訳はいくつかあります。

  • 利用者1人1人に個々の限度額の設定を行う必要がある
  • カードローンを提供して、利用者が果たして返済能力があるのかどうか
  • 利用者の過去の金融履歴の確認
  • 利用者の勤務状況
  • 利用者の住居情報
今やどこの金融機関でも日本信用情報局(JICC)と連携を組んでおり、審査はこの情報局
を通じて行われています。そこで審査でOKが出れば、そこで初めてアナタはカードローンを利用する事が可能となります。

何もかも自分の個人情報を知られるのは嫌!審査なしで借りられないの

初めてのカードローンの申込で、何もかも自分の個人情報を知られたくない、拒否したいと言われる方が中にはいらっしゃいます。でもそれは絶対に出来ないのです。

審査なしでお金を借りられる所はないのか?と聞かれますが、そういった金融機関は何処にもありません。審査なしでお金を貸し出している所は「闇金」だけです。

「闇金」は法律に違反する行為をして、お金を貸し出していますのでとても危険です。

  • 電柱や町内の掲示板などに「お金貸します」の手書きっぽいチラシを貼りだしている
  • 連絡先は携帯番号
  • 小さいビルにテナントとして入っている
  • サラリーマン・主婦・学生誰でもOK!と言った謳い文句が多い
  • 闇金は無審査・限度額設定なし
  • インターネットにホームページの掲載がない
  • ポスティングでチラシを配ることがある

ですから「闇金」には絶対に手を出してはいけません。違法に高い金利で返済を執拗に迫ってきます。

現代のカードローンは審査なしでの利用は出来ません。よく覚えておきましょう。

是非覚えて!審査ではすんなり通る人と通らない人の違いがある

金融機関では即日融資をOKとしている所が殆どですが、特に消費者金融程そういったサービスが充実していると言えます。

即日融資OKと言った言葉を聞けば、ああ、すぐに誰にでもお金が借りられるんだ~消費者金融って審査が甘いんだ~とイメージされがちですが、それは大きな間違いです。

大手程審査はどんどん厳しくなっているのをアナタはご存知ですか?それではまだ知らないアナタの為に、大手消費者金融の審査が厳しさを増している現状をご説明しましょう。

大手消費者金融!カードローン審査が厳しくなっているのは何故?

カードローンの第一条件として、「安定性のある収入」が挙げられています。特に消費者金融などは年を追うごとに競争が激しくなっています。それはどういうことでしょうか?

  • 大手消費者金融では初回のみ無利息キャンペーンを開始させた
  • 昔より金利を大幅に引き下げた
  • 審査時間が早い
  • 最高限度額の引き上げ

消費者金融ではカードローン競争が激しくなっただけでなく、「総量規制」=年収の3分の1までしか融資できない厳しい規則が金融庁から言い渡されています。

その影響からか、以前は知名度の高かったT消費者金融は、廃業に追い込まれてしまいました。今ではプロミス、アイフル、アコムの3大大手が新規顧客獲得に熱を入れています。

総量規制の規則の導入で消費者金融は年収の少ない人には、沢山お金を貸すことは出来なくなってしまったのです。

銀行と一番違うところは、消費者金融ではマイカー、住宅ローンなどの商品扱いローンのサービスがないので、利用者からの借入元金に基づいた利息を取りながら経営を図っていかないといけないのです。

こういったことなどから、大手程審査はますます厳しくなったのです。

それでは次に審査に通る人と通らない人の大きな違いは一体何なのか?調べてみましょう。

カードローンの審査にすんなり通れる人って?

カードローンの審査は消費者金融で約30分、銀行では早くても40分と会社によってまちまちです。でも審査の総合的なスピードの速さは消費者金融の方が優れているかもしれません。

1分1秒でも早くお金を借りたいと思われる皆さんには、消費者金融はなくてはならない存在ですよね。

インターネットなら、24時間いつでも申し込めるのが、カードローンの魅力でもあります。しかし、申し込みはいつでもできるこのカードローン。審査に通れるまではまだ安心はできません。

実は審査にすんなり通れる例はこういうものがあります。

  • 年収が高い
  • 勤続年数が長い(同じ勤務先に何年も務めている)
  • 雇用形態が正社員
  • 公務員
消費者金融、銀行共に審査で重要視してるのは、「年収」「勤続年数」「雇用形態」です。雇用形態が正社員なら尚更審査に通る可能性が高いです。そして公務員など収入面の安定性が常に高いと、これまた審査にすんなり通れます。

審査にすんなり通れる事例はこの他にもある!

審査に通りやすいのは何も「収入の安定性」や「勤続年数が長い」「職業柄」ばかりのみで選ばれるわけではありません。この他にも実は沢山あります。

  • 一戸建て住い(賃貸ではない分譲または自己固有のもの、マンション含む)
  • 同じ住所に何年も住んでいる
  • 独身なら家族と同居
  • 既婚者(子供なし)
  • 過去の金融履歴事故など何もない・返済済みが多いなど
特に過去のカードローン履歴で延滞や未返済などが一切なく、事故歴もない場合は信用度が高く評価されて、審査が通りやすいとも言われています。これはクレジットショッピングも含みます。

カードローン審査に通らない人って?

では今度は反対に、カードローン審査に通らない人の例をご紹介していきたいと思います。これは色々あります。

  • カードローンの利用実績が何もない
  • マイカー、住宅ローンなどの商品扱いローン利用中
  • 他社での借り入れ・未返済
  • 総量規制近くの借入あり
  • 延滞
  • 債務処理
  • 非正規(100%とは限らない)
  • 個人事業者(100%とは限らない)
  • 1か月に複数社カードローンの申込をする
  • 勤続年数1年未満

審査に通らない人の例って意外と多くあるものです。特に銀行カードローンの場合は、総量規制の規則がない代わりに審査はものすごく厳しく、他社での借り入れがあるとすぐに審査に落とす傾向があります。

それからまだカードローンを一度も利用されたことのないアナタ。利用歴が何もない方も審査落ちするのです。その理由が何かお分かりですか?

  • 日本信用情報局(JICC)にはアナタの金融利用歴がゼロである
  • 利用歴が何もない為、融資していいのかどうか判断できない
  • 金融機関との信頼度がないので、融資できない傾向にある

もしアナタが一度もカードローンの利用歴がないのなら、クレジットキャッシングでも構いません。とりあえず一度でもいいので利用歴を作りましょう。

アナタは考えたことありますか?何故審査に通れなかったかを

カードローンを申し込んで、今回融資を断られたアナタ。何か思い当たることはありませんか?何か理由があったからこそ、審査に落ちてしまったのです。

過去にもしカードローンの利用があったのなら、まずそこからどういった理由があるのか頭の中整理すべきではないでしょうか?

審査に通れなかった例?勤続年数1年未満

カードローン審査では、勤続年数は長い方が審査には圧倒的に有利です。もしアナタが今勤続年数1年未満であれば、今の職場で1年以上働く努力をしてみてください。

1年後に改めてカードローンを申し込んでみましょう。そうすると審査に通れるかもしれません。

審査に通れなかった例?非正規

消費者金融でも、銀行でも非正規は積極的にカードローンの受付をしています。が、中には審査に通れなかった、といった残念な事例も良く聞かれます。

特に非正規の場合は正社員とは違って、収入に安定性がありませんので、審査ではどうしてもそれがネックになってしまいます。でも非正規だから、どうせカードローンはもう利用出来ないのでは?と諦める必要もありません。

非正規でも同じ勤務先で何年も働いていれば、正社員と同様、高く評価されます。ですから非正規だから…といったことで決して卑屈になることはありません。

審査に通れなかった例?個人事業者

個人事業者の皆さんは、金融機関からカードローンの審査に関しては敬遠されがち、不利な面がありますが別に一般のカードローンだけでなく、「ビジネスローン」「自営者ローン」と言った事業資金専用のサービスがありますので、そちらで検討してみては如何でしょうか?

審査に通れなかった例?一度にカードローンの申込を複数社する

よくある話なんですが、沢山お金を借りたいからといった理由で1か月以内に複数社に渡ってカードローンの申込することは大変危険です。

カードローン審査は金融機関=日本信用情報局(JICC)にて行われています。従ってもしアナタが1か月以内に3社以上同時に申し込むと、JICC側では「アナタはお金にゆとりはがなく、返済能力も信用できない」といった理由で半年間よろしくないデータとして掲載されてしまいます。

そうなるとアナタは「申し込み事故顧客」としてJICCに掲載されてしまい、半年間は新しくカードローンを申し込むことが一切できなくなってしまうので、再三の注意が必要です。

カードローン審査通らない人へ!今度は通れるような対策をしよう!

カードローン審査で落とされることほど、残念なことはありません。でも残念だからこそ、次回からは落とされないように何か対策を講じた方がいいのではないでしょうか?

お金を借りるのは本当に労力がいるもので、返済能力がないと見なされただけでもすぐに落とされてしまいます。

自分は職業もあるし、収入があるから必ずカードローンが利用出来る!という訳ではありません。厳しい審査を乗り越えるには、まずアナタの収入面、本当に返済能力があるのかどうかをもう一度見直しましょう。

それから借りたいと思っている金融機関の情報も前もって調べておきましょう。そして不明点は積極的に電話で聞くことをお勧めします。それがアナタの審査を通す第1歩かもしれませんよ!

審査を通す対策?未返済分は早く処理しよう!

消費者金融、銀行でも他社での借り入れなど未返済分があるとどうしても審査には通れません。

もしアナタが審査を通したい!ということであれば、他社での借り入れを早く処理してしまいましょう。

審査を通す対策?総量規制近くの借入を早急に処理しよう!

近年、消費者金融とクレジットキャッシングにつきましては、「総量規制」の規則が厳しくなっており、借り入れ状況は全て合計金額として換算されます。

ですからアナタが消費者金融、クレジットキャッシング合わせて「総量規制」の借入があれば早急に返済を済ませてしまいましょう!

審査に通らない人にならないためにも、何か不安要素があれば是非金融機関に相談を持ち掛けましょう。上手なカードローン利用者になる為にも、ネットに掲載されている「返済シュミレーション」をやってみることをお勧めします。

そうすれば、アナタの返済能力が分かるかもしれません。

トピックス
ページトップへ