ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローン審査で否決!なんで通らないのか考えられる理由とは

カードローン審査で否決!なんで通らないのか考えられる理由とは

カードローンには審査が有るため通らない人は必ずいるものです。その理由は通常返済能力が不足しているかあるいは信用力に問題がある場合です。

そこで落とされた理由を探るためにまず行う必要が有るのが自分の返済能力の評価です。自分の収入と支出を分析して月々の返済額が捻出できるかを計算してみましょう。

次に行うのが信用の調査です。信用情報に問題が有ればどんなローンも借りることはできません。そこで過去に遡って自分の信用を傷つけるような問題が無かったか調べる必要が有ります。

それぞれ問題が有れば審査は通りません。こういった問題を抱えている場合は、無理に借入れするのではなく、借り入れしなくて済む別の方法を考えることが重要です。

なぜ審査が行われているのか?金融機関の立場から考えてみる

金融機関は慈善団体ではなく企業ですから、お金を貸した結果として利益を得なければなりません。そのためにお金を貸す前にしっかり利息付きで貸したお金を返してくれる人を審査で選ばなければならない訳です。

審査は各金融機関あるいは保証会社が、独自に作り上げた審査基準で行われていて、この基準を満たすことが審査通過の条件という事になります。

もし審査で否決されてしまった場合には、なぜそうなってしまったのか理由をはっきりさせなければ、次でもまた同じことが起きる可能性が有ります。

そこでこの理由を絞り込む方法を考えてみましょう。

金融機関は利息付きで返してくれる利用者を選別している

利用者目線で考えれば、金融機関はお金を貸すのが商売だから、必要な人に審査などせずに貸せばいいじゃないかと思うかもしれませんが、貸した結果もし返ってこなかったら、金融機関は大損です。

銀行が貸すお金というのは、預金者から預かったお金と、日銀などから借りてくるお金という事になりますが、どちらも利息を払っているわけです。

そのお金をローン利用者に貸し利息を払ってもらうわけです、銀行の利益になるのは、この両方の利息の差分という事になります。ここでしっかり利息を払ってもらわないと預金者や日銀に利息を払う事ができません。

預金者の場合銀行を信頼してお金を預けているわけですから、もし決められた利息が貰えなかったら、銀行の信用は失墜してしまいます。このため銀行はむやみに誰でもよいから貸すという事はできないのです。

消費者金融の場合も利用者に貸しつけるお金は銀行から借りたものです。このお金にも利息を払わなければなりません。結局銀行と同じで誰にでも貸せるという事にはならないのです。

このため金融機関はローンの申し込み者に対して厳正な審査を行って利息付きで返してくれる人を見極めたうえで融資を行っているわけです。

審査は各金融機関独自の審査基準で行われる

では審査ではどのようなことが行われているのでしょうか。審査は金融機関や保証会社が独自に行っていて、それぞれ長い年月をかけ時には痛い目を見た経験から作り上げた審査基準を持っています。

この審査基準は、それぞれノウハウが詰まっている為、当該金融機関あるいは保証会社外に出てくることはまずありません。

したがって審査に通らない理由を探る上で、どのような審査が行われたのかは想像するよりほかないのです。

しかし、金融機関の場合、要求しているのはしっかり利息付きで返してくれと言う点ですから、どのような審査が必要なのか考えれば、大まかな審査項目は分かってきます。

審査で否決されたときに理由を絞り込む手順

そこで大まかに審査ではどんなことが行われているのかを考えて否決理由の絞り込みを行っていきましょう。

まず審査で行われるのは次の3点の確認です。

  • 申込者が本人であること
  • 返済して行けるだけの経済力が有る事
  • 信用できること

申込みをする際、自分では借りられる見込みがないからと言って、本人証明書類を偽造するなどして、別人を騙って申込みを行なったら、それ以後の審査は意味を成しません。

このため審査は本人確認書類の提出と勤務先への在籍確認の2段構えで行っています。名前を偽っていることが発覚すれば、それは犯罪ですから、審査が通らないどころではなく手が後ろに回ることも覚悟しなければなりません。

以後は本人が申込んでいるという前提で話を進めましょう。

まずチェックが必要なのは返済できるだけの経済力、つまり返済能力がが備わっているかという点、次にチェックすべきなのは返済能力が有っても、本当に返してくれると信用しても良いかという点です。

どちらも大変重要で、金融機関では前者を仮審査、後者を本審査というふうに分けている場合もあります。自分の否決理由を探る場合もこの手順で行いましょう。

自分は返済して行けるのか?返済能力から考えてみよう

まず行わなければならないのが自分の返済能力を正確に知ることです。返済能力を収入と考えている人も多いですが、実際には収支で考えなければなりません。

収支が分れば月々のカードローンの返済額を捻出できるかどうかも分ってきます。必要なのはいかに正確に収支を計算するかでしょう。

計算の結果返済額が捻出できず、借り入れたとしても返済に行き詰る可能性が有れば、金融機関はそもそも審査には通さ無いと考えるべきでしょう。

返済能力の基本は収入ではなく収支

審査で好印象を与える収入とはどんなものでしょうか。もちろん収入が大きいことというのも重要なのですが、

それ以上に重要なのが安定した収入が毎月あるという事です。

このため勤務形態によって審査での評価は違い、次のようになります。

勤務形態 評価
正社員
契約社員・派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト
自営業、年金生活者、専業主婦 中の下
短期アルバイト、水商売

当然正社員ならば長期に安定した収入が有りますから評価は高くなります。自営業や年金生活者、専業主婦の場合はカードローンによって扱いが違いますから、良く申込条件を確認して下さい。

もし短期アルバイトや水商売だという場合はまずローンの審査通過は見込めませんので、借入れが必要ならまず安定収入を得ることから始めなければなりません。

さて金融機関の審査では大まかに言えばこのように評価されるのですが、細かい部分はどのような計算が行われるのかはわかりません。

それを自分で評価するためには、収入だけを考えていてはいけません。自分が本当に返済して行けるのかどうかという事は収入だけではなく支出も重要な要素になります。つまり収支で考えることが必要です。

例えば安定的に50万円の収入があったとしても、やはり安定的に50万円使ってしまっていたとしたら、差し引き残りは0になって、ローンの返済に回すお金は無くなってしまいます。

安定収入を持っていれば収入の額はよくわかっていると思いますが、自分が月々どの程度のお金を使っているのかは良く分っていないという人は多いはずです。

カードローンの月々の返済額と収支を比較してみよう

そこで取り敢えず1月分家計簿をつけてみてください。そして収支を計算して、

収支 ≧ カードローンの月々の返済額

が成立するかどうか確認してみましょう。もし成立しているのであれば、少なくとも否決の原因は返済能力ではないと思われます。

そこで行わなければならないのは、支出の内容をよく吟味して本当に必要な事にお金を使っているのかという点です。この際必要ないものには支出を止め、またレベルを落とせるものは落として支出額を減らしてみましょう。

返済して行けそうになければ再度の申込みは止めよう

色々と考えたが、支出を減らすことはできないという事であれば、当面再度カードローンを申し込むのは止めたほうが良いでしょう。将来収入が増えて、先ほどの数式が成立するまで待ちましょう。

ただし、支出を減らすことについては自分だけではできないのであれば、他の人の知恵を借りることも考えてみてください。自分では当然必要と思っているようなことでも別の人から見れば不要に見えることは幾らでもあります。

そもそも支出を減らすことができれば、カードローンを利用して借りるはずだったお金が捻出できるかもしれません。そんな場合は借入れの必要すらなくなるわけです。

支出を見直すときは安易に判断するのではなく、一つ一つの支出を十分時間をかけてじっくり検討することが必要です。

もしかしたらブラックかもしれない!信用力に問題は無いか?

返済能力に問題が無いにもかかわらず審査に落とされた場合、考えられるのは信用情報に問題となる情報の記載がある場合です。金融機関によってこれも違いますが、どの金融機関でも共通して貸さない場合が有ります。

それがいわゆるブラックという状態で、過去に何らかの問題で金融事故を起こした場合に陥る状態です。そこで過去に遡ってそういった問題が無かったかどうか思い出す必要が有ります。

最近ではこういったブラックの状態にあっても融資する消費者金融も有りますが、安易に借りるのではなく暫くは借入れを見合わせるべきでしょう。

信用情報中に問題が有ればブラックと判断される

返済能力を評価してみたが特に問題は無かったという場合には、信用力のほうに問題があるという事になります。

信用というのは先ほど説明した勤務形態や勤務先なども関わってきますが、大きく審査の可否を左右するのは信用情報です。

信用情報は銀行業界や消費者金融業界など業界ごとに利用者情報を管理し共有するデータベースです。

通常は業界毎に情報は別途管理されていますが、金融機関にとって問題のあるような情報については業界間でも共有される仕掛けになっているため、悪い情報が記載されれば、どこに行っても審査は否決になってしまいます。

この悪い情報に分類されるのは次の様な情報です。

悪い情報 信用情報への掲載期間
ローンの延滞 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローンの申込み 6か月を超えない期間

各種支払いというのは電話料金とか電気料金とかの支払いで、最近では携帯電話料金の滞納情報が増加傾向にあるようです。

こういった悪い情報が掲載されてしまった人のことを俗にブラックと呼んでいて、ブラックではお金の融資は受けられないという事になります。

過去に遡って問題が無いか思い出してみよう

そこで否決の理由を探る次の手順は、自分がこのブラックになっていないかという事です。

表に示したようにこれらの情報にはそれぞれ掲載期間が有ります。この期間が過ぎれば悪い情報は無くなりますから、ブラックではなくなります。

そこでこの期間を過去に遡って、自分が何らかの滞納をしたようなことはないかなど、思い出してみましょう。先ほど説明した各種料金の支払い状況など覚えていないという場合も有りますが、できるだけ思い出してください。

もしどうしても自分にはそんな情報は無いはずだが、審査は否決になるという場合は、自分の情報は申請すれば参照することができ、間違った情報が記載されているのであれば訂正依頼を出すことも可能です。

ブラック対応業者もあるがしばらくは借入れを見合わせるべき

最近になってブラック対応という言葉を聞くようになりましたが、これはこのようなブラックの人であっても返済能力さえ備わっていればお金を貸しましょうという消費者金融を指します。

つまりブラックでも借りようと思えば借りる手段ができたわけです。しかし、もし自分が本当にブラックであるのであれば、借入れはお勧めしません。

理由はブラックの人が借入れした場合、再度同じように行き詰ってしまう可能性が有るからです。ブラックになった時にまずお行わなければならないのは自分が何故ブラックになってしまったのかという理由を探ることです。

その理由が分かって十分な対策が取れない段階で再度借入れしたら同じことが起こるのは当たり前のことです。

ですからブラックの期間というのはそういった原因の追究と対策を行う時間だと割り切って、借り入れなどは考えないようにして下さい。

無理な借り入れをしてはいけない!別の方法を考えてみよう

返済能力に問題が有っても、金融機関によっては審査に通る場合も有ります。しかしこれは場合によっては審査に落ちた時よりも大きな問題を抱えてしまう可能性が有るのです。

返済能力が足りていなければ途中で返済に行き詰ってしまう可能性が高くなります。これは可能性の問題ですが、返済能力がある程度あっても、同じように行き詰ってしまうことも有ります。

ですから安易な判断で無理な借り入れをしてしまうと、負債を抱えて自己破産に追い込まれる場合も有るのです。

もし自分の返済能力に不安を感じるのであれば、借り入れではなく別の方法を考えなければなりません。

審査に通ったとしても返済できるとは限らない

金融機関は審査で返済能力を判断する際、自分で判断するときのように収支は分かりません。収入だけで判断します。長年の経験からいくらぐらいまでは返済できるだろうという数式を持っていると思われます。

このため実際には支出が多く返済は難しい人の場合でも、審査に通ってしまう可能性はあります。審査に通ったからと言って喜んでいてはいけない理由がここにあります。

金融機関が審査に通したのだから大丈夫だというように考えるのは止めましょう。幾ら審査に長けているとはいっても、見えていない部分はたくさんあるのです。

要するに審査に通ったからと言って返済できる保証などないのです。

審査に通ったら、その後のことをよく考えなければなりません。

安易な判断で無理な借り入れをしてはいけない

審査に通ったらさっそく借りようという人が殆どだと思いますが、その前に先ほどの収支をもとにした返済計画を検討してみる必要が有ります。

手順としてはまず借入額を決めたら、月々の返済額と返済期間を計算します。金融機関のホームページには返済シミュレーターが用意されていますので、これを使います。

返済期間が分ったところで、その期間中の収支を予想します。季節変動なども有りますから、よく考えて計算してください。この収支が各月とも先ほど示した数式を満たしているかを確認して下さい。

満たしていれば借入ても返済はしていける可能性が高くなります。しかし1月でも満たしていない月が有れば、返済は難しいという事になります。

お金を借りようというのは必要性が有ってのことだとは思いますが、こういった返済の可能性に疑問がある段階で安易に借入するのは賛成できません。

もし返済に窮してしまったら、先ほど説明したブラックということになってしまい、後々まで情報が残ることになります。安易な判断での借入れは自分の首を絞める事に繋がるのです。

借入れをしないですむ方法を考えたほうが無難

もし返済の可能性に疑問が出てきたときには、借入れをしないで済む方法を考えましょう。

例えば何かを買いたいという場合、購入を先に延ばせばよいですし、レジャーなら中止すれば良いことです。お金を借りてまで行う事ではありません。これらは貯蓄してから行えばよいのです。

生活費の補てんのために借りるのであれば、そもそも生活レベルが収入に見合っていないという事ですから、生活レベルを見直して、収入に見合った生活に改善していくべきです。

もしこれ以上生活レベルが下げられないとか、病気で収入が無いという場合には、役所で相談して生活保護の受給を考えてみる必要が有ります。

ここでカードローンの審査が否決されたときの理由の追究について纏めておきます。

  • 金融機関は返済に疑問がある人を見つけるために審査を行っている
  • 審査で否決される理由の一つは返済能力が足りないことにある
  • もう一つの理由は過去の金融取引での問題で信用されないためである
  • 返済能力が足りなくても審査を通過する場合があるが無理な借り入れよりも別の方法を探るべきである

審査に落とされてしまったら、慌てずここで説明した手順で原因を追究して対策を立ててください。

トピックス
ページトップへ