ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > このままでは車が買えない!自動車ローンに通らない人が車を買う方法

このままでは車が買えない!自動車ローンに通らない人が車を買う方法

免許を取ったら、何はともあれ車が欲しくなる人が多いですが、最近自動車ローンの審査が厳しくなってきており、様々な理由で審査に落ちてしまう人が増えつつあります。

こういった人が車を買おうという場合、まず簡単なのが保証人を立てることですが、受けてくれる人は少なく無理強いもできません。

もう一つの方法は、自分が自動車ローンの審査に落とされた理由を追求して、それを改善することです。ただ改善には時間がかかります。

最もお勧めな方法としては、やはり時間はかかりますが、貯蓄をしてキャッシュで買う事です。こうすればローンの返済も利息の支払いも無く、逆に貯蓄で利息が貰え、トータルで考えれば大変お得なのです。

なぜ自動車ローンに落ちてしまうのか?原因を探ってみる

自動車ローンも他のローンと同じで申込条件が設定されており、そもそもこれを満たさなければ、申込みができず審査には当然通りません。例えばよく問題になるのが年齢で、20歳前の場合、申し込みを断られるのが普通です。

また申し込み条件を満たしていたとしても返済能力が足りなければ、審査に落ちますし、収入的には足りていたとしても、他のローンを借りている場合には、それが足を引っ張る形になります。

さらに過去にローンなどの金融取引で問題を起こしている場合にも審査は通さないのが普通です。

申し込み条件を満たしているか?年齢の問題もある

自動車ローンに通らないという場合、2つの可能性が考えられます。まず申込もうとしても、申込むための条件を満たしていない場合です。もう一つが申込みはできたが審査で落とされた場合です。

まず前者について考えていきましょう。どんなローンでも申込条件が決まっていて、例えば安定収入が有る事というような条件は必ず入っています。しかし自動車ローンの場合最も難関なのが年齢かもしれません。

自動車免許は18歳から取得できますから、高校卒業後就職して直ぐとか、大学に進学して最初の夏休みあたりに自動車免許を取得する人が大勢います。

免許を取得すれば当然車が欲しくなりますが、この時自動車ローンの契約が思うようにはできません。これはローンというものは通常20歳以上でなければ利用できない規定になっているからです。

理由は契約というものが未成年の場合保護者の許可がいる為で、未成年者と契約したはいいが、後になって保護者が知らないと言えば、契約は無効になってしまいます。このため多くのローンの場合最初から20歳以上に限定してしまっているのです。

自動車ローンを利用する場合にはこういった申込条件を良く調べて、自分が申込めるものを探さなければなりません。

返済能力はあるか?他からの借り入れは無いか?

では次に審査に落とされてしまう場合を考えてみましょう。審査では大まかに言って次の項目が確認されることになります。

  • 本人確認
  • 返済能力の確認
  • 信用力の確認

本人でない人が申込むこと自体が違法なので、返済能力と信用力について考えてみましょう。

まず返済能力ですが、申し込み条件によれば安定収入が前提になっています。これはローンの仕掛け自体が月々少しづつ返済して行くという形になっている為です。

ですから年収で見ると大きな金額でも、いつ入ってくるかわからないというような人の場合には、審査での評価は下がります。

これに対して年収的にはそれほどでなくても、月々の収入は安定しているという場合には、審査での評価は高くなります。

ただし、これは返済を行っても十分生活していける程度の金額の収入が有る事が前提になります。安定していても非常に収入額が少ないという場合にはやはり審査では厳しい評価になってしまう訳です。

また安定してそれなりの収入が有る場合でも、他のローンの利用が有り、そちらに返済能力が割かれているような場合も、審査では不利になって場合によっては否決になる可能性があります。

カードローンなどを利用している場合には解約してしまったほうが無難なことも有るのです。

信用力はあるか?過去を振り返って考えてみる

次に信用力について考えてみましょう。信用というものは勤務先や職業、勤務形態などによっても左右されますが、金融取引ではその他に信用情報の内容が大きく審査結果を左右します。

信用情報というのは銀行や消費者金融、信販業界など金融関係各業界がぞれぞれ利用者情報を業界内で共有するために利用しているものですが、金融業界にとって困る情報については、業界間でも共有されることになっています。

このためかつて金融事故を起こしたことが有るような場合には、別の業界のローンの審査であっても影響が出てくることになるのです。

特に一部の情報については各社が敬遠しているためどのローンを申し込んだとしてもすべて否決という事になってしまいます。この状態をブラックと呼ぶこともあります。

この敬遠される情報というのは次のようなもので信用情報に掲載される期間も決まっています。

ブラックになる情報 信用情報に掲載される期間
ローン申込み 6か月を超えない期間
各種ローンの滞納 5年間
各種支払いの滞納 5年間
債務整理 10年間

例えば自動車ローンを申込んで審査に落とされたとすると、最大6カ月は情報が残りブラックとなってこの間に再度申込んだとしても審査は否決になる訳です。

簡単な解決策は保証人を立てる事!他力本願だが有効

自動車ローンを借りるもっとも手っ取り早い方法は自分にはない返済能力や信用力を持つ人に保証人になってもらう事です。こうすればその人の能力次第で審査に通ることも可能になります。

しかし最近では保証人を引き受けてくれるような人は、なかなかいませんから、通常は家族という事になりますが、そうであってもやはり無理強いはできません。

保証人は大きな責任を負う事になりますから、安易に頼んだり、逆に引き受けたりすると大変なことになり、自分はおろか相手の信用を失墜させることになってしまいます。

保証人がいればその保証人の返済能力と信用力まで借りられる

年齢の話をしましたが、自動車ローンの中には18歳でも契約が可能なものもあります。ただし本人だけでは契約はやはり無理で、成人の保証人が有る場合に限って契約できるようになっています。

このように保証人がいる場合には、契約条件を満たさない、例えば返済能力が足りなかったり、信用力に問題がある場合であっても、ローンの契約が可能になることがあります。

もちろん保証人のほうも申込者と同じように審査を受ける必要が有るので、同じように返済能力や信用力に問題が有れば審査に通ることは有りませんので、保証人も選ばなければなりません。

また借入れが可能なのは保証人の返済能力の範囲内ということになりますから、自分が希望する金額を借入れできる保証もありません。

家族に保証人を頼んでみよう!無理強いをしてはいけない

しかし、最近では保証人の危険性が知れ渡っており、なかなか引き受けてくれる人はいません。保証人を見つけられない人に生活困窮者等を保証人として斡旋するビジネスが有りますが、あまり利用は勧められません。

そこで通常お願いするとすれば、家族という事になります。例えば未成年で契約できないという人の場合であれば、父親に保証人を頼んで、父親の返済能力と信用力を利用するという方法が有ります。

ただし、絶対に守らなければならないのは、保証人になってもらう事を無理強いすることです。

保証人になるかならないかはその人の意志で決めるべきものです。無理にお願いしてはいけません。

自分の返済能力は自分が一番知っているものです。ですから保証人を頼まれたときに不安が有れば断わるのは当たりまえの話です。

それを強いて保証人になってもらった場合、返済中に問題が発生すれば、保証人にも大きな迷惑をかけてしまう事になります。ですから本人が無理だと言ったら、素直に諦めてください。

保証人についての誤解?保証人は借主と同じと理解すべき

保証人をお願いする場合、保証人について誤解している人がいます。保証人は借入本人とは違い、大きな責任にはならないという考え方です。

しかし、勘違いしてはいけないのは保証人というのは借入本人と同じ責任を負わなければならないという事です。これを意外と知らないで安易な気持ちで名前だけ貸してくれというようにお願いする人がいるのです。

最近ではこういうことが知られてきて、先ほど説明したように保証人を引き受ける人が減ってきているのですが、保証人というものをよく知らない人もいて、引き受ける方にも問題がある場合も有ります。

ですから、もし保証人をお願いする際には、責任の範囲や保証される金額などについて詳細に説明する必要が有ります。頼む方も頼まれる方も安易な考えを持っていてはいけません。

自分でローンを組めるようにする!原因を解決すれば良い

他の人を当てにせずに車を購入したいという場合には、やはり自分で自動車ローンを借りる必要が出てきます。そこでどうすれば審査に通るのかを考える必要が有ります。

他からの借り入れが有り、それが返済能力を削いで借入れできないと思われる場合には、まずは他からの借入れを返済しなければなりません。

返済能力が足りないことが考えられる場合には、収入を伸ばし十分な返済能力を付けることから始める必要が有ります。

信用情報に問題がある場合には、その信用情報の掲載期間の経過を待ち、その間に問題を再発させないための検討と対策を考えましょう。

他からの借入れは解約する

保証人等を考えず自力で自動車ローンを契約しようという場合には、自動車ローンが通らない原因を解消するしか方法はありません。そこで自動車ローンが通らない原因別に解消方法を考えてみましょう。

まず返済能力が他のローンのために削られてしまっている場合、単純に言えば原因となっているローンがなくなればよいわけです。

例えば最も多いのはカードローンを利用している場合ですが、カードローンの契約を解除してしまえば問題は無いのです。

自分はカードローンは契約しているが、もう長く利用していないという人もいるかもしれませんが、カードローンの場合利用の有無は関係ありません。いつ利用されてもおかしくない訳ですから、金融機関は常に返済しているものとして計算します。

そこでカードローンは解約が必要なのです。その手順を次に示します。

  • これまで通り月々の返済で完済まで続ける
  • 一時返済を使ってすぐに完済する
  • 完済の後契約を解除する

このように契約を解除するには現在借りている残額を完済する必要が有ります。自動車ローンがすぐに必要であれば、一時返済などで一気にすべて返してしまえば問題はありませんが、なかなか一気には返せないとなると時間がかかります。

注意が必要なのは、以前使っていたカードローンがどうなっているのかわからない場合です。こういう場合、自動継続の有無で契約が継続しているか終了しているのか決まりますが、どちらかわからないときは直接金融機関に確認しましょう。

収入を伸ばし返済能力を高める

収入額が小さく返済能力が足りない場合や、額は大きいが安定していない場合には、それを改善しなければなりません。

なかなか難しいかもしれませんが、給与水準は勤務を続けていれば徐々に上がっていくはずです。

時間はかかるかもしれませんが、それが返済能力として認められるようになるまで待つしかありません。

安定していない場合は、ローンの利用を考えるよりも、後ほど紹介する自動車ローンを利用しない方法のほうを勧めます。ローン自体が安定収入を求めている以上、職種によっては馴染まない場合も有るのは仕方のないことです。

信用力の問題が消えるまで一定期間待つ

ブラックになっていて信用力が無い場合には、先ほど示した信用情報への掲載期間の経過を待って申込みを行ってください。

ただし、ただじっと待っているのではなく、ブラックの期間中に自分はなぜブラックになってしまったのかという事についてよく考えて具体的な原因を追究しましょう。

原因が分かったらそれに対する対策を実行してください。この対策ができなければ、借入れしたとしてもまた同じような問題が発生する可能性が高く、またブラックに戻らないとは言えないのです。

もしブラックの期間が経過して申込みが可能だとしても、この原因の追求と、それに対する対策ができていない間は、自動車ローンに限らずどんなローンも借入れするのは止めておきましょう。

返済に行き詰れば、自分が損だという事をよく自覚して、安易にローンの申し込みなどしてはいけないのです。

自動車購入の最も良い方法?自動車ローンを利用しない

もう一つ良い方法が有ります。それはキャッシュで買う事です。自動車は高額ではありますが、ローンを組んだとしても数年で返済できる程度のものです。そこで購入を数年先延ばししてその間貯蓄すれば十分買えるのです。

キャッシュが有ればローンでお金を借りる必要はありませんから、誰にも文句を言われることもなく、購入することができます。

しかもローンのように長期に返済することも有りませんし、利息を支払う必要もありません。それどころか貯蓄することによって、少額ではあっても逆に利息を貰う事も出来るのです。

自動車ローンは長くて数年!そこで数年間貯金することを考える

自動車は高額とはいえずっと同じものを利用する人は少なく、ある程度利用すれば次の車に乗り換えるのが普通です。購入サイクルは概ね数年からせいぜい10年といったところでしょう。

つまり自動車ローンを利用するにしても、借り入れから返済までこの程度の期間で完済するのが普通です。高額ローンとは言っても30年も続く住宅ローンなどとは違うのです。

そこでこの期間貯蓄することを考えてみましょう。ローンを返済していると思って貯蓄に回せば、数年で自動車が購入できる程度の資金ができる計算になります。

自動車が欲しくなると、矢も盾もたまらなくなって自動車ローンで買ってしまうという人は多いですが、そのくらいの資金は数年で用意できるという事なのです。

キャッシュで買えればローンを組む必要は無い

この資金を使って、自動車を購入すれば、自動車ローンの借入れは必要なくなります。

審査に問題の無い人から見れば、貯蓄期間が面倒くさく見えるかもしれませんが、本来物を買うという時はお金を貯めてからというのが普通のはずです。

この方法であればローン審査通過のために自分の返済能力を気にしたり、信用力を気にしたりすることもありません。購入契約を結んでキャッシュで支払えば済むことです。

問題は最初に貯蓄する期間が必要なことです。ローンを組んですぐに買うか、貯蓄して数年後に買うかの選択です。

さらに買い替えについても考えてみましょう。一度購入して数年経てば買い替えるわけですから、貯蓄して購入した後もこの貯蓄を続けることを考えてください。要はローンの返済だと思って貯蓄を続けるのです。

そうすると次の買い替え時期には、余程グレードを上げない購入できる程度に貯蓄ができている筈です。つまり2台目も自動車ローンを使わなくて済みます。

このサイクルを続ければ、最初の数年は車が買えず不自由かもしれませんが、それから先は自動車ローンを利用しなくても自動車が購入できるという事になります。

特に先ほど触れた自営業者や短期アルバイトで生活している人は安定性で返済能力の評価が下がりますが、この方法であれば、誰にも文句は言われず、自動車の購入が可能になります。

ローンは利息を取られるが貯金は利息を貰える

この話に関連してもう一つうれしいことが有ります。それは利息です。ローンの利息を考えてみてください。ローンは借り入れた金額だけを返済するわけではありません。それに加えて利息を支払う必要が有ります。

つまり月々の返済額は次の式で表されます。

月々の返済額 = 月々の元本返済分 + 利息

このため、ローンというのは利息分だけ余分にお金を払うわけですからトータルで考えれば損をしているという事になるのです。

ところが、貯蓄で自動車を購入する場合には、毎月貯蓄をしていきますから、金融機関に利息を支払うのではなくて、金融機関から利息を受け取ることになるのです。

最初は貯蓄額は小さいですから、利息も微々たるものですが、数年後自動車を購入する時期くらいになれば、貯蓄額はそれなりの大きな金額になる筈ですから、受け取る利息も大きくなります。

つまり、この購入方法を使えば損をするのではなく、自動車購入で得をすることになるのです。

もし数年間という時間が待てるのであれば、最もお勧めできる自動車購入方法と言えるでしょう。

ここで自動車ローンに通らない人が車を買う方法について纏めておきます。

  • 自動車ローンに落ちる原因には返済能力や信用力に問題がある
  • 解決策として簡単なのは保証人を立てて契約すること
  • 保証人が見つからなければ、返済能力や信用力の問題点を改善するしかない
  • 最も良い方法は時間はかかるが、自動車ローンの借入ではなく貯蓄でお金を用意する事

どういった方法で購入するかは自分で選択すべきですが、無理な借り入れだけはしないようにして下さい。

トピックス
ページトップへ