ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

銀行のフリーローンは審査が甘いは「都市伝説」

少額なんだけど急にお金が必要!そうなったときに助かるのが銀行などのカードローンやフリーローン。

でも、銀行でお金を借りるって、大げさなイメージがありますよね。果たして個人で簡単に借りられるものなのでしょうか。

実は、カードローンやフリーローンは個人でも審査が通ればお金を借りることができます。これから銀行カードローンを利用してみようと思っているアナタ。初めてだとローン審査のこととか、本当に借りられるのかなど、不安がありますよね。

銀行による審査基準なども詳しく解説いたします。最後までお読みいただいて、少しでもお役に立てれば幸いです。

使い道で分かれるローンの種類

少額でもいいから、少しお金を借りたいなぁって思ったとき、アナタならどうしますか?いったいどこで借りればよいのでしょうか。すぐに思いつくのは、テレビのCMなどで観る、消費者金融会社、そして銀行のカードローンでしょう。

では、そもそも消費者金融会社と銀行って、何が違うのでしょう?実はお金を借りる上で、両社は大きく異なる点があるのです。それは総量規制のしばりがあるか、ないかという点です。

総量規制とは、年収の3分の1を超えての借り入れができないというルールなのです。消費者金融会社には、この規制のしばりがあるため、就業されていない方には貸し出すことができないのです。

しかし、銀行には、この規制のしばりがありません。専業主婦や学生の方など、就業していない方は年収というものがありません。なので、お金を借りようとすると、銀行のみで借り入れすることになります。今回は、こちら銀行でのローンについて取り上げます。

また、お金を借りるとき、その目的によってローンの種類も異なってきます。大きなものでいえば、住宅ローン、マイカーローンなどですね。ちょっとした買い物に使いたいときは、カードローンやフリーローンがあります。

ここでは、個人のお金の借り入れということで、カードローンやフリーローンについて解説したいと思います。先ほどの述べたように、銀行には住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど使用目的がはっきりしたものがありますが、カードローン、フリーローンは使用目的が自由なローンなのです。

急な遠出、冠婚葬祭、学校関連の出費など、緊急性の高いときに、個人で利用できるローンと思っていただけるといいかと思います。

個人でも借りられる銀行ローン

それでは、カードローンとフリーローンはいったいなにが違うのでしょう。ともに使い道は自由なのですが、返済のことなど、比べながら解説していきますので、アナタの利用目的を考えながら参考にしてみてください。

まず気になるのが、金利ですね。一般的にフリーローンよりカードローンの方が金利は高めに設定されています。カードローンの場合、何度も借り入れができる点に理由があります。

次に即効性ですが、カードローンの方が早く、フリーローンは時間がかかります。カードローンは、申し込みから最短で30分から1時間で融資可能などの商品も多く出されています。

この2点だけでも、目的は同じなのに、申し込みに関しては両者はかなり異なるように思えますね。そして、最大の違いは、カードローンは、限度額内であれば、何度も借り入れ、返済が可能。フリーローンは、一度借りたら、あとは返済するだけであるということです。

フリーローンは、使い道は自由なのですが、返済に関しては、目的別ローンに近いのですね。借りたら、あとはただ返済していくのみです。こうみると、カードローンの方が便利に見えますが、デメリットもあります。

カードローンは、借り入れが何度もできる分、返済がなかなか終わらないというデメリットもあるのです。

繰り返し借りることで、さらに借り入れ期間が延びていくのです。

では、カードローンとフリーローンに審査に違いはあるのでしょうか。端的に申しますと、大きな差異はありません。しかし、個人審査において、カードローンは身分証明書と在籍確認で済むものありますが、フリーローンの場合には、収入証明書や資金使途確認の書類の提出を求められることもあります。

今すぐ!というときには、書類の提出などを考えるとフリーローンでは対応できないとお考えください。

フリーローン審査が「甘い」のではなく、以前より甘く思えるだけ

一部では銀行のフリーローンは審査が甘いという噂もあります。果たして本当にそうなのでしょうか。

はっきり申しますと、決してそのような事実はありません。

もともと個々の融資へ力を入れていたのは、消費者金融会社でした。これが貸金業法の改正により、消費者金融会社は銀行へ吸収合併や提携されるようになっていきました。過払い金返還請求などで業績が悪化、倒産や銀行への吸収が盛んに行われたのです。

例に挙げてみますと、三菱東京UFJ銀行はアコムを、三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やモビットを、新生銀行はレイクを吸収しました。現在、大手消費者金融会社の中で銀行に属していないのはアイフルだけなのです。

また、それら消費者金融会社は、個人向け無担保融資のノウハウを持っているので、系列銀行での個人融資の審査する保証会社の役目を果たすことになります。銀行の個人向けローン商品は、もともと消費者金融会社が得意とするものでした。

要するに、個人の審査は銀行の商品でありながら、保証会社や消費者金融会社に委託しているのが現状なのです。ただ、決して丸投げしているわけではないので、消費者金融会社の審査と全く同じというわけではありません。

だから、銀行のローン審査が「甘い」のではなく、銀行本来の厳しい審査に比べると甘く思えるというのが実状です。

審査基準も、居住先の特定、勤務先の在籍確認、固定電話等、いわゆる消費者金融会社の審査基準と同様なものなのです。

ただ、一般的にフリーローン審査に通りやすい基準とすると、次に挙げられます。

  • 使用目的がはっきりしている。
  • 各種書類を期限内に提出できる。
  • 契約に時間が掛っても構わない。
  • 返済計画がしっかりしている。

そして、成人で安定した収入があり、信用情報に問題がないことです。

比較的通る地方銀行や信用金庫の審査

ここで目線を変えてみましょう。やはり、大手メガバンクは審査基準が厳しいのが実状です。そこで、地方銀行や、地域の信用金庫のカードローンやフリーローンについて解説しましょう。前述したように、大手メガバンクは、大手消費者金融会社に自行の審査を加えています。

ところが、地方銀行のローン審査では、独自の審査基準で行っているところも多いので、口座を持ち、信用情報に問題がなければ、通る可能性は大きいです。また、銀行ですので総重量規制のしばりもありませんので、専業主婦や学生の方でも通る可能性はあります。

また、地域の信用金庫も利用しやすいといえます。信用金庫は、すべて同じ保証会社を使っており、比較的通りやすいといわれています。さらに、光熱費の引き落としや住宅ローンを利用しておれば、アナタの信用度が高まりさらに審査基準が低くなります。

ただ、地方銀行、信用金庫ともに、必ず通るというものではありません。押さえておきたい点はあります。

  • 信用情報に問題がないこと。当然のことですが、信用情報に問題があれば審査は落ちます。
  • 他社の借り入れがないこと。借り入れがあると、通りにくくなります。

審査を通るために、大切なのは信用度

さて、ざっくりですが銀行のフリーローンについて説明させていただきました。どうでしょうか、ご理解いただけたでしょうか。結論から申しますと、お金を借りる上で、審査が「甘い」ということはないのです。

フリーローンについて「甘い」のは、審査ではなく、使い道が「甘い」のです。

銀行は基本的に使用目的が決まっているものに融資をしてきました。これが昨今の吸収合併の繰り返しで個人向けの使い道自由の融資が行われるようになり、甘くなったと思えてしまったのですね。

結局、どこの銀行であってもローン審査があり、それはアナタが信頼、信用できるかを見るものです。審査が通ったということは、アナタ自身が信頼されたということなのです。

だから、融資されたら、返済の滞りがないよう気をつけましょう。

アナタの借り入れ利用状況が良ければ、銀行側はもっと条件のいい融資を持ちかけてくれるかもしれません。逆に利用状況が良くなければ、今後の借り入れ条件が悪くなることもあります。

アナタの借り入れ状況は、すべての金融機関に共有されています。本当に困ったときには、強い味方にもなってくれれば、その逆もありますので、ご自身で信用を高めるように心がけてみましょう。

トピックス
ページトップへ