ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローンランキングで審査が厳しい銀行で借りるメリットとは

カードローンランキングで審査が厳しい銀行で借りるメリットとは

銀行のカードローンを利用したい、だけど審査が厳しい、銀行の中でも審査難易度の高低差はあるのだろうか…。等々、銀行のカードローンを利用したいと思っている方は、いろいろ思案することも多いですね。まして審査が不安ならなおさらです。

そんな方々に、銀行で借りるメリットや銀行カードローンの審査などについてご紹介したいと思います。確かに銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。しかし、それなりの大きなメリットがあるのでは?!

銀行カードローン5大メリット

1.銀行カードローンは「総量規制の対象外」

総量規制とは、年収の3分の1までの借入までしかできないという規制です。この規制は貸金業法が適用される金融機関に課せられているもので、銀行の場合は銀行法が適用されていますから、関係ありません。

借入が年収の3分の1を超えても審査に通っていれば問題はありません。ですから、借入制限をされている方にも、銀行での借入やおまとめローンはオススメです。

2.銀行カードローンは「低金利」

銀行のカードローンは、他の金融機関のカードローンと比べ、金利は低めに設定されています。もともと、銀行は低金利というイメージでしたが、最近では銀行どうしも競争が激しくなっているということも低金利の要因のようです。

さらに、銀行といえばまとまった金額を借入するという印象がありますが、銀行カードローンは低金利で1万円の借入もできる便利さです。銀行カードローンを利用すると、もう昔の銀行のイメージは払しょくされますよ!

3.原則「収入証明書が不要」

原則、収入証明書が不要です。身分証明証のみで銀行カードローンの借入が可能なのです。銀行によって金額の差はありますが、一定金額を超えない借入限度額の場合、収入証明書は不要で、もちろん、担保や保証人も不要です。

4.銀行カードローンは「口座がなくてもOK」

銀行カードローンは、銀行なのに、申込み銀行に口座がなくても審査に通れば利用可能です!「銀行」というシステム上、厳しいがゆえにまさか口座がなくても利用できるなんて?!と思われる方も多いと思います。ですが、不要なのです。

申込み銀行に口座を持っていれば、融資までの時間が早くなるという場合はあります。しかし、必ずしも口座開設がカードローン利用の条件ではありません。ここ数年で銀行の過渡期を迎えたことを実感のする現状ですね。このシステムは消費者を銀行カードローンに多く呼び込む一翼を担ったと思われます。

5.銀行カードローンは「ネット申込」が簡単

銀行カードローンは、審査から融資までをより素早く処理するために、インターネット申込みを充実させています。どの銀行もネット上に申込フォームがあり、質問に回答し、個人情報を入力すると必要書類を画像添付やFAXで送るだけで、審査に進めるところがほとんどです。

そしてネットでは「仮審査」や「お試し審査」等の名称で、申込みの前にどの程度の借入が可能か、さらに審査に通過する可能性などが瞬時に分かる銀行が多数あります。

銀行の審査とは

銀行のカードローンは、潤沢な資金をベースに高い限度額を実現しているため、低金利での貸付を実現しています。他の金融機関よりも審査が厳しくされているのは、そのためなのです。

そして、銀行カードローンには保証会社がついているため保証人も担保も必要が無いのですが、審査は銀行審査と保証会社の審査、二つを通過しなければならないイメージです。そのため難易度が上がります。

銀行審査とその他審査の違い

銀行カードローン審査

審査は慎重
信用情報の内容も厳しくチェック
低金利で貸付るため、完済が基本
返済能力の高い消費者を求めている

その他の金融機関カードローンの審査

審査基準がはっきりしている
信用情報のチェックは規定どおり
未完済の可能性を考え、金利は高め
未完済の消費者対策も視野に入れる

もしも審査に落ちたら

銀行カードローンは、保証会社に消費者金融が入っている場合が多いため、銀行と提携している保証会社系列が異なるカードローンを選び、審査落ちのリスクを回避しましょう。たとえば、みずほ銀行・みちのく銀行は保証会社が両行ともオリエントコーポレーションです。

みずほ銀行のカードローン審査に落ちた後、みちのく銀行のカードローンには申込まない方がいいということです。同じオリエントコーポレーションが審査をしますから、その審査には通過しない可能性が高いということです。

保証会社で選ぶとしたら

銀行カードローンなので、その水面下に存在する保証会社で選ぶというのは少々本末転倒のような気もしますが、もしも、自分が審査に通過するか心配なら、保証会社も確認する方が良いかもしれません。

その理由は、融資事例の豊富な消費者金融の方が幅広い消費者に融資事例があり、審査通過の可能性が高いからです。しかし、自分がどの程度の信用があるかを認識していることが大事です。

たとえば、過去に滞納した経験があり、すでに完済している場合は銀行審査に通過する可能性はあります。しかし、未完済のまま放置していたり破産宣告などをしているようなら銀行審査は通過できません。

ですが、それも信用情報にデータが残る期間が過ぎていれば銀行審査も通過可能等々、さまざまな条件によって審査の結果は変わります。そのような状況を勘案しながら自分の信用度を測ってみましょう。

銀行名 保証会社
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
みちのく銀行 オリエントコーポレーション
三菱東京UFJ銀行 アコム
じぶん銀行 アコム
セブン銀行 アコム
北海道銀行 アコム
山形銀行 アコム
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
筑波銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
りそな銀行 オリックス・クレジット
イオン銀行 イオンクレジットサービス
楽天銀行 セディナ
新生銀行 新生ファイナンシャル

上記の表をみるとよくわかるように、三菱東京UFJ銀行の審査に落ちて、じぶん銀行の申込みをしてみても、同じ保証会社が審査をするため、再び審査に落ちる可能性が高いというものです。

もちろん、各銀行で審査の基準は決めていますが、大差はないと思われるため保証会社が変わる方が審査に通る可能性が上がるでしょう。盲点と思われる銀行カードローンの保証会社チェック、意外と大切かもしれません。

審査に厳しい銀行融資のメリット

銀行のメリットはここまで説明してきましたが、審査に厳しい銀行カードローンを利用する最大のメリットは、消費者自身の信用を獲得できるということです。低金利も重要な利用目的ですが、社会的信用を維持することは、将来の自分への投資と思えるほどの価値があるのです。

今はピンと来ないかもしれません。しかし、将来必ず銀行でのカードローンを利用しておいて良かったという時が来るでしょう。簡単だから銀行以外のカードローンにしよう!と安易に決めてしまわず、なるべく銀行を利用できる方法を探してみてください。

有名銀行カードローンを以下にご紹介します。あなたはどこの銀行カードローンを利用したいと思いますか?

銀行名 収入証明原則不要借入限度額 年率 最高貸付額 最短審査時間
三井住友銀行 300万円以内 4.0%~14.5% 800万円 30分
みずほ銀行 200万円以内 4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日
三菱東京UFJ銀行 100万円以内 4.6%~14.6% 500万円 30分
イオン銀行カードローンBIG 100万円以内 3.8%~13.8% 800万円 迅速
オリックス銀行カードローン 300万円以内 3.0%~17.8% 800万円 即日
りそな銀行 50万円以内 3.5%~12.475% 800万円 当日

それぞれのポイント

  • 三井住友銀行カードローン

利用は三井住友銀行のATM・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM等で利用でき、三井住友銀行に口座がなくても利用可能。ネット申し込みなら、さらに簡単に利用できます。

  • みずほ銀行カードローン

近くのコンビニATM利用可能。WEB申込みなら最短即日利用可能で、来店も郵送も不要です。申込みから利用までネット上で手続きが完結するので、お忙しい方にも便利です。

  • 三菱東京UFJ銀行

審査が気になる方は、氏名の入力不要で借入の可否判定ができるシステムがあります。「g利用可能と考えられます」と表示されたら、即座に申し込みを!と勧めています。お試し診断は、生年月日・性別・独身既婚・保険種類・他社借入を入力するのみです。

  • イオン銀行カードローンBIG

専業主婦でも限度額50万円まで融資可能です。近くのコンビニ、イーネット・ファミリーマート・サークルkサンクス・ミニストップ・スリーエフ・ポプラ・ディリーヤマザキなどでの利用可能です。

  • オリックス銀行カードローン

申込みから融資まで、ネットで完結します。振込融資の場合はローンカード発行後、即日振込も可能。「おまとめローン」もOK。借入残高が30万円以下の場合は月々の返済7,000円からでもOK!

利用可能なコンビニは、セブン銀行・ローソンATM・イーネット・ゆうちょATMなど。すべてのATMで1,000円からの借入が可能で、ATM手数料は借入も返済も終日0円!

  • りそなプレミアムカードローン

インターネットからの申込みで、来店不要・最短当日回答(審査)・りそな銀行のキャッシュカードでそのまま繰返し利用できます。利用ATMは、りそな銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネット・ゆうちょ銀行ATM・バンクタイムなどがあります。

どの銀行もそれぞれの特徴があります。ポイントとして出していない部分でも他の銀行と同じサービスがあるというカードローンがほとんどといってもいいでしょう。ですから、どこの銀行のカードローンを申し込むかを思案した時、自分の希望する一番をまず考えます。

どの銀行もネットでの申し込みが便利なので、銀行の場所はほとんど関係ありませんが、それでも近所にある銀行が良いと思うのか、融資までがなるべく早い銀行が良いのか等々の希望と、自分の信用情報を照らし合わせ、すり合わせて、絞り込めばどの銀行が自分にはちょうどいいか?というのが自ずとわかってくるのではないでしょうか。
あなたにピッタリの銀行カードローンがきっと見つかります。それぞれのホームページをごらんになると、もっと詳しくわかります。お時間のある方は、そちらの方も覗いてみてくださいね。

トピックス
ページトップへ