ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローン審査に有利な職種や職業は?銀行員は信頼度が高い?

カードローン審査に有利な職種や職業は?銀行員は信頼度が高い?

カードローンに申込む時に、気にかかるのは審査に受かるかどうかということですよね。よりスピーディーに審査をクリアしたいものですが、審査に受かるためにはいくつかのポイントがあります。ポイントをつかんで出来るだけ有利に審査に臨めるようにしたいものです。

まずはカードローンの審査について、どのようなことに気を付けるべきか、審査に有利な職業はあるのか、例えば銀行員なら必ず審査に通るのか、そういったことを詳しくお話ししていこうと思います。ぜひ最後まで読んで下さい。そして難なく審査に受かるコツをつかんで下さいね。

カードローン審査はどのように行われるか

カードローンに申込むとまず、申し込み内容により審査が行われます。審査はその申込者に返済能力があるかどうかを見極める為のものです。どのような方法で審査が行われるか、確認して行きましょう。

審査は属性と本人の個人信用情報により行われる

審査は申込み者本人に関する属性(年齢、職業、年収、勤続年数など)と、信用機関への照会による信用情報により行われ、返済能力が充分にあると認められれば、融資可能となるのです。

属性は主に点数により評価されるのです。それではここでは属性で評価ポイントの高いもの、反対に評価ポイントの低いものについてお話ししてみましょう。

ポイント高 ポイント低
年齢 30代~50代前半 20代前半60代
職種職業 大手企業正規社員 公務員 自営業 パート アルバイト社員
勤続年数 3年以上長いほど有利 6ヵ月未満
家族構成 既婚 家族同居 未婚 独り住まい

他にも年収はもちろん高いに越したことはありませんが、直接年収の高低を重視するところよりも、安定した収入が得られるかどうかでポイントの高低が決まることが多いようです。

審査に受かる為にすべきことや押さえておきたいポイントについては、後の項目で詳しくふれたいと思いますが、属性の内自分でクリアできるのは勤続年数でしょう。勤続年数は長い方が当然有利です。まだ勤務したてで、研修期間などというのではまず審査には通りません。

せめて1年以上勤続してからの申込みをお奨めします。

審査に有利な職業は?銀行員は本当に有利?

審査に受かりやすい職業とそうでない職業があるかないかというと、はっきりいってやはりあります。

まず年収に浮き沈みのある職業は敬遠されがちです。飲食経営の自営業などはどうしても不利になりやすいのではないでしょうか。

公務員や大手企業に勤務している人は審査にも有利といえますね。それでは銀行員はどうでしょうか。銀行員がカードローンに申込んだとしたら、カードローン会社はまずどのようなイメージで申込者を見るのでしょうか。

  • 特に大手銀行の社員なら信頼できる
  • 年収も安定しているし、お金に対しても几帳面であろう
  • 大手銀行はまず倒産などの心配がないので安全

上記のような理由から、カードローンの審査に銀行員は有利だといえるでしょう。もちろん、銀行員なら自行のカードローンを利用すれば良いのに、何故他社のカードローンを利用するのかという疑問も残りますが、信用情報に問題がなければ、深くは追及されないでしょう。

公務員は当然これ以上ないほど安定した職業ですし、誰でも名前を聞いたことのある大手企業に勤務しているということはそれだけ信頼できると評価されるのです。

職業と同様に勤務形態も評価対象となる

大手企業に勤務している人でも、正規社員とパート社員、契約社員ではやはり評価が違ってきます。

正規社員なら安定した収入がほぼ約束されますが、パート社員、契約社員では会社の意向で契約を打ち切られるという事が無いとも限りません。

どうしてもアルバイト、パート、そして派遣社員などは、自営業と同様に収入が安定しないととらえられがちですよね。パート社員や派遣社員の中にはもう何年も同じ会社に勤務し、収入も安定している人だっているはずです。そういう人は勤続年数によって信用度の評価が高くなりますよ。

カードローン審査に受かる為のポイントはここ!

それでは次にカードローンの審査に受かる為にはどのようなことに気を付ければよいのか、そのポイントについてお話ししていきましょう。ポイントは5つあります。

  • 申込条件をしっかりと確認する
  • 申告内容に間違いや不備がないようにする
  • 勤続年数は最低1年以上たってから申込む
  • 日頃から支払期日に遅れないようにする
  • 同時に複数社への申込みはしないこと

申込条件は最初にしっかりと確認して下さい。年齢制限が60歳未満となっているのに60歳の人が申込んだのではその時点で不可ですよね。地方銀行など地域を限定していることもありますよ。まずは申し込み条件にあっているかどうか確認しましょう。

申告内容は間違いのないように記入して下さい。単に間違えただけでも嘘の申告をしたととらえられる可能性があります。不備があってもその確認に時間がかかってしまい、迅速な融資の妨げになってしまいますよね。

属性で唯一自分の力で高評価を貰えるのは勤続年数ですよね。たとえ中企業の会社でも勤続15年など長く勤務していることは高い評価となります。

信用情報にも充分な注意が必要!

どんなに大手の企業に勤務していても、公共料金やクレジットカードの支払期限を守れない、他社での借入がある場合は返済期日に遅延する、などがあったのではまず審査には通りません。必ず支払期日を守る事は一番に心掛けなくてはいけない事です。個人信用情報を照会すれば支払状況はすぐにわかってしまいます。

審査が不安だからと、何社か同時に申込む人がいますが、これも信用情報で確認すると申込状況もわかってしまうので、申込みブラックとして敬遠されてしまいます。6ヵ月は間をあけて申込む必要があります。

銀行員がカードローンに申込む場合のメリットデメリット

カードローン審査についてお話ししてきましたが、銀行に勤務している銀行員がカードローンに申込む時、どのような点でメリットがあるのか、また反対にどのようなデメリットがあるのかをお話ししてみましょう。まずはメリットから挙げてみましょう。

  • 人間的にも信頼がおけると思ってもらえる
  • 銀行という後ろ盾は安心感を与える
  • 自行のカードローンなど融資を受けやすい
銀行員は勤務先の銀行以外の消費者金融などでカードローンを申込んだ場合は、銀行員というイメージで信用して貰いやすい。安心感を持たれやすいなどのメリットがあります。

また勤務先の銀行のカードローンを利用すればより優遇される場合がありますよね。これも銀行員のカードローン申込みのメリットといってよいでしょう。

それでは反対にデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

  • 返済に延滞した場合銀行自体のイメージ失墜となる。
  • 貸金業者からの借入はお金に対してルーズな印象を与える

やはり銀行員としてお金の管理はしっかりと出来なくてはいけません。もしも返済で遅延や延滞などがあった場合は、勤務先の銀行までがその信頼を失墜しかねませんよね。銀行員がお金を借入れするということはそういう責任も背負うことになると考えましょう。

勤務先の銀行からすれば、他社貸金業者からの借入をしなくてはいけないほど、お金に困っているのかとお金に対してルーズな印象を与えるという心配があります。もちろん個人情報は保護されていて銀行といえども個人情報を確認はできませんが、万が一わかってしまった場合にはということです。

銀行員だからといって、カードローンを利用するのが悪いという訳ではありません。銀行に勤務しているということで、返済能力も有りと見極められる可能性も大きいです。勤務先の銀行でのカードローンなら優遇される場合もありますよ。

それだけに、借入については計画的に利用し、返済期日は誰よりもしっかりと守る必要があります。銀行というイメージを損なうことのないように、一般の人以上に気を付けなくてはいけないのです。

トピックス
ページトップへ