ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 銀行フリーローンはカードローンより審査が厳しい?にお答えします!

銀行フリーローンはカードローンより審査が厳しい?にお答えします!

銀行にはさまざまなローンが用意されています。カードローンはもちろんですが、目的別のローンや住宅ローンなど、高額ローンや利用目的がフリーというフリーローンも充実しています。

フリーローンなどは利用範囲が広いので申込み易い反面、審査が厳しいのではと心配される声もあります。フリーローンの審査に無理なく通るにはどのようなことが必要なのでしょうか。こちらでは審査に通るためのコツをわかり易くお話ししています。

フリーローンとカードローンはどこが違うの?

銀行などでフリーローンという商品名をよく耳にしますが、フリーローンとカードローンはどこがどう違うのでしょうか。フリーローンとカードローンについてわかり易く比較してみましょう。

フリーローン カードローン
金利年率 6.0% 4.0~14%
限度額 10~300万円 800万円まで
借入方法 指定口座へ入金(重ねて借入不可) 提携ATM利用(繰返し借入可能)
返済方法 自動引落 自動引落、ATM

上記のように金利ではフリーローンの方が低めの設定になっていることが多いです。

限度額はカードローンの方が高額な場合が多いようですが、あくまでも最高額についてなので、実質はカードローンも100万円以内が多いと考えて下さい。

大きな違いはカードローンはカードを利用してATMで簡単に借入、返済が可能なのに対して、フリーローンは口座への入金で融資を受け、毎月の自動引落で返済するというところでしょう。

カードローンは枠があれば何度でも借り入れが可能ですが、フリーローンは重ねて借入は出来ません。借入分を毎月返済していくのみです。

銀行のフリーローンは金利が高い?低い?

フリーローンの金利は使用目的が自由であるわりに、低めの設定となっていることが分かります。

カードローンと比べてもかなり低めですね。旅行に行く、結婚式の費用にする、大きな家具を購入する。

理由はさまざまですが、まとまったお金が必要となった時に利用するローンなので返済計画に無理のないよう、低めの金利設定になっているのでしょう。低めの金利なら先に楽しんで、後からゆっくり返済してもそれほど利息はかからないので助かりますよね。

もちろん融資金額にもよりますが銀行によっては3%以下の実質年率のフリーローンもあります。カードローンでは10%を超える年利率がほとんどなのでずいぶん低いですね。

フリーローンは完済するまで毎月決まった額を返済

フリーローンはカードローンのように比較的自由に借入や返済が出来るカードと違い、一旦借入したら、定額での返済で完済まで返済のみ行うローンです。カードローンのように10万円返したからまた10万円借りようという風な使い方はできません。

繰り上げ返済や随時返済も可能な場合と出来ない場合とがあるので、必ず問合せして下さいね。カードローンと同様に返済も自由に、という訳にはいかない場合が多いので気を付けて下さい。

フリーローンの審査はカードローンと比べて厳しいか

フリーローンの審査内容もカードローンとほぼ同じといってよいでしょう。

特にフリーローンの審査が厳しいという訳ではないのですが、フリーローンでの借入額がカードローンの借入額よりも多い場合は当然審査も厳しいものとなります。

カードローンで30万円の限度額に申込む場合と、フリーローンで100万円を借入れ希望する場合では審査基準も変わってくる可能性があるということです。もちろん審査そのものは属性と信用情報での審査自体は基本的には同じですよ。

フリーローンの審査に通るために押さえておきたいポイント

フリーローン審査もカードローンと同様に属性と信用情報照会によって行われるとお話ししました。それではその審査に通るために押さえておきたいポイントについて少し詳しくお話ししましょう。

  • 勤続年数は最低1年経って申込む
  • 他社借入やクレジットカードの支払遅延などないようにする
  • 必要最低限の金額で申込む

属性で重要なのは返済能力の有無に直接かかわってくる、勤務先、収入、勤続年数などになります。当然勤務先は大手企業が良いですし、収入は多いほど高得点となります。ただ、これは自分だけでポイントをあげるのは難しいですよね。

ただ一つ勤続年数だけは自分で得点をあげることのできるものです。長ければ長いほど信頼度は増しますが、最低でも1年以上経ってから申込むようにして下さい。

日頃から公共料金や他社借入、クレジットカードの支払期限に遅れることなく、きちんと期日までに支払うようにしましょう。こういった支払期限を守るという体質が信用実績となって審査には最も大切なポイントとなるのです。

そして、必要な額以上の借入はしないようにしましょう。

60万円が必要なのに多めに100万円申込むのではなく、60万円の申込みをすることです。無理な借入や不要な借入は増やさないようにしましょう。

お得にフリーローンを利用する方法あれこれ

フリーローンの審査に受かるためのポイントについてはおわかりいただけたでしょうか。審査となると何となく不安になるのは誰しも同じです。自分で出来る範囲の努力で、審査がぐっと通りやすくなるのも事実です。難しいことではありませんよね。

信用実績を積んで、恐れることなく審査に臨んで下さいね。フリーローンはその名の通り、用途が自由なローンです。どのような使い道で利用されているのでしょうか。

  • 旅行資金にしたい
  • 少し大きな家具を購入したい
  • 婚約指輪の購入の為
  • 引越し費用に利用したい
  • 部屋の模様替えの資金

使い道は人によってそれぞれです。金額も10万円位から300万円位までと幅広く利用範囲を選べます。ローンの良さは、今必要な時に楽しんで、返済はゆっくりとという便利さです。

カードローンと違い、確実に完済に向かえるフリーローンは無駄な借入をすることなく、今を楽しむ資金が調達できる点で利用しやすいローンではないでしょうか。

他にもいろいろな使い方で生活にゆとりや潤いを与えてくれることでしょう。もちろん一括返済をすることで利息を最小限に抑えることも銀行によっては可能です。まとまった収入があった、余裕が出来たという場合には確認して下さい。

フリーローンの一括返済には手数料がかかることもある

カードローンの場合は随時返済や一括返済は手数料がかからない場合が多いのですが、フリーローンでは反対に手数料がかかることが多いです。一括返済については、しっかりと相談窓口で確認し返済を行うようにして下さい。

そういった手数料面ではカードローンよりも利用しにくいところは確かにあるのですが、まとまった金額が必要な時には低金利で便利に使うことのできるフリーローンです。上手に利用して、よりゆとりのある生活を楽しんで下さいね。

トピックス
ページトップへ