ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうすればいい?車のローンで無職の時に審査に通る方法は…

どうすればいい?車のローンで無職の時に審査に通る方法は…

車は必要だが、お金がない。そんな時にまず頭に浮かぶのは、カーローンでしょう。カーローンには銀行だけでなく、ディーラーで組めるものも保険と一緒に申し込めるものもあります。

しかし車だけでなく一般的に言えることですが、ローンには審査があり、ある程度の収入や年齢など、条件が揃わないとお金を借りることはできません。

ということは、収入のない無職では車のローンを申し込むことはできないのでしょうか。審査に通ることは不可能なのでしょうか。

無職の場合どうすればいいのか、考えてみたいと思います。

肝心なことは車だろうがローンならば他と同じに審査がつきもの!

生活していく上で必要なものは人によって違うかもしれませんが、車が必要だという人は、地域によって違いはあれど、かなり多いのではないでしょうか。地下鉄やバスなどの公共交通機関が発達している地域ならば問題ないでしょうが、地方では車がないと生活できなかったりします。

そんな車ですが、金額を考えるとかなりの高額なのは誰もが知っていることです。となると、どうしてもローンというものを考える必要が出てきます。

しかし、ローンには審査というものが必ずあります。住宅ローンや、自動車(カー)ローン、教育ローン、カードローン、いろいろな種類のローンがあるので、どれかに申し込んだことがある人なら、審査がどういうものかわかると思います。が、初めての場合、審査では何を聞かれるのかすら、わからないでしょう。

そもそも審査は返済ができるかどうかを見極めるためにあるもの

言われれば「確かに」とすぐにわかるでしょうが、今までローンというものに縁がなかった場合、ピンとこないかもしれません。

審査が何故行われるのかを改めて説明しますと、ローンとはそもそも金融機関からお金を借りる金融取り引きになるのですが、借りたら返す必要があるのはわかると思います。その返済について、申し込んだ人が必ず返済できるかどうか、それを見極める為に審査が行われます。

「私は真面目だからしっかりと借りたお金は返します。」と自ら言ったところで、金融機関はその人となりを知りません。ですので、「はい、わかりました。」と、そのまま貸すわけにはいかないのです。そんな人ばかりではないのですが、悪質で返済の目途もないのにお金を借りる人も世の中にはいるのです。

審査を行うことにより、その人がきちんと返済できるだけの経済力、生活力があるのかどうかを見極めるのです。当然、「返済は難しいのでは?」と判断されると審査に落ち、ローンを組むことはできません。

審査の厳しさ、基準など、細かいことはそれぞれですが、どんなローンでもこれは言えることなのです。

収入はやはり必要!無職の場合は審査に通ることは難しい

その審査ですが、質問項目は兎も角、どういう判断基準で審査の可否が決まるのかは、まったく教えてもらうことはできません。例えば審査に落ちても、何故落ちたのか、理由は全く教えてもらえません。

項目も大よそどこの金融機関でも同じなのですが、何にしても返済できるだけの収入があるかどうかが問題になります。

そこで問題になるのが無職の場合です。当たり前に考えて無職の場合は、収入がありません。=返済ができないだろう、となってしまいます。

まず、ローンの申し込みの段階で、勤め先を書くことができません。と言うことは、申し込みそのものがまず難しくなってきます。

もはや無職は審査に通らないという結論になるでしょう。

嘘の申告は下手をすれば詐欺にあたる?嘘は絶対にダメ!

ここで、「勤め先や年収を適当に書けばいい。どうせわからないだろう。」と嘘を書く人がいるかもしれません。しかし、絶対にばれてしまいます。ローンの審査では、必ず「在籍確認」として、勤め先に籍があるのかどうかを調べられるのです。

一般的な方法として多く用いられるのが、勤め先に電話をすることです。勤め先に電話をして申込者がそこで電話に出れば、きちんと会社に籍があることがわかります。もし、外出や休みの場合でも、電話対応した者の返答からその申込者が会社に勤めていることがわかれば、それでOKです。

「うちの会社は、個人情報の観点から電話を取り次いでいない。」と言う場合は、ローン申込時に説明すれば別対応になるので、「電話はダメだから確認は必要ない」と言い逃れるのも無理です。何かしらの方法で、会社に勤めていることの確認は取らされます。

勤め先だけでなく他の項目についても何らかの方法を用いて嘘の申告をすると、これは虚偽にあたります。審査に落ちるだけならばいいのですが、もし、後になってわかった場合、一括返済を迫られたり、悪質な場合は詐欺罪として訴えられる可能性もあります。嘘は絶対にやめましょう。

どうすればいい?無職の時にカーローンがどうしても必要な時は

これらから見るに無職の場合は、まず審査に通らない、お金は借りられない、と考えるべきです。普通に考えれば当たり前でしょうし、仕方ないことでもあります。

しかし、「どうしても車が必要!」「どうにかしたい!」という人もいるかもしれません。無職でもいろいろなパターンがあるので、ただ無職ではダメとは一概に言えない部分もあります。人それぞれにより、対策はあるのかもしれません。細かく考えてみましょう。

まずは無職でもどんな無職があるのか、整理してみます。

  • 専業主婦
  • 学生
  • 年金生活
  • 就職がこれから
  • 就職の予定もなし
  • 不動産収入などの別収入がある

実際に無職と言っても簡単にあげただけでもこのように違いがあり、いろいろな人がいます。

専業主婦=無職というのは、主婦にとっては不本意に思う人もいるかもしれませんし、言われないと気付かない人もいるかもしれません。ただ、今の労働者としての区分けでは、仕方ない部分はあるでしょう。パートなどで働いている人は、無職の扱いにはなりません。

よく労働の話に出てくるニートは、定義として年齢も関係しているのですが、「就業する意思がない」人も含まれる為(もちろん現段階で無職でもあるのですが)、ここで言う無職とは厳密に言えば少し意味合いが違ってきます。

人により対策が違う!専業主婦の場合は、家族の協力が必要

専業主婦の場合、自身では収入はないのですが、家族の収入があります。大抵は夫の収入で生活していると考えられるので、ローンでも夫の協力が必要になってきます。

その場合、2パターンになるでしょう。

  • 夫の名義でカーローンを組む
  • 夫に連帯保証人になってもらう

おおよそ、この2つのどちらかになるはずです。もちろん、ここでは夫という形で記載しましたが、収入のある家族が他にあれば、その方でもいいと思います。

ここに出てくる保証人ですが、そもそも「連帯保証人」と「保証人」は違うので、その違いをはっきりと理解しておいた方がいいでしょう。

意外に違いを理解していない人は多いようです。

保証人と連帯保証人の違い

言 葉 意 味
保証人 その人(債務者)の身元や債務を保証するひと。ただし、債権者がいきなり保証人に返済を求めたり、債務者が返済する資力があるのにも関わらず返済を拒否した場合には、財産等があることを理由に「債務者に請求してください。」と主張することができます。(「検索の抗弁」「催告の抗弁」等)
連帯保証人 保証人と同じ意味だがその責任は重く、連帯保証人の場合は、債務者に返済能力があったとしても、債権者より返済を求められると拒否ができず、返済をしなければいけません。

 
ただ、名義にしろ保証人にしろ、どちらにしてもこの方法ならば「絶対にお金が借りられる」と言う保証はありません。まずは、ディーラーに相談しながら、話を進めてはどうでしょうか。

年金の場合は公的機関を利用する方法もある!

年金の場合、カーローンを使う、ということはかなり難しいでしょう。年金は収入に入るのか入らないのかで大きく変わってきますが、車のローンの場合は、その点での判断が厳しいようです。

替わりと言う訳ではないのですが、国民生活金融公庫に年金担保融資の制度があります。

こちらで借りるのも一つの手ではないでしょうか。

金利も一般的なカーローンを利用するよりもかなり低いので、負担は少なくなります。融資額は、利用条件によって違うので確認してみるといいでしょう。

また、一般的なカードローンでは年金を収入として見てくれる貸金業者もあるので、カーローンではなく、カードローンを選択肢の一つに入れるのもありだと思います。

他にも年齢的に資産を持っている人は多くいます。資産があれば、それを担保にしたローンもあるので、それも方法の一つです。

ただ、金利の点や限度額の問題、年齢的な条件等、いろいろと確認する必要はあるでしょう。

どちらにしても働くことは大切!しかし、どうしてもと言う場合は…

そもそも無職なのに働いているという嘘はいけませんが、例えば就職先が内定している、来月から働くことが決まった、なんてこともあるかもしれません。しかし、これも現段階での情報になるので、先に車のローンが使えるかと言えば、まず無理でしょう。

それよりは、少し我慢をしてローンを組めるようになってから車の購入を考えた方がいいと思います。

まだ就職先も決まっていなくとも、考え方は同じです。基本は、働いてからローンを組むべきだと誰もが言うでしょう。せめてアルバイトをしよう、という意見もあるでしょう。

そもそもが、お金は借りたら返すものです。返す目途もないのに借りるのは、本当ならばできないことなのです。

しかし、そうは言っていられない人もいるかもしれません。「そんなことわかっているけど、車がないと働くこともできない。」と言う人もいるかもしれません。

そんな時の方法としての一案です。

  • 不動産収入など、別収入がある場合は相談してみる
  • 資産を担保に入れてローンを組む
  • 親や親族に連帯保証人になってもらう
  • 親の名義でローンを組む

働いていなくても元々収入がある人も中にはいます。ギャンブルでの収入はダメですが、土地を貸していたりアパート経営など、労働以外の収入は意外とあるものです。その場合、まずは相談してみましょう。

もしかしたら審査が通るかもしれません。が、その時に、年金の所でも少し触れましたが、一案として資産を担保に入れると言う方法が提案されるかもしれません。

もちろん別収入がなくとも資産を担保に入れてお金を借りるという方法は、カーローンでなくともあるので、最終手段の一つとして、資産を担保にしたローンを探して利用するという方法もあります。

連帯保証人は専業主婦でも触れましたが、専業主婦でなくとも連帯保証人という選択肢はあります。もちろんちょっとした知り合いに頼めることではないので、人選は考慮する必要があります。

というよりも、その保証人からの信用を得られるような自分になることが大切かもしれません。親ならば大丈夫かもしれませんが。

その親の名義という方法も確かにあります。

この場合は、まだ学生や働きだした若い頃ならば可能ではないでしょうか。今後を考えると、親だからと甘えっぱなしで終わらないようにする必要はあると思いますが…。

ただ、どの場合でも審査がある以上、必ず審査に通るとは限らない、あくまで可能性の話だということは、忘れてはいけないでしょう。

基本は働いてから!どんな種類のローンでもそれが一番大切なこと

どんなローンだろうが、基本的には働いていないとローンというものは組めません。それは、カーローンだろうが、カードローンだろうが同じです。

特にカーローンの審査は厳しい、という話もあります。もちろん、それぞれの金融機関や業者によっての違いや審査の判断基準(内容を知ることはできませんが)の特徴があるので、一概には言えません。

ただ、車を購入する際には、ディーラーの方も車を購入してほしい、できれば(信販会社との関係も作っておきたい思いもあり)ローンを組んでほしいと思っているのも確かです。

ですので、何かしら相談に乗ってくれる可能性も、何かしら方法を提案してくれることも、全くないわけではないでしょう。

ただ、審査はあくまで審査であり、通らない場合もあります。特に無職の場合は通常ならば審査に通らない、ということだけは忘れてはいけないことでしょう。

トピックス
ページトップへ