ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 審査に通るか不安な人必見!車のローンのチェックポイントとは

審査に通るか不安な人必見!車のローンのチェックポイントとは

ペーパードライバーなら兎も角、「欲しい車がある。」「生活に車が必要になった。」など、免許を持っていると車の購入を考える時と言うのは出てきます。

しかし車というのは、そうそうすぐに買えるようなものではありません。実に多くの人が車のローンを利用します。

とはいえ、ローンには審査がつきものです。審査というからには、場合によっては審査落ちで車が買えない場合もでてくるのです。誰もが不安になるでしょう。

しかし、審査ではどこをチェックされるのか知っているだけでも気持ちの持ちようが変わってきます。まずは、車のローンの審査ではどんなところを見られるのか、チェックポイントを考えてみましょう。

車のローンはどこに申し込めばいい?カーローンを扱っている業者は

免許を持っていれば、少なくとも一度は車の購入を考える時がくるものです。免許所持者の中にはペーパードライバーの方が多くいますが、その一因には、やはり車を持っていないということもあるからでしょう。もちろん維持費も掛るので、車を持っていなければいけないわけではないのですが…。

ただ、車の購入時には、例え中古車だろうが、それなりにまとまったお金が必要になります。新車なら尚更ですし、車種によっては金額も相当なものになります。

「まとまったお金は必要だが、現金の持ち合わせはない。」そんな時に出てくるのがローンです。ローンには様々な種類がありますが、当然として車のローンもあります。

その車のローンですが、どこに申し込めばいいのか分からないほどに扱っている業者は多くあります。

  • 銀行のカーローン
  • ディーラーローン
  • 保険会社のカーローン
  • 消費者金融のカードローン
  • クレジット会社のカーローン
  • 会社の貸付制度

厳密にいうと銀行とは違いますが、信用金庫やJAバンクなどのカーローンもあります。

ディーラーローンですが、もちろん他にもありますが、やはり大手自動車会社はそれぞれ、自社でクレジット会社を持っています。

  • トヨタファイナンス(株)(トヨタクレジット)
  • (株)日産フィナンシャルサービス(ニッサンオートクレジット)
  • (株)ホンダファイナンス(ホンダクレジット) など

保険会社のカーローンは、自動車の保険を取り扱っているという点で、自動車保険加入とローンも一緒にという形で出来ていたりします。

それぞれ、新車だろうが中古車だろうが、どちらでも取り扱っています。

いづれにしても、車の購入店舗でそのままローンの手続きができる場合は、手続きが簡単にすむことが多いです。

逆に、銀行やクレジット会社、消費者金融などの車の販売店を通さないローンの場合、購入とローンの契約が別々になるので、購入店で手続きできるローンと違って手間が出てきます。しかし、手続き以外の金利などの点ではメリットが見られることが多いようです。

自動車だろうがローンはローン!審査があることを忘れてはいけない

「車のローンを利用すればいい。」車の購入時は、そう思うかもしれません。しかし、そうそう簡単にことが運ばない時があります。

車を扱っていようが、ローンというからには審査があるからです。

これは、よくコマーシャルで見かけるカードローンや、家の購入を考える時に話に出てくる住宅ローンでも同じです。お金を借りる時には申し込みと同時に必要な手続きとして、審査が出てきます。

ただ、上記で触れたディーラーローンを考えている人にありがちなのが、審査があるということを忘れてしまうことです。もちろん、本当に忘れている訳ではないでしょうが、「審査に落ちることもある」ということを忘れてしまう人もいるのです。

「審査があれば落ちることは当たり前じゃないか。」そう思う人もいるかもしれませんが、ディーラーローンの場合、ディーラーの方もなるべく車を買ってほしい、ローン契約をしてほしいと言う思惑も少なからずあるでしょうから、審査に通るよう、頭金を増やすとか、下取り車を高めにとってくれるとか、工夫してくれます。

ただ、審査である以上、ディーラーの方である程度融通してくれようとも、皆が皆、通る訳ではないということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

どんなところを見られる?車のローンの審査でチェックされることは

いろいろなローンの話でも共通する部分ではあるのですが、審査の際にはどんなところに気をつければいいのか、審査に通るにはどうすればいいのか、審査に落ちる理由は、そんな点が、誰もが気になるところではないでしょうか。

車のローンの場合はどうなのか。実は、他のローンと基本的に考え方は、同じなのです。

審査項目は他のローンと同じ!特に気をつけるのはこんなところ

どんなローンでも、審査に対してそれぞれの金融機関の基準自体を知ることはできません。審査の合否の理由もまた、教えてもらうことはできません。それは、車のローンも同じです。

そして、審査の通る基準はわからないまでも、目安や条件なども同じです。

車のローンに限らず、審査の通る条件、考え方として言われることは、「毎月安定した収入があること」「年齢が20歳以上、上限も65歳あたりまで」となっています。

他のローンでも言えることですが、車のローンの場合もまた、これらの点が審査の中でチェックされることになります。

  • 属性
  • 個人信用情報
  • 他社借入

属性や個人信用情報を見るということも、車のローン審査では大きく見られるところです。

属性とは、名前や住所などの個人情報だけでなく、勤務先がどこか、年収はいくらかなど、収入に関わる内容が含まれます。また、持家か借家か、家族構成はなど、家庭の状況も聞かれます。

これらは、その人の年収とそれに対しての支出がどれくらいか(家計簿を聞かれるわけでないのですが)を知る上で参考になるため、必要な情報になります。属性は、返済可能かどうかを判断の一つになります。

個人信用情報とは、その人の現在や過去のローンやクレジットの履歴のことです。例えば以前カードローンを利用していれば、その内容が(借りていた消費者金融にも記録は残るのですが)、消費者金融が会員登録している個人信用情報機関に記録されます。

ローンやクレジットの記録は、新たにローンの申し込みをすると、その申し込みのあった他社でも照会することができるのです。過去に債務整理や延滞を行っていると、例え申込時に内緒にしていようとも、その事実はわかってしまいます。

特に自己破産など、債務整理をしている事実が判明すると、審査に大きく影響します。

ローンによって細かくは違うが、ある程度の目安は参考になる

属性でも一つ一つ細かく項目分けされていて、重要視される項目や重要度はそれぞれのローンによって違うのですが、大よその目安としては、このようなことが言われています。

あくまで目安なので参考程度に考えておいた方がいいです。ここにあげたことは、ほんの一例程度ですし、絶対的な数字ではありません。

審査項目 チェックされる目安
年 齢 若過ぎても定年近くても不利
勤務先 公務員や大企業の正社員の方が有利
アルバイトやフリーターは審査落ちになるわけではないが不利
勤続年数 3年以上が有利
年 収 200万円以下は不利
他社借入 完済していれば、信用ができ有利になる可能性もある
現在進行形で他社借入(無担保ローンなど)がある場合、特に4社以上あると不利
返済が合計、年収の35%以上になってしまうと不利
携帯の支払いも要注意
前車のローンが残っている場合は不利
個人信用情報 過去に延滞や自己破産等、事故記録があると審査通過は難しい

特に気をつけたり、重要な点をあげてみました。もちろん、審査内容はこれだけではないので一概には言えず、最後は総合的に判断されます。その為、ある項目が審査に不利な状態だったとしても、必ず審査に落ちるとは限りません。また、逆も言えるのですが…。

ただやはり、他社借入に関して、住宅ローンならばまだしも、キャッシングがいくつかある場合は、審査に通るのはかなり難しくなります。もし完済していれば、キャッシングの解約をしておく方がいいでしょう。

また、知らない人も多いのですが、携帯電話の支払いも要チェックです。携帯は、多くの人が通話料だけでなく、本体を分割払いにしています。要は、本体部分はクレジットの分割払いと同じ扱いと考えるとわかりやすいでしょうか。

「通話料ぐらい」と思って延滞を繰り返していると、これが実は信用情報に記録されていた、なんてこともあるのです。

場合によっては審査に通る?ちょっとしたコツはこんなところにある

これらの内容はあくまで目安ですし一人一人違うので、審査に臨んでみないとわからない、ということは言えます。

しかし、「ちょっとこのままでは厳しいな」という場合には、先にできる手を打つということだってできます。

  • ローンをよく扱っている販売店にする
  • 保証人をたてる
  • カーローン以外のローンを利用する

ディーラーローンの場合、扱っているといってもその頻度は店舗によって違います。ある程度の実績があるのとないのとでは違います。ローン会社と販売店の関係も多少なりとも審査に影響を与えないとも言えないのです。

実績だけでなく、ノウハウのない販売店でローンを組んだ場合、「ただ申し込むだけでなく、頭金の提案とか店側がもう少し配慮してくれれば、審査に通ったのに」ということもあるのです。

もちろん、欲しい車がその店でしか手に入らないならば難しいことかもしれませんが、購入する車によっては、いくつかの店が扱っていることもあります。ディーラーローンの場合、店も慎重に選ぶといいでしょう。

また、審査の話を進める段階で、状況によっては保証人を求められることもあります。保証人を立てることによって、審査に通ることもあります。

審査の結果、カーローンに通らなかった場合、最終的に銀行のフリーローンや消費者金融のカードローンを利用するという方法もなくはないです。

限度額や金利など、デメリットも多いのですが、カーローンとまた違った審査基準で判断されるため、通る可能性も出てきます。

もちろん、いろいろなローンがあるからと言ってあちこち闇雲に申し込みをすれば、申し込みブラックと言って審査に不利になるので、自分に向いたローンを見極めて申し込む必要はあります。

どのような形にしても絶対に審査に通るとは限らないのですが、絶対にお金は借りられないとも限りません。

ローンを完済しないと自分の車ではない?ディーラーローンの注意点

審査とは少し話がずれてしまうのですが、ここも忘れてはいけないポイントしてお伝えしなければいけないことでしょう。

返済は、忘れずきちんと行うことです。これは当たり前と言えば当たり前ですが、車が手元に来た途端、ついつい浮かれてしまってローンの存在を忘れてしまう可能性もあります。

特にディーラーローンの場合、厳密には所有権はまだ購入者本人のものではないのです。ですので、延滞を起こした場合、早く対応しないと車を引き上げられてしまう可能性がでてきます。脅しだろうと思っていると本当に業者が車を取りに来るので、油断しないようにしましょう。特に、ボーナス時は要注意です。

ただ、銀行のカーローンや、フリーローンを使った場合は、車の所有権は購入者のものになります。とはいえ、延滞を起こしたら、そちらの金融機関から催促の連絡が来るのは同じですし、個人信用情報に事故記録が残るのも同じなので、延滞には気をつけましょう。

審査を受ける前に自分を振り返ってみる!それから審査に臨む方がいい

上記でも触れたのですが、車のローンだろうが、審査というのは、それぞれのローンの審査基準は違えども、基本的に「安定した収入があって、返済が滞ることなく行われるかどうか」で判断されます。

いろいろな人がいるので絶対ではないのですが、カーローンは審査が厳しいという声もあります。車の購入額を考えるとどうしても借入額は高額になってしまうので、もしかしたらそうかもしれません。

しかも、実は、車本体以外にも税金やら車庫証明書の申請のための手数料など、ローン対象外の費用も掛ってきます。

現金がいくらか必要になってくるのです。

そもそもディーラーローンと銀行などのカーローンでは金利も違いますし、それぞれのメリットデメリットがあります。

どこのローンがいいのかも含めて、審査を受ける前に自分の今の状況を振り返ってから、購入先やローンの申し込み先を決めた方がいいのではないでしょうか。

トピックス
ページトップへ