ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > まずは自分でしっかり対策を!銀行ローン審査が通らなかった時

まずは自分でしっかり対策を!銀行ローン審査が通らなかった時

銀行ローンには様々なサービスがありますよね。自動車ローンや住宅ローンといった高額の借り入れが可能なサービスもあれば、使い道が自由なフリーローン、少額の借り入れに適しているカードローンなども利用できます。

しかし、銀行ローン審査は必ずしも通ることができるというわけではありません。場合によっては審査が通らなかったというケースもありますので、あらかじめご注意くださいね。

ここではもし銀行ローン審査が通らなかった時、どのような対策を取れば良いのか、詳しくお話ししていきたいと思います。銀行ローン審査が通らなかった場合、まずは自分でしっかり対策をしていきましょう。

しっかり考えてみて!銀行ローン審査が通らなかった原因

まずはどうして銀行ローン審査が通らないのか?といった問題から解決していきたいと思います。銀行ローン審査が通らなかったという事実から見て、何らかの原因があることが考えられます。

何の理由もなく銀行ローン審査に落ちることはありませんので、審査が通らなかった原因についてしっかり考えてみるようにしましょう。

職業と収入が不安定な場合は要注意

銀行ローン審査が通らなかった場合、以下のような原因が影響していると見ることができます。自分自身の状況に当てはまる部分がないか、チェックしてみてください。

  • 職業や収入などに問題がある
  • 現在他社で借り入れをしている
  • ブラックリストに載っている

無職や無収入である場合はもちろん、職業状況が安定していない、収入も不安定、といった状態では、銀行ローン審査に通ることは難しいでしょう。

基本的にバイトやパートのみなさんでも銀行ローンは利用可能ですが、銀行側から何らかの問題があると判断されれば、審査に通ることはできません。あらかじめご注意くださいね。

他社借り入れやブラックも審査に大きく影響

また、現在他社で借り入れをしているということも銀行ローン審査が通らない原因のひとつになります。

借金がある状態で新たにローンを契約するということは、大変危険な行為です。特に銀行ローンは審査が厳しいので、ローン審査が通らなかったという結果になりやすいんですね。

さらにブラックリストに載っているような場合も、ローン審査が通らない大きな原因です。

「ブラックリスト」とは?

  • ローンの事故情報のこと
  • 実際にリストがあるわけではない
  • ブラックになると一定期間は借り入れがNGに

以前にローンを利用した時にトラブルが起きたような場合、ブラックリストに載ってしまっていることが考えられます。実際にリストがあるわけではないのですが、事故情報として信用機関に登録されてしまっている状態です。

ブラックリストの場合は、銀行ローン審査に通ることはまずありえません。ブラックの恐れがあるみなさんは気をつけておきましょう。

見直すことが大事!銀行ローン審査が通らなかった時の対策

このように銀行ローン審査が通らなかった時は、何らかの原因が影響しているので、ご自身の状況と照らし合わせながら考えてみてくださいね。

もちろん、審査に通らなかった原因を突き止めるだけでは意味がありません。銀行ローンの審査結果に納得がいかない場合は、まず自分自身の状況の見直しが大切です。ここからは対策法についてご紹介していきましょう。

再申込みはしっかり対策を練ってから

銀行ローン審査が通らなかった時は、自分なりに原因を見つけ出し、そこから審査に通るための対策法を導き出すことが大切です。

一度ローン審査に落ちている状態ですから、またすぐに審査を受けたとしても通ることは難しいでしょう。むしろ何度も審査を受けることによって「申込みブラック」になることもあるので注意が必要です。

まずは銀行ローン審査への対策をしっかり練ってから、安全にローンを利用できる状態にしていきましょう。銀行ローン審査はどちらかというと厳しいという特徴を持っているということも理解しておきましょうね。

審査が通らなかった自分の状況を見直してみて

銀行ローン審査が通らなかった時の対策法としては、次のような方法が挙げられます。銀行ローン審査に通りたい!という方は、ぜひご参考にしてくださいね。

  • 職業面や収入面をしっかり見直す
  • 他社の借り入れをしっかり返済する
  • ブラックリストから抜けるまで待つ
職業面や収入面に問題があるような場合は、現在の状況を見直すことが一番の対策です。たとえば、収入状況を少しでも良くするなど、利用者としての信頼性を高めることが大切ですね。

既に他社で借り入れをしているなら、まずはその返済を片付けてしまうことが先決です。しっかり完済してからローン審査を受けるようにしましょう。

また、ブラックリストに載っていることが考えられる場合は、一定の期間が経過しなければローンの申込みが不可能となっています。ブラックリストから抜けるまで待つことも対策のひとつです。覚えておきましょう。

ここに気をつけて!銀行ローンを利用する際の注意点

以上のように、銀行ローン審査が通らなかった時はまず原因を見つけること、そして対策をしっかり練ることに注意してみてください。安全に利用できる状況になったら申込みをしましょうね。

また、銀行ローンを利用する際には借り入れの注意点にも気をつけておきたいところです。ここからは実際にローンを利用する際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

高額ローンの利用は無理をしないように

銀行ローンには自動車ローンや住宅ローンなどの高額ローンもあれば、少額融資に向いているカードローンもあります。まず高額のローンを利用する場合、次の注意点をチェックしておいてくださいね。

  • 融資を受ける金額と収入のバランスを考える
  • 無理がかかるような借り入れはしない
  • あらかじめ返済プランを立ててから申込みをする

高額ローンは借り入れ金額も多い分だけ返済負担も大きくなります。

収入とのバランスを考えながら、返済プランを立てましょう。不安を感じる場合は、無理をしないことも大切ですよ。

軽い気持ちでカードローンを使わないで!

もちろんカードローンのような少額融資に適したサービスを利用する際にも、無理せず借り入れをすることを心がけてくださいね。他にも次のような注意点を挙げておきましょう。

  • 軽い気持ちで借り入れをしない
  • 無駄な借り入れをしない
  • 利息を含めた返済プランを立ててから申込みをする

カードローンは比較的利用しやすいサービスなので、つい軽い気持ちで借り入れをしてしまう人も多いものです。けれどもそうした気の緩みが無駄な借り入れにも繋がるので、十分気をつけておきましょう。

そしてカードローンを利用する際にも返済プランは必須です。必ず利息を含めた返済プランを立ててから申込みをしてくださいね。

審査が通らなかったら現状の見直しを第一に考えて

銀行ローン審査が通らなかった場合、何らかの原因が影響していることが考えられます。まずは「どうして審査が通らなかったの?」という疑問をしっかりと解決していきましょう。

みなさんが銀行側に尋ねても、銀行ローン審査が通らなかった原因を教えてもらうことはできません。自分自身で原因を突き止めなければならないので、みなさんの今後のためにも、今は現状の見直しを第一に考えてくださいね。

トピックス
ページトップへ