ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > お金を借りるための条件は?法人ローンと個人ローン審査の違い

お金を借りるための条件は?法人ローンと個人ローン審査の違い

ローンサービスには大きく分けて「法人向け」のサービスと「個人向け」のサービスがあります。法人向けのローンは、企業などの経営者のみなさんが利用できるサービスなので、個人的な利用はできません。

反対に個人向けのローンは個人契約となりますので、みなさんご自身の名義でローンの契約をすることが可能です。ちなみに個人事業主のみなさんの場合は、法人ローンではなく個人ローンで契約することになります。

このように法人ローンと個人ローンには違いがあります。ここでは法人ローンと個人ローン審査に注目して、ローンでお金を借りるための条件についてご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

会社自体の信用がカギに!「法人ローン」の契約

まずは「法人ローン」についてご紹介していきましょう。法人ローンとは、会社を経営されている方向けのローンサービスで、会社経営に関わる資金繰りのために活用することができます。

個人での契約ではなく法人としての契約になるので、個人的な信用よりも会社自体の信用が審査に通るためのカギと言えるでしょう。法人ローンの特徴についてより詳しく見ていきましょう。

会社経営の資金繰りに法人ローンを活用

法人ローンに見られる大きな特徴は以下のようになります。

  • 会社経営者のためのローンサービス
  • 個人契約ではなく法人契約
  • 会社自体の信用が審査に大きく影響する

もし会社自体に信用性がなかったり、経営に問題があったりするような場合は、法人ローンを契約することはできません。審査に通ることができないのです。

一般的には法人ローンの方が個人ローンよりも高額の借り入れをすることができます。会社として借り入れをすることになりますし、法人契約ということで高額の融資も可能になっているんですね。

会社経営における資金が必要な場合は、ぜひ法人ローンを活用してみるといいでしょう。ただし、法人ローンを契約するには、条件もありますのでご注意くださいね。

従業員がいない場合は個人事業主向けローンを

法人ローンを契約するための基本的な条件は次のようになります。

  • 契約するには代表者の連帯保証人が必要
  • 登記事項証明書や決算書の提出が必要
  • 従業員がいない場合は利用不可

法人ローンの契約条件には、会社の従業員が存在することがまず挙げられます。従業員がひとりもいない場合は、個人事業主という位置づけになりますので、法人ローンの対象にはなりません。

個人事業主のみなさんは、法人向けのローンサービスではなく、個人事業主向けのローンサービスを活用してみるといいでしょう。

また、法人ローンを契約する際には代表者に連帯保証人を付ける必要があります。連体保証人のことまでをあらかじめ考えた上で、ローンの契約を決めるようにしましょう。

法人ローンと何が違う?自分の名義で契約できる「個人ローン」

では、個人ローンの特徴にはどのようなポイントがあるのでしょうか?ここからは個人向けのサービスについて見ていきます。法人ローンと個人ローンそれぞれの違いについてもしっかりチェックしておきましょう。

個人ローンは個人契約によってローンを利用できるサービスなので、様々な職業の方が利用することができます。けれども、収入状況や借り入れ状況によっては審査に落ちる恐れもあるので気をつけてくださいね。

個人ローンの利用目的は基本的に自由

個人ローンの大きな特徴としては、次のようなポイントが挙げられます。

  • 自分の名義でローンを契約することができる
  • 借り入れの目的は基本的に自由
  • 担保・保証人は原則として不要であるケースが多い
個人ローンというだけあって、ローンの契約名義もみなさん本人となります。担保・保証人も原則として不要となっているため、法人ローンのように連帯保証人を付ける必要はありません。

また、法人ローンでは経営のために借り入れをするという目的が一般的ですが、個人ローンの場合は、利用目的は基本的に自由となっています。

とは言え、他社への返済をするために個人ローンを契約するなど、禁止されている使い道もあります。あらかじめ注意しておきましょう。

様々な職業の方がローン契約可能!

個人ローンは法人ローンとは違い、様々な職業の方が個人で利用することが可能です。正社員など安定した職業の方はもちろん、次のような職業の方も個人ローンの契約はできますよ。

  • アルバイトやパート
  • 派遣または契約社員
  • 自営業者や個人事業主

アルバイトやパートとして働いているみなさん、派遣または契約社員として働いているみなさんでも、個人ローンの契約は認められています。

また、自営業者や個人事業主でもローンを利用することはできますが、通常のサービスではなく、自営業者向けのサービスや個人事業主向けのサービスを活用してもOKです。

ただし、借り入れが認められている職業であっても、誰もが必ず個人ローンの審査に通ることができるわけではありません。

現在の収入状況、そして現在の借り入れ状況によっては、個人ローンの審査に落ちる恐れもあります。続いて法人ローンと個人ローン審査についてより詳しくお話ししていきましょう。

絶対通るとは限らない!法人ローンと個人ローン審査

法人ローンと個人ローン審査では、それほど大きな差はありませんが、やはりいくつか違いはあります。法人ローンでは企業として借り入れをすることになるので、個人的にローンを契約するよりも審査は厳しいものです。

だからと言って個人ローン審査が甘いというわけではないので、その点はよく理解しておきましょうね。個人ローン審査も絶対に通るとは限らないので、軽い気持ちで契約することは禁物ですよ。

法人ローン代表者の身分証明書も忘れずに

まずは法人ローンの審査についてですが、法人ローンを利用する場合、みなさんは企業の代表として契約することになります。代表者の身分証明書などは必要書類のひとつですので、準備必須ですよ。

そして会社自体のこともしっかり審査されることになるので、登記事項証明書や決算書の提出も求められます。

この時に何らかの問題があると判断されれば、その時点で審査に通ることはできません。もちろん必要書類に不備がある場合も審査の対象外となってしまいます。忘れずに準備しておきましょう。

法人ローンの審査はどちらかというと厳しい傾向がありますが、それは個人ローンの審査が甘いということではありません。個人ローンも絶対に審査に通るわけではないんですよ。

職場の在籍確認は必須!個人ローンの審査

個人ローンの審査は、個人契約になりますので、みなさんが勤めている会社の経営状況まで審査対象になることはありません。しかし、以下のようなポイントはチェックされますのでご注意くださいね。

  • 勤続年数の確認
  • 年収の確認
  • 職場への電話連絡(在籍確認)

みなさんがどのくらいの期間同じ職場に勤めているのか?それを示しているのが勤続年数です。勤続年数が短期間である場合は、ローン審査に悪影響となります。気をつけておきましょう。

また年収が少ないことはもちろん、年収が不安定な場合もローン審査に通らない恐れがあります。収入面にも目を向けておいてくださいね。

ちなみに個人ローンでは、みなさんの職場に「在籍確認」として電話連絡が行われます。在籍確認は職場に直接電話がかかってきますが、ローンの利用がバレることはありませんのでご安心ください。

ローンの審査は通らない可能性もあることを理解して

以上で見てきたように、法人ローンと個人ローンにはそれぞれ特徴があります。法人ローンは会社経営者の方々が資金繰りのために活用できるサービス、個人ローンは個人的な使い道のために借り入れできるサービスと認識しておくといいでしょう。

また審査に関しても多少の違いはありますが、法人ローンと個人ローン審査はどちらも簡単に通ることができるサービスではありません。通らない可能性もある、ということを理解した上で申込みをしてください。

トピックス
ページトップへ