ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策

自動車ローン選び方のコツとタイプに合ったプランはこれ!

車の購入時の支払いは、直接車の販売店とローンを組んでいた以前と違い、ローン会社を通すことが主流になってきています。

つまり、車を選ぶ販売店とローンを組むローン会社を自分で選択しなくてはなりません。車屋さんを選択するのは、割とスムーズですよね。買いたい車があるところでしか買えませんから。

ここで難しくなってくるのが、支払いに関してのローン会社選びです。誰しもが少しでもお得に買いたいと思っていますし、余分なお金は使いたくありませんよね。

しかし、世の中に溢れているカーローンの中から完璧に選ぶことはとても容易ではありません。

今回はそんなお悩みの解決の参考になるように、各タイプを比較・紹介していきましょう。

高額買い物は賢くローン契約で安心支払い

日常の中で、通常の買い物とは違いとても高額な商品を購入する機会、しなくてはいけない機会が誰しも訪れると思います。

そんなとき、貯金の有無に関係なく一括で支払いを済ませてしまうのはとても勇気の要ることです。ましてや、必要な現金がなくても購入をしなくてはならない場面もあることでしょう。

今回は”車”購入時についてローンの組み方や選び方を、例を挙げながら解説していきましょう。

自動車ローンとは?金融会社と契約でお得に!

自動車ローン(マイカーローン)とは、その名の通り自動車購入時に利用するための支払いの仕組みであります。

ただ分割で購入するためだからといって、車屋さんに勧められるままにローン契約を結んでしまうと、とても多く余分なお金(利息)を支払わなくてはならなくなる場合があるのです。

以前は車の販売店に対して、車の代金を分割して払うという仕組みが主流でしたが、現在は車の販売店に代わり、自動車ローンを扱う金融機関も多く存在する時代になりました。

その為、安易にローンを契約してしまうと、同じ価格の車に対して、何万円も何十万円も多くお金がかかってしまうのです。

これはどうしても専門の金融機関にくらべ、販売店のローンでは金利が高くなってしまうからです。

購入予定の車の価格、支払い希望期間などを良く考慮して、お得に納得してマイカーを手に入れましょう。

条件から希望に沿ったローン会社を選択しよう!

もちろん、一人一人色々な条件が異なってくると思います。希望の車の本体価格、返済予定期間、ボーナス支払い、頭金の額…etc

各金融会社によって、このような条件を踏まえながらローン契約のタイプが決まるために重要になってくるのです。

ここでは、ごく一般的な希望携帯を一例あげてみてみましょう。

項目 条件
本体価格 250万円
返済予定期間 5年
頭金 なし
ボーナス支払い なし
タイプ エコカー

もちろん様々な細かな条件で、ローン契約の内容が異なってきます。今回は現代では一般的な上記のような条件・希望で支払いの現状について見ていきましょう。

ローン契約先 金利
自動車販売店 7.5%~8.3%
大手銀行 2.7%~3.0%
地方銀行 2.3%~2.5%
信用組合系 3%~3.5%
インターネットバンク 1.8%~5%

金利だけ見ても見逃せない大きな差が生まれる!!

上表をみてもらえればお分かりの様に、合計支払い金額に笑えないぐらいの差が生まれるのです。

このクラスの車でも、販売店のローン支払いと大手銀行との差だけでも、単純に20万円~50万円程の差が出ます。

余分に支払う額としては高額すぎますよね。

さらに、細かな条件ではすでに取引がある金融機関は特典があったり、エコカータイプは優遇処置が合ったりと、それぞれのあわせ技でもお得に契約できる場合が少なくありません。しっかりと調べて活用したいですね。いや!活用すべきです!

無理のない返済プランで快適ローン活用

多くの人たちが特に気にするポイントが”金利”にあることは間違いのない事実であるとお思います…が、金利だけでお得だからといって契約を結ばないようにしましょう。

少し手間ではありますが、様々な条件を確認しながら調べていきましょう。

  • 金利のタイプ 変動?固定?
  • ボーナス支払いの額
  • 契約機関の信用度

インターネットや自ら窓口に行ける所は足を運んで聞いてみることも大切です。シュミレーションなどに対応してくれるところも多くあります。

当然短い期間で支払いを済ませて、余分な利息を少しでも減額させようとの考え方は理解できますが、大切なことは無理のない返済計画を立てることです。

既存の契約銀行のマイカーローンが安心でオススメ!!

もちろん車の販売店から勧められる金融機関も、一概に悪いとは言えませんが、あまり聞いたことのないところや付き合いのない金融機関は注意すべき点の一つであると思います。

金銭的なことですので、信用第一。そのほかの抱える借り入れや取引の機関の窓口を安易に増やさないことをオススメします。

いろいろな条件で、安定的に安心に返済継続できる契約を心がけましょう。

自動車ローン選択の極意と注意点を押さえよう

文頭にも記載しましたが、現在世の中にはとても多くの自動車ローンの商品が溢れています。各々特徴があり条件によって異なっています。

大切なのは、下調べをしっかりして比較検討することにあると思います。

もちろん、無条件で契約できるものではないことも頭に入れて置きましょう。しかるべき審査はどの商品でも必ずあります。

”金利が低いから””審査が甘いから”などという考えは、お得で安心なローン契約にはつながりません。しっかりと見極めて契約しましょう。

頭金の用意もとてもプラスな条件

頭金の有無に関係なく契約できるタイプが多くありますが、ちゃんと頭金を納めることも優位な契約内容、契約条件に繋がることが多いです。

相手にとってもやはり信用第一なので、この頭金はその条件を満たすのにはうってつけの力があります。

これにより、さらに低金利のタイプのと契約できることもあるのです。

返済期間も短過ぎず長過ぎずが大切

金利を気にするあまりに、返済期間を短くしすぎるのもとても危険な行為です。覚えておきましょう。高額な返済に追われる日々の生活は決して豊かではありませんので。

しかっりと計画をたて、支払い総額にとらわれ過ぎずに豊かな返済期間を設けましょう。

トピックス
ページトップへ