ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > あなたがローン審査に通らない理由はズバリココでわかります

あなたがローン審査に通らない理由はズバリココでわかります

毎日仕事をして、収入の範囲で生活をして、誰の保証人にもならず、借入の経験がなければカードローンの審査に通らないことはありません。あなたがローン審査に通らないのは、どんな理由があるのでしょうか?

カードローン審査に通らない方は、大体理由がわかっている方と、あまり分からない方がいらっしゃるようです。あなたはどちらですか?あなたは信用情報というものをご存知ですか。

信用情報とは、個人の金銭にまつわる歴史が情報として残っている場所のことです。年収・住宅情報・勤務先等の属性やローン公共料金等の支払い情報です。信用情報機関には種類があり、代表的なものは三社です。

審査に重要な信用情報

略称 正式名称
CIC 株式会社シー・アイ・シー

主な加盟機関

信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保証会社・農協・労働金庫・消費者金融会社など

略称 正式名称
JICC 株式会社日本信用情報機構

主な加盟機関

信販会社・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・リース会社・保証会社・消費者金融会社など
略称 正式名称
JBA(全銀連) 一般社団法人全国銀行協会

主な加盟機関

国内で活動する銀行・銀行持株会社・各地の銀行協会

信用情報は、複数社間で情報の共有がされていますので、銀行での借入だから消費者金融とは関係ないということはありません。その個人の金銭にまつわる全てが情報として共有されているのです。一部金銭的なことでも信用情報に載らないものもありますが、全て残ると頭に入れておいた方が生活の改善を図るためにも良いかもしれませんね。

しかし、その情報は永遠に残るわけではありません。一定期間が過ぎると抹消されるので、現在審査に通過しない状況にあっても悲観する必要はありません。その情報は、内容によって保有期間が決まっていますので、心当たりのある方は下記でご確認ください。

CICの場合

信用情報の種類 主な情報 保有期間
申込情報 照会日・商品名・契約予定額・支払予定愛数・紹介会社名等 照会日より6ヶ月間
クレジット情報 契約内容・支払い状況・割賦販売法対象商品の支払い状況・貸金業法対象消費者金融の支払い状況 契約期間中及び取引終了後5年間
利用記録 利用した事項に関する 利用日より6ヶ月間

上記の内容以外に、本人を識別するための情報もあり、その内容は、氏名・生年月日・郵便番号・電話番号等です。

JICCの場合

本人を特定する情報以外に以下があります。

信用情報の種類 主な情報 保有期間
契約内容 登録会員名・契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額・保証額等 完済日から5年を超えない期間
返済情報 入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞等 契約期間中及び完済日から5年間を超えない期間
取引事実 債権回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡等 当該事実の発生日から5年を超えない期間
申込み 本人を特定する情報 申込日から6ヶ月を超えない期間
その他 電話帳に記載された氏名・電話番号等 電話帳に記載されている期間
その他 本人申告コメント(紛失・盗難等) 登録日から5年を超えない期間

JBAの場合

本人を特定する以外の情報に以下などがあります。

信用情報の種類 主な情報 保有期間
契約内容 登録会員名・契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額・保証額等 完済日から5年を超えない期間
取引情報 借入金額・借入日・最終返済日等、返済状況 契約期間中及び完済日から5年間を超えない期間
照会記録情報 会員がセンターを利用した日及びローンやクレジットカード等の契約、申込みの内容等 当該利用日から1年を超えない期間
不渡情報 第一回不渡情報は発生日から6ヶ月を超えない期間
官報情報 破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間
苦情受付コード 登録情報に関する苦情を受け、調査中である旨 当該調査中の期間

このように、審査に通らないという方は、信用情報の内容を考えると、どこでつまづいているのかが見えてきます。さらに、信用情報の確認がしたい場合は、本人に限り開示請求ができるので、直接確認することもできます。

その他の確認方法

大体の自分の信用情報が想像できる方は、カードローン会社のホームページにある仮の審査をしてみると借り入れ可能かどうかが「仮」にわかります。その場合、正直な申告をすることが大事ですが、個人情報を入力する必要が無い会社がほとんどですから、安心してお試しください。

審査通過するのか、通過したとして借入可能額はいくらかということがわかります。あくまでも仮の審査ですので、本審査に通過するとは限りませんが、仮審査で通過しなければ本審査は無理だということがわかります。

カードローン仮審査の有無

会社名 仮審査の有無 仮審査名称
アイフル アリ 1秒診断
アコム アリ 3秒診断
ノーローン アリ お試し診断
プロミス アリ 3秒診断
モビット アリ カード申込から

モビットの場合は、通常申込から10秒で審査結果が表示され、引き続きの入力で申込みに繋がるようになっています。

このように、各会社ともインターネットなら仮の審査をしていますので、どこのカードローンを選んでも今の自分で審査通過が可能なのかが一応わかるようになっています。仮の審査は目安ですが、ウォーミングアップがないまま本審査にいくよりも安心です。

この診断は、銀行のカードローンでも行われています。銀行の場合は、個人情報の入力が必要な場合もありますが、必要が無い場合もあります。興味のあるカードローンがあれば、どのような仮審査課を確認するだけでもいいのではないでしょうか。

インターネット申込みの利点

審査通過が不安な場合は、直接窓口に申込みに行くより、インターネットからの仮審査で確認してみることをお勧めします。仮審査はネット上の特典のようなもので、窓口では仮審査はありませんので、そのような意味からもネットでの申込みは便利なのです。

さらに、ネット申し込みは準備が必要な場合もありますが、即日融資もかなりの確率で可能になります。夜中の申込みも可能なため、日中は多忙を極めている方にとっても大変便利なツールです。

ネット申込みの経験者から

インターネットの仮審査や申込みを体験した人に聞いてみました。

ネット申し込みの前に仮審査を経験しましたか?

はい。仮審査をしてみました。審査に通過するかどうかがとても不安だったし、「仮審査」を試しにしクリックしてみたら、簡単な質問に答えるだけだったし、自分だと特定できない質問しかなかったのでやってみました。仮と分かっているのに「ご融資できると思われます」と出た時は嬉しかったですね。

ネット申し込みの前に仮審査を経験しましたか?

私は信用情報に自信がありませんでした。それで最初に仮審査をクリックしてみた時は、銀行だったんですよ、名前から住所や勤務形態など入力するところがたくさんあったので、ちょっと嫌だなと思ってそこは途中でやめました。

簡単な入力だけで終わるところを選んでやってみましたよ。最初は「期待に添うことはできないかもしれません」と出たので、あきらめました。それから3年くらいしてから再チャレンジしたら、「融資可能」と出たので嬉しくなって申し込んだら無事、審査に通過できたんです!

ネット申し込みの前に仮審査を経験しましたか?

いいえ。カードローンを利用するのも初めてだったので、信用情報なんて知らなくて。でも審査には通りました。

ネット申し込みの前に仮審査を経験しましたか?

片っぱしからやってみたんだよ~。ぜーんぶ仮審査通過だったから、それなら本審査も大丈夫かな?って申込みました。希望の限度額は借入できなかったけど、一応審査は通ったからひと安心だったね。

みなさんいろんな気持ちで仮審査を利用されているようです。初めての方は仮審査を知らずに通過できてよかったですね。やはりほとんどの方は仮の審査を経験されているようです。完全に無理な方は仮審査にも通過しないので、ずっと審査落ちを経験しているようなら一度チャレンジしてみてください。チャレンジと言うほど敷居の高いものではありませんからね。

審査に落ちる主な理由

他社での借入額が多い
総量規制の枠に達している
滞納が多い
破産や未完済の経験がある

審査に落ちる場合は、借入金が多いか、信用情報に関する理由がほとんどです。

審査に通る人とは

信用情報に負の情報が無い
他社での借入が無いか少ない
長期間同じ会社に勤務している
年収が多い

審査に通る人と通らない人では、社会の信用に大差があります。簡単に表現すれば「返済能力のある人」が審査に通過するのですが、年収がいくら高くても借入額が大きければ返済能力は無いということになります。

あなたの審査に関する心配ごとも、漠然と考えるのではなく、細かく具体的に分析をして何が理由で審査に通過しないのかと考えられれば、原因がわかり改善すべき点が見えてくると思います。冷静に自分分析をしてみてください。

トピックス
ページトップへ