ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 借り入れは諦めた方がいい?審査がとおらない時にムリは禁物

借り入れは諦めた方がいい?審査がとおらない時にムリは禁物

金融機関では様々なローンが利用できます。カードローンや自動車ローンなど有名なものから、近年ではブライダルローンやトラベルローンといった目的に応じたサービスも人気ですね。

しかし、ローンは誰でも利用できるサービスではありません。どんなローンでも必ず審査があります。もし審査がとおらないような場合、みなさんはローンを利用できませんのでご注意くださいね。

ここではローンの審査がとおらない時にどのように対応すれば良いのか、詳しくお話していきたいと思います。ローンを利用する際にムリは禁物です。場合によっては借り入れを諦める必要もあるかもしれません。

しっかりチェック!一般的なローン審査に見られる条件

まずはローンを利用するために必要不可欠な審査についてお話ししていきましょう。ローンの審査はある一定の条件の上で成り立っています。条件を満たしていない場合は、ローンの審査がとおらない!という状況になってしまうんですね。

審査を受ける前に、一般的なローン審査にはどのような条件があるのか、しっかりチェックしておきましょう。必ず条件を満たした上でローンに申込むようにしてくださいね。

審査に通るためにはこの条件をクリアして

一般的なローン審査では、次のような条件をクリアすることがルールとされています。

  • 仕事・収入に安定性がある
  • 現在借金をしていない
  • 年齢制限の範囲内である

カードローンにしても自動車ローンなどの比較的高額なローンにしても、こちらの条件をクリアしていることが必須事項となります。

無職や無収入の状態では借り入れはできませんし、借金があることが原因で審査がとおらないというケースもあります。

またローンには年齢制限がありますので、自分の年齢がローンの利用年齢の範囲内であるかどうかも確かめておきましょう。

一般的には満20歳以上でなければローンを契約することはできません。年齢の上限については、金融機関やサービスごとに異なっています。チェックした上で申込みをしてくださいね。

必要書類の準備も忘れずに!

このようなローン審査の条件を満たしている状態なら、審査に通る可能性は十分高いと言えるでしょう。もちろん、審査に必要な書類に不備があったり、何らかの問題やトラブルがあれば、契約は不可能です。

ローン審査では、次のような書類の提出を求められます。あらかじめ準備しておきましょうね。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 会社員の方は源泉徴収票などの収入証明書類
  • 個人事業主の方は確定申告書などの収入証明書類

ローン審査の申込みをする前には、自分が条件を満たしているかどうかを確認することはもちろん、必要書類もチェックし忘れないようにしましょう。

ただし、みなさんがどんなに気をつけていても、金融機関側の判断によって審査がとおらないことも珍しくありません。次はどのような場合にローン審査がとおらない状況になってしまうのか、その原因についてお話ししていきますね。

原因を確かめる!ローン審査がとおらない理由

ローンは誰もが利用できるサービスではないので、審査がとおらないこともあります。審査がとおらないことには必ず原因があるのですが、まずはその原因を確かめることが大切です。

先にご紹介したローン審査に通るための条件をチェックした上で見てみると、より原因が分かりやすいかと思います。審査に通る理由、審査がとおらない理由の両方を理解しておきましょう。

ローン審査がとおらない原因を知りたい!

ローン審査がとおらない時、まず考えられるのが以下のような原因です。自分の状況と重なる部分はないか、しっかりチェックしてくださいね。

  • 仕事・収入の状況が不安定になっている
  • 現在借金を抱えている
  • 年齢制限の範囲外である状況
  • ブラックリストに載っている

仕事や収入の状況が安定していれば、ローン審査に通る可能性が高いですが、その反対に不安定な状況である場合、ローン審査がとおらない恐れがあります。

借金をしていない場合でも、ブラックリストに載っていない場合でも、仕事や収入の問題が影響してローン審査がとおらないこともあるので注意しておきましょう。

審査が通るように状況を見直してみて

もしローン審査がとおらないなら、審査が通るように状況を見直していくことが必要になります。一度審査に落ちているわけですから、今のままで審査に通ることはできませんよね。

  • 仕事・収入の状況を安定させていく
  • 借金をすべて完済する
  • ブラックリストから抜ける
仕事や収入の状況が安定すれば、ローン審査に通る可能性は高まります。仕事や収入の安定は審査条件のひとつですからね。また、借金もすべて完済することが必須です。

ブラックリストについては、トラブル解決から5年~10年後などタイミングが来れば抜けることが可能です。

もちろんブラックリストではなくなったからといって、必ずローン審査に通るとは限りません。審査がとおらないこともありますよ。

年齢が影響している場合も、年齢制限の範囲内ではないのなら審査がとおらない状況になります。その場合はローン審査自体を諦めなければならないかもしれません。

ムリして借りない!ローンを諦めることもひとつの方法

状況の見直し次第でローン審査に通ることができるようになれば、みなさんも審査に向けて準備をすることができますよね。しかし、状況を見直すだけで簡単に通るとは限らないのがローン審査です。

ローン審査にムリは禁物なので、もし審査がとおらないような場合は、とりあえず借り入れについては保留にしておきましょう。場合によってはローンの利用を諦めることもひとつの方法として考えておいた方が良いですね。

ムリに感じる時は申込みをしないで!

「どうしてもローンを利用したい!」そう思っている方も多いことでしょう。

けれども、ローン審査にムリは禁物です。ムリをして借り入れをしようとしても、上手く行かない時は上手く行かないのです。

  • 状況から見てローンがムリなら申込みはしない
  • 複数のローン審査を受けるようなことは避ける
  • ローンを利用しなくても良い道も考えておく

ローンサービスはとても便利なサービスではありますが、利用することによる負担も少なからずあるものです。特に利息の負担は、大きくなる恐れも考えられますからね。その負担に耐えられるかが鍵となります。

ローンの利用を諦めた方が良いケースも

もしローン利用における負担に耐えられないと考えられる場合は、ローンを利用すること自体を諦めた方が良いでしょう。

そもそも一度ローン審査に落ちている状況なので、今の段階ではローンの契約について考えることは一旦やめておくことをおすすめします。一旦保留、というかたちですね。

その後、ローンを利用できる状況に変化してくれば、審査に通る可能性も出てきますので、状況が整い次第再審査を受けてみても良いですね。ただし、最低でも半年間~1年間は様子を見るましょう。

ローン利用は自分自身の安全面を一番に考えるように

以上で見てきたように、ローンを利用するには必ず審査を受けることがルールとされています。もし審査がとおらないような場合、現状としてはローンを利用できない状況ということになります。

そんな時はムリをしてローン審査に通ろうとするのではなく、自分の状況をしっかり見直すことを忘れないようにしましょう。時にはローン利用を諦めることも、みなさん自身の安全のためには必要ですよ。

トピックス
ページトップへ