ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 誰か教えて!ブラックじゃないのに審査にとうらない原因って一体?

誰か教えて!ブラックじゃないのに審査にとうらない原因って一体?

今まで滞納や金融事故を起こしたことはありますか?

この質問にYesとお応えになる方は少なからずいますが、それでも多くの方はそんなことはないとおっしゃるかもしれません。

しかし、実際にクレジットカードや、キャッシング、カードローンなどに申し込みをしたときに審査に通らなかった!という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

俗に言うブラックリストに載った状態でもないのに、なぜ審査に通らないのでしょうか?

今回は、ブラック状態ではないのに、審査にとうらない原因とその時の対処法について調べてみました。思い当るところもないのに、なかなか審査に通らないという方、是非ご参考になさってみてください。

まずは知っておこう!ブラック状態ってどういう状況なの?

ご自分がブラックリストに載っている状態ではない!とお思いの方も多いですよね。

しかし、このブラックリストって一体どういうものなのかご存知ですか?

俗に言うブラックという状態がどういうものなのかを正しく理解しておかないと、どうして自分が審査の申し込みの通らなかったかが把握できないかもしれません。

そもそもブラックリストなんていうリストは存在しない!

ドラマなどでもよく自己破産をした方や、多重債務に陥り何カ月も滞納をしてしまった方が「ブラックリストに載った」なんていうフレーズを使っているのを耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、実はこの「ブラックリスト」というリストは存在しないのです。

では、ここでいう「ブラックリストに載った」や「ブラック状態」というのは一体どういう状態なのでしょうか。

私たちが普段生活していく上で、様々なローンを組んでいますよね。

大きなものだと住宅ローンや、カーローン、スマートフォンの本体代金分割払いに、奨学金の返済などがある方もいらっしゃるかもしれません。

また、中にはキャッシングやカードローンを組んでいる方もおられるでしょう。

実は、これらのローンについての情報は信用情報機関に記録され、人ごとにまとめられています。

信用情報機関とは…

割賦販売法および貸金業法に基づいて設置された機関です。金融機関が会員となり、消費者のクレジットや消費者ローンに関する情報を(氏名・住所などの属性や借り入れ状況、返済状況等)登録しています。

会員金融機関は自社の登録情報以外の情報も確認することが可能です。

いくつかの信用情報機関がありますが、これらも相互ネットワークを組んでおり、金融業者は申し込みがあった時点でこれら信用情報機関の情報を確認しています。

この信用情報機関に登録されている金融ヒストリーに、「長期滞納」や「債務整理」などの異動情報・金融事故情報などネガティブ情報が掲載されている状態が「ブラックリストに載った状態」といえるのです。

この状態になると審査に通るのは著しく難しいといわざるをえないでしょう。

信用情報機関に登録されるネガティブ情報ってどんなものがあるの?

延滞に滞納に債務整理…誠実に返済が出来なかったという記録が信用情報機関には登録されてしまいます。

もちろん、きちんと返済していれば、毎回きちんと返済していますよという情報も登録されるので、「この人は毎月きちんと返済してくれる人だ」という印象を審査の際に与えることができます。

では、信用情報機関には一体どんな情報がネガティブ情報として登録されているのでしょうか。

代表的なものをご紹介します。

延滞・滞納 返済期日までに既定の額を返済していないということです。登録する業者によって異なりますが大体2か月程度の延滞から登録されます。事故情報として記載される場合は5年程度消えないようです。
代位弁済 金融機関が、保証会社によって一括返済されたということを表します。借りた人はその後、金融機関ではなく保証会社へ返済する義務が発生します。こちらも5年程度は消えません。
自己破産・債務整理 借りた人が返済に行き詰まり債務整理や自己破産を行ったという情報も登録されます。こちらは最長10年間は消えません。
強制解約 金融業者によって一方的に解約をされた場合に記録されます。解約後おおむね5年間記録されます。

つまり、2か月以上の延滞をした経験がある方はもしかしたらブラック状態かもしれないということです。2か月程度だと案外忘れてしまっていることも多いので注意しましょう。

審査に落ちた!どうしてかわからない時は信用情報を取り寄せてみよう

ブラック状態のことを理解して、それらについて問題ないけれど審査に落ちてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方はなにか別の理由があると言えます。

まずは契約条件を思い返してみて…ご自分に合った内容でしたか?

ブラック状態でない自信があるのに審査に落ちてしまったという方は、まずは契約条件を見直してみてください。

そして、ご自分の属性がその契約条件に適しているのかを今一度振り返ってみましょう。

キャッシングをはじめ様々なローンは誰でも申し込めるというものではありません。

年齢や年収、職業など様々な条件が記載されています。

また、消費者金融をはじめとする貸金業者からのキャッシングについては総量規制などの決まりも存在しています。

例えば専業主婦の方が消費者金融のキャッシングに申し込んだとしてもそもそも総量規制に引っ掛かるため審査には絶対に通りません。

また、年齢制限が65歳以下となっているのに70歳の方が申し込んでも審査には通らないでしょう。

このように、申し込み条件にそぐわない方の申し込みというのは案外多いようです。

そのため、審査に否決になった場合は、まずご自分の申し込み内容と申し込み条件がかみ合っているのかを確認するようにしましょう。

まったく身に覚えがなければまずは信用情報を開示しよう

滞納や、金融事故の記憶もなく、申し込み内容にも沿っていたのに否決になってしまった場合、まずは本当にブラック状態ではないのかを確認してみましょう。

ブラック状態でないのかを確認するための手段としては、ご自分の信用情報を開示するという方法があります。

信用情報機関の情報はご自分の情報に限り、本人からの申請で情報を取り寄せて私たちでも確認することができるようになっています。

信用情報を開示し、延滞などのネガティブ情報がついていないかどうかを確認しておきましょう。

また、今までご自分の払ってきたものや今支払いをしているものの情報が正しい物かどうかも確認しておくといいかもしれません。万が一間違った情報か記載されている、きちんと返済しているのに、延滞情報がついているなどの場合は、その金融機関へ相談してみてください。

まったく信用情報がない場合も実は審査に通りにくい!

クレジットカードも作ったことが無く、いつも商品を購入するときは一括払い、人生で一度も分割払いにしたことがない!という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そういう方は信用情報機関には全く何も登録がされていないということになります。

そんな方が何かの都合でローンなどを初めて組んだときに、年齢が上であればあるほど実は審査に通りにくいという現状があるようです。

ネガティブ情報がないのに何で!とお思いになるかもしれません。

しかし、何も情報が無さすぎるというものまた、審査においては難しい判断をせざるを得ないと言えるのです。

これは、俗にスーパーホワイトの状態と言われていて、申込者の年齢によって判断が分かれるようです。

20代前半の方の場合 まだ社会人になって年数も浅いため、信用情報機関に登録がされていなくてもたいしてネガティブな情報として受け取られません
30代後半以上 社会人になって一定の年数がたっている方の場合はなぜクレジット情報が全くないのか不信感を与えてしまいます

金融事故情報が記載されると数年間消えませんが、その数年間の間に新規にクレジットなどの分割を組まず、地道に返済を続けた場合は最終的にすべての信用情報が消えることになります。

つまり、おそらく社会人としてある程度の年数が経過しているのに常に一括払いで信用情報がない方と同じ状態になるのです。

そのため、審査する側は、信用情報がないのが「初めての申し込みだから金融ヒストリーがない」のか「金融事故の情報がすべて消えるのを待って申し込んだからない」のかわからないのです。

この場合、結局審査を否決するなど厳しい結果を下す金融機関もあります。

同時期に複数の金融業者へ申し込みをした場合も審査に通りにくい

信用情報機関には、実際に契約中の金融商品の情報も掲載されますが、半年程度の申し込み履歴も掲載されます。

そのため、同じような時期に複数の金融業者に申し込みを行っていたりすると、「この人はよっぽどお金に困っているのかな」と悪印象を与えてしまうのです。

このような状況を申し込みブラックといい、同時に3社以上の申し込みを行っている場合は否決になる可能性が高いと考えておきましょう。

やっぱりキャッシングしたい!そんな時の方法ってあるの?

審査にたとえ否決したからといっても、やっぱりお金が必要でキャッシングとかしたい!とお考えの方もいらっしゃいますよね。

審査に一度否決するともう2度とお金を借りることができないんじゃないかと不安になるかもしれませんが、否決の原因と思われる部分を改善することで、借入ができるようになる可能性も出てくるのです。

申し込み条件にかみ合ったところへ申し込みましょう

専業主婦なのに消費者金融のキャッシングに申し込んでしまったなどの、申し込み条件がかみ合っていなかったために否決になったのではと思われる方は、是非ご自分の状況にあった借入先を探しましょう。

専業主婦でもOKの銀行カードローンなどもありますし、配偶者の許可があれば配偶者貸付制度も活用できます。また、学生の方は学生ローンを取り扱っている所の方が良いですし、高齢で年齢制限に引っ掛かった方はシニアローンを探してみるのもよいかもしれません。

申し込み内容や条件、契約などをしっかりと読み込んで、ご自分の環境で申し込みが可能かどうかを精査することによって無駄な申し込みも減りますし、着実に借入先を見つけることに繋がります。

スーパーホワイトの方はまずはクレカや分割払いからスタート!

一回も分割払いやクレジットカードを利用したことが無く、信用情報機関に情報が全く乗っていないスーパーホワイトの方の場合は、いきなりキャッシングやカードローンなどを申し込んでも否決になる可能性が捨てきれません。

まずはご自分の金融ヒストリーをしっかりと作っていきましょう。

そのためには、キャッシングなどよりは比較的作り易いクレジットカードやスマートフォンの分割払いなどを申し込んでみましょう。

これらを着実に返済したり利用したりすることで厚みのある金融ヒストリーができますので、審査に対してプラスに働くでしょう。

もちろん、逆に延滞などすればネガティブ情報にしかなりませんので、絶対に返済を続けるようにしてくださいね。

申し込みブラック状態の方は時期を置いて再度申し込みを

同時期に複数の業者に申し込んだ履歴が残っていたために審査に通らなかったのでないかと思われる方は、まずはその情報が消えるのを待ちましょう。

申込情報については大体半年程度で消えると言われています。

そのため、それらの情報が消えてから、今度は1社ずつなど少数に絞って申し込みを行うようにしましょう。

金融ヒストリー作りの為に!おすすめクレジットカード2枚ご紹介!

信用情報機関に何の情報も載っていない方がまずは初めてクレジットカードを作ろう!と思ってもどれがいいのかわからないなんていうこともありますよね。

そこで、オススメのクレジットカードを2枚ご紹介しましょう。

スーパーホワイト状態だった方が初めて持つならこんなクレカを!

何十年もクレジットカードや分割払いと無縁だったとしても、住宅ローンやマイカーローンなどを組む機会があるかもしれません。

実はその時にも全く信用情報機関に情報がないというのはネガティブな印象を与えかねないと言われています。

そのため、クレジットカードを作っておいて、公共料金の支払いなどに利用するというのは決して悪いことではありません。

きちんと支払いが出来れば全く問題ありませんし、金融ヒストリーを積み上げていくことになります。

今回は、そんなクレジットカードの中でオススメしたい2枚をご紹介していきましょう。

  • 楽天カード

楽天市場で買い物をする方にはポイントサービスなど充実。アプリで情報管理もできちゃいます。

限度額 楽天カード株式会社の判断による
リボ払い時の金利 13.08%~18.0%
分割払い時の回数 2~36回
分割払い時の金利 12.25%~15.0%
(2回払い時は0.0%)

インターネットから申し込みができ身分証明の確認はカード受け取り時に行えます。楽天市場で使えるポイントが貯まるので、よく利用する方には大変便利です。

  • ACマスターカード

消費者金融のアコムが提供するクレジットカードです。一回払いとして購入しても自動的にリボ払いになります。

限度額 1~300万円まで
リボ払い時の金利 13.08%~18.0%

カードローン一体型とショッピング専用タイプを選ぶことができます。利用履歴はネットで確認ができます。

審査に通らないからと闇雲に何度も申し込みをするのはやめましょう

審査に通らないのには必ず何らかの理由があります。

ブラックでもないのに何で通らないんだろうと、やみくもに金融業者に申し込みを続けていると、それが申し込みブラックの状態につながり、更に審査に通りにくくなることもあります。

1度審査に落ちたのであれば、まずは落ち着いてどうして落ちたのかを考えてみましょう。

例えばご自分ではブラックではないと思っていても、スマートフォンの分割料金のちょっとした延滞などで情報が記載され、審査に通らなかった可能性だってあるのです。

どうして審査に通らなかったのかを客観的に考えて、それでもなお申し込みをする必要があるならば、審査に不利な事を出来るだけ改善してから申し込みをすることが大切です。

トピックス
ページトップへ