ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 美容整形をしたい!けどお金がない…ローンを組むことってできるの?

美容整形をしたい!けどお金がない…ローンを組むことってできるの?

「もっとキレイになりたい!」

理想の自分の姿を誰しもが持っているのではないでしょうか。そんな中、理想の自分に近づくために美容整形を選択する方も多くなってきました。

でも美容整形ってとってもお高いイメージがありませんか?

プチ整形等数万円で出来るものもありますが、あれもこれもと考えていると何百万円にもなっていたりしてとても払えない!とあきらめてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

美容整形をしたい!と思ったら地道にお金を貯めて一括で払うしかないのでしょうか?

今回は、美容整形の支払い方法について調べてみました。美容整形をしたいけど、お金がなくてあきらめているという方、是非ご参考になさってみてください。

高額で一括は厳しいかも…美容整形の支払いは一体どうするの?

最近はボトックス注射や埋没法による二重など、いわゆるプチ整形というメスを使わない美容整形も流行っています。これらの相場は安いもので1万円程度から数十万円という金額です。

一方脂肪吸引や、豊胸、切開による二重、えらを削るなどの美容整形は、大きな成果を得ることができますが、その金額も数十万円から数百万円と高額な場合も少なくありません。

美容整形は、健康な体をご自分の好みのものに変化させるという医療行為ですから、基本的に健康保険の対象とならず全額負担です。

では、その高額な支払は一体どのようにすればよいのでしょうか。

美容整形の支払いは、一括以外にもさまざまな方法があります!

美容整形の支払いをする際に多くの方は一括で払わなくてはいけないと思っているようです。

もちろん、一括払いが出来れば大変良いですが、手元にお金が無くてもどうしても今、美容整形がしたい!とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、美容整形を受けることができないのかといえば実はそうではないのです。

美容整形の支払いには一括払いの他にもさまざまな方法を採用しているところが多くあります。

  • クレジットカード払い

代表的なものとしては、クレジットカード払いです。クレジットカード払いの場合は今お持ちのクレジットカードを利用して支払う方法です。

注意点としては、美容整形の支払額が、クレジットカードの利用限度額以内であるということでしょう。

美容整形の費用が100万円なのに、クレジットカードの利用限度額が50万円ならカード払いはできないので確認しましょう。

  • 医療ローン(メディカルローンなどの呼び方もあり)

病院と提携している信販会社などの医療ローンを組むことができるところもあります。医療ローンの場合は、病院と直接分割支払い契約をするのではなく、信販会社などが提供している医療ローン(メディカルローンなどの呼び方もある)に申し込みをします。

住宅ローンやマイカーローンなどと同様に、美容整形の為に作られたローン商品です。そのため、美容整形以外の目的で申し込むことはできません。

基本的には病院が提携している医療ローンに申し込むことになります。近年では多くの美容整形外科で医療ローンの取り扱いをしているので、美容整形を受けたい病院相談してみる事もよいでしょう。

  • 病院との直接分割払い契約

稀に病院と直接分割の契約を結ぶというケースもあるようです。医療ローンのように信販会社などを利用せず病院との直接契約となりますので、審査なども病院側が行うことになります。

美容整形外科側にもリスクがありますので、取り扱っているところは多くありません。また、医療ローンと混合して考えられがちですので、病院側から「ローンが組めます」と言われた場合は医療ローンの類なのか、直接契約なのかをきちんと確認しましょう。

消費者金融や銀行などのキャッシング・カードローンを利用する方法も

施術を受ける美容整形外科側の提供する支払方法以外にも、消費者金融や銀行などのキャッシング・カードローン・フリーローンなどを利用する方法も考えられます。

キャッシングやカードローン、フリーローンは使用目的をそこまで限定されていないので、それらでいったんお金を借りて美容整形外科には全額支払い、後は借りた金融業者に返済をしていくという方法です。

この方法を使えばたとえば信用情報機関などに登録される情報も「ローン」情報ではなく「キャッシング」情報となりますし、商品の詳細などは一切記載されませんので、万が一信用情報を他の人に見られたとしても美容整形が表に出ることはありません。

また、近年金融業者が提供するキャッシングなどは、金利が低く設定されている場合が多いです。

それぞれを比べてみると以下のような状況となります。

金利 特徴
医療ローン おおよそ
7.0~14.0%
・専用ローンとなるためいざ転院などを考えたときに一括返還を求められる可能性もある
・病院と提携の所に申し込むことになるため、ローン会社を選ぶことができない
・申し込み状況によっては審査に時間がかかる場合もある
キャッシング
カードローン
フリーローンなど
おおよそ
3.0~18.0%
・目的が限定されていないため美容整形以外にも使用できる
・インターネットで申し込んで即日融資なども可能なところがある
・金利に大きく幅がある
・貸金業者の場合総量規制の対象となる

消費者金融などからのキャッシングの場合は総量規制がありますので注意が必要です。

金利についてはそれぞれの金融商品によって大きく異なりますので、いちがいに医療ローンが良いとかキャッシングが良いとかは言えません。

そのため、出来れば申し込みを検討している美容整形外科の医療ローンの金利を確認してからどのような支払方法にするか吟味する必要があるのです。

教えて!美容整形のローンを組むときに必要なものってなあに?

貸金業者からお金を借りてするよりも美容整形外科の医療ローンの方が金利が低い!となれば、医療ローンを利用して美容整形を行いたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、美容整形の医療ローンに申し込む場合は一体どういった流れになるのでしょう。

美容整形のローンも通常のローンの審査とほとんど変わりません

美容整形のローンの流れですが、基本的にはキャッシングやそのほかのローンの審査と変わることはありません。

申込人が申込書に氏名・住所・現在の勤務先・年収などを記載し、それをローン会社に送付します。

早い場合だとFAXやメールなどを使って即時送付されローン会社にて審査が行われます。

審査の内容などもキャッシングなどと同様に、返済能力があるのかどうか、他の返済などで問題を起こしていないかどうかなど、その人が信頼に足る人物かどうかを審査していくことになるのです。

場合によっては勤務先に在籍確認が行われることもあります。また、直接ローン会社から電話がかかってきて本人確認が行われるケースも多いようです。

これらにすべてクリアをした場合は、晴れてローンの審査に通過し、美容整形を受けることができるというわけになります。

美容整形を受けたら、支払いはローン会社から病院にいったん支払われることになるのです。あとは毎月ローン会社に返済していく形となりますので、金利を含めた一定額を毎月欠かさず返済していくようにしましょう。

忘れずに準備したい!審査のときに必要なものってあるの?

美容整形外科の病院ごとや申し込む医療ローンのローン会社ごとに内容が異なる部分もありますが、基本的に美容整形の審査申し込みのときに必要なものをまとめてみました。

印鑑 ・基本的にはシャチハタ不可
・銀行登録印が必要な場合もあり
身分証明書 運転免許証・パスポート・保険証など身分の分かるもの
引き落とし口座の通帳やキャッシュカード 毎月の引き落とし口座に指定する銀行の口座番号がわかるもの

医療ローンでは、毎月の返済は口座引き落としとなる場合がほとんどです。そのため、契約時に口座の通帳やキャッシュカードなど、口座番号がわかるものが必要となる場合がほとんどだと考えておきましょう。

また、場合によっては配偶者の勤務先を記入したりする必要があることもあるようです。

美容整形ローンの審査が通らないことってあるの?

医師と相談して、理想の自分に近づくための方法を検討してあとは申し込みをするだけ!という状態になれば心も弾みますよね。

一括は厳しいから医療ローンを利用しようと、いざ申し込んでみたのはいいけれど審査に通らなかった!なんていうことになれば期待もしぼんでしまいます。

では、実際に美容整形のローンの審査に通らないなんていう事態になる事はあるのでしょうか?

要注意!年齢や収入・職業によってはローンの審査に通らないことも?

美容整形のローン審査は緩いから安心…なんていう言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際にはそんなことはなく、美容整形のローンだって、審査をきちんと行い、ローン会社が「この人には貸せないな」と判断された場合は審査に通らないなんていうこともあるのです。

ローンの審査に通らないことの多くの理由としては、ローン会社が求める「お金を貸しても大丈夫な人」という像に申込者がかみ合っていない場合があります。

例えば、まずローンを組む上で年齢制限を設けているところがほとんどです。多くの所では学生は対象外として20歳以上、上は65歳や70歳以下など年齢を区切っています。

学生の場合は別途学生ローン、高齢者の場合はシニアローンなどもありますので、ローン審査に通らない理由がこれらの場合はそういったものも検討してみてください。

また、専業主婦(夫)や無収入の方の申し込みをNGとしているローン会社も少なくありません。

しかしパートやアルバイトなど少額でも継続して安定した収入がある場合はOKとしているところも多くあります。

専業主婦(夫)の場合は配偶者がきちんと働いていてある程度年収があれば問題なしとしている場合もありますので、相談してみましょう。

すでにブラック状態の方の場合は審査に通らないことも考えられます!

ローン会社も慈善事業ではありませんので、ローンとして貸付した金額に金利を付けて回収しないと商売が成り立ちませんよね。

そのため、誰彼かまわずローンの審査を通してしまうと回収の見込みが立たなくなってしまいます。

美容整形ローンの審査でも多くの場合、信用情報のチェックはされると考えておきましょう。

信用情報には今までのあなたのクレジットヒストリーが記載されています。どんなローンを組み、キャッシングをし、どんな返済をしてきたかがわかるのです。

この信用情報に滞納や債務整理などの事故情報が記載されている…俗に言うブラックリストに載った状態の場合はほとんどの美容整形のローンで審査に通らないと覚悟しておきましょう。

金融事故情報がいったん信用情報機関に登録されてしまうと5年から長いものでは10年程度その情報は記載されたままになります。

この状態では基本的にどの金融機関に申し込みをしても審査に通る可能性は著しく低いのです。

現在滞納している支払いなどがあれば、美容整形よりもまずそちらを優先し、着実に返済している実績を作るところから始めてくださいね。

美容整形を決めたら!支払いの際に注意した方が良いこととは?

美容整形を決めるまでに様々な手順がある事でしょう。

「整形したい!」と思っても、まずはご自身に合った病院を探し、医師とカウンセリングを行います。

何度も試行錯誤をして理想の自分に近づくための準備を行うのです。

そして、さあ美容整形の施術を…となった時に、いざとなったら払えませんでは残念すぎますよね。

せっかくのこれまでの手間暇を無駄にしないために、一括は無理だけどローンなら支払える…となるのであればそのような選択肢も決して悪いものではないでしょう。

ただし、注意しなくてはいけない点もあります。

美容整形の支払いにクレジットカードのリボ払いは避けましょう

美容整形の費用をクレジットカードで払いたい!と思ったときに一括にするか、分割にするか、ボーナス払いか、はたまたリボ払いにするべきか…とお悩みの方も多いかもしれません。

もちろん一括で支払うことが出来れば一番良いのですが、なかなかそうはいきませんよね。

美容整形外科によっては分割の回数や、リボ払い、ボーナス払いなどにも柔軟に応じてくれるところがたくさんあります。

この中で、リボ払いは毎月の返済金額が一定なため大変便利なサービスに感じる方も多いのではないでしょうか。

美容整形の支払いもリボ払いで…なんてお考えになるかもしれませんが、出来ればリボ払いはやめた方が無難です。

なぜなら、リボ払いは他の支払い方法と比べて金利が高めに設定されている場合が多いからです。

毎月同じ金額しかかからないため負担が少なく感じるかもしれませんがトータルの返済期間が長くなってしまい、分割払いよりも数十万円余分に払っていた…なんていう可能性だってあるのです。

美容整形の支払いをするときには出来る限りリボ払いは避け、金利の低いものを選ぶようにしましょう。

あれもこれもと欲張りすぎは厳禁!予算はきっちり決めておこう

美容整形外科に足を踏み入れるのにとても勇気が必要だった方も多いかもしれません。

しかし、いざ一歩踏み込んでみると、カウンセリングやその場の雰囲気、もともとの理想の自分への執着などで、思っていた以上の施術を希望することもよくあるのです。

始めはちょっと目を二重にしたい…と思って行ったのに、鼻も気になりだして、バストも大きくしたくなって…と一つ手を付けるとだんだんと収拾がつかない状態になってしまうかもしれません。

目だけの10万円程度のつもりで行ったのに、いざ整形手術をする前にはトータルで数百万円分の大手術になっていた…なんていうのも決してあり得ない話ではないのです。

そのため、美容整形を受けようと思ったら、まずは予算をきっちり立てておきましょう。

一括で支払うことができない場合は、返済計画も忘れずに練っておく必要があります。

あれもこれもと欲張りすぎて毎月の返済額が10万円なんていうことになり、日々の生活もままならない…となれば目も当てられませんよね。

美容整形外科の医師やカウンセラーなどともよく相談し、あらかじめ予算などを伝えたうえで理想に近づく方法を探すことが大切です。

トピックス
ページトップへ