ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 一度落ちた方はぜひ見直してみて…審査にとおらない5つの理由!

一度落ちた方はぜひ見直してみて…審査にとおらない5つの理由!

どうしてもお金が必要で…とキャッシングやカードローンに申し込みをしたことがある方はいらっしゃいますか?

実は、キャッシングやカードローンの申し込みをしたのに、審査に通らなくて結局お金を借りることが出来なかったという方は少なくないようです。

ご自身に身に覚えのある場合もありますし、中には全くそんな自覚もないのに審査に落ちてしまったという方もいらっしゃいます。

一度審査に落ちた経験のおありの方はなぜ落ちたのかということをきちんと把握しておかないと、次に申し込みするときにも同じ結果になりかねません。

今回は、審査にとおらない理由5つをまとめてみました。なんで?とお悩みの方、是非ご参考になさってみてください。

案外見落としがち?申し込み時に間違った記載をしてないかチェック!

申し込みのときに書類を送らずにインターネットでも可能なところも増えてきました。

それにより増加したと言われるのが、申し込み情報の間違いです。

ちょっとした申し込み情報の間違いで審査に落ちてしまうこともある?

手書きと違い、インターネットからの申し込みは打ち込みによって情報を入れていきますよね。

そのため、間違った情報を入力したとしても案外見落とされがちだそうです。

また、プルダウンなどで選ぶメニューも間違った選択をされてしまうこともよくあります。生年月日を選ぶ時に昭和なのに平成を選んでしまったり、性別の欄で男女を間違えて選択したりなどもやってしまいがちです。

電話番号やメールアドレスの入力間違いなどもあります。

これらはほんのちょっとしたミスのように感じられるかもしれませんが、実はこれらの入力ミスによって審査が通らないなんていう事態にまで発展してしまう可能性があるのです。

入力書類が身分証明書と同じかチェックしましょう

キャッシングやカードローンを申し込んだときにほとんどの場合身分証明書の提出が必要となります。

身分証明書は運転免許所や保険証、パスポート、住民票などがありますが、注意しなくてはいけない点もあります。

例えば、引っ越しをしたばかりなどで、今住んでいる住所と身分証明書に相違がある場合です。

入力された住所氏名と身分証明書として提出されたものの内容が違えばほぼ間違いなく審査には通らないでしょう。

そのため、身分証明書と内容が同じかどうかよくチェックしてから申し込むようにしましょう。

インターネットからの申し込みの場合はメールアドレスも要注意!

インターネットからの申し込みの際に特に注意してほしいのはメールアドレスの入力間違いです。

インターネットの申し込みでは、申し込み完了、審査の完了などの連絡がメールできます。そのため、メールアドレスを間違って入力してしまったらそういった連絡が取れないということになるのです。

もし、申し込みをしたけれど何の連絡がないという場合は、メールアドレスが間違っている可能性がありますので問い合わせをしてみましょう。

勤務先の会社名や電話番号も再度確認を

案外見落としてしまいがちなのが、勤務先の会社名や電話番号の入力間違いです。勤務先名や電話番号は単に埋めておけばいいというものではありません。

キャッシングやカードローンの審査の際には多くの場合、本当にその会社に働いているのかどうかを確認する在籍確認が行われます。

そのため、会社名や電話番号が間違っている場合は在籍確認が取れないということになるのです。

その分手間暇がかかってしまうため、審査に余計な時間がかかってしまいます。

また、あからさまに違う会社名や電話番号の場合、意図して間違った情報を入力したのではと判断されてしまう可能性もあります。そうなると虚偽入力として審査に通ることは難しくなりますので注意しましょう。

申し込み条件にご自分がきちんと当てはまっているか再確認しよう!

キャッシングやカードローンはCMなどもしていてだれでも気軽に利用できそうですが、実はそうではありません。

それぞれの会社ごとにきちんと利用するための条件というのが定められています。

多くのキャッシングやカードローンは基本的には以下の2点を提示しているところが多いです。

  • 年齢 満20歳以上~65歳・70歳未満
  • 継続して安定した収入がある事

これらの条件に当てはまっていないといくら申し込みをしても審査に通ることはないのです。

継続して安定した収入はパートやアルバイトでもOK?

継続して安定した収入というのは、会社員や自営業者だけでなく、最近ではパートやアルバイトでもOKというところも多いです。

しかし、消費者金融等の貸金業者の場合は総量規制があり年収の1/3以下しか借り入れすることができません。

年収に近いような大きな額を借入する必要がある場合は必然的に銀行のカードローンなどに申し込む必要があるのです。

また、総量規制があるということは、基本的には無収入の方は貸金業者に申し込むことができません。

ただし、年金などは継続して安定した収入として見られるケースもありますので、借入したい業者に相談してみるとよいでしょう。

専業主婦(夫)の場合…

専業主婦(夫)の場合も消費者金融等の貸金業者からは借り入れすることができません。しかし、配偶者の許可があれば配偶者貸付制度を利用して借り入れすることが可能です。

また、銀行では専業主婦(夫)専用のカードローンや、配偶者に安定した収入があればOKのカードローンもありますのでご自分に合ったものがあるか探してみましょう。

銀行は総量規制の対象外となっていますが、だからといって何百万円もの金額をぽんと貸してくれるわけではありません。きちんと審査をして、それぞれに見合った額を設定されますので、あまり期待しすぎないようにもしましょう。

案外多い?年齢制限で引っかかっている方は別の手段を!

キャッシングやカードローンを申し込むときに年収は気にするけれど、年齢については意識したことがないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ほとんどのキャッシング・カードローンは年齢の制限が定められています。

この対象年齢に入っていなければたとえどんなに継続して安定した収入があったとしても審査には通りません。

ならば、学生の方や、高齢者の方はあきらめるしかないのでしょうか。

実は、学生の方には学生向けの学生ローンが、高齢者の方にはシニアローンという商品が存在しています。

これらの場合は、年齢制限なども通常のキャッシング・カードローンとは違った形となっていますので、借入ができるかもしれません。

ブラック状態の場合はほとんど審査に通りません!

審査に通らないことの一番の原因と言われているのが、既に何らかの金融事故をおこし、俗に言うブラックリストに載った状態になっている場合です。

信用情報機関に金融事故情報が記載されていればほぼ審査は無理!

銀行や貸金業者は、カードローン・キャッシングの審査をする際に必ずといっていいほど信用情報機関に登録されている情報を確認します。

信用情報機関ってなあに…

消費者と金融機関の健全な取引を保つために、割賦販売法および貸金業法に基づいて設置されました。

日本には複数の信用情報機関があり、それぞれが連携をしています。

消費者の消費者ローンに関する情報やクレジットヒストリー、氏名・住所などの属性や借り入れ状況、返済状況等を登録していて、登録している金融機関はそれらの情報を登録・閲覧することができます。

信用情報機関にはローンがきちんと返済されているという情報も登録されますが、それと同時に返済が滞っている時にも正しく記載されます。

また、自己破産や債務整理などをした際、強制解約となった際にもその情報が登録されることになるのです。

一般に、こういったことが登録されている方に新しく貸し付けをしたい!と考える方はいませんよね。

金融事故情報が登録されている限りは新たな審査には通らないと思っておきましょう。

そして、これらの情報は一定期間が過ぎると削除されます。新しく申し込むなら、このネガティブな情報が消えてからにするようにした方が良いですね。

自分がブラックか気になったら…一度情報を開示してみましょう

何の落ち度もないはずなのに、審査に落ちてしまうと不安になってしまいますよね。

もしかして、自分が気付かないうちに滞納などをしていたのかも…なんて思い出すとどんどん妄想が膨らんでしまうかもしれません。

そのような場合は、一度信用情報機関に登録されている情報を開示してみましょう。

信用情報機関に登録されている情報は、本人であれば開示請求をすることができます。

その際は、インターネットからの申し込み、郵送、直接窓口に赴く、電話などありますので、ご自分の都合の良い方法を選んでください。

開示するためには事務手数料として千円程度かかる場合があります。しかし、一度開示しておくと、なぜ自分が審査に落ちてしまうのかということを検証することができますので、おすすめです。

開示をしてみて、万が一間違った情報や、「これは?」と思う情報が記載されている場合は、登録した金融機関に必ず問い合わせを行いましょう。

ブラックが終わっても!以前迷惑をかけた業者だと審査は通らない?

信用情報機関に登録されている金融事故情報やネガティブ情報は一定期間保管されたと、削除されます。

そのため、その情報が削除されれば再度キャッシングやカードローンに申し込んでみると良いのですが、注意しなくてはならない点もあるのです。

一度迷惑をかけた金融機関では再度申し込んでも否決になる?

自己破産や、債務整理を行うと、それはつまり借り入れをしていた金融機関に迷惑をかけるということになります。

回収予定だった金額が満額回収できないわけですから、金融機関にとってはマイナス以外の何物でもありません。

そして、その情報はその金融機関にきっちりと登録されていることでしょう。

信用情報機関に登録される金融事故情報は一定期間を過ぎると削除されますが、各会社に登録されている顧客情報については一体どのようなタイミングで削除されているのかは分かりません。

もしかしたら一定期間保管した後削除されているのかもしれないし、ずっと保管され続けているのかもしれません。

そのため、一度迷惑をかけたことのある金融機関に再度申し込んだとしても、情報が残っていて、審査が否決となる可能性が極めて高いでしょう。

銀行のカードローン審査も要注意!保証会社もチェックしてみよう

以前迷惑をかけたのは消費者金融だから銀行のカードローンなら関係ないよねとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実はそんなことが無かったりします。

近年銀行のカードローンの保証会社として消費者金融が活躍しているという現状があります。

そのため、銀行カードローンを申し込んだときに保証会社の消費者金融の審査をうける必要があるのです。

その保証会社が以前迷惑をかけた消費者金融の場合は、審査に通る確率が低いと思っておいた方が良いでしょう。

いままで1回もローンの経験がない場合も審査に通らないことがある?

今までに1回もローンの経験もクレジットカードを作ったこともないのに、キャッシングやカードローンの審査が否決になってしまった方はいませんか?

実は社会人経験がある程度あるような年齢で全くのローンの記録がないというのも審査にはネガティブに働くことがあるのです。

スーパーホワイト属性の方は審査が通りづらいってホント?

スマートフォンも、車も、パソコンもいつも買い物をするときは現金一括払いという主義の方もいらっしゃることでしょう。こういった方々はよくスーパーホワイトと呼ばれています。

ローンも組まず欲しいものが購入できるのは素晴らしいことですが、実はいざ初めてキャッシングやカードローンを申し込んだときに不利になってしまう可能性があるのです。

これは信用情報機関に何も情報が登録されていないということに関係します。

貸金業者も銀行も審査の際には信用情報機関をチェックして、この人物は返済をきちんとするのかなどの情報を確認します。

しかし、情報が何も登録をされていないと、これらの判断をする基準がなくなってしまうのです。

そのため、どうしても審査は厳しくなる傾向になります。

また、以前金融事故を起こしてしばらくクレジット情報を更新できなかった人も、信用情報機関の情報がすべてなくなりクリーンになります。

パッと見、以前金融事故を起こして今情報がない人なのか、純粋に一度もローンを組んだことがない人なのかの判断が出来ないのです。

このような事情からスーパーホワイトの人は何の落ち度もないのにキャッシングやカードローンの審査に通らない可能性があります。

まずは着実なクレジットヒストリーを積み上げましょう

スーパーホワイトの方がいきなりキャッシングやカードローンに申し込んだとしても満足のいく審査結果が出ないこともあります。

そんな時はどうしたらよいのでしょうか。

スーパーホワイトの方の場合の問題点は信用情報機関に何の情報も登録されていないという点です。

ですから、まずは商品の分割払いやクレジットカードなどを活用して着実な返済実績を積み上げていきましょう。

スマートフォンなどの代金を分割払いにすることなどによって、信用情報機関に情報が登録されます。

そして、返済を続ける限りその情報は記載され続けていくのです。

着実に返済を続けることにより、それは返済実績となって次のローンなどの審査にプラスに働くことになるでしょう。

ただし、ローンを組んだら必ずきちんと返済しましょう。ここで滞納などしてしまうと、プラスになるどころかマイナスの情報にしかなりません。

トピックス
ページトップへ