ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 職場に電話がかかってきたらバレる?ローン審査の在籍対応

職場に電話がかかってきたらバレる?ローン審査の在籍対応

近年のローン審査はネットを通して行われたり、メールで結果を通知してもらえたりと、誰とも直接顔を合わせずに審査に通ることができます。しかし、ローンの申込みをする上で忘れてはならないのが「在籍確認」です。

在籍確認をクリアしない限り、みなさんは正式にローンの契約をすることはできません。ほぼ審査は終わっている状態ですが、在籍対応をすることができなければ、審査は完了しないのです。

ここではローンの在籍確認について詳しくお話ししていきます。「在籍対応するとローンの利用がバレる?」と不安に感じているみなさんも、ぜひこちらの記事をご参考にしてみてくださいね。

職場に電話がくるのはどうして?ローンの「在籍確認」

まずはローンの在籍確認がどのような審査になっているのか、ポイントをまとめてお話ししていくことにしましょう。ローンを利用するなら、在籍確認があるということをよく理解しておかなければなりません。

在籍確認にはどのような意味があるのか、どのような目的のもとで行われているのか、しっかり理解した上でローンの申込みをするようご注意くださいね。

職場にかかってくる電話に在籍対応を

ローンの在籍確認は、基本的にみなさんが在籍している職場に向けて行われます。

電話による在籍確認が一般的ですので、みなさんの職場に金融機関から電話がかかってくることになります。

どうして職場にまで電話がかかってくるのでしょうか?ローンを契約することとみなさんの職場には次のような関係があります。そのため在籍確認が行われるんですね。以下をご覧ください。

  • 職場に関する情報に不備がないかを確認するため
  • 申込み内容と不一致がないか確認するため
  • 虚偽の申込みではないかを確認するため

ローンの申込み内容と実際の職場に関する情報が異なっていたり、在籍している会社の電話番号や住所などに不一致があるような場合は、無事にローン契約をすることができません。

また、虚偽の申込みではないかを確認するためにも在籍確認は行われます。みなさんが職場で在籍対応をすることによって、申込みの信用性をチェックすることができるんですね。

利用者の安全を守る意味での在籍確認

ローンの在籍確認は上記のような目的のもとで行われています。「どうして職場に電話がかかってくるの?」という疑問は解決できたでしょうか?

こうして申込み内容を直接みなさんに確認することによって、みなさんもより安全にローンを利用できるようになります。

在籍確認は利用者の安全を守るという意味でも行われているものです。在籍確認なしのローンを探す必要はありません。むしろ在籍確認はあった方が安全な借り入れをすることができます。

みなさんが職場でしっかり在籍対応すれば問題ありませんから、必要以上に不安がらず、落ち着いて電話連絡を待つようにしましょう。

ローンの申込みは職場にバレる?在籍対応に心配は不要

でも、職場に電話がかかってきたら、「ローンの申込みをしたことが職場全体に知れ渡ってしまうんじゃないか?」という新たな不安を感じる方も多いかと思います。

確かに職場にまで金融機関からの電話がくれば、ローン利用がバレてしまう恐れを感じても仕方がありません。しかし、実際には在籍対応によって職場にバレる恐れはありませんので、ご安心くださいね。

金融機関による在籍対応への配慮

ローンの在籍確認で電話がかかってきたら、職場にバレてしまう!そんな不安は必要ありません。実は利用者であるみなさんのために、金融機関はしっかり配慮してくれているんですよ。

  • 金融機関名は電話口で名乗らない
  • 担当者が個人名で在籍確認を行う
  • 本人以外にはローンの話などは一切しない

もしみなさん以外の誰かが在籍確認の電話に出たとしても、金融機関名も名乗りませんし、ローンに関する話もしないため、職場の人にバレる心配はありません。

個人名でかけてもらうことができるので、みなさんは自分の仕事に関する電話連絡のような雰囲気でローンの在籍対応をすることができます。

これなら安心して電話を受けることができますよね。

職場の人が代わりに在籍対応してもOK

ちなみに在籍対応をするのがみなさん自身ではなくてもOKという場合もあります。みなさん自身が直接電話を受けることができれば良いのですが、ちょうど外出中などで電話に出られないことも考えられますよね。

そのような場合には、職場の誰かが代わりに在籍対応をしてくれれば、その時点で在籍確認による審査は完了となります。

先にもお話ししたとおり、在籍対応をすることで職場にローン利用がバレることはありませんので、もしもみなさん以外の職場の人が金融機関からの電話を受けたとしても大丈夫なんですよ。

金融機関側はローンの申込みをしたみなさんが職場に在籍しているという確認を取ることができればOKなので、余計な心配をせず、無事に在籍確認を終えるようにしましょう。

在籍確認完了!次は安全に借り入れする方法を身につけて

以上でご紹介したように、ローンの在籍確認は安全のために行われているもので、職場にバレる恐れもないものなので、ご安心ください。在籍対応が完了し、他にも特に問題がなければローンは契約へと向かいます。

ここからは実際にローンを利用する際にあらかじめ気をつけておきたいポイントについてお話ししていきましょう。無事にローンが契約できたら、安全に借り入れする方法を身につけてくださいね。

身の丈に合った借り入れを心がけて

ローンで借り入れをする際には、まず自分の身の丈に合った金額を借りることが大切です。

  • 借り入れ金額に無理がある
  • 収入以上の金額を借りようとしている
  • 必要のないお金を借りてしまう
このようなケースは誤ったローンの使い方です。無理のある借り入れ、収入以上の借り入れ、必要のない金額の借り入れは絶対にやめておきましょう。

ローンでお金を借り過ぎると利息負担も大きくなりますし、結果的に返済することが難しくなってしまうこともあるかもしれません。

お金を借り過ぎないよう気をつけて使ってくださいね。

ローン返済に関するマナーとルール

そしてローンは返済も重要なポイントです。ローンでお金を借りたら借りっぱなし、ということはありません。借りたお金は必ず返す、ということが利用者であるみなさんには求められているのです。

  • ローンでお金を借りたら返済は絶対!
  • 返済日はしっかり守ることがマナーでありルール
  • 借り入れをする前には返済計画を立てるように

返済日を忘れて延滞してしまった…という利用者も少なくありません。みなさんはそのようなトラブルを起こすことのないよう気をつけてください。

また、ローンで借り入れをする前には必ず返済計画を立てるようにしましょう。返済計画は計画的にローンを完済をするためのプランです。無理なプランを考えないようにご注意くださいね。

在籍確認があるローンを選ぶことがおすすめ!

ローンの申込みをして審査を受ける、その際にみなさんは在籍確認の電話を受けることになります。職場にかかってくる電話で在籍対応をし、確認が完了すればローン契約へと向かっていきます。

場合によっては在籍確認なしのローンなどもありますが、安全に借り入れをするなら、ぜひ在籍確認を行っているローンを利用してみてください。まずは在籍対応を無事に終えることを考えていきましょう。

トピックス
ページトップへ