ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > とおりやすい人はいない!審査の厳しさ前提で銀行ローンの利用を

とおりやすい人はいない!審査の厳しさ前提で銀行ローンの利用を

ローンを利用する際に銀行で契約する人は多いですよね。銀行のローンは比較的低金利で借りられるなど、メリットの高いサービスとして有名です。安心感もありますしね。しかし、銀行のローン審査は厳しい、ということも大きな特徴です。

よく「銀行の審査にとおりやすい人はいるの?」といったような疑問を持つ方がいますが、審査にとおりやすい人というのは、厳密に言うといません。銀行の審査は簡単に通るものではないからです。

ここでは銀行のローン審査について詳しくお話ししていきます。銀行の審査は甘いものではなく、厳しいという前提のもとでローンの契約について考えていきましょう。

どんな特徴がある?銀行のローン審査における一般的な条件

まずは銀行のローン審査における一般的な条件や特徴について見ていきましょう。銀行のローン審査に通るにはどのような条件をクリアすれば良いのでしょうか?しっかりチェックした上で申込みをしましょう。

また銀行のローン審査ならではの特徴というものもあります。特徴についてもよく理解してからローンの申込みをするとより安心ですよ。

銀行ローンを利用するための審査条件

銀行ローンを利用する前には、以下の審査条件をまずチェックしておきましょう。銀行ローンを利用するために必要不可欠な条件です。

  • 安定した仕事と安定収入があること
  • ローンの年齢制限の範囲内であること
  • 他社で借り入れをしていないこと
  • 金融事故によるブラックではないこと

以上のようなポイントをクリアしておけば、銀行のローン審査に通る可能性は十分にあります。

安定した仕事と安定収入は必須条件ですので、無職や無収入の場合はもちろん、仕事や収入が不安定な場合も審査に通ることは難しいでしょう。

他社借り入れをしている場合、金融ブラックである場合も同様に銀行ローン審査に通るには難しい状況です。審査に通るための状況を整えておくことを忘れないようにしましょう。

消費者金融よりも厳しい銀行の審査

こうした審査条件のある銀行ローンでは、一般的に見て審査が厳しい傾向があります。

消費者金融のサービスなどと比べると、銀行のローンサービスは全体的に審査が厳しく、場合によっては審査に落ちてしまうケースもあるんですね。

もちろん消費者金融のサービスなら誰でも簡単に利用できるというわけではありませんよ。消費者金融にしても銀行にしても、審査に通ることは契約する上での必須事項です。

ただ、どちらかというと消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しくなっていますので、審査が厳しいということを前提として申込みをするようにしましょう。

また銀行のローン審査にとおりやすい人、というのも厳密にはいないと言えます。続いては審査にとおりやすい人、とおりにくい人というポイントについてお話ししていきたいと思います。

あくまでも可能性の段階!銀行ローン審査にとおりやすい人

銀行ローン審査を受ける前に、自分は審査にとおりやすい人なのか、それとも審査にとおりにくい人なのか、気になることもあるかと思います。しかし、ローン審査においてはとおりやすい人というのはそもそも存在していません。

ローン審査に通るためには一定の条件が必要になります。その条件を満たしていれば、審査に通ることは可能ですが、あくまでも可能性があるということに止まると理解しておきましょう。

「審査に通る可能性」があるかどうか

銀行ローン審査にとおりやすい人の特徴としてよく挙げられるのは次のようなポイントです。

  • 仕事や収入が安定している
  • 借金をしていない、金銭的な問題がない
  • ブラックなどのトラブルがない

こちらは銀行のローン審査に通るための条件でもありますが、こうしたポイントをすべてクリアしていたとしても、誰もが銀行ローン審査に通ることができるとは限らないのです。

「銀行ローン審査にとおりやすい人」という認識ではなく、あくまでも「銀行ローン審査に通る可能性が高い人」という認識をしておいてください。

「絶対に銀行ローン審査に通る!」という人もいませんので、審査にとおりやすい・とおりにくいではなく、審査に通る可能性があるか・ないか、という見方で捉えておくといいですね。

必要書類の不備、申込み内容の誤りに注意!

もしすべての審査条件をクリアしていたとしても、次のようなトラブルがあれば審査に通ることはできません。あらかじめ注意しておきましょう。

  • 必要書類に不備がある
  • 申込み内容に誤りがある
  • 虚偽の申込みである
銀行のローン審査では身分証明書や収入証明書などの必要書類を提出することがルールとなっています。もし必要書類に不備があれば、審査をクリアすることはできません。

申込み内容に誤りがある場合も同様ですし、虚偽の申込みであるような場合は大問題となります。申込みをする段階から書類の準備まで怠らないよう気をつけてくださいね!

正しく使えなければ意味がない!ローン利用の心がけ

最後にローンの正しい利用法についてお話ししておきます。ローンを契約することができても、正しく利用できなければ意味がありません。銀行のローン審査に通ることができればいいというわけではないのです。

まずは正しくローンを使うということを学んでから、ローンの申込みをするよう心がけてくださいね。

ローンの返済日はしっかり守って

正しいローンの使い方は以下のとおりです。しっかりチェックしておきましょう。

  • ローンで借り過ぎない
  • ローンの返済日をしっかり守る
  • 必要のない時はローンを利用しない

ローンで借り過ぎるとロクなことがありません。ローンの返済日を忘れてしまう場合もそうです。必ず返済日にお金を返すということを守るようにしましょう。

本当に必要のない時にはお金を借りない!

そして必要のない時はローンを利用しない、という心がけも大切です。特にカードローンなどは、比較的利用しやすいサービスですよね。しかし、ついつい借り過ぎてしまう利用者も多く見られるのです。

どうしてお金を借り過ぎてしまうのか、そこにはローンを利用するべきではない時にローンを利用してしまっているから、という要因があります。

  • 必要ではない時はローンを利用しない
  • 今本当に必要なお金かよく考える
  • 借り過ぎないよう返済の計画を立てる

ローンを利用する上で返済の計画を立てることはマナーのひとつです。銀行はもちろん消費者金融のサービスで借りる場合も同様です。しっかり計画的にお金を借りるよう心がけましょう。

銀行のローン審査に通る可能性を高めることはできる!

以上で見てきたように、銀行のローン審査に通る可能性のある人はいますが、銀行のローン審査にとおりやすい人というのは存在しません。あくまでも審査に通る可能性がある、という段階だと理解しておきましょう。

銀行のローン審査に確実に通るという方法はありませんが、ローン審査に通る可能性を高めることはできます。まずはローン審査に通るための準備を怠らないよう、自分の状況を見直していくと良いでしょう。

トピックス
ページトップへ