ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 何が原因?申込み前に知っておくべき審査に通らない3つの理由

何が原因?申込み前に知っておくべき審査に通らない3つの理由

ローン審査に通らない…。一体何が原因なのでしょうか?ここでは申込み前に知っておくべき、ローン審査に通らない理由を3つピックアップしてご紹介していきたいと思います。

ローン審査に通らないことには必ず理由があります。審査に通らない原因は、みなさん自身にあることがほとんどです。まずはどうして審査に通らないのか、その理由をしっかり突き止めることから始めてみましょう。

どうしてローン審査に通らないのか、その理由が分かれば審査への対策も取ることができますよね。すぐに再審査を受けるのではなく、一度、間を置いてからローン契約について改めて考えてみてください。

ローン審査に通らない!仕事や収入の問題を確認してみて

ローン審査に通らない理由としてまず挙げられるのは、非常に基本的なことではありますが、みなさんの職業や仕事の状況、そして収入状況に見られる問題です。

無職や無収入である場合はもちろんのこと、仕事の状況が安定していなかったり、収入状況が不安定になっていたり、何らかの問題が見られる場合は、ローン審査に通らない傾向が強いですね。

基本的な問題を解決することが大切!

ローン審査に通らない場合、以下のような職業や仕事の問題がないか確認してみてください。

  • 現在無職である
  • 仕事の状況が安定していない
  • 最近新しい職場で仕事を始めたばかり
  • 勤続年数が1年以内
  • 短期間のうちに転職を何度も繰り返している

このような問題があると、ローン審査に通らない可能性が高まります。職業や仕事の問題は基本的なことではありますが、この基本的なことが重要なのです。

ローン審査に通るためには、基本的な審査条件からチェックしていきましょう。

ローン申込みは収入が安定してから

また、ローン審査では「安定した収入があること」も条件として挙げられていますが、こちらも職業や仕事の状況と同様、とても重要な審査条件となっています。

収入が安定していない場合、ローンを契約してもきちんと返済できるか確証が持てませんよね。そのため、収入が不安定な時はローン審査に通らない恐れがあるのです。
  • 現在無収入である
  • 収入状況が安定していない
  • 年収が少ない

このような収入の問題がある場合もローン審査には注意が必要です。

収入が安定してからローンの申込みをする、収入状況が今よりも良くなってからローンの申込みをするなど、タイミングを待つようにしましょう。

他社借り入れNG!ローン申込みは借金問題を解決してから

次にご紹介するローン審査に通らない理由は、みなさんが今抱えている「借金」です。現在、他社で借り入れをしているなど何らかの借金を抱えている方はいませんか?

もし借金を抱えているなら、ローン審査に通らない可能性はかなり大きいと見て良いでしょう。今ある借金の問題を解決してから、ローンの申込みをすることをおすすめします。

返済能力はある?ない?

借金の理由は人それぞれ様々な理由があるかと思いますが、新規でローンを契約する以上、借金がないに越したことはありません。借金を理由にローン審査に通らないことも多いものです。

借金がある状態でローン審査の申込みをすると、返済能力が低いと判断されてしまいます。そのため、審査に通らないという結果になってしまうんですね。

ローンの契約に返済能力は必須です。先にご紹介した「安定した収入がある」というポイントも、返済能力があるかどうかをチェックするためのものです。

審査に通るためには、返済能力が低い状態でのローン申込みは避けておいた方が良いでしょう。

借金を完済することに集中して

借金があるけれどローンを新規で利用したい!という場合は、まず以下のような対策を取ることをおすすめします。

  • 今ある借金は完済する
  • これ以上、借金を重ねないようにする
  • 返済をする時には無理をしない

今ある借金を完済し、スッキリとした状態になることで、ローン審査に通る可能性が高まってきます。これ以上の借金をすることのないよう、返済することだけに集中していきましょう。

もちろん返済に無理は禁物です。無理して返済しようとすると、かえって金銭的な負担が増えて、新たな借金を重ねてしまいかねません。無理はしないようご注意くださいね。

何歳なら借りられる?ローンの利用対象になっている年齢

最後にご紹介するローン審査に通らない理由としては、みなさんの「年齢」が挙げられます。ローンサービスには、必ず年齢制限があるということをご存知でしょうか?

それぞれのローンで下限年齢から上限年齢まで決められています。みなさんがもし年齢制限の対象外である場合は、ローンの審査に通ることはできません。あらかじめご注意くださいね。

未成年の借り入れは認められていないローン

多くのローンでは、満20歳以上の借り入れが認められていますが、未成年者の借り入れは認められていません。

20歳に満たない状態ではローンの契約は難しいと理解しておきましょう。カードローンも高額のローンも同様です。成人してからまた借り入れについて考えてみてくださいね。

また、成人していても学生である場合は借り入れNGなどの条件を出しているローンもあるので、各サービスの年齢制限や利用条件についてしっかりチェックしておきましょう。

高齢者は利用対象にならないことも

ローンの年齢制限においては、一般的に満20歳からとなっていますが、上限年齢に関しては金融機関ごとにも違いますし、ローンサービスによっても違いがあります。

ローンの上限年齢は大体65歳~70歳に設定しているサービスが多く、あまりに高齢になるとローンの利用対象にならないため、審査に通らない結果となります。

ローン選びの際には、下限年齢はもちろん、上限年齢も気にしておくと良いでしょう。

年齢制限の問題だけは、他にご紹介した審査に通らない理由と違って対処ができないので、利用年齢の範囲内である場合のみローン契約について考えるようにしてくださいね。

間違っても虚偽の年齢で申込みをするようなことはないようご注意ください!

ローン審査に通らないなら問題を解決することが先!

ローン審査に通らない場合は、ここでご紹介したような原因が隠れていないか、自分の状況をよく見直してみてください。もし問題があるなら、ローンの申込みをするよりも、その問題を解決する方が先ですよ。

また、現在金融ブラックであるみなさんも、もちろんローン審査の対象外です。ブラックの状態でローンを利用することはできませんので、その点もしっかり理解しておきましょうね。

トピックス
ページトップへ