ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査が甘いは嘘!?審査が甘い会社の実態を知らないとどうなる

ローン審査が甘いは嘘!?審査が甘い会社の実態を知らないとどうなる

過去と比較すると、今ではカードローン審査が甘い会社の数は減っています。

そのため、カードローン審査は今でも甘いと思っていると、何度も審査で落ちてしまうということもあるのです。

今回は、そんなカードローン審査を上手に受けるためのテクニックを案内していますので、良ければ記事のテクニックや知識を参考にして、審査の申込を行うようにしてください。

昔となにが変わった?現代のカードローン審査が厳しい理由

カードローン審査についてですが、今ではほとんどの金融機関で厳しい審査を行っています。

その理由ですが、総量規制の適用が今では見られるようになっているからです。そのため、カードローン審査が甘い会社と言われていた消費者金融でも、厳しい審査を行うケースが増えてきました。
総量規制とは

年収に対して借入制限を設ける規制のことを、総量規制と言います。

総量規制が適用となっている場合、年収の3分の1を超えて融資を受けられなくなってしまうのです。

銀行は総量規制対象外となっています。そのため、今では消費者金融だけでなく、銀行でカードローン申込を行っている人の数が増えているのです。

誰でも審査に通るは嘘!年収ベースでローン審査は行なわれる

銀行でもカードローンを通じて融資を受けられる時代ですが、以下のような問題点もあるので注意してください。

例えば、年収ベースでローン審査を行っているということを、利用前に良く理解しておいたほうが良いです。

  • 年収は100万円以上が好ましい
  • 収入は安定しているほうが好ましい

年収は100万円以上が好ましいというのは、あくまでも目安として理解していただけると幸いです。なので、銀行によっては収入が安定している人であれば、カードローン申込が可能というケースも存在します。

ただし、収入がある人であれば誰でもカードローン審査に通るわけではありません。最近になって収入が発生したという人では、銀行カードローン審査に落ちる可能性があります。

勤続年数が3ヶ月以上であれば、スムーズに審査が進むことも多いでしょう。ですが、勤続年数が2ヶ月未満という場合は要相談となるケースが多いです。

このように、収入以外もカードローン審査時にチェックされますので、収入だけで誰もが審査に通るわけではありません。

消費者金融も厳しい!?甘い会社と思っていると損をしてしまう?

カードローンの情報をインターネットで探していると、消費者金融はカードローン審査が甘いという情報が良く見つかります。

しかし、実際は消費者金融であってもカードローン審査が甘くありません。その理由ですが、今では銀行と同じような審査基準を設けているからです。

そのため、以下の条件を満たせる人でなければ、消費者金融のカードローン審査に通らないこともあります。

  • 収入を証明できる
  • 在籍確認に対応できる

過去であれば、消費者金融は独自の審査マニュアルで審査を行ってくれました。そのため、審査上問題が無い人物であれば、カードローン契約を組めるようになっていたのです。

ですが、今では銀行と提携している消費者金融も増えていますので、昔のようにルーズなカードローン審査を行うケースが減っています。、

大手と言われている消費者金融では、特に銀行と同じようなカードローン審査を行っているので、消費者金融はローン審査が甘い会社と言い切れるわけではないのです。

こんな人は審査に落ちる!消費者金融でもローン審査が厳しい人

消費者金融のカードローン審査は、現代では甘くなくなっていることを案内しました。

ですが、他にも現代になって変わった部分がありますので、良ければそちらについても学んでおいてください。

  • 借入件数、総額に難がある人は審査に落ちる
  • ブラックリスト入りしている人は審査に落ちる
ブラックリスト入りとは

金融機関で保管しているブラックリストに登録されてしまうことを、ブラックリスト入りと言います。

このような状態をブラックというのですが、今では銀行、消費者金融に関係なくブラックリストの保管を行うようになりました。

そのため、借入件数、総額に難がある人ではお金を借りられなくなってしまうのです。

また、ブラックリストは金融機関で共有している情報でもあります。そのため、A社でブラックリスト入りとなってしまうと、B社、C社でカードローン審査を受けた際も、ブラックの扱いで審査が進んでいくのです。

借入を短期間で集中的に行っている人ほど、ブラックリスト入りしてしまいやすいと言われています。なので、お金を借りる際は余裕のある状況で、ローン審査の申込を行ったほうが良いでしょう。

嘘の申込に要注意!虚偽の情報はすぐに見抜かれてしまう!?

カードローン審査についてですが、虚偽の情報を含めてカードローン審査の申込を行った場合も、カードローン審査に落ちてしまいますので注意してください。

過去であれば、このような情報も曖昧に処理されることが多くありました。

ですが、今では個人信用情報を前提として審査が進んでいくため、虚偽の情報はすぐにバレてしまうようになっているのです。

個人信用情報とは

個人信用情報機関で管理されている情報のことを、個人信用情報と言います。

主に金融機関の利用に関する情報が管理されているため、業者によって申込内容が食い違っている場合は、カードローン審査に落ちやすくなってしまいます。

以下のような申込を行っている場合も審査に落ちやすくなってしまうので、以下に注意して、カードローン審査の申込を行うようにしましょう。

  • 年収が正しくない
  • 年齢が正しくない

年収についてですが、10万円、20万円程度のズレであれば問題無いとされています。ですが、50万円、100万円といった大きなズレが生じているようでは、問題のある申込と判断されてしまいます。

年齢については正確に記入するようにしましょう。個人信用情報を元にしてチェックされますので、1歳のズレでも問題のある申込と判断されてしまうのです。

ローン審査に良く落ちる!そんな人は申込内容に問題がある

申込内容に問題がある人も、カードローン審査で落ちやすい人に分類されます。

申込内容についてですが、借入希望額はおとなしい設定で申し込んだほうが良いです。

以下のような金額で借入希望額の記入をされていると、通常よりカードローン審査が厳しくなりやすいので注意してください。

  • 借入希望額が50万円以上
  • 借入希望額が不安定

借入希望額というのは、初回の申込では50万円以内が良いとされています。今では、銀行や消費者金融で厳しい審査を行っているケースが増えているため、50万円以上では中々カードローン審査に通らないこともあります。

また、申込ごとに借入希望額が不安定というケースも良くありません。どれほどの融資が望ましいのか明確にしておき、毎回の申込で借入希望額が安定するようにしておきましょう。

安全なローン申込!ちょっとした工夫でずいぶんと評価は変わる

ローン申込についてですが、ちょっとした工夫をするだけでも審査時の評価は良いものに変わりやすいです。

例えば、本審査の申込前に仮審査の申込を行っておくと良いです。

本審査、仮審査とは

本審査とは、ローン審査の申込から契約までを行うことです。

仮審査とは、ローン審査の申込から審査完了まで進めることを言います。

仮審査のほうが、本審査よりシンプルなカードローン審査を受けられるようになっています。そのため、申込そのものに問題が無い場合であれば、時間にして30分以内で審査を終えられるようにも工夫されています。

仮審査を終えても、カードローン契約が組めるわけではありません。ですが、このような審査を受けておくとどの程度の融資であれば、確実に受けられるのかを教えてもらえるようになっています。

つまり、仮審査を先に受けておくと正確な借入希望額を知ることができるのです。仮審査のサービスは、銀行だけでなく消費者金融でも対応していますので、基本的に対応していないというケースはほとんどありません。

インターネットから利用できるサービスでもあるので、とりあえずカードローン審査に通りそうか知っておきたいという人は、仮審査からカードローン申込を進めていくと良いでしょう。

信用は積み立てるもの!信用を上手に貯められるテクニック

カードローン審査などでチェックされる個人信用情報についてですが、信用は意識的に高めることも可能となっています。

信用を高めるテクニックについてですが、対応そのものが難しいということもありません。

なので、以下のようなテクニックを駆使して、良ければ個人信用情報の信用を高めてみましょう。

  • お金を定期的に借りると信用が高まる
  • 借金は完済したほうが信用が高まりやすい

信用というのは、基本的に返済能力の有無に対して評価が行なわれています。なので、返済が難しい借金を繰り返している人では、高い信用を得ることができないのです。

なので、定期的にお金を借りるようにしましょう。大きな融資を受けないと信用が上がらないわけではないので、このように定期的に少しずつお金を借りる、返済をするだけでも信用は高まっていきます。

それと、借金の件数が3件以上の場合は信用が下がりやすいです。
なので、完済も意識してお金を借りている人のほうが、他の人より信用を得やすい状況になります。借金額が少ないものが残っている場合、優先して借金額が少ないものから完済していくようにしましょう。

補足となりますが、まったく借金をしない人では借金に関する信用が高まりません。このような状況をスーパーホワイトというので、このことも理解した上で定期的にお金を借りたほうが良いです。

トピックス
ページトップへ