ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 現在の借入状況に要注意!審査に落ちても借りれるローンは存在しない

現在の借入状況に要注意!審査に落ちても借りれるローンは存在しない

借入状況によっては、まったくカードローン審査に通らないということがあります。

また、審査に落ちても借りれるローンは存在するという情報も存在しますが、まったくカードローン審査に通らない人の場合、このようなローンに対して申込を行っても、審査に落ちてしまうことのほうが多いでしょう。

なので、審査に落ちてしまいやすい場合は借りれるローンを探すのではなく、現在の状況を正確に把握することのほうが大事です。

今回は、そんな現在の借入状況の把握から、カードローン審査に通るまでの道のりについて案内しています。

審査に落ちやすい!そんな時は正確に借入状況を把握する

インターネットを利用していると、審査に落ちても借りれるローンに関する情報を見つけることがあります。

ですが、審査に落ちやすい場合は借りれるローンを探すより、現在の借入状況を正確に把握したほうが良いです。というのも、審査に落ちても借りれるローンの数は年々減っているからです。

過去と比較すると、現在では銀行を通じてカードローン契約を組んでいる人の数が増えています。

その理由ですが、以下のような審査に落ちても借りれるローンが減っているため、銀行を利用されている人が増えているのです。

  • 少額からの貸付に対応しているローン
  • クレジットカードを通じてキャッシングできるローン

消費者金融では、1万円からの貸付に対応しているケースが多いです。ですが、近年では少額からの貸付であっても、過去と比べて審査が厳しくなっています。

また、クレジットカードについても同じ状況となっています。なので、元々カードローン審査に通りづらい借入状況の人では、銀行、消費者金融で安定した借入を実現できないのです。

すでに借入が多く返済に困っている場合は、まず返済を安定させてから新しい借入の申込を行ったほうが良いでしょう。

審査に落ちる原因は?銀行と消費者金融で違っている審査内容

審査に良く落ちるようになった場合、審査に落ちる原因についても把握しておいたほうが良いです。

具体的に、以下のような原因を抱えている場合は、中々カードローン審査に通ることができません。

  • 借入件数が3件以上
  • 借入希望額が多い

銀行や消費者金融でカードローンを販売していますが、すでに借入件数が3件以上となっている場合、基本的にカードローン審査が厳しいものになりやすいです。

消費者金融は借入件数が4件以上でも、カードローン審査に通ることはあります。ですが、銀行は借入件数に対して厳しい審査を行っているので、借入件数も意識してカードローン審査の申込を行ったほうが良いでしょう。

借入希望額についても同じことが言えます。銀行と比較して消費者金融のほうが、借入希望額に対して厳しい審査を行っています。

銀行は50万円前後の借入希望額でも、通常と同じ形でカードローン審査を行ってくれますが、消費者金融の場合は総量規制を前提として審査を行いますので、総量規制を超えて借入を希望されている場合は、審査が厳しくなりやすいのです。

総量規制とは

年収の3分の1以上は借りられないという規制のことです。

銀行は総量規制対象外のため、総量規制が適用されないため50万円以上の融資を受けられることもあります。ですが、消費者金融の場合は収入が少ない場合に規制の影響を受けやすくなるため、借入希望額についても抑えて申し込んだほうが良いでしょう。

審査が甘いは嘘!誰でも借りられるローンは存在しない

カードローンに関する噂の中には、審査が甘い金融機関が存在するという噂も存在します。

ですが、このような噂は信用しないほうが良いでしょう。というのも、今では審査が甘い金融機関がほとんど存在していないからです。

過去であれば、以下のような審査が甘いと噂される金融機関も存在していました。

  • 中小の消費者金融
  • 街金

ですが、今では銀行のような審査マニュアルを用意しているので、過去と比べて審査が厳しくなっているのです。なので、誰でも借りられるローンは存在しないということを理解しておきましょう。

大手の消費者金融の中には、銀行と提携している消費者金融も存在します。なので、現代のカードローン審査はほとんどが銀行に似通った審査になりやすいのです。

過去であれば、年収をあまり気にせずお金を借りられました。ですが、現代では年収が少な過ぎる場合は審査対象外になることもありますので、年収に関係なくローン審査を行ってもらえるケースも減っています。

こんな嘘にも要注意!利用してしまうとトラブルに遭うこともある

誰でも借りられるという情報の中には、悪徳業者を利用してしまう情報も含まれていますので、すべての情報が安全というわけではありません。

例えば、無審査でカードローン契約が組めるという情報には注意が必要です。

というのも、銀行や消費者金融のほとんどは無審査でカードローン契約が組めません。なので、他の金融機関と比較すると雑な対応を行っていることが良くわかるのです。

なぜ、このような審査対応を行っているのか?というと、それは以下のような狙いが存在するからです。

  • とりあえず利用者を増やしたい
  • ローン未経験の契約者を増やしたい

過去と比べて、今ではインターネットを通じて正しい知識を得ている人が増えています。なので、過去と比べると悪徳業者を利用してしまう人の数が減っているのです。

そのため、悪徳業者は利用者にとって都合の良い情報で、カードローン契約を勧めるような営業を良く行っています。ですが、無許可でカードローンを販売している業者も多く、金利も違法金利とされているため利用しないほうが無難なのです。

無審査以外の勧誘方法では以下のような勧誘方法も存在するので、以下についても良ければ覚えておいてください。

  • 100万円以上の融資に対応
  • 大手を通じてお金を借りられる

このような情報は勧誘目的で使われているだけです。

なので、100万円以上の融資に対応しておらず、且つ大手を通じてお金を借りられない仕組みになっていることも理解しておいたほうが、安全なカードローン選びを行えるでしょう。

スコアリング審査ってなに?属性をチェックしてローン審査に通る

カードローン審査で重要となるものに、スコアリング審査という審査方法が存在します。

スコアリング審査とは、加点方式で審査が進んでいく仕組みの審査方法です。

具体的には、以下の条件を多く満たせる人ほどスコアリング審査上で高評価となります。

  • 年収が200万円以上
  • 勤続年数が1年以上
  • 転職の回数が少ない
  • 転居の回数が少ない
  • 固定電話、もしくは携帯電話の契約者

現代であっても、カードローン審査で年収がチェックされます。消費者金融ではゆるい対応を行ってくれることもありますが、銀行では100万円以上、200万円以上といった年収の審査基準を設けていることが多いです。

勤続年数についても、最低では2ヶ月以上の勤続年数が確認できない場合、カードローン審査ができないこともあります。自営業の場合は、1年以上の営業年数が確認できない場合、カードローン審査を受けられないこともあるので注意してください。

勤続年数は1年以上、もしくは2年以上の場合に高評価となりやすいです。

また、転職、転居が目立つ人はスコアリング審査で高評価となりません。転職、転居にもお金がかかりますし、なにより勤務先、住居が不安定である場合、連絡が正常に行えないケースもあるので評価されないことが多いのです。

電話連絡についても、スコアリング審査では固定電話を高く評価しています。携帯電話の契約者であっても評価されるので、カードローン申込前にこれらの契約を済ませておくと、より高い評価を受けられるようになるでしょう。

今では大事な属性!属性を大事にするだけでも審査の難易度は違う

前述では、スコアリング審査と年収といった審査の対象について案内しました。

年収などの審査の対象を属性というのですが、他にもスコアリング審査上の属性は存在しますので、良ければ以下についても学んでいってください。

  • 職種
  • 婚姻の有無
  • 同居の有無

スコアリング審査では職種も属性の1つとして評価されます。職種の場合、公務員のような長く働ける職場で勤務されている人ほど高評価になります。

そのため、パートやアルバイトといった職種では低評価になってしまうこともあるのです。他にも、中小企業と大手企業では大手企業のほうが高評価となりやすいです。

職種、勤務先に関しても細かいチェックが入り評価されていきますので、職種、勤務先に問題が無い人であれば、カードローン審査で落ちてしまう可能性はかなり小さくなります。

また、婚姻、同居についてもチェックされます。

婚姻、同居ともに行っているほうが高評価となりやすいです。このような条件を満たせる場合は、カードローン審査の申込前にそのことを伝えておくと良いでしょう。

このような対応も含めて、スコアリング審査上の評価が上がっていきますので、年収のみスコアリング審査で評価されるわけではないのです。

このような審査対応も行っているため、今ではパートやアルバイト、主婦といった職種の人たちもカードローンを持てるようになりました。

巷の噂はあてになる?カードローンで良く登場する噂と現実

今までカードローンを利用したことがないという人の場合、インターネット上の噂を信じてしまう人もいます。このような情報の中には、信用してしまうと損をしてしまうものもありますので注意してください。

具体的には、以下のような噂を信じないほうが、より安全にカードローン申込を行えます。

  • 在籍確認無しのカードローンが存在する
  • 未成年でも利用できるカードローンが存在する

在籍確認についてですが、今では銀行や消費者金融に関係なく必須となっています。このような情報が今でもインターネットに残っている理由ですが、それは過去の情報が消されないまま残っているだけです。

現代では、在籍確認の時間を短縮してくれるサービスが存在するだけで、在籍確認を無しにするサービスには対応していません。このような対応を望んで業者選びを行っていると、無駄に時間を使ってしまうだけなので注意してください。

次に、未成年は親の同意がなければカードローン契約を組めません。なので、未成年でも利用できるカードローンは存在しないと思ったほうが良いです。

カードローンの中には、学生でも利用できるカードローンというものも存在します。こちらについても、親の同意を得られる、もしくは20歳以上の成人であれば利用できるという審査基準が設けられています。

そのため、審査そのものが過去のように甘い金融機関というのは、今ではまったく存在していないというのが現実なのです。

カードローン審査に落ちてしまった場合も、安易にインターネットの噂に流されて、不安定なカードローン申込を行なわないように注意しましょう。

上手なローン方法!完済を意識するだけでも審査の評価が上がる

カードローン審査で少しでも通りやすい状況を作りたい場合、ローンの返済、もしくは完済を急いだほうが良いです。

というのも、これらの行為はクレジットヒストリーを高めてくれるからです。

クレジットヒストリーとは

金融機関の利用状況に関する情報のことを、クレジットヒストリーと言います。

クレジットヒストリーには良い評価、悪い評価の情報も記録されていくため、良い評価を多く得ている人は新規のローン申込を行った場合も、審査に落ちづらくなるという利点が生じやすくなります。

なぜ、返済、完済を急ぐようにするとクレジットヒストリーが良くなるのか?というと、それは返済能力があると認められるからです。

ローンは年収だけでなく、実際の返済能力のチェックも入りますので、借金件数が多かったとしても予定通りで返済されている、もしくは、予定より早く返済されている場合に評価されやすくなるのです。

他にも以下のような対応が見られる場合に、クレジットヒストリーに良い評価が付きやすくなります。

  • 定期的に融資を受けている
  • 年収に見合った融資を意識的に受けている

定期的に融資を受けているだけでも、借金を行う意思があると判断されます。すると、良く借金してくれる相手と認識されるようになるため、定期的に融資を受けている人のほうが、クレジットヒストリーでは良い評価を受けやすいのです。

年収に見合った融資を意識的に受けている場合も、同じような評価を得られます。あらかじめカードローンなどのローン申込について相談していると、クレジットヒストリーに対する良い評価が付きますので、計画的な借入も評価されやすいのです。

このような形でクレジットヒストリーを高めていくと、業者のほうから新しい融資について通知してくれることもありますし、元々の金利より安い金利で融資を受けられることも多くなります。

トピックス
ページトップへ