ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > なぜ、審査に落ちてしまう?ローン審査で通る人を見分ける簡単な方法

なぜ、審査に落ちてしまう?ローン審査で通る人を見分ける簡単な方法

ローン審査で通る人というのは、大まかではありますが判断基準がありますので、簡単な方法で見分けることも可能です。

今回は、借入状況、返済状況に沿ってローン審査で通る人を見分ける方法について案内していますので、中々ローン審査で通らないという人は参考にしてください。

他にも、将来的にローン審査で通りにくくなってしまうパターンなども案内していますので、記事を読むことで安全なローン申込方法も学べるようになっています。

収入は重要!?ローン審査で通る人の収入はどの程度?

ローン審査で通る人の特徴について案内していますが、収入に関しては簡単な方法で収入の良し悪しを判断できます。

その簡単な方法とは、年収の3分の1以内で借入の申込を行っているかどうかです。年収の3分の1以内で申込まれているようであれば、それほど収入に対する審査は厳しいものになりません。

カードローンでも知られるようになりましたが、今では総量規制が前提となってカードローン審査が行われています。なので、総量規制を無視してローン審査の申込を行なわないほうが良いでしょう。

総量規制とは

ノンバンク系(銀行系以外)で適用される借入の規制を、総量規制と言います。

総量規制が適用となっている場合、年収の3分の1以上でお金を借りられないため、収入によっては借入額が変動してしまうこともあります。

銀行系は総量規制対象外となっていますが、消費者金融より多く借りられるわけではありません。以下のような収入に対する判断基準を設けていますので、以下についても了承した上でローン申込を行ったほうが良いでしょう。

  • 年収が100万円以上であれば審査可能
  • 年収が少ない場合は要相談

収入より大事なもの!返済状況によってはローン審査が楽になる

収入に関する判断基準の案内をさせていただきましたが、他にも似たような判断基準が存在しますので、良ければそちらについても理解しておいてください。

その判断基準とは、現在までの返済状況に関する判断基準です。

返済状況が以下のように安定していない場合、収入が高い人でもローン審査に落ちてしまう可能性があります。

  • 返済で遅延してない
  • 返済で金融事故を起こしていない

返済で遅延していないについてですが、短期間の返済の遅延程度であればそれほど厳しい判断が下されるわけではありません。

ですが、1ヶ月、2ヶ月といった長期にわたって返済が遅延している場合、新規のローン申込を行ってもローン審査に通らなくなる恐れがあります。

また、返済額が小さい場合でも同じようなリスクが生じるため、金額の多少は関係なく、同じように遅延は遅延であると判断されます。そのことも考慮し、早い段階で返済を安定させられる状況を作りましょう。

それと、以下のような金融事故を過去に起こしている人も、新規でローン申込を行えなくなってしまう恐れがあります。

  • 債務整理
  • 自己破産
  • 多重債務

年齢の判断基準は?高年齢ほどローン審査に通らなくなる?

年齢についても、簡単な方法でローン審査で通りやすいか判断することができます。

その方法ですが、年齢が40歳より若い場合は良い評価が付きやすいと判断しましょう。なので年齢が40歳以上の場合は、悪い評価が付きやすいと判断したほうが良いです。

なぜ、このような判断基準が存在するのか?というと、以下のような審査に関する難易度が存在するからです。

  • 20代:大きなローン以外では審査に通りやすい
  • 30代:大きなローンも含めて審査に通りやすい
  • 40代:現在までの借入状況によっては審査に通らない

大きなローンというのは、100万円以上のローン契約です。若い人の場合、このような大きなローンで審査落ちすることもあるため、中高年と比較して大きなローン審査に通らないと嘆く人もいます。

ですが、20代の内から小さくローンの利用を続けていると、30代になってからはさらに大きなローンの利用も可能となるため、それほど審査の難易度が高いというわけではありません。

逆に、まったくローンを利用してこなかった40代の場合、20代と同じような審査の難易度でローン審査を受けなければなりません。そのため、人によっては40代になっても大きなローン審査で通らない人がいるのです。

嘘をついてもバレる!知らない人も多いローン審査の裏側

ローン審査ですが、ローン審査で用いた情報というのは金融機関で共有される仕組みになっています。

つまり、A社、B社でローン申込の内容が食い違っていると、ローン審査上で信用のおけない人物として判断されるのです。

以下のような記入ミスが多い場合も、同様の扱いを受けてしまうので注意してください。

  • 年齢:正確な年齢が記入されていない
  • 収入:毎回で収入の値が同じではない
  • 家族構成:氏名、年齢などが間違っている

年齢に関しては、それほど厳しいペナルティを受けるわけではありません。金融機関によっては注意される程度で済むこともあります。

ですが、年齢が大きくズレていると意図的にズラしているのではないか?と疑われるようになってしまいますし、なによりローン審査に通らなくなってしまいます。

収入についても同じことが言えるのですが、10万円程度の誤差であれば問題ないとされています。ですが、50万円程度の誤差が目立つようであれば、金融機関によっては厳しい審査を受ける羽目になってしまうのです。

最後に、意外と忘れてしまう家族構成をしっかりと記入するようにしましょう。家族構成をメモしておき、メモを確認しながら記入するようにすると、大きなミスもなくローン審査を受けることが可能です。

どんな人が好まれる?ローン審査で高評価となりやすい人物

ローン審査で高評価となりやすい人物についてですが、基本的に安定継続した収入、返済状況にある人物であれば、ローン審査で高評価となりやすいです。

つまり、収入が少ない人でもローン審査に通ることは可能です。

ただし、以下のような対応を行なわないようにして、なるべくローン審査時の評価を下げないようにしておきましょう。

  • 借入希望額を無難な金額で記入する
  • 記入の不備が無い状態でローン申込を行う

借入希望額についてですが、初回の申込では20万円以内が無難とされています。パートやアルバイトでも、30万円以上借りられるというカードローンも存在しますが、初回の借入では大きな融資を受けづらいことを理解し、無難な金額で記入するようにしましょう。

記入の不備についても、無い状態で記入を終えているかチェックしておきます。

人によっては、連絡先が記入されていなかったり、もしくは年齢や収入の欄が空白のままというケースも存在します。なので、最後に空欄が存在しないことを確認してから、ローン申込を終えるようにするのが最善です。

このような対応が安定している人であれば、ローン審査で高評価となりやすいでしょう。

こんな人も好まれる!ローン審査で重要となるマナー意識

ローン審査で重要視されているものに、ローン審査時におけるマナー意識の高さというものがあります。

マナー意識とは、借入の際に無理な計画でローン申込を行っていない状態のことです。

そのため、以下のような返済状況にある人ではマナー不足と判断されます。

  • 借金件数が4件以上
  • 同時に複数の金融機関でローン申込を行っている

借金件数が4件以上でローン申込を行うと、消費者金融であってもローン審査を受け付けない可能性があります。

というのも、借金件数が多い状況であると判断されるからです。銀行の場合は、借金件数が3件以上で厳しい判断を下しますので、借金件数を減らしてから申込を行うことも、マナー意識のあるローン申込となります。

それと、どれほど無駄な借金をしていない状況であっても、同時に複数の金融機関でローン申込を行ってはいけません。このような対応も、マナー意識の無い行動として判断されます。

人によっては、複数でお金を借りてしまったため、早い段階で返済トラブルを起こしてしまう人もいます。すると、計画性の無いローン利用のため、ローン返済も安定しなくなってしまうのです。

このような申込についても、ローン審査の申込時にチェックされます。なので、ローン申込件数に対して嘘をついても、すぐにバレると思ったほうが賢明です。

ローン申込前に要チェック!状況によっては100%審査に通らない

ローン申込前にチェックしておきたいものに、ブラックであるかどうかのチェックが存在します。

ブラックとは、金融機関のブラックリストに登録されてしまっている人のことです。

過去に金融トラブルを起こしていると、ブラックリストに登録されてしまうので、人によっては身に覚えがないにもかかわらず、ブラックとしてお金を借りられなくなってしまう人もいます。

チェック方法ですが、以下のようなローン審査の結果が出る場合は、ブラックの可能性が高いと判断しましょう。

  • ローン審査の結果がすぐに出る
  • どの業者でローン審査を申込んでも同じ審査結果となる

ローン審査の結果というのは、早いところでも30分ほどかかります。そのため、ローン審査の結果が出るまでに10分もかからないという場合は、もしかするとブラックかも?と判断したほうが良いのです。

どの業者でローン審査を申込んでも、同じ審査結果しか出ないという場合もブラックの可能性が高いと判断できます。業者によって、微妙に審査結果の通知内容は変化しますので、統一されているケースは稀であると判断しましょう。

また、ブラックでもお金を借りられる銀行、消費者金融が存在するという情報もネット上には存在しますが、そのような対応を行っている銀行、消費者金融は存在しません。

ブラックの場合、どのような金融機関でも融資不可の相手として判断するため、ヤミ金と言われているような悪徳業者で無い限り、ローン審査そのものを行ってもらえないのです。

ヤミ金を利用してしまうと、違法金利で高い利息が発生してしまうため、利用できるのであればどこでも良いという安易な考えをもたずに、業者選びを行うことも大事です。

何度も審査に落ちる!そんな時ほど簡単な方法で対処しよう

ローン審査の申込を行っても、まったくローン審査に通らなくなってしまった場合の対処方法ですが、簡単な方法で対処できることもあります。

その対処方法ですが、良いとされているものに1ヶ月間ほどローン申込を行なわないという方法が存在します。

ローン審査でまったく審査に通らない状況では、主に以下のような原因を抱えていることが多いため、審査に落ちやすい状況になっていると考えることが大事です。

  • ローン申込の回数が多い
  • 同じ業者ばかりで申込を行っている

ローン申込の回数が多い場合、ブラックに近い形で金融機関のブラックリストに登録されることがあります。あくまでもブラックに近いだけなので、一定期間の申込が見られないようであればブラックでなくなることもあるのです。

ローン申込の回数についてですが、1ヶ月間に2、3回を意識して行うようにしましょう。短期間で何度申込を行っても、ローン審査の評価が良くなるわけではないので、申込回数が多いほど審査に落ちやすくなってしまいます。

次に、同じ業者ばかりで申込を行っていると、その業者から嫌われてしまうことがあります。ブラックになるわけではありませんが、関連企業で申込を行えなくなってしまうため、正常なローン審査を受けられなくなることもあります。

ローン申込の回数と同じで、ローン審査に落ちてしまった場合は同じ業者を利用しないことも大事です。

トピックス
ページトップへ