ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 自分はローン審査に通る?確実にローン審査に通る方法は存在するの?

自分はローン審査に通る?確実にローン審査に通る方法は存在するの?

カードローンなど、ローンの販売を行っている金融機関は数多く存在します。ですが、具体的なローン審査の判断基準、評価について知らない人が多いため、ネット上では色々なローンに関するテクニックが公表されています。

しかし、これらのテクニックを駆使しても、ローン審査に通らない人が多くいるのも事実です。

なので、今回は安定性の高いテクニックについて案内させていただきますので、ローン審査に不安がある人は参考にしてください。

審査に通るには?どのような条件を満たすと審査に通る

ローン審査についてですが、審査に通るには最低限の審査基準をクリアしなければ審査に通りません。

例えば、年収が審査基準を満たしていないようであれば、ローン審査を受けられなくなってしまいます。ですが、銀行では厳しい審査を行っていることが多いだけで、消費者金融であれば、それほど厳しい審査にならないことも多いです。

というのも、銀行と消費者金融で以下のような審査基準の違いが存在するからです。

  • 銀行:年収、勤続年数が必ずチェックされる
  • 消費者金融:返済能力のみチェックされる

銀行は、カードローン審査においても審査が厳しいと言われています。ですが、年収、勤続年数に問題がなければ厳しい審査とならないため、安定継続した収入、勤続年数を証明できる人物であれば、それほど審査に落ちてしまうわけではありません。

ただし、消費者金融のほうが気楽にローン審査を受けられるのは確かです。消費者金融のほうが銀行よりノウハウが多いため、あらゆる人物に対してローン審査を行えます。

そのため、年収、勤続年数ではなく安定継続した返済が可能な相手であれば、消費者金融を通じてお金を借りられるケースが多いのです。

便利なテクニック!簡易シミュレーションで借入の不安を払拭

もし、ローン審査そのものが不安という場合は、簡易シミュレーションを利用してみると良いでしょう。

簡易シミュレーションは、銀行や消費者金融の公式サイトに設置されており、何度も無料で利用できる簡易シミュレーションとして人気です。

簡易シミュレーションとは

金融機関で用意されている簡易シミュレーションの場合、どのような範囲で借入が可能であるかの判定が行えます。

時間にして5分以内に簡易シミュレーションの結果が出るので、無駄な時間を使うことなく借入に関する不安を払拭できます。

入力が必要となる項目も以下のように簡単な項目だけとなっていますので、入力そのものも難しくありません。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤続年数
  • 借入件数
  • 借入総額

クレヒスとは?クレヒスが高い人ほど審査に通る?

ローン審査に通る人物を目指している場合、クレヒスについても学んでおいたほうが良いです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーのことです。ローンの契約、返済によって発生する信用のことでもあるのですが、クレヒスは少しずつ貯まっていく仕組みになっているので、人によってはいつの間にかクレヒスが貯まっていることもあります。

クレヒスが高い人ほど、今ではローン審査に通りやすい人物であることが明らかになっているため、クレヒスを意識してローンを利用することは大事です。

具体的なクレヒスの発生条件ですが、以下の発生条件を満たしているようであれば、少しずつではありますが確実にクレヒスを貯めていけます。

  • 収入に見合ったローン契約を行っている
  • 無計画なローンが少ない

収入に見合ったローン契約というのは、例えば年収より小さな金額でお金を借りている場合を言います。基本的に借り過ぎと判断される状況では、クレヒスが貯まっていかないので注意してください。

そのため、無計画なローンを何度も組んでいるようでは、まったくクレヒスが貯まりません。クレヒスを確実に貯めたい場合は、なるべく少額の借入から契約をスタートさせたほうが良いです。

クレヒスの高め方!小さな借入でもクレヒスは貯まっていく

クレヒスについてですが、実は大きなローン、小さなローンのどちらでも貯まっていく性質があります。

つまり、クレヒスを少しでも多く貯めたいのであれば、小さなローンの契約、完済を繰り返したほうが賢明なのです。

そのため、近年ではクレヒスとクレジットカードの相性が良いことも指摘されるようになりました。

クレジットカードには以下のような利便性が存在するので、ローン契約を検討している方は、クレヒスのために前もってクレジットカードの利用を行っておくと良いでしょう。

  • ショッピング枠の設定額が大きい
  • 毎回の利用における金額が小さい

クレジットカードの契約を組んでみるとわかることですが、クレジットカードは20万円~50万円で枠が設定されやすいです。枠というのは、クレジットカードを通じて使える金額のことです。

ショッピング枠50万円という設定の場合は、50万円分のショッピングがクレジットカードを通じて行えるという意味になります。カードローンの場合、50万円の審査で通ることは大変とされていますが、クレジットカードであればそれほど厳しくありません。

その代わり、キャッシング枠の設定を0円以上にしてしまうと、カードローンと同様の厳しい審査になってしまいます。

また、クレジットカードは毎回の利用における金額についても、小さくても問題ないという利便性があります。つまり、小さく借りてすぐに返すことが可能なカードなのです。

そのため、クレジットカードはクレヒスと相性が良いと言われています。

担保・保証人が不要?担保・保証人が今では不要になっている

インターネット上に存在する情報の中には、担保・保証人が存在するとローン審査に通りやすくなるという情報も存在します。

ですが、今ではそのようなローン審査に金融機関が対応していません。

他にも、以下のようなローン審査に金融機関が対応しなくなっているので、インターネット上に存在する情報の中には、誤った情報も存在するということを知っておきましょう。

  • 複数の金融機関でまとめて審査を受ける
  • 年金を担保とするカードローン審査

金融機関は、過去であれば関連企業を通じてまとめてローンを受けることも可能でした。ですが、このような借入を認めてしまったため、ローン返済が難しくなってしまうケースが生じてしまったので、今ではほとんどの金融機関で対応しなくなりました。

年金についても、一時期は対応可能という金融機関も存在していましたが、今では対応不可となっています。一部の消費者金融では、今でも対応可能となっておりますが、大手の銀行や消費者金融では対応していない状況だと思ったほうが良いです。

保証会社は何をしている?保証会社を通じて審査を受けるメリット

担保・保証人ですが、保証会社の影響により不要となっております。

保証会社がローン審査、審査後の保証を担当しているため、過去のように担保・保証人を求められることが無くなりました。

また、保証会社を通じてお金を借りる場合、以下のようなメリットが発生することも有名です。

  • 保証会社のほとんどは消費者金融
  • ローン審査の審査基準が過去と比較して広くなった

メリットその1ですが、保証会社は消費者金融というケースがほとんどです。消費者金融であれば利用したことがあるという人も多いので、多くの人が保証会社ありのローン審査を受けるようになりました。

銀行でも同様のサービスを行っているので、消費者金融の審査を受けて銀行カードローンといったローンサービスを受けることも可能です。

メリットその2ですが、保証会社ありのローン審査は審査基準に余裕があります。ローン審査のノウハウが豊富なため、パートやアルバイトでも銀行カードローンを利用できるようになりました。

最近では、専業主婦であってもローン審査を受けられるので、ローン審査に通る人物が増えたということもメリットの1つです。

借入は大手の銀行を通じて行えるため、ブランドに対しての信用、安心が高い状態で、ローンを利用できるケースが今では多く存在します。

審査の注意点!用途が事業性資金では通常のローン審査に通らない

審査の申込では、お使いみちという記入項目にも記入を行なわなければなりません。

こちらに対して、事業性資金という記入をされていると、基本的にローン審査では通らなくなってしまいます。

事業性資金とは

事業を起こす、もしくは経営していく際に必要な資金のことを、事業性資金と言います。

事業性資金の場合、一般的なローンでは正確な審査が難しいため、事業性資金のお使いみちを断っているケースが多い状況です。

実際にお使いみちに関する基準をチェックしてみると、以下のような文面が記載されていますので、良ければローン申込前にチェックしておいてください。

  • お使いみちから大きく逸脱するものは審査不可
  • ただし、事業性資金は除く

お使いみちというのは、生活などで必要となるお金が対象となります。なので、ショッピング、生活資金であればローンを組めるのですが、事業性資金ではどれほどの金額が必要となるのか不明なため、ローン審査に通ることはありません。

他にも、以下のようなお使いみちについても基準外として、お使いみちとして認められないようになっています。

  • ギャンブル目的
  • 第三者にお金を譲渡する目的

ローンはカードローンもそうですが、個人としてお金を借りるという約束事が存在します。なので、個人以外に対してお金を利用するお使いみちでは、通常よりも厳しい審査が行われやすいのです。

女性にオススメ!今では女性専用のカードローンも存在する

女性として審査に通るか不透明という場合、通常のローンではなく女性専用のローン、カードローンなどを利用するようにしましょう。

女性専用のローンは、銀行だけでなく消費者金融でも販売されている金融商品です。

通常のローンとの大きな違いは以下のとおりとなっています。

  • 女性スタッフが担当者になってくれる
  • 女性特有の悩みでも借入の相談が可能

通常のローンでは、男女のスタッフがランダムに担当となるため、女性としてローンの契約を組みたい場合でも、男性スタッフとローンの相談、契約後の対応を行なわなければいけないケースが生じます。

ですが、女性専用のローンであれば女性スタッフが担当者になってくれるので、女性としての悩みなどを気楽に相談することが可能です。

また、女性専用のローンであれば女性特有の悩みについても、相談、借入が可能となっています。例えば、以下のような悩みを抱えている場合であっても、ローン契約が組めるようになっているのです。

  • 美容などエステでかかる費用を捻出する目的
  • 育児など子どもに関する費用を捻出する目的
  • 女性専用の職業に就く際に必要となる費用を捻出する目的

美容について補足がありますが、美容ではなく形成外科のような医療機関を利用する場合でも、美容と同様のお使いみちとして判断されます。

また、このように都合の良いローン内容となっておりますが、通常のローンと比較してもデメリットが存在しません。なので、通常のローン審査に通るかどうか不安という女性は、女性専用のローンを利用する形で悩みを聞いてもらうことをオススメします。

トピックス
ページトップへ