ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 車が無い人のローン審査!今は車が無い人でもローン審査を受けられる

車が無い人のローン審査!今は車が無い人でもローン審査を受けられる

車が無いという人向けのローン申込方法を案内しています。

人によっては、今までローン申込を行ったことがないので、ローンそのものに不安があるという人もいるでしょう。

そんな人のために、自宅でも可能なローン申込方法をまとめて解説しています。現代になって、どのようにローン申込が変わったのかも特集しているので、良ければそちらも参考にしてローン申込に詳しくなってください。

車が無い!そんな場合はどのように審査を申込めば良い?

車が無いという人は、移動手段が少ないためローン申込に対して億劫になっている人もいます。

ですが、移動手段が少ない場合でもローン申込はネットから可能となっています。なので、車が無いとローン申込そのものが不可能になるわけではありません。

ネット申込についてですが、以下の条件を満たせるようであれば誰でも申込める仕組みになっています。

  • インターネット接続環境を用意できる
  • 固定電話、携帯電話の契約を行っている
  • 郵便物の受け渡し対応が可能

ローンというのは、今ではインターネットを通じて行えるようになっています。そのため、店舗を訪問しないとローン契約できないというのは過去の話です。

現代でも、銀行や消費者金融によっては店舗で契約を推奨していることがあります。ですが、無理な場合は無理であることを電話で伝えておき、インターネットを通じて契約を交わすようにしましょう。

審査内容、手順については店舗で審査を受ける際と変わりありませんので、固定電話などの連絡手段があるようであれば、在籍確認、本人確認もスムーズにこなせます。

最後に、契約書の郵送、返送が可能であればローン契約を完了できます。なので、インターネットを通じてローン契約を組む場合も、それほど手間暇や難しい対応を求められるわけではありません。

ネット申込の利便性!今ではパソコン以外でも申込める

ネット申込は多くの利便性を内包しています。

例えば、即日融資に対応しているので、現代では多くの人が利用するようになりました。

即日融資とは

決められた時間までにローン審査を終えている場合、ローン審査完了後に融資を受けられるサービスを即日融資と言います。

近年では、銀行や消費者金融で対応しているサービスとなっておりますので、ほとんどの金融機関で受けられるサービスでもあるのです。

過去では、このようなサービスをインターネットを通じて利用できませんでした。ですが、今では銀行や消費者金融も柔軟な対応を良しとしているので、インターネットだけで即日融資を利用できるようになったのです。

他にも、パソコン以外でもサービスを受けられるようになっているので、以下のような機器を利用する形で、インターネットサービスを利用できるようにもなっています。

  • モバイル
  • スマートフォン

補足となりますが、モバイル、スマートフォンでは正しく画面が表示されないこともあります。なので、モバイル、スマートフォンに対応しているサービスであるか確認し、ローン申込の検討を進めたほうが無難と言えるでしょう。

WEBから操作可能!アカウントの発行で便利になるネットサービス

車が無い場合も、WEB(インターネット)を利用することであらゆるサービスを受けられます。

最近では、銀行でもアカウント発行に対応するようになりました。アカウントとは、特定のサイト内でサービスを利用する際に必要となるIDのことです。

ID、PASSがセットになって発行されるものをアカウントと言うのですが、こちらが発行されている場合は、以下のようなインターネットサービスを利用できるようになります。

  • 入出金
  • 利用状況の照会
  • 契約状況の照会、解約

インターネットサービスを用いることで、車が無い人でもローンの入出金が可能です。一見すると普通のサービスのように感じるかも知れませんが、特定のATM以外にも入出金が行えるサービスとして、高い人気を得ているのがこちらのサービスです。

本来は金融機関と提携しているATMのみ入出金が行える仕様となっていますが、インターネットサービスであれば指定のATMを通じて入出金が行えるのです。

インターネットバンキング(ネット上の口座)を用意している場合、パソコンからのワンタッチ操作のみで入出金を行えるため、無駄な時間を一切使うことなく、お金の出し入れを管理することも可能となります。

さらに利用状況、契約状況の照会、操作もインターネットのみで行えるのです。

そのため、ローン審査後の契約が完了すると、後はインターネットサービスをアカウントから操作するだけで、店舗の訪問は不要という便利なサービスになっています。

こんなことも可能!便利過ぎるサービス機能をまとめてご紹介

インターネットサービスですが、アカウントの発行が完了しているようであれば、前述以外のサービスも受けられるようになっています。

その中で有名となっているサービスに、増額融資の依頼というサービスがあります。

増額融資とは

ローン契約後にローンの借入限度額が設定されますが、借入限度額を超えてローンを利用したい場合、増額融資の依頼が必要となっています。

このようなサービスは、銀行や消費者金融で対応しているため、最近ではこちらの利用も検討に入れて、アカウント発行が可能な金融機関を利用する人も増えてきました。

増額融資は1万円単位で申込めるケースがほとんどです。なので、パートやアルバイトと言った人たちでも、少しずつ借入限度額をアップさせることができます。

車が無い人でも、インターネットサービスを利用するだけで依頼が完了しますので、後は電話、メールなどによる審査完了の報告を待つだけで、他には何も対応しないで良いというサービスになっています。

増額融資は、審査に落ちてしまってもペナルティが発生しません。なので、定期的に申込めるという魅力も存在します。

店舗を訪問するメリット!何度も相談できる魅力が店舗にはある

ここまで、インターネットサービスの魅力について案内してきました。

ですが、店舗を訪問するという行為にもメリットが存在しますので、店舗を訪問した場合のメリットについても案内させていただきます。

主なメリットについてですが、以下のようなメリットが発生しやすいです。

  • 何度も相談できる
  • 融資に対応している金融機関を紹介してもらえる

店舗のメリットその1ですが、やはり何度も相談できるというのは魅力的です。車が無い人でも、電車といった交通機関を利用することで、駅から近い店舗を利用することは可能です。

しかし、焦って申込むというわけでもなく、且つローン審査そのものに不信を抱いている場合は、何度も相談できたほうが良いということもあります。店舗の場合、ローンアドバイザーを通じてローン相談を行えるので、今ではこのようなメリットも知られるようになりました。

店舗のメリットその2ですが、A銀行、もしくはA消費者金融でローン審査に落ちてしまった場合、店舗であれば関連企業を教えてもらえるというメリットが発生することもあります。

提携している銀行や消費者金融を教えてもらえるので、安心して利用できるというメリットもありますし、なによりもチャンスを逃さずに申し込めるので、ローン契約に結びつくチャンスが増えるというメリットまであります。

利用において、大きなデメリットになるような金融機関は紹介されないため、その面でも安心して利用できるというメリットまであるのです。

店舗の訪問で発生するデメリット!借入を周りの人に知られてしまう?

店舗の訪問についてですが、利用するのであれば少数の利用に留めるようにしましょう。

というのも、周囲の人にローン申込をしていることがバレずに済むからです。

店舗の訪問で発生するデメリットの中では、周囲の人にバレてしまうことに関するデメリットが有名なため、女性の中には不安もあって店舗を利用できないという人もいます。

ですが、大手の銀行や消費者金融であれば、プライバシー保護を意識した窓口を用意していますので、そちらを利用することで周囲の人にジロジロと見られず、ローン申込を終えることができます。

あまり知名度の高くない銀行や消費者金融では、このようなサービスを設けていませんので注意してください。利用してしまうと、外からジロジロと見られることもありますし、なによりもカードローンのみしかローンに対応していないケースまであります。

これでは、どのような目的で店舗を訪問しているのかわかってしまい、周囲の人にローンを利用していることがバレてしまうのです。なので、店舗の訪問は限定的な利用に留めたほうが賢明と言えます。

その他のローン申込!今ではこんなユニークな申込方法も存在する

ローンというと、どうしても借り過ぎてしまうと思ってしまうものもあります。

ですが、今では一体型カードローン、クレジットカードなどが存在しますので、そのような不安もなく利用できるローンも増えてきました。

一体型カードローン、クレジットカードについてですが、以下のような利点があるため、今では若者を中心に人気を集めています。

  • 毎月で利用状況の通知が送られてくる
  • 使い過ぎないように利用限度額を設定できる

銀行で主に販売されている金融商品なのですが、銀行キャッシュカードと一緒に契約できる金融商品です。つまり、銀行キャッシュカードにカードローン、もしくはクレジットカード機能が付与されているカードとして契約を組みます。

銀行キャッシュカードには、毎月で利用状況を明記した内訳書が通知されるサービスが存在するため、併せてカードローン、クレジットカードの利用状況を把握できるようになっています。

また、契約の際に1ヶ月間の利用限度額を設定できるサービスもあります。毎月で10万円以上は使いたくないという場合、10万円の記入を利用限度額の記入欄に対して行っておくと、カード発行から利用限度額が制限されるようになるのです。

このようなユニークなローンも契約可能なので、過去のようにローン契約そのものが危ないものという認識も、現代では減りつつある状況にあります。

借入をシンプルにする方法!借入は家族でまとめることも可能?

家族全員で車を利用しない(車が無い)という場合も、まとめてローン審査を受けられるというサービスが存在します。

こちらはファミリーカードローン、もしくはファミリーローンとして販売されている金融商品が該当します。

訪問者(契約者になる人)も1人で問題ありませんので、契約者以外は店舗を訪問する必要もありません。

ただし、ファミリーローンといった特殊なローンには、以下のような制限が設定されますので、以下について了承できる場合に申込まれたほうが賢明です。

  • 大きな融資に対応していない
  • 短時間でローン審査が完了しない
  • 収入証明書などを求められることが多い

大きな融資とは、100万円以上の融資に対して用いられていることが多いです。一般的なローンであれば、100万円~300万円の範囲で対応していることもあるのですが、ファミリーローンといった特殊なローンは複雑なため、融資そのものに制限がかかりやすいのです。

さらに、一般的なローンのように当日で審査完了となるケースが稀です。2日~7日ほどかかることが多いので、ローン審査そのものに余裕があるタイミングで申込むと良いでしょう。

最後に、収入証明書などを求められることが多いです。家族構成を調べるために住民票の写(うつ)しを求められることもありますので、一般的なローンと比較して面倒なところが多いことも理解しておきましょう。

収入証明書の補足となりますが、以下のような書類が収入証明書として認められる書類です。

  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 入出金が確認できる銀行口座など

収入証明書は、上記の内どれか1つを提出するだけで問題ありません。なので、ファミリーローンの申込を検討している場合は、あらかじめどれか1つを用意しておくと、後になって用意する手間を省けるようになります。

トピックス
ページトップへ