ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 生活保護は審査の対象外!ローンを利用するなら安定収入が必須に

生活保護は審査の対象外!ローンを利用するなら安定収入が必須に

ローンを利用する際には様々な条件をクリアする必要があります。職業に関すること、収入に関すること、借金状況に関すること、いくつもの条件をクリアすることによって、ローン契約が認められます。

反対にローンの審査条件をクリアできないような場合は、ローン契約をすることは不可能です。条件を満たしていないということで、ローン審査の対象外となるケースもあるので十分にご注意ください。

ローン審査の対象外として挙げられる例としては、生活保護のみなさんなどが挙げられます。無職・無収入の状態も同様ですね。ここではローン審査に必須とされている安定収入の重要性についてお話ししていきましょう。

最低限ここに注意!ローン審査は避けて通れないもの

まずはローン審査ではどのような条件をクリアしなければならないのか、しっかりチェックしておきましょう。ローンを利用する上で最低限注意しておくべきポイントですので、申込み前に確認してくださいね。

ローン審査で特に重視されているのは、みなさんの収入に関することです。収入があるかどうかということはもちろん、収入状況についても審査されるということを理解しておきましょう。

どんな条件がある?一般的なローン審査

ローン審査における一般的な条件は、以下のとおりです。ローンの申込みをする上では避けて通れないものが審査ですので、どのような条件があるのかチェックしてみてくださいね。

  • 安定した仕事に就いていること
  • 安定した収入があること
  • 年齢が満20歳以上であること
  • 現在他社で借金をしていないこと

安定した仕事に就いていて、安定収入がある状況であれば、ローン審査に通る可能性は高いでしょう。

ただし、年齢の条件を満たしていない、他社で借金をしている、というような場合は除きます。ローン審査の年齢制限は満20歳以上と決められています。上限年齢については各ローンサービスをチェックしてください。

また、他社で借金をしていないということだけではなく、金融ブラックリストではないことも重要な審査条件とされています。ブラックの場合はローンを利用することはできません。ご注意くださいね。

生活保護支給額は収入とは認められない!

こうしたポイントを見てみると、現在生活保護を受けているみなさんはローン審査の対象外ということが分かりますね。

生活保護を受けているみなさんは、無職・無収入の状態であって、そもそもローンを利用できる状態ではありません。生活保護の支給額はある状況ですが、そのお金は収入とは認められないのです。

  • 生活保護の支給額は収入とは認められない
  • 無職・無収入であるためローン審査対象外
  • ローンを利用することは不可能

生活保護を受けているみなさんは、以上のポイントも含めてローン審査の条件について理解しておいてくださいね。

審査の対象外!生活保護受給者がローンを利用できない理由

では、ここからはローンにおける「安定収入」の重要性についてより詳しくお話ししていきたいと思います。先にもお話ししたように、ローン審査においては、生活保護の支給額は収入とは認められていません。

毎月支給されていたとしても、それはあくまでも生活保護としてのお金です。ローン審査で認められている収入は、みなさん自身が仕事をして得ている収入のことを指しています。

ローン審査における「安定収入」の重要性

ローンの審査条件で最も重視されているのが「安定収入があること」です。

各金融機関や各サービスの貸付条件などを見ても、安定収入に関することは必ず記載されています。一般的には次のような場合、安定収入があると認められることになります。

  • 毎月の収入状況が安定している
  • 1年以上継続して収入を得ている
  • 極端に収入が少ない状況ではない

毎月の収入が安定していることはもちろん、極端に収入が少ない状況ではない、ということも重視されるポイントです。また、ローン審査には「勤続年数」というものも関わってきます。

勤続年数は最低でも1年以上でなければ審査に通ることは難しいでしょう。そのためローン審査では、1年以上継続して収入を得ているかどうかについてもチェックされることになっています。

ローン審査に通ることができるのか気になった場合は、まず自分自身の収入状況を見直してみてくださいね。

生活保護受給者には無い「返済能力」

生活保護を受けているみなさんの場合、以上でご紹介したような審査条件を満たすことは難しい状況ですね。ローン審査で収入と認められているのは、次のような例です。

  • 自らが仕事をして得ている収入
  • 不動産所持による収入
  • ご自身の配偶者が得ている収入

ローン審査では「返済能力」というものが問われることになりますが、生活保護を受けているみなさんには返済能力が無い状態です。

金融機関は返済能力が無い人に対して融資をすることはありませんので、生活保護を受けている以上、ローン審査に通ることは不可能となっています。

ちなみに年金については場合によっては収入と認められることもあります。ただし、生活保護に関しては収入と認めているサービスはありませんので、あらかじめよく理解しておきましょう。

生活保護の受給をやめられる?ローン利用のための対処法

では、生活保護を受けているみなさんがローンを利用するためには、どのような対処をすれば良いのでしょうか?ここからはローンを利用するために必要な対処法についてお話ししていきます。

生活保護を受けている立場である以上、ローンを利用することはできません。まずは生活保護を受給する立場から、自ら仕事をして収入を得る立場へと変わっていかなければならないのです。

無職・無収入の状況から抜け出す必要性

生活保護を受給している状況は、無職・無収入の状態であって、ローン審査の対象にはなっていません。なので、まずは無職・無収入の状況から抜け出す必要があります。

  • 安定した仕事に就く
  • 仕事によって安定収入を得る
  • 生活保護受給をやめる

こうしたポイントをクリアできなければ、ローンの利用対象にもなりませんのでご注意くださいね。

どうしてもローンの契約をしたいなら、生活保護の受給をやめることが先決です。仕事をして収入を得る、という行動に出ることが重要となっています。

こうした行動に出られないのであれば、やはり現段階ではローンの審査に通ることは不可能に近いでしょう。

ローン審査は甘いものではない!

もし生活保護の状況から抜け出すことが無理なのであれば、みなさんの安全のためにも、今はローンを利用することを考えない方が良いですね。

それでも「お金を借りたい!」というのであれば、ローンを利用しなければならない理由をしっかり考えてみてください。どうしても借りたいのなら、生活保護の受給をやめる決意も必要です。

  • どうしてローンが必要なのかを考える
  • 本当に借りるべきなのか考える
  • 生活保護の受給をやめられるか考える
「どうしてもお金を借りたい!」という気持ちになっている方も多いかと思いますが、ローンを利用する以上、返済できるだけの収入がなくてはなりませんし、そもそも審査に通ることができないなら論外です。

ローン審査は決して甘いものではない、ということをよく理解しておきましょうね。

まずはローン審査の必須条件をクリアすることから

以上でお話ししてきたように、ローン審査では職業や収入に関するポイントがチェックされています。生活保護を受けているみなさんの場合、ローン審査の対象にはなっていませんので、あらかじめご注意ください。

ローン審査を受けるには、自ら仕事に就いていること、安定収入を得ていることが必須条件とされています。こちらの条件をクリアできない限り、ローンを利用することはできないということをよく覚えておきましょう。

トピックス
ページトップへ