ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 自動車ローンが通らない!他に借り入れの可能性は無いだろうか?

自動車ローンが通らない!他に借り入れの可能性は無いだろうか?

自動車ローンに通らなかったときには、まずその理由について考える必要が有ります。理由によっては他のローンも借り入れが難しくなったりして対策が変わってくるためです。

一つの方法としては利用目的が決まっていないフリーローンと呼ばれるローンを借りて自動車購入に充てることです。

もう一つは自分に何らかの問題が有って自動車ローンが否決になったわけですから、誰かに保証人になってもらって、再度自動車ローンを申込めば審査通過の可能性が出てきます。

しかし、これらはすべて借金で、それぞれ問題が有ります。そこで借入れ無しで自動車を購入する方法についても考えてみましょう。

まず通らない理由を考えてみる!理由によって対策も変わる

他の借入先を考える前に、なぜ自動車ローンが通らないのか、その理由を考えてみましょう。理由によって取り得る対策が変わってくるためです。

自動車ローンでは意外に多いのが年齢制限などの申込条件を満たしておらず、そもそも申込すらできない場合が有ります。年齢が20歳未満の場合他のローンも借入れは難しいでしょう。

またすでに他からの借り入れが有ったりして返済能力の評価が低く審査に通らない可能性もあります。

さらに過去に金融事故を起こしているような場合には、それが原因で審査に通らないことも考えられ、この場合も他のローンの利用は難しくなります。

年齢制限など申込条件を満たしていないのではないか

まず確認してほしいのは自分が申込条件を満たしているかという事です。この場合、自動車ローンが通らないというよりも、申し込みができなかったということになりますね。

自動車の免許は18歳から取得できます。ですから就職前、あるいは大学在学中に免許を取得する人が、交通手段の少ない地方を中心に多くなります。

当然ですが免許を取得すれば、次は自分の車が欲しくなるものです。都市部ではペーパードライバーという事も有りますが、地方では自分の足として活用したいという切実な理由も有り理解できます。

しかしこの年齢では経済力も小さく自動車の購入にはローンを利用するしか方法が有りません。ところがローンというものは契約を伴いますから、成人でなければ利用できません。こういうわけで申込み自体を拒否されてしまうのです。

どのローンでも同じですが、この他にも申込条件というものが決められていますから、自分がこれを満たせるローンを探さなければなりません。

他からの借入れ等で返済能力を満たしていないのではないか

次に申込みはできたとしても審査で問題になるのが返済能力です。もちろん自動車を買おうというのですから、それなりに収入があってのことだと思いますが、返済能力で問われるのは収入額だけではありません。

まず安定していることが要求されます。月々の収入が大きく上下していては、ローンの返済ができる月が有っても、反対に返済できない月も出てくることになります。

月々の収入も安定しているという人も、もう一つ返済能力の算定で評価を下げてしまう場合が有ります。それは他のローンを利用している場合です。

金融機関はローンを提供して元本の返済だけではなく、利息の支払いを求めます。この利息が利益になる訳です。したがって返済が滞ることを非常に恐れます。

他にローンを借りていた場合、その返済分は返済能力を引き下げることになります。

このため本来であれば一定額以上の収入が有り、月々の収入も安定していたとしても、審査に落とされる可能性が有るのです。

ですから自動車ローンを申し込む際には、他のローンは完済するか解約しておくべきだったわけです。

過去の金融事故で信用を失っていないか

もう一つ審査で調べられるのが、過去に金融事故を起こしていないかどうかという事です。

金融機関は利用者の金融取引や金融事故の情報を信用情報という形でデータベース化して共有しており、金融事故を隠しておくことはできません。

金融事故に当たる情報は次の情報で、それぞれ決められた期間中信用情報中に記載されます。これらの情報が利用者情報に記載されていればどこの審査も通りませんから、その人はブラックと呼ばれることになります。

金融事故情報 信用情報に記載される期間
ローンの申込み情報 6か月を超えない期間
ローンの延滞情報 5年
各種料金の滞納情報 5年
債務整理 10年

ですから自分がこのブラックに該当するかどうか、該当する期間過去に遡って、確認してみましょう。ブラックだった場合の対策としては該当期間の経過を待つしかありません。

フリーローンを使う!利用目的自由なら自動車にも利用できる

フリーローンは利用目的が限定されず何にでも利用できますので、当然自動車購入も可能です。ただしフリーローンでは利用出来る金額はそれほど大きくなく、購入できる自動車はかなり限定されそうです。

また金利で考えると通常自動車ローンのような目的が決まったローンよりもフリーローンのほうが高い設定になっており、どちらがお得に利用できるかと言えば自動車ローンのほうに軍配が上がり、フリーローンの利用は不利です。

したがってもしフリーローンで自動車を購入する場合はよく有利さの点からの考慮が必要になるでしょう。

ローンには目的別ローンとフリーローンの2種類がある

ローンには利用目的が限定された目的別ローンと目的を特に限定しないフリーローンがあります。自動車ローンは自動車の購入に利用目的が限定されますから目的別ローンという事になります。

これに対して、事業性資金以外なら何にでも利用できるカードローンはフリーローンの一種と言う事になります。もちろんカードローン以外のフリーローンも存在します。

最近ではこの中間の自分で目的を決めてそれにだけ利用するタイプのローンも存在しています。

通常は目的が有り、それに沿う目的別ローンが存在すればその目的別ローンを利用し、存在しなければ自分で目的を決めるタイプのローンを利用します。

目的が複数あったり、特に目的というものが無く生活費の補てんのためなどに利用する場合にはフリーローンを利用するという風に使い分けを行います。

カードローンなどは利用できる金額がそう大きくありませんから、審査は自動車ローンの審査よりは緩くなるため、自動車ローンを返済能力の点で落とされた人でも、審査に通る可能性はあります。

もちろん絶対ではありませんので、安易な申し込みは止めて原因をしっかり追究することは必要です。

フリーローンなら自動車購入に利用しても問題は無い

自動車を購入するための目的別ローンが自動車ローンですから、自動車購入で利用できる他の目的別ローンというものは有りません。このため自動車ローンの審査に通らなければ目的別ローンと言う形で借入れするのは難しくなります。

しかし、フリーローンの場合には利用目的は限定されませんから、フリーローンで自動車を購入してもまったく問題はありません。

例えばカードローンで借りたお金で自動車を買っても構わない訳です。ただしカードローンの場合設定される利用限度額は最初は大きくても50万円は超えないはずです。

このため自動車を購入するには少々少なすぎ、自己資金が多少なければ自動車の購入は少々苦しいかもしれません。

そうかといって多数のカードローンを契約して合計で自動車を買うというような事は、まず多数の契約は難しいですし、契約できたとしても、返済は平行して行わなければならず非常に苦しくなるので、現実的ではありません。

カードローンの契約可能数

金融機関というのは返済能力が削られるため他社のローンの利用というものをあまり歓迎していません。カードローンの場合も利用数によってはそのために審査に落ちることが有ります。

その数は金融機関によって考え方が違い、1件の契約だけでも断られるところもあれば、3件目までは許容するところもあります。しかしそれ以上になってくると、まず審査は通らなくなってしまいます。

フリーローンは金利が高く高額の借入れには不利

もしフリーローンで少々高額の借り入れができて自動車の購入が何とかなりそうだとしても、もう一つ問題が有ります。それは金利です。自動車ローンとカードローンの金利の比較を次に示します。

ローンの種類 金利設定
銀行の自動車ローン 2%~3%程度
ディーラーの自動車ローン 5%~7%程度
銀行のカードローン 3%~15%程度
消費者金融のカードローン 4%~18%程度

カードローンは利用限度額が高くなればなるほど金利は下がりますが、ほとんどの人の利用限度額というのはそれほど高い設定ではないので、通常は10%を超える金利で利用している筈です。

したがって例えば銀行の自動車ローンを利用する場合と消費者金融のカードローンを利用する場合では、利息が大きく変わってくることになり、返済総額には大きな差ができることになります。

このようにフリーローンは自動車購入に利用することはできますが、自動車ローンと比較すれば大変不利な条件で利用しなければなりません。フリーローン以外に方法が無ければこの点を了解の上利用してください。

自動車ローンに再挑戦!保証人がいれば審査通過の可能性有り

次に再度自動車ローンを利用できないか考えてみましょう。自動車ローンに通らない理由を思い出してください。そのまま申込んでもやはり落とされる可能性が高いので、問題部分を助けてくれる保証人がいれば通る可能性が出てきます。

しかし問題は保証人にも申込者と同じように、返済完了時まで大きな責任が生じ、申込者が返済できない場合には代わって返済しなければならなくなることです。

こういたことが一般に知れ渡ってしまっている為、おいそれと保証人を引き受けてくれる人はほとんどいなくなり、最近では身内ぐらいしか引き受けてくれなくなりました。

自分の不足部分を保証人に満たして貰う

審査に落ちた場合、原因を追究していくと自分の返済能力が足りていないか、信用に問題が有るかのどちらかという事になります。この状況のまま別の自動車ローンを申し込んだとしてもやはり審査は通らないでしょう。

このため自動車ローンの利用を諦めることになるのですが、もう一つの考え方としては、自分が足りてない部分を補えれば自動車ローンは借りられるというものです。

今でこそ多くのローンは信用保証によって担保や保証人がいなくても利用できるようになっていますが、以前はローンと言えば担保や保証人がいなければ借りることはできませんでした。

いまでもこの2つが有れば高額のローンが組める場合も多いのです。自動車ローンもそういった保証人をつけられるようになっているものもそれほど珍しくはありません。

例えば18歳では自動車ローンは利用できないと説明しましたが、中には保証人をつけることによって18歳でも契約できるものも存在しています。

このような年齢の問題でだけはなく返済能力や信用力に問題が有っても、それをカバーするような返済力や大きな信用力を持っている保証人がつけば金融機関は安心できるため、自動車ローンの審査を通す可能性が有ります。

もし保証人をつけるつもりであれば、最初からそういったローを探しておいた方が、あとあとスムーズに話は進むでしょう。

ただし保証人は万能ではありません。誰でもよいというわけではないのです。保証人によってはやはり返済能力や信用力に問題を抱えている可能性もあって、そういう場合には同じように自動車ローンの審査に落とされる場合も有るのです。

保証人にも大きな責任が伴う

では保証人と言われてどのようなイメージを持つでしょうか、普通に考えれば実際の借主の後見人のような感じを抱くと思いますが、実際にどんな責任が生じるのか具体的なことは知らない人もいるでしょう。

しかしそんなあやふやな知識で保証人をお願いしても断られるのが落ちです。保証人がどういうものかわかっている人なら断られるどころか叱られてしまうかもしれません。

実は保証人というのは借主と全く同じなのです。借主が返済できなければ文句を言わず借主に代わって返済しなければなりません。要するにローンに関わるすべてについて借主と同等に背負わなければならないのです。

自分が借りるわけでもないのに同じような責任を持たなければならないのですから、あまりわりの良い話ではありません。余程借主を信用している場合でなければおいそれとは引き受けられないものなのです。

ですから保証人を頼む側も引き受ける側も、十分考えたうえで最悪のケースを想定しておかなければなりません。

借主は安易にお願いして保証人を窮地に追い詰めてはいけませんし、保証人は引き受けたからには万一の時でも文句を言わず肩代わりできなければならないのです。

保証人は身内ぐらいしか引き受けてくれない

以前はこういう事が知られておらず、隣近所のお付き合いもずっと深かったことも有って、近所に一人や二人は名士と呼ばれるような人がいてお願いできる雰囲気があったものです。

しかし現在では人付き合いも希薄になりこういった保証人の厳しい現実というものが良く知られるようになって、どんな親しい間柄でも保証人だけは引き受けないという人が非常に多くなっています。

このため、自動車ローンの契約のために保証人を探したとしてもそう簡単になってくれる人を探せるとは思えません。時間の無駄に終わる可能性のほうが高いと言えるでしょう。

唯一引き受けてもらえる可能性が有るのは身内の人間です。例えば借主が18歳程度であれば親はまだまだ現役で働いており、十分保証人になれる程度の経済力と信用力は持っていると思われます。

親が現役を退いている場合には、身内の中でも探すのはかなり難しくなってしまうかもしれません。年の離れた兄などがいれば別ですが、兄弟となると自分と同じような年齢と経済状態になるはずです。

このため身内だからと言って自分の経済状態から考えて保証人は無理と思ったら断られる可能性が高く、その場合には借主側も強要するようなことをしてはいけません。

保証人をお願いするときは双方が納得できるまで話し合う事が必要です。どうしてもだめと言われた場合は、素直に諦めなければなりません。お願いされた側も身内の頼みを断るわけですから苦しい心情であることを理解してあげましょう。

お金を借りないという選択肢もある!貯蓄して買えば大変お得

もう一つの方法としては、返済能力あるいは信用力の点で審査に通らない訳ですから、ローンを使わず現金で買う事です。

これは普通の買い物をすると思えばよいのです。現金で買えばローンは必要ありません。そんなお金は無いと言われそうですが、まずは借入れして返済していると思って、貯蓄をするのです。

数年後には自動車が買える程度に貯まるでしょう。またその貯蓄を購入後も続ければ、買い替えの時には次の自動車を買う程度には貯まるでしょう。この買い方であればすっとローンを借りる必要が有りません。

最初だけ時間がかかるのが問題ですが、そのあとは返済に追われるという事もないのです。

貯蓄してから買えば審査を受ける必要が無い

物を買うという場合どうしますか。普通は家計の状態が許すのを待って現金で買うでしょう。少し値が張るものは現金が用意できない場合も有り必要性を考慮してローンを組んで買うことになります。

どのあたりが現金とローンの境目になるかは、その家庭のあるいは人の経済状態次第です。普通に考えれば給料程度のものであれば現金で買いますが、それ以上になるとやはりローンの利用を考えるものです。

ローンで購入するものとしては住宅が思い浮かびます。これはなかなか現金では買えません。次に来るのが自動車ということになりそうです。この2つが普通の生活上では高額でも購入を考えるものの代表と言えそうです。

しかし自動車ローンを考えた場合、どんなに長くても10年で、通常は数年で返済し終わる程度の金額です。住宅のように30年も返済を続けるようなものではありません。

つまりローンとしては大きいものの分類にはなりますが、現実的に考えれば手の届かない額というわけでもない訳です。

したがって、借入れしなくても数年貯蓄をすれば借入れしたのと同じ程度のお金は作れるという事になります。そこで自動車ローンが通らない場合の対策として現金で購入するという方法も夢物語ではありません。

現金で買えれば審査を受ける必要がないので金融機関の顔色を気にする必要はありませんし、返済に追われることも有りません。誰にも文句を言われることが無いのです。

またローンを借りれば元本の他に利息も付けて返済しなければなりませんが、貯蓄をするのであれば利息を付けてもらう事ができるのです。もちろん現在の金利の状態では大した額ではありませんが、払うのと貰うのでは雲泥の差です。

このように貯蓄による現金での購入は、それほど悪い選択肢ではないのです。自動車ローンの審査に落ちてしまったからには、現金購入を真剣に考える価値はあるのではないかと考えます。

購入後も貯蓄を続ければ買い替え時も借入れの必要が無い

さてこの話にはまだ続きがあります。自動車は何年かすれば買い替えるのが普通です。このため自動車ローンと言うのは断続的に何度も利用しなければなりません。

しかしもし現金で買って、その後も同じように貯蓄を続けていたらどうなるでしょう。

自動車ローンは事実上利用し続けなければならない訳ですから、その分を貯蓄に回せば、次の買い替えまでには、それなりの金額が貯まります。

それを利用して買い替えることができれば、また自動車ローンを利用しなくて済みます。そしてこのサイクルを続ければ、ずっと自動車ローンを利用しなくても自動車を購入し続けることができるのです。

もちろん自動車のグレードを上げたりすれば貯蓄だけでは足りないかもしれませんが、借入れするにしても少額で済みます。自動車ローンの審査に落ちてしまったら、是非一度この現金での購入を考えてみて下さい。

自動車購入まで時間がかかってしまう

もちろんこの方法には問題点が有ります。それは最初の数年間は自動車が買えないという事です。都市部ではそれでも構いませんが、地方ではかなり不便を強いられることになるでしょう。

ですから、それに対する対策として、学生時代から貯蓄を始めるとか、しばらくは家族の自動車を共有するなどの方法を取ることを考えましょう。

必要なのは事前に長期的な視野に立った自動車購入の計画を立てることです。いざ必要になったと言う時になって考えてもローンを利用する以外に良い方法は無いでしょう。事前の準備は大変重要なのです。

ここで自動車ローンが通らない時の、対策について纏めておきます。

  • 審査に通らない理由を考え対策を練ることが必要
  • 自動車ローンの代わりにフリーローンを使用する方法が有る
  • 保証人を立てれば自動車ローンも審査通過の可能性が有る
  • 数年貯蓄して現金で買えば利息もかからず有利

ここで紹介した方法にはそれぞれ問題点が有りますが、自分の状況を考慮して良い方法を選んでください。

トピックス
ページトップへ