ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 銀行のローン審査になぜ落ちるのか!審査に通らない理由とは

銀行のローン審査になぜ落ちるのか!審査に通らない理由とは

ローンの申請をすると必ず行われるのが、金融機関の審査です。

ローンの申請があった場合、 金融機関はまず自社の審査基準で返済能力があるかどうかを審査し ます。

しかし、 その審査を通らないとなると金融機関の設定している最低基準さえもクリアしておらず、 これではどこの金融機関でも審査は通ることは出来ないでしょう。

審査に通らないというのは何かしら理由があります。

そしてその理由は金融機関が教えてくれるものではないので自分で 理由や原因を調べるしかありません。

そこで、あなたが審査に通らない理由や原因を探ってみましょう。

ローン審査に通らない!気を付けるべき原因や対処法

ローン審査に落ちる理由として考えられるものを分かりやすくまとめてみました。

審査項目 通らない条件
身元確認 申し込み内容と本人確認書類の内容の相違
安定した収入の確認 在籍確認が取れない
返済能力の確認 過去に返済遅延などの履歴がある

申し込み内容と本人書類の内容の相違

申し込み時に入力した内容と、提出した本人確認書類の内容に相違があった場合、当然ですが身元の確認がしっかりしていなければ借入は出来ません。

もちろん意図的に嘘の申告はもってのほかです。

ここでチェックされるのが住所や氏名、電話番号、年齢です。基本的な個人情報を確認し申し込んだ本人に間違いないかチェックされます。

その内容に相違があった場合や、本人ではないと判断されれば審査に落ちることになります。

在籍確認が取れない

借入をすれば返済をしていかなければなりません。安定した収入があることが申し込み時の必須条件になります。

それを確認するには申し込み時に申告した会社に勤めているかどうかの確認の電話を金融機関は取ります。

それが在籍確認の電話になります。

この電話で勤務先に在籍しているか確認できれば問題はありませんが、確認できなければ審査は通りません。

過去に返済遅延などの履歴がある

 
借りたら返済できるかどうかを判断するために、信用情報機関へ照会し過去の返済履歴を調べます。

現在の状況に問題が無くても信用情報機関に履歴が残っている間は審査に通ることはありません。

また他社から借入がある場合、その借入額や返済状況によって返済に無理があると判断されれば審査は通らないでしょう。

過去の返済履歴こそ審査が通らないもっとも大きな理由でしょう。他の項目では審査基準によって違うかもしれませんが、過去の履歴に問題が残っている場合は、どの金融機関でも審査は通らないと考えましょう。

審査に落ちる理由は主に信用情報や他社借入にあった

金融機関は審査に落ちた理由を教えてくれません。

今あげた理由から自分に当てはまることを考えなければなりません。

大抵は収入面で問題があったり、クレジットカードの支払いが遅れたりとなにかしら通らない理由はあります。

ローン審査に落ちた理由を教えてもらえない場合は、自分で心当たりを探すしかありません。

収入面、生活面、クレジットカードやキャッシングなど、思わぬ落とし穴もあります。

しかし理由が分からないままだとまた次にローン審査を申し込んでも同じ結果にしかなりません。

信用情報機関に開示申請をしてみよう

過去から現在に至るキャッシング履歴は、信用情報機関への照会で審査されます。

この情報は本人であれば開示できます。

ですから、自分の情報を申請し、情報を確認することでもしかしたら落ちた理由が分かるかもしれません。

実際にキャッシングしていなくても、幾度かキャッシングに申し込んでいたり、クレジットカードを何枚も持っていたり、ショッピングに多く利用しているだけでも審査ではマイナス要素になりえます。

また、クレジットカードの支払いが残高不足出遅れたなど、気にせず流していたものが返済遅延の履歴として残ってしまう場合も考えられます。

審査に落ちた場合、心当たりがなければ一度自分の情報を開示してみてみると良いでしょう。

生活面や、収入面を見直してみる

住宅を購入したばかりであったり、転職をしたばかりであったり、職業的に収入が不安定であったりと生活面、収入面で不安定な要素があれば、ローン審査に通らないことがあります。

こういった自分の収入や生活面で審査に通らない場合は少しでも考えられる条件を見直してみましょう。

キャッシングとは違い、環境によって落ちた場合はその状況を改善することでまた審査を受けられるようになります。

が、借りれば返済しなければなりませんので、無理はしないようにしましょう。

審査に通らない時はどうする?借入を諦めるのも一つの方法

カードローンの審査に通らない。そんな時はどのような方法を考えますか?

またカードローンを受けてみる、他のカードローン審査を受けてみるといった方もいるかもしれません。

審査に通らない場合、カードローンの借入を諦めることも一つの方法です。

カードローン審査に通らない時には様々な理由があります。今どんな問題を抱えているのかしっかり考えて見ましょう。

仕事や収入の状況を把握する

カードローンの審査に通らない時には次のような問題があげられます。

  • 仕事の状況が不安定、または無職である
  • 収入が少ない、収入状況に不安がある
  • カードローンの年齢対象外である
  • 現在他社で借金を抱えている

注意しておきたいのは、仕事の収入に関する問題です。

借金は無い、年齢制限も引っかからない。という場合は仕事面や収入面を確認してみましょう。

カードローンは仕事や収入が安定していなければ利用できません。

仕事を始めたばかりや収入状況が不安な面がある場合は審査が通らない可能性があるのでご注意ください。

申し込みブラックになっていないか

カードローン審査が通らなかったら、何度も審査を受けなおすという行動も控えてください。

何度も審査を受けなおすような行動は金融機関に「申し込みブラック」を疑われてしまいます。

「申し込みブラック」とは
複数社に何度も審査申し込みをする行為のこと。

何度もカードローンの申し込みをすることは、信用を失う行為です。

カードローンを利用しないという選択肢

何も問題がなければカードローンの審査に通り利用することが出来ます。

が、なぜカードローン審査に落ちるのか、考えてみましょう。

今カードローンを利用することが危険だと金融機関に判断されたからです。

一度カードローン審査に落ちたら、借り入れを諦めるのも一つの選択肢です。

どうしても借入をしたいという方もいるかもしれません。が、カードローンは安全な状況で利用しなければトラブルに巻きもまれてしまう危険があります。

トラブルを未然に防ぎ、安全な状況でカードローンを利用したいというならば、審査に落ちた時点で借入を諦めることも必要です。

本当にカードローンを利用して平気なのか考え直してみましょう。

ローン審査に通るために正確な情報を

簡単におさらいをしていきます。

ローン審査に通らない時は、以下の事に注意しましょう。

  • 過去に返済遅延などの履歴は無いか
  • 他社からの借入やクレジットカードの負債は無いか
  • 申し込み内容を正確に書いているか
  • 短期間に連続してローンの申し込みをしていないか

以上の点で該当がないか確認すれば、あなたが審査に落ちる原因を知ることが出来るでしょう。

原因さえ分かってしまえば、それぞれに適切な対処ができ、 ローンが通るような信用情報にして再度ローンの申し込みができます。

審査の基本は信用情報と、返済能力です。

年収を上回るような無理なローンを組むことは控えましょう。 そういった無理なローンは審査に通らないのが現実です。

トピックス
ページトップへ