ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 遠賀信用金庫フリーローン審査厳しい?その真相を探ってみよう

遠賀信用金庫フリーローン審査厳しい?その真相を探ってみよう

福岡県に所在する遠賀信用金庫では、フリーローンを扱っています。『おんがえし』という名称となっていますが、果たしてどういった審査基準になっているのかわからないという点もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、遠賀信用金庫のフリーローンは審査が厳しいのかという点などについて探っていきたいと思います。

『おんがえし』はどんなローンなのかをまず知っておこう!

まず最初に、遠賀信用金庫の『おんがえし』というフリーローンがどういったものなのかを知っておきましょう。

『おんがえし』は最長年間の返済期間になっている!

遠賀信用金庫のフリーローン『おんがえし』は10万円から300万円までという利用限度額であり、年利7.8%という低金利になっているローンです。また、返済期間が最長で7年間となっていて、46460円が毎月の返済額です。

もし300万円を他の金融機関で借りたとしたら、15.0%の金利なら条件を同じにして返済をした場合は57890円が毎月の返済額になります。と言うことは11430円も差があるということであり、これを7年間にすると合計で960120円もの差が出るということになるのです。

遠賀信用金庫のホームページにもその差について明記されていて、いかに『おんがえし』の金利が低いかということがわかるのではないでしょうか。

他社借入金の借り換えにも使えるのが『おんがえし』!

『おんがえし』というフリーローンは、遠賀信用金庫と取引をされている方だけが利用できるわけではありません。

それ以外の方でも申込みをすることが可能であり、他の業者に借入がある場合にもその借り換えに利用することもできるのです。

そうすることで、毎月の返済額が減ることになるうえに最終的に返済額を少なくすることにも繋がるのです。もし他社で300万円を既に借りているならば、消費者金融の場合は総量規制の制限のために年収の1/3以上は借りることができませんので、新たに借入をするとすれば900万円という年収が必要になります。

それに、50万円以上借りるとすれば収入証明書の提出が必要になります。それでも遠賀信用金庫の『おんがえし』は年収で制限されることがありませんし、収入証明書も用意しなくても済むのです。申込む際にはインターネットを利用することもできる点も便利です。

『おんがえし』の審査はネットからの仮審査が行われる!

さて、ここでは『おんがえし』の審査がどのように行われるのかについて見ていきましょう。審査を受ける場合の参考になさってください。

『おんがえし』は勤続年数などの制限なし!

『おんがえし』の申込みはインターネット上でできますが、その際には仮審査を申込むことも可能なのです。この仮審査に通過できれば窓口で本申し込みの手続きができるようになり、その手続きが終わると融資をしてもらうことができるようになるということです。

ちなみに、『おんがえし』に申込みができるのは満20歳以上の方となっていて、勤続年数などに関しては制限されていません。なので、会社員などとして仕事をしている方で安定収入を得ている上にその収入が継続して得られることが見込める場合に審査に通過できるでしょう。

また、『おんがえし』を利用できるのは遠賀信用金庫の営業エリアにお住まいの方のみとなっていることは覚えておきましょう。

地域に根差した営業を行っているということも言えます。

『おんがえし』の審査基準は他のローンとあまり変わりない!

遠賀信用金庫の『おんがえし』は、一般的なフリーローンの審査基準とさほど変わらないという声があります。

ただ、インターネット上での申し込みはありますが、その際には仮審査だけが行われますので、後から電話がかかってくることや来店をする必要も出てくる可能性があります。そういったことから、時間を作るようにしてできるだけ来店するようにすると、審査は早く行われるでしょう。

2週間もかからないと言う情報もあるのです。

『おんがえし』の審査は厳しいのかどうかについて

では、『おんがえし』の審査が実際に厳しくないのか、それとも厳しいのかという点について探ってみましょう。

インターネット申込みでスピーディー審査!

インターネットで申込み仮審査を受けると、メリットとしてスピーディーに審査を受けることができる点があります。

よって、遠賀信用金庫のフリーローンは審査が厳しいのではないかと感じている方も、『おんがえし』に申込むとそこまで厳しいということがなく融資を受けることができるのではないでしょうか。

インターネットでの申込み時には、まず同意書(個人情報の取り扱いに関するもの)を良く読んでから同意をして、申込みのための必要事項を入力しましょう。

金融事故を起こしていないかどうかも大事なポイント!

ローンを組む場合には、業者が個人信用情報機関に照会をするものですが、『おんがえし』は、申込み者の個人情報に金融事故などといった問題がないとわかったなら、審査に通過できる可能性が高くなります。

しかし、金融事故(過去に延滞や破産をしているなど)を起こしている場合には『おんがえし』の審査でも通過することが不可能であると考えられるのです。なぜ審査に通過できないのかと言うと、それは審査が厳しいかそうでないかに関わりがないからです。厳しくなくても金融事故者は融資が受けられないということです。

そもそも、金融事故を起こしていればブラックという扱いになるため、フリーローンを利用することができないということです。これは『おんがえし』を含め様々なフリーローンやカードローンなどについて一律で言えることなのです。

借りるなら個人信用情報や信頼性が大事になってくる!

お金を借りるとしたら、やはり借りる側の信頼性はとても大切になります。

遠賀信用金庫の『おんがえし』でも同じであり、申込んだ方が信頼できる場合に加え、上記にあげたように個人信用情報に問題がない方である必要があります。そういう条件下であれば、審査が特別厳しくなることもありませんし、融資を難なく受けることができる可能性があるでしょう。

『おんがえし』を利用したいのであれば、信頼性と個人信用情報に注意をする必要があるということです。

遠賀信用金庫のローン審査は通常と同程度の厳しさの可能性がある!

遠賀信用金庫は地域密着型の福岡を拠点とした金融機関です。フリーローンには『おんがえし』という商品がありますが、他社への借り換えに利用することも可能となっている点が特徴です。

審査に関しては、インターネットでの申し込みにより仮審査を受けることになりますが、それに通過した場合に本審査となるのです。特段厳しい審査が行われるわけではなく、個人信用情報に傷がないか、信頼性があるかといった点が大事になるでしょう。

トピックス
ページトップへ