ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どこがダメだったの!?ローン審査に通らない原因とその対策方法

どこがダメだったの!?ローン審査に通らない原因とその対策方法

必要書類をきちんと準備して、申し込み用紙もしっかりと記入したはずなのにローン審査に落ちてしまった。なんて経験はありませんか?

自分自身なぜ落ちてしまったのかわからないし、金融業者はどんなところが審査に通らない原因なのか聞いても教えてくれない。結局わからずじまいで終わってしまうという方が多いのではないかと思います。

次回に向けて問題を解決しようと思ってもわからない、教えてくれないじゃどうしようもありませんよね。しかし、主な原因としてあげられるものがいくつかあるのである程度の対策はすることができます。

ローン審査に通らない悩みを解決するために、ローン審査に落ちる主な原因とその対策を紹介します。

ローン審査に通らない原因を教えてくれないのは答えられないから!

ローン審査に落ちてしまったとき、「どうして審査に落ちたのですか?」と聞いてもほとんどが「当社の規定によりお答えできません」と返されてしまいます。金融業者が審査の基準や落ちてしまった理由を教えてくれないのには理由があります。

1つは申し込みをしてきた人に対して教える義務がないからです。審査基準やローン審査に落ちた理由を聞かれたとき、金融業者が必ずこたえなければならないという決まりはどこにもありません。

審査基準を教えたとして、仮に抜け穴のようなものが存在するとします。その場合抜け穴をうまく使って借り入れをしようとする人がでてきてしまったら、信用できるかわからない人に貸し付けをすることになります。

このような事態は金融業者としては好ましくないので、答える義務のないものは基本的に答えないというスタンスをとっているわけです。

もう一つは答えないのではなく答えられないからです。どういうことかというと、あなたがローン審査に落ちた理由はこれ!というような一言で言い表せるようなものではないからです。

審査をするにあたり、必要書類を提出したり申し込み用紙に記入したりします。これらを一つ一つ評価し、総合的に見て審査に通るかどうかを判断します。

このため、この項目がダメだから審査に通さないというものではありませんので、答えようにも説明しきれないので答えられないというのが現状というわけです。

嘘偽りなく書類は記入している?事実と異なることはすぐにばれます!

申し込み用紙に記入をするとき、事実と異なることを書いていたりしませんか?本当は違うけれどこんな感じに書いておけば審査に通りやすいだろう。なんて考えをもつのはやめてください。

申し込み用紙に事実と異なることを記入すると必ずばれます!

金融業者は申し込み用紙に記入したことが本当かどうか審査の時にきちんと調べます。このとき事実と異なることを見つけた場合は「何か隠したいことがある」とみなされます。その結果金融業者からの信用が落ちて、審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

申し込み用紙に書きにくいと思うところがあったとしても、隠さず事実のみを書くようにしましょう。

記入漏れはなかった?書類の書き込みはしっかりと確認を!

自分では嘘偽りなく書いていても、金融業者からの信用を下げてしまうことがあります。それは

申し込み用紙の記入欄に空白があることです。

空白があったら抜けてるよと教えてくれるんじゃないの?と思うのですが、実際には空白があってもそのまま審査に進んでしまいます。

では記入欄に空白があるとどうなるのかというと、金融業者からは「やましいことがあるから空白にした」とみなされます。このような判断をされるともちろん金融業者からの信用が落ちるので審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

申し込み用紙を記入するときは抜けがないよう気を付けながら記入すること、そして記入後は空白がないか確認をしてから提出をするようにしましょう。

信用情報は大丈夫?過去の支払い状況を振り返ってみよう!

金融業者が審査をするときに必ず信用情報というものを調べるのですが、この信用情報が審査に大きくかかわってきます。

信用情報とは、個人のクレジットやローンの契約、申し込みをどこでしたかというような情報と何日に借り入れをした、返済したというような取引事実を登録した情報のことです。また、公共料金や携帯代などの滞納をした場合もこの信用情報に登録されます。

つまり、金融業者からの取引情報と公共料金や携帯代などの支払いに関することのみであり、学歴や職歴、犯罪歴などは一切含まれることはありません。

この信用情報が重要となってくるということは、金融業者が審査をするときに特に注目している部分がどこなのかなんとなくわかってきますね。一言で表すと

過去に支払いの義務が発生しているものに対して滞納をした場合、審査に不利な状況となる!

ということになります。日ごろ支払いをしっかしとしている人は金融業者も信用をしてくれる可能性が高いということです。

ではすでに滞納をしてしまった方はずっと審査が不利になるかというとそういうわけではありません。実は信用情報の記録にはちょっとした決まりごとがあるのです。

信用情報はほとんどの場合、5年を過ぎると記録から消えます!

つまり滞納をしてしまった支払いを完済してから5年経ってから申し込みをすると、金融業者はその人が滞納をしたことがあるかわからない状態で審査をすることになります。

急な借り入れをするときに審査を有利に進めるためにも、普段から支払いなど払うべきものはしっかりと払うようにしましょう。

短期間に複数申し込みをすると審査に通りにくくなります!

審査に落ちてしまったので、すぐ他の金融業者に借り入れの申し込みをしていませんか?短期間に複数借り入れの申し込みをすると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。なぜならば

複数借り入れの申し込みをする人は、金融業者から信用されにくいからです。

なぜ信用されにくいのかというと、先ほど信用情報の説明であったとおり借り入れの申し込みをすると信用情報に登録されます。つまりいつ、どこで申し込みをしたかがすぐにわかってしまいます。

その結果2社目以降の金融業者は「1社目の審査に落ちたからうちにきた」とみられ、「この人は審査に落ちる決定的な理由がある」とみなされます。このような状態だと審査に通る可能性は低くなってしまいます。

もし審査に落ちてしまった場合は一度時間をおいて(だいたい3ヵ月~6ヵ月)から再度申し込みをするようにしましょう。

他社で借り入れはある?あると審査では不利になります!

他社ですでに借り入れがある状態で新たに借り入れの申し込みをしていませんか?すでに借り入れがある状態だと審査に落ちる可能性があります。

すでに支払いがある状態でさらに借り入れをすることで本人の負担が大きくなってしまいます。このような場合だと、信用情報に問題がなかったとしても金融業者は後ろ向きになってしまいます。

カードローンだけでなくクレジットなどの支払いも見られるので、もし支払いが残っているのであれば完済してから申し込みをするようにしましょう。

借り入れ枠があるとそれだけで審査に不利になる可能性があります!

借り入れをしていなかったとしても借り入れ枠があると審査に落ちる可能性があります。

枠があるだけでもダメなの?と思うかもしれませんが、金融業者としては「将来借り入れをする」ということを想定して審査をするので借り入れ枠が大きいと審査に通る可能性は低くなります。

どうしても審査を通したい場合は、今ある借り入れ枠を0にしてから審査をするようにしましょう。

金融業者からの電話連絡は拒否すると不利になります!

審査をするときに在籍確認で電話連絡をすることがあるのですが、それを拒否すると審査に影響します。

電話連絡を拒否した場合「電話連絡を拒否するほど隠したいことがあるのでは」と金融業者に思われるので、審査で不利となってしまいます。

もし電話連絡を避けたいのであれば、電話連絡がない金融業者もあるのでそこで申し込みをするようにしましょう。

まずはネットの簡単審査から!これである程度わかります

金融業者に申し込みをする前に現在自分が審査に通りやすいかどうかを判断することができます。

ネットで簡単審査をすると審査にとおるかどうかだけでなく、限度額もおおよその金額を審査してくれます。

上記で説明があった通り、一度審査に落ちてしまうと次回審査をするまで時間がかかってしまいます。なるべく短い期間で借り入れまで行けるように簡単審査を活用してみるのも良いかもしれません。

トピックス
ページトップへ