ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > クレカのリボ払いがあるとローン審査に通らない?可能性は有る!

クレカのリボ払いがあるとローン審査に通らない?可能性は有る!

なぜローンで審査が行われるかと言えば、申込者が返済できるかどうかを調べる為です。返済できそうにない人に貸そうと考える金融機関はありません。

クレジットカードのショッピングでも返済をリボ払いで行えばお金を借りているのと同じことで、その情報は信用情報に記載され、他の金融機関に伝われば当然審査での評価の対象になります。

もちろん利用が少額で返済能力に影響しないと判断されれば、ローンの審査には影響しませんが、利用残高が高額になっている場合には審査でも評価が下がり否決の可能性が出てきます。

さらにリボ払いで支障が出ることになれば、その情報は金融業界全体で共有されることになり、審査は通らなくなってしまいます。

何故ローン審査に落ちてしまうのか?返済の可否が問題になる

審査で問われるのは返済能力と信用力ですが、特に返済能力が無ければ金融機関は貸しても返してもらえなくなってしまうため、念入りに確認が行われます。

もし利用者が他からも借入れしていた場合、そちらの返済も行う必要が有るため返済能力の評価はその分差し引かれることになってしまいます。

カードローンに絞って考えてみると、複数の借り入れを行う人もいますが、金融機関の中には複数利用を認めない場合が有ったりして、通常3件程度が上限になります。

もちろんカードローン以外に借入れが有っても評価に影響することは間違いありません。

審査では返済能力と信用力が問われる

クレジットカードに触れる前にローンの審査がどのように行われるのかについて理解しておきましょう。

ローンを利用する場合、必ず通らなければならないのが審査です。これに通らなければ融資を受けることはできません。この審査は各金融機関が作り上げた審査基準で行われますが中身の詳細は分かりません。

しかしどんな審査でも次の3点が様々な方向から確認されているのは間違いありません。

  • 申込者が本人であること(本人確認)
  • 申込者に返済できるだけの経済基盤が有る事(返済能力)
  • 申込者が返済してくれると信用できること(信用力)

誰かを偽ることは犯罪になりますが、本人が申込む場合は、審査で問われるのは返済能力と信用力の2点という事になり、この2つのどちらか一方が欠けても審査は通りません。

このうち返済能力は年収と思っている人も多いかもしれませんが、ローンというのは月々返済して行くことが普通ですから、月収が安定していることも重要です。

金融機関は、月収が安定していることを前提にして、年収から月々いくらまでなら返済ができるかという返済可能額を計算し、これが実際のローンの返済額を上回っていなければ返済は難しいとして審査に落とすことになります。

この計算式には様々なパラメーターがあり、申込者の状況により返済可能額から差し引かれ、実際の返済可能額をはじき出すようになっています。

他社利用は返済能力を削ぐことになる

簡単な例としてカードローンを考えてみましょう。利用者の返済可能額を月々1万5千円だとし、カードローンを申込んだとします。カードローンの返済額は月々1万円とします。

そうすると返済可能額が1万5千円で実際の返済額の1万円を上回っているので返済能力は有りと判断されて、信用力に問題が無ければ審査は通過するでしょう。

しかしこの人がやはり月々の返済額が1万円の2件目のカードローンを申込んだときのことを考えてみると、1件目のカードローンの返済が月々1万円ありますから、今度は返済能力は残り5千円と計算され審査は否決になります。

このように他社のローンを利用している場合には、大きく返済能力を削ぐことになってしまうのです。

もちろん返済可能額が非常に大きい人であれば複数利用も可能ですが、収入に不安が有る場合には複数利用はまず無理です。

カードローンは3社程度までが限度

複数利用も可能と言いましたが、これには前提が有って金融機関が複数利用を容認していなければなりません。

金融機関によっては、返済能力があったとしても、既にカードローンを利用している場合には審査に通さないところもあります。金融機関が恐れるのは返済が滞って利益が確保できなかったり、損失になってしまう事です。

このため複数の利用を容認するとしても、最大でも3件目程度が限度となり、それ以上になるとほとんどの金融機関は審査を通しません。

カードローンを例に採りましたが、この状態は他の借入でも同じで、カードローンの申込時の審査でクレジットカードのリボ払いの返済等が有ったとしても、同じように判断されることになります。

複数利用の問題点
かつては多数の消費者金融からお金を借りる事も出来たのですが、当然返済に行き詰ってしまう人が多発し、更に別の借入先を探して、多重債務者に転落してしまうという問題が有りました。

このため貸金業法が改正され総量規制と言って年収に応じて借入限度額の上限が設定されるようになったり、返済の行き詰まりを恐れて3社程度までしか貸さないというように金融機関が独自に規制するようになりました。

クレカの利用情報が分ってしまうのか?信用情報の利用範囲とは

信用力の審査で利用される信用情報は銀行、消費者金融、クレジットカードなど各業界毎に、それぞれ加盟業者間で共有されていて、クレジットカードの利用状況はクレジットカード業界内で共有されるようになっています。

しかし他の業界の業者であっても、加盟することは可能で、例えば消費者金融がクレジットカード業界の共有する信用情報を参照することも可能です。

実際大手消費者金融は加盟しているのが普通で、クレジットカードの利用状況が分るようになっています。

また銀行のカードローンの場合も、実際の審査は信用保証業務を委託されている大手消費者金融が担っており、やはりクレジットカードの利用状況が審査に影響する事になります。

信用情報は業界ごとに管理されている

金融取引の状況を格納している信用情報には何種類かあり、金融業界を構成する銀行業界、消費者金融業界、クレジットカード業界などがそれぞれ別々の組織で情報を共有するようになっています。

ただしこれらはそれぞれの金融機関がその信用情報の会員になる事で利用ができる為、厳密に言えば業界内の金融機関でなくても加盟できるため、厳密に言えば業界毎という表現は誤りになります。

各金融機関はそれぞれ加盟している信用情報を参照して、例えばローンの申込者が現在どういう状況にあるのかを確認することができます。

例えば先ほど説明したように消費者金融は他の消費者金融の利用状況を調べることができますから、複数利用を申込時に隠していたとしてもこの信用情報を参照することで複数利用を確認でき、審査で不利になるわけです。

大手消費者金融はクレジット業界の信用情報も参照できる

クレジットカードでショッピングを行う場合、以前は翌月一括払いというのが普通で、いつまでも支払いが続くという事は無かったのですが、最近ではリボ払いを選択する人が増え、返済が後々まで続くことがあります。

一括払いの場合は借金とは言えませんが、リボ払いの場合には利息も付き立派な借金であり、返済の状況は信用情報に記載されることになります。

ではこの借金が例えば消費者金融のカードローンの申込みに影響が有るかという事ですが、先ほど言ったように消費者金融とクレジットカード会社は業界が違い、利用する信用情報は基本的には違うものです。

それならいくらリボ払いを利用していても消費者金融には分らないと安心する人もいるかもしれませんが、そう甘くはありません。信用情報は業界が違っても加盟すれば参照できるのです。

要するに消費者金融がクレジットカード業界が利用している信用情報側にも加盟していれば情報は筒抜けという事になります。

では実際にはどうなっているのかと言うと、カードローンを提供している大手消費者金融のほとんどがクレジットカード側の情報に接することができるようになっています。

ですからカードローンを利用する場合にはクレジットカードの利用状況を消費者金融はすべて把握して審査を行っていることになるのです。安心はできませんね。

銀行のカードローンの信用保証は大手消費者金融に委託される

ならいっそのこと審査が厳しいと言われる銀行のカードローンを狙ったほうが、この場合には良いかもと考える人もいるかもしれませんが、それもそううまくはいきません。

たしかに銀行はクレジットカードの利用情報は把握ししていないかもしれませんが、問題はカードローンの審査がどう行われるかという点なのです。

銀行がカードローンに参入したのはそう昔のことではありません。消費者金融の利用者増を見て銀行も参入を決めたのですが、それには大きな問題が有りました。

銀行はそれまでローンと言えば保証人と担保が有る事が前提でした。そういった保証が有るからこそ安心して融資ができたわけです。

しかし消費者金融は個人の信用保証という方法で無担保、無保証人で融資をしていました。それがうけて利用者が増えていたわけですが、銀行が参入するとなると銀行も無担保、無保証人で融資を行わなければなりません。

消費者金融というのは最初はサラ金などと言われてイメージは悪かったのですが、それなりに長い時間をかけ企業努力をして信用保証のノウハウを確立していったのです。たとえ銀行と言えども一朝一夕にできるものではありません。

そこで銀行はカードローンに参入するにあたり、当時は考えられないことだったかもしれませんが、消費者金融と提携して個人の信用保証業務を委託しました。

これで銀行は信用保証ノウハウを利用出来るようになり、消費者金融のほうは融資の他に信用保証業務という別の収入源を得ることができ、双方とも利益になったというわけです。

さて問題はここからです。銀行のカードローンの信用保証は提携している大手消費者金融が行っているわけで、その一環で行われるのが審査です。つまり銀行のカードローンの審査の実質は大手消費者金融が行っているのです。

ここで思い出してください。大手消費者金融はクレジットカード業界の信用情報の参照が可能なのです。

つまりその情報は直接銀行に流れなかったとしても、審査では情報が利用されるという事になります。

したがって銀行のカードローンなら安心だというようなことは、まったく言えません。

審査通過の可能性は有る!利用状況によって審査の判断は分かれる

実際の審査ではリボ払いの影響は利用残高によって影響が有る場合と無い場合が出てきます。利用残高が小さければ特に影響はなく審査に通りますが、大きな残高が有れば審査には通りません。

また複数のクレジットカードを使い分けてリボ払いも複数存在する場合には、カードローンを複数抱えているのと同じで、審査での評価は大きく下がってしまいます。

ただしリボ払いはマイナス評価ばかりではなく、かつてリボ払いを利用し支払いを完了させているような場合にはそれが信用に繋がり、評価が上がる可能性もあります。

利用残高によって審査の判断は異なる

ではクレジットカードの利用情報内にリボ払いの情報が含まれていたとして、それがカードローンの審査に影響するのかどうかという点について考えてみましょう。考えなければいけないのは次に2点です。

  • リボ払いの残高
  • リボ払いの件数

まずリボ払いの残高について考えていきましょう。これはそれぞれの審査基準によって判断が変わってくる事ですが、一般的に言えば、カードローンの審査時のリボ払いの残高によって判断されます。

残高が少なく、残り数カ月で支払いが完了するのであれば、カードローンの審査の返済可能額の算定には影響しません。しかし残高が高額で、まだ支払期間が長期に及ぶ場合には、返済可能額の算定でも考慮されます。

もし返済可能額に影響する場合には、先ほど説明したカードローンを複数利用する場合と同じで、金額によっては審査に大きく影響が出る可能性があります。

残高がどの程度で影響が出るかは返済能力や審査基準によって変わってくる事になり一概には言えません。

複数利用の場合は大きく印象を悪くする

次にリボ払いの件数について考えてみましょう。先ほどカードローンを複数利用しようとすると金融機関では返済してもらえるか心配になる事を説明しましたが、リボ払いでも同じです。

返済数が増えれば増えるほど返済はきつくなります。クレジットカードの基本はショッピングですから、キャッシング機能は付かなくてもショピングだけでカードは作れます。

このため安易に何枚もクレジットカードは作ることができ、それぞれでリボ払いを利用すれば、何件もリボ払いを抱えることも有り得ます。

もちろん良いことではありませんし、金融機関が見れば、何やってるんだということになり、審査を受ける際は大きく印象が悪くなってしまう事は間違いありません。

そしてカードローンの時と同じで、件数が増えてくると、たとえ返済能力があったとしても審査に落とされてしまう原因になる場合もあるのです。

ですから、カードローンの申込みをする際には、審査で足を引っ張らないように、できればリボ払いはすべて支払ってからのほうが無難と言えるでしょう。

かつてのリボ払いの利用は審査にプラスの影響が出る場合も有る

ところがリボ払いが審査にプラスに働く場合も有ります。金融取引というのはお付き合いが長くなればなるほど信用というものが大きくなります。もちろん正常な取引をしているという前提ですが。

例えばカードローンの場合、申込み当初は信用が小さいため利用限度額は低額で金利は高い設定になりますが、利用を続けていると信用が大きくなって、利用限度額が増額できるようになり金利も低くなっていきます。

要するに正常な金融取引は信用を大きくするわけです。これはリボ払いでも同じことで、かつてリボ払いを利用して契約通りに支払いを終えていれば、契約を守れる人だという事が証明でき、これが信用に繋がります。

こういったリボ払いを完了させたという情報も信用情報中に格納されており、審査で参照されることになります。

この場合リボ払いが審査でマイナスになるどころか、プラスの判断材料になり評価が上がることになります。

もちろんどんどんリボ払いを利用しろという事ではありませんが、現在利用中なのであれば、先ほども言ったようにしっかり支払いを終わらせれば、審査には有利になる可能性が有る訳です。

リボ払いの問題点
リボ払いには月々何を一定にするかでいくつかに分かれますが、通常は月々の支払いが元利合計で一定になる方式を指します。一定ですから返済計画が立てやすく利用者には使いやすい方式と言えます。

しかしこの方式には大きな問題が有るのです。それは利用金額が大きくなると月々の返済額の大きな部分を利息が占めてしまい、元金の返済が遅れて、返済期間が延びてしまい、それが原因で利息が増えてしまう事です。

カードローンでも同じ方式で返済することが多いですが、高額の利用にはこういった問題が有る事を忘れない様にしましょう。

金融事故情報が有った場合は審査通過は無理!情報は共有される

ローン審査では返済能力と並んで信用力が問われるという事は説明しましたが、もし信用が失われてしまうような金融事故を起こしてしまうと、その情報は業界を跨って共有されてしまいます。

金融事故には様々な要因が有りますが、各種の支払いが滞ってしまった場合も事故になります。この各種の支払にはクレジットカードの支払いも含まれており、リボ払いの返済が滞っても金融事故になります。

もし金融事故になってしまった場合は、所定の期間が経過して、信用情報からその情報が削除されなければローンの審査は通らず、利用することはできません。

金融事故の情報は全業界で共有されブラックとなる

先ほど信用情報は業界ごとに管理されていると説明しましたが、例外が有ります。それは金融事故についての情報です。金融事故を起こすとその情報はすべての信用情報で共有されます。

つまり銀行の利用で金融事故を起こしてしまったという情報は、消費者金融業界でもクレジットカード業界でも参照することができます。この結果これらの業界で行われる審査はすべて否決されることになりブラックと呼ばれることになります。

要するに銀行のカードローンの返済で支障が出てしまった場合、銀行業界ではもうローンの借り入れができないから、消費者金融で申込もうと考えたとしても、消費者金融側でも情報は共有されており、審査には通らないという事です。

どのような事象が金融事故となるのか

では具体的にはどんな事が行われると金融事故と判断されブラックとして扱われることになるのでしょう。ブラックになる金融事故には次のようなものが有ります。

金融事故 信用情報に記載される期間 ブラックの種類
ローンの申込み 6か月を超えない期間 申込ブラック
ローンの延滞 5年間 金融ブラック
各種支払いの滞納 5年間 金融ブラック
債務整理 10年間 金融ブラック

これ等の情報は要するに金融機関が不利益を被ったあるいは被る可能性のある事象と言えます。例えばローンの申込みをしただけでなんでブラックなんだという人もいますが、短期間い何度も申込めば怪しいと思われても仕方がないのです。

もちろんこれ等に該当してしまってはもう一生駄目なのかと考えてします人もいますが、信用情報の記載がなくなれば、審査では情報の参照はできませんから、ローンの申込みも可能になります。

したがって今はブラックと言っても信用情報に記載される期間が経過すればブラックの扱いは受けなくなりますから安心してください。

リボ払いの支払いが滞った場合どうなるのか

では、ここまで説明してきたリボ払いで支払いが滞ってしまった場合にはどういう扱いになるのか考えてみましょう。この場合ローンと言うわけではありませんから、表中の各種支払いの滞納に該当します。

したがってリボ払いでもブラックになる可能性が有るのです。

そういった場合、ローンの審査でもブラック扱いという事になり審査は通りません。この場合で言えば返済が滞ってから5年間はブラックということになります。

先ほど正常に返済を終えていれば審査での評価は上がるということを説明しましたが、この場合は逆に5年間審査の足を引っ張ることになってしまうのです。

ブラックの期間を有効に利用する

ブラックの期間というのはその間じっと待つという意味ではありません。

もしリボ払いやそのほかでブラックとなってしまった場合には、その期間内にブラックになった原因を究明し、対策して以後に備えるという意味です。

一度ブラック担った人が、同じことを繰り返す可能性は高いと言われています。それはその人のお金の利用方法に何らかの問題が潜んでいる可能性が高いという事です。

その問題を洗い出して、ブラックが解除になってからまた同じ問題を起こさないようにするにはその原因を探って対策をするしかありません。

5年あるいは10年というのはそのために期間なのです。もしその期間が経過しても対策ができない場合には、対策ができるまでローンの利用は見合わせたほうが賢明です。

ここでクレジットカードのリボ払いが有った場合のローン審査について纏めておきます。

  • ローンの審査では返済の可能性が問題になる
  • クレジットカードの利用情報は信用情報で参照される
  • 審査ではリボ払いの残高によって影響が出る可能性が有る
  • リボ払いで金融事故を起こすとブラックとなりローンの利用はできない

リボ払いは便利ですがローン審査にも影響する場合があることを忘れず上手に利用してください。

トピックス
ページトップへ