ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 固定電話が無いとカードローンの審査は通らない?そういう場合も有る

固定電話が無いとカードローンの審査は通らない?そういう場合も有る

固定電話の契約数は減少傾向にあるそうですが、電話の機能とは全く別の面で固定電話は大変役に立っていることが有ります。実は固定電話は社会的な信用評価の一つの指標になるのです。

カードローン等の審査では返済能力とは別に信用というものが評価されますが、申込者が固定電話を持っていない場合、この評価に影響が出ることがあります。

これは金融機関の考え方次第ですが、多くの場合はそれだけで審査に落ちるという事にはなりませんが、固定電話が無いことが評価でのマイナス要因になります。

このようなことは金融業界だけの話ではなく、現在の社会では様々な場面で影響が出ることがあり、単に機能的なことだけで固定電話を持たないという判断はお勧めできません。

固定電話の設置は信用に繋がる!その理由とは

最近では固定電話を引かず携帯電話だけという家庭も増えています。機能的には通話だけではなくネット接続も容易で携帯電話が有れば全く問題はありません。しかし固定電話の重要な点はそういった部分ではありません。

実は固定電話を引いているというのは信用に結びつき、ローンの審査での信用評価も高くなるのです。

その理由はかつて評価が高かった電話債券の存在と、もう一つ固定電話が定住先の存在を証明することになるからです。

機能的な違いの評価ではない

携帯電話の機能は音声品質も改善されましたし、通話だけではなく、ネット接続、スマホに至っては様々な機能を追加できるアプリの実行も可能で、固定電話の機能を既に凌駕しています。

このため機能的に考えれば携帯電話だけで十分電話という目的は達しますから、わざわざ固定電話を引かなくても、生活上特に問題は感じないでしょう。

こういう理由で最近は特に単身者などを中心に固定電話の契約を切って携帯電話だけにしている人も多くなってきています。しかし固定電話は生活上の別の部分で大きく役に立っている可能性が有るのです。

普段の生活では感じませんが、例えばローンの審査などの信用を証明する必要が有る場合には、固定電話が有ったほうが評価されることを経験したことは無いでしょうか。

要するにそういった場合固定電話を持っている人と携帯電話しかない人では、固定電話を持っている人のほうが信用してもらえる可能性が高いのです。

今は感じなかったとしても携帯電話だけにしてしまうと、何らかの機会に損失につながる事が有るため軽々に判断はしないほうが良いわけです。

固定電話の信用にはかつての電話債券が関係している

固定電話はこのように信用に繋がっているのですが、これには次のような2つの理由が有ります。

  • かつての電話債券への信頼が現在にも繋がっていること
  • 固定電話を引けるということは定住先が有るということ

電話債券はNTTがまだ電電公社だったころに公社の負担を利用者にも背負ってもらうという背景が有って引き受けていたもので、現在では工事費を一部負担するという名目でNTTの電話加入権という形で残っています。

この電話債券は質に入れることもでき、財産として扱われるため、例えばローンを利用していて返済が滞ったという場合には、この債権を売ることによって返済ができるということで、金融機関にとっては安心材料になったわけです。

現在では殆ど意味はないのですが、以前の電話債券への信頼が現在でも固定電話の信頼につながっており、電話債券の無い携帯電話よりも固定電話のほうが審査での評価が高くなる傾向が有るのです。

そんなの意味ないだろうという人もいますが、社会慣行というものは馬鹿にしてはいけません。そう簡単には無くならないという事は憶えておく必要が有ります。

電電公社
電電公社は日本電信電話公社と言って、現在の日本電信電話株式会社(NTT)とNTTグループの前身の特殊法人でした。

1985年に電気通信事業法が改正され民営化されることになり現在のNTTが設立されました。

電話加入権
固定電話を引くときの費用がかなり高いので内訳を確認したことは無いでしょうか。調べてみるとわかりますが施設設置負担金という名目で36000円がかかっている筈です。これがいわゆる電話加入権です。

今でこそこの金額ですが2005年初頭までは倍の72000円もしたのです。廃止も検討されていますが、財産という事になっていますので、様々な影響が有り裁判沙汰にもなって未だに廃止できていません。

もう一つの理由は定住先が有るということ

さてもう一つの方の定住先が有るという事は、少なくとも電話債券よりも信用の評価では意味のある指標だと言えます。

住所が書かれていてもそれだけでは不安で、実際に電話が引けることで実在の住所だという事が分るわけです。

自分がお金を貸すとした場合、定住先が無く何処にいるかわからない人よりも、定住先が有り、そこに行けば必ず連絡が取れるという人のほうを信用するでしょう。

金融機関も同じ理由で固定電話が有ったほうが安心して貸そうという気になります。

金融機関というのはお金を融資して、それを利息付きで返済してもらい利益を上げることが商売で、返済してもらえなくなることを非常に恐れています。

返済が無ければ利息が入らないどころか貸したお金も返って来ないという事になると利益が上がらないだけではなく、損失を計上しなければならなくなるわけです。考え方は非常に保守的ですがシンプルですね。

このため返済の支障になる事は予め徹底的に排除するのが普通です。定住先が証明できなければ融資はしたくないと考えても全く不思議なことではありません。

カードローンの審査では信用が問われる!固定電話の評価とは

カードローンに限らずローンの審査では返済能力の他に信用力が問われることになります。返済能力があったとしても、信用することができなければ返済が怪しくなり金融機関は貸すことは有りません。

信用力の審査ではこれまでの金融取引の状況を格納した信用情報が利用されますが、それだけで評価するわけではありません。雇用形態や勤務先、そして固定電話の有無などが総合的に評価されるのです。

確かに固定電話の有無で評価するのはいささか時代遅れですが、意味が無いとも言えず、ローンの審査基準というものはそう簡単には変わらないでしょう。

審査では返済能力と信用力が評価される

固定電話の価値が分かったところで、ローンの審査にどう影響するのかについて考えることにしましょう。まず知らなければならないのは審査では何が行われているのかという事です。

審査は各金融機関が長年痛い目を見ながら作り上げてきた審査基準で行われますが、これは金融機関のノウハウに関わる大変重要なものですから、外に公開されるようなものではありません。

しかし内容的には次の3つに集約されます。

  • 申込者が本人であることを確認する
  • 申込者にはローンの返済能力があることを確認する
  • 申込者は信用できる人間であることを確認する

要するにこれらはしっかり返済されるかどうかという事を3つの方向から確認しているわけです。

本人が申込むのは当然として、通常審査で確認されるのは返済能力と信用力という事になり、このどちらかに問題が有れば審査は否決されてしまいます。

返済能力については次の2点が確認されます。

  • 年収が一定額以上で有る事
  • 月収が毎月安定していること

これ等に問題が無ければ返済能力ありと判定され、残るは信用力の審査だけです。

信用力は信用情報が参照されるだけではない

信用力の審査では、過去の金融取引についての情報を格納している信用情報を参照して問題の有無を判断しているのですが、信用力の判断はこれだけではありません。

これに加えて次のような項目がチェックされます。

  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 住居
  • 固定電話の有無

この他、様々な項目が並んでいると思われます。勤務先は規模や上場の有無など、勤務形態は正社員や派遣、パートなど、住居は持ち家や借家、そしてこれらに加えて固定電話の有無も信用判断に利用されるわけです。

信用情報
信用情報は銀行や消費者金融あるいはクレジットカードなど金融各業界ごとに管理運営されていて、各金融会社は自分の加盟している信用情報を参照して審査を行っています。

通常の情報は各々業界内だけで共有されますが、金融事故についての情報は金融機関への影響が大きいとして、業界間でも共有されることになっています。

審査基準はそう簡単には変わらない

もちろん固定電話はすでに機能的には無くても良い時代になりましたから、審査基準からは抜くべきだと考えますが、現在では依然として残っているのが現状です。

それは審査基準というのは項目の追加は行われますが、なかなか項目の削除は行われない傾向が有るためです。先ほど言いましたように金融機関は大変保守的です。

一度決めたことをなくしてしまうような事はそう簡単にはいかないのです。

したがって固定電話への信頼は今後も暫くは続くと考えておいたほうが無難でしょう。

固定電話の有無は審査結果に影響するか?金融機関の考え方次第

では固定電話の有無がローンの審査にどの程度影響するのかという事になりますが、これはこの固定電話の有無という情報の審査における比重ですから、これは金融機関の考え方次第という事になります。

金融機関の対応としては次の3つです。

  • 審査での比重が高く固定電話の有無が審査結果に直接影響する場合
  • 審査で評価対象ではあるがその点だけで審査結果を左右するものではない場合
  • 固定電話の有無は審査に影響しない場合

ます一部では大変比重が高く、固定電話の有無が直接審査結果に影響する場合が有ります。しかし多くは比重は高くないけれども、固定電話が無ければ評価ではマイナスなる程度です。

これに対して、数は少ないですが、固定電話の有無は審査の対象にしていないという金融機関も有ります。

審査結果に直接影響する場合がある

金融機関の中には固定電話の有無が審査の判断を決定する一つとなっている場合が有ります。この場合多くは定住先が有るという判断を固定電話の有無によって判断している場合と考えられます。

こういった金融機関の場合には固定電話が無ければ審査に通らないという事になりますから、携帯電話だけしかないという人の場合には、カードローンは申込まないようにしなければなりません。

こういった金融機関は現在では少なくなってはいますが、そろそろ判断の比重は考え直すべきでしょう。

多くはマイナス評価にはなるがそれだけでは決まらない

最も多いのは固定電話が無ければ審査での評価のマイナスポイントになるというもので、これだけで審査の可否を決めているわけではない場合です。

この他にもマイナスポイントが多くなれば審査は否決になる可能性も出てくることになりますが、否決まで行くのはそうは無いでしょう。

ただし審査は融資の可否を決めるだけではありません。利用限度額と金利を決めるのも審査です。この両者はそれぞれ関連性が有り、利用限度額が低ければ金利は高くなり、利用限度額が高ければ金利は低くなります。

通常は利用限度額が決まれば金利も決まるようになっています。この利用限度額は信用できる人には高い設定になり、あまり信用できない人は低い設定になる事になっています。

利用限度額は申込みの時に希望額を出しますが希望通りにいくとは限りません。要するに審査によって決められるのです。審査での評価が低ければ低いほど利用限度額は小さくなっていきます。

ここで固定電話が無く審査で評価がマイナスになってしまうと、たとえ審査に通ったとしても借り入れできる金額はその分低額になってしまう可能性が有あります。

つまり固定電話の有無が目に見える形で出てくるということです。

固定電話の有無が審査に影響しない場合も少数ながらある

また少数ながら、進歩的なと言って良いかはわかりませんが、固定電話の有無を審査で扱わないという金融機関もあるようです。

この場合は携帯電話だけの人も、固定電話を設置している人も、審査ではその点で差が出るという事は無くなりますので、携帯電話だけという人も安心して申込むことが可能です。

ただし、当然ですが審査はこの項目だけで行われるわけではありませんから、携帯電話だけの場合も、固定電話が有る場合も、審査に通ることも有れば通らないことも有る事は予め承知しておいてください。

問題は金融機関の区別がつかないこと

ここで問題になるのは、どの金融機関が固定電話の有無を重視しているのか、あるいは審査で扱わないのかわからないという事です。

審査基準は表には出てきませんから、こういう場合一般的に入手できる情報としては口コミ情報程度ですが、そういった情報にも固定電話の有無が審査結果に影響したのかどうかという情報はあまりありません。

このためこういう場合、心配であれば安全サイドに立って固定電話を引いておくことが有効な対策と言って良いでしょう。

携帯電話しか持っていない人にとってはあまり良い話ではないかもしれませんが、あくまでローンの申込みという観点で言えばそういう結論にならざるを得ません。

金融業界だけではない!固定電話評価の慣行は根強い

固定電話についてこんなに古い考え方を持っているのは金融業界だけではないかと考えている人も多いかもしれませんが、実はそうでもないのです。

昔から言われることですが事業を行っている場合に、連絡先が携帯電話では信用してもらえないこともしばしばあります。また学校の連絡網でも固定電話が無ければ仲間外れになる事もあるようです。

このためいまのところ、固定電話は無くても良いと考え支障が無いと思えても社会的には金融などとんでもないところで支障が出てくる可能性が残っており、固定電話は引いておいた方が安心ではないでしょうか。

事業を行う場合も固定電話のほうが評価は高い

カードローンの話を離れますが固定電話が無ければ不利益を被るのは金融業界だけの話ではありません。はっきり言えば社会全体がまだ携帯電話というものに対して信用していないと行っても良いのです。

例えば事業展開する場合、法人では考えにくいですが、個人では機動性も考えて携帯電話だけを利用しようと考えてもおかしな話ではありません。しかし例えば名刺に携帯電話の番号しか書かれていなければ、あなたは信用しますか。

たぶん半数以上の人は信用できないと答えるでしょう。また事業性資金を借りようとしても金融機関は貸さないでしょう。これが固定電話だったらどうでしょう。少なくとも電話が理由で断られることは有りません。

このように社会的に固定電話に対して信仰のようなものが存在し、様々な場面で信用を伴って扱われることになっているのです。

学校の連絡網でも固定電話の有無がトラブルに繋がる

もう一つの例としては学校現場でも支障が出ることが有ります。最近では学校の連絡網で電話番号を携帯電話だけにしている場合があるようですが、これがトラブルに繋がっていることが有るのです。

つまり携帯電話番号だけしか記載されていないお宅は怪しいので仲間はずれにされてしまったりという事が本当に有るらしいのです。

これらも固定電話への信仰によるものと考えられます。その信仰の大元にあるのが説明したように今ではほとんど意味を持たない電話債券にあるのですから、世の中というものははっきり言って理不尽も良いところですね。

社会的な意識改革が進まない限り固定電話は必要

ここまで見て来ただけでも、固定電話が無いことでローンの審査への影響、事業展開への影響、学校現場でのトラブルと3件の問題を挙げることができます。

当然ですが、これ以外の部分でも様々な問題が発生している筈です。携帯電話を駆使している人から見れば、大変忌々しい話かもしれませんが、現段階では固定電話が無いことで被る損失というのは無視できないものが有ります。

もちろん固定電話は全く利用しなくても月々維持費が必要になるため、利用したくないと考えてもおかしくはないのですが、先を考えれば今のところ固定電話は維持しておいた方が問題は少ないはずです。

これを変えていくには社会的な意識改革が必要で、現在固定電話は必要ないと考えている層がもっと増えて社会を動かすほどの勢力にならない限り、固定電話への信仰は変わりそうにありません。

長い物には巻かれろではありませんが、世の中には仕方のないことも有るという典型的な例と言えるかもしれませんね。

ここで固定電話が無い場合のカードローン審査への影響について纏めておきます。

  • 固定電話は電話債券や定住先の証明として信用につながる
  • カードローンの審査では固定電話の有無も審査の対象になる
  • 固定電話が無ければ審査でマイナス評価になる
  • 現状社会的評価は固定電話が有ったほうが高い

携帯電話だけに絞るかどうかに迷った時にはこれらの点について十分考慮してから結論を出すようにして下さい。

トピックス
ページトップへ