ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ゆうちょ銀行のフリーローンは審査が緩いか?一概に緩いとは言えない

ゆうちょ銀行のフリーローンは審査が緩いか?一概に緩いとは言えない

ゆうちょ銀行には住宅ローンの他、カードローンや様々な目的のためのフリーローンが用意されています。これらのローンにはそれぞれ審査が有りますが、特にカードローンやフリーローンは審査が緩いと言われています。

しかし、実際には審査で否決になる人も少ないわけではなく、審査が特に緩く誰でも利用出来るというわけではありません。

一般的に言われている審査の難易度は主にネット上の口コミサイトなどを中心に流布されている情報ですが、そういった情報には信憑性の問題が有ったり、そもそもそれが自身にも当てはまるものかどうか大変疑わしいものです。

ローンは根拠のあやふやな難易度ではなく、利用目的や自分にとっての有利不利、使い勝手などで選ぶようにしましょう。

ゆうちょ銀行にもフリーローンが有る!銀行との提携での提供商品

民営化されてゆうちょ銀行という金融機関ができましたが、そこで提供される金融商品を知っている人はまだまだ少数です。

しかしこのゆうちょ銀行では様々なローンを提供しているのです。特に手軽に利用出来るのがカードローンと様々な目的を想定したフリーローンです。

これ等のローンは他の銀行と提携して提供されており、ゆうちょ銀行は販売を担当し、審査から契約までは提携先の銀行が行う事になっています。

ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携してローンを提供している

ゆうちょ銀行はまだ生まれて間もなく、また民営化したと言っても国からの制約が全くなくなったわけでもなく、世間一般の銀行とは隔たりが有ります。

金融商品の品ぞろえとしても以前からある郵便貯金だけでは銀行の体をなしませんので、現在では様々なローンを用意しています。この中には一般的に言われるカードローンを始め、様々な目的別ローンが用意されています。

しかしそれらはゆうちょ銀行自体が提供しているわけではなく、ゆうちょ銀行が神奈川県と静岡県を拠点とする地方銀行のスルガ銀行と提携して提供しているものです。

これ等のローンは提供窓口としてはゆうちょ銀行という事になりますが、実際の契約はスルガ銀行との間で行われ、当然審査もスルガ銀行側が行う事になります。

話を進める前に用語を整理しておきましょう。通常ローンには目的がはっきり決まっている目的別ローンと何にでも利用できるフリーローンの2種類があります。

カードローンも利用目的は事業性資金を除いて限定されませんので、この分類で言えばフリーローンの一種と言う事になります。

ところがゆうちょ銀行の場合には、このフリーローンの中に目的を限定した複数のローンと目的を問わない一般的なフリーローンが用意されています。

要するに一般的に用意されている返済していれば何度でも借り入れできる形式のカードローンと、契約後全額融資し後は返済が続く形式のフリーローンに再分類して名称を付けた形になっています。

ここでは一般的にフリーローンであるカードローンも含めてゆうちょ銀行のフリーローンの審査について調べていくことにします。

なぜゆうちょ銀行がスルガ銀行と提携しているのか
詳細な理由は分かりませんがスルガ銀行はネットバンキングを強力に推し進めており、実店舗は神奈川県と静岡県域に限定されますが、ネットバンキングでは全国展開を行っています。

このためこのネットバンキングを利用して、やはり全国に展開すべく多くの企業が提携関係を築いており、ゆうちょ銀行もその流れで提携したのではないかと考えられます。

このためスルガ銀行のゆうちょ銀行提携ローン利用者専用支店もこのネットバンキング内に設置されています。

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」とは

ゆうちょ銀行のカードローンは「したく」と言い次のような特徴を持っています。

利用限度額 500万円まで(初回は最大300万円)
金利 7.0%~14.9%(固定金利)
最短審査時間 30分
申込み インターネット、電話、ゆうちょ銀行窓口、スルガ銀行ローン取扱店窓口
返済口座 不要

審査は電話での申込みの場合最短30分で行われますので、他のカードローンと比較しても、早い部類に入ります。利用限度額も最大500万円でメガバンク等に対し遜色のないレベルと言って良いでしょう。

ATMはゆうちょ銀行およびスルガ銀行のもののほか全国の提携金融機関で利用できます。

関心が有ればネット上から資料請求が可能になっていますので、請求してみてください。

ゆうちょ銀行のフリーローン「夢航路」とは

ゆうちょ銀行のフリーローンは「夢航路」と言い大きく親孝行型と目的型に分かれています。

親孝行型は次の目的に最大1000万円まで変動金利4.976% ~ 9.475%で利用できます。

  • 家族の介護や福祉施設への入居資金
  • 家族の住まいのリフォーム資金
  • その他、家族の高額医療費など

目的型は最大融資額500万円までで次のようなプランが用意されています。

プラン名 利用目的 金利(固定金利)
自己投資プラン スキルアップなど自己投資資金 5.50%
教育プラン 子供の教育資金 5.50%
オートプラン 自動車購入資金 6.00%
ハッピープラン 結婚・出産など幸せのための資金 7.00%
エコプラン 太陽光発電システム購入などエコ資金 6.50%
リフォームプラン リフォーム資金 8.00%
フリープラン 利用目的自由の資金 8.00%~14.90%

このようにゆうちょ銀行のフリーローンには通常の銀行で用意されている目的別ローンと実質的に同じものが用意されています。

ゆうちょ銀行
2007年10月1日、株式会社ゆうちょ銀行として設立。日本郵政公社から郵便貯金事業などが引き継がれました。

しかし、ゆうちょ銀行自体は当面の間貸付業務に制限が有るため、ローンなどを提供することができません。

このためローンは他の銀行と提携したうえで、申込み受付などを行って、審査業務以降は提携先の銀行が行うというような変則的な提供形態になっています。

特に緩いとは言えない!ゆうちょ銀行のフリーローン審査

このゆうちょ銀行のフリーローンは審査が緩いと言われることが有り、狙い目と考えている人も多いようです。

金融商品の審査の難易度というものは金利で比較すると概ねどの程度になるのか予想できると言われ、このゆうちょ銀行のフリーローンはちょうど銀行と消費者金融の間程度に位置すると思われます。

ただし、ゆうちょ銀行の金融商品というのはまだあまり知られていないという面が有り、意識的に審査を緩くしている可能性はあります。

しかし審査では否決になる人も少なくはないため、特に緩いという事は言えそうにありません。

金利から見る審査の難易度

ローンの審査の難易度は金利と連動しているのが普通です。リスクの高いつまり返済に多少懸念がある人に融資する場合は金利が高く、リスクの低いつまり返済について信頼できる人への貸し出しは金利が低くなります。

要するに前者は審査は緩いが金利は高いことになり、後者は審査が厳しいが金利は低いとも言えます。

この関係を用いれば様々なローンの審査の難易度を比較することができます。そこで銀行、ゆうちょ銀行、消費者金融のカードローンを金利で比較してみましょう。

金融機関 金利 予想される審査の難易度
銀行 3%~15%
ゆうちょ銀行 7.0%~14.9%
消費者金融 4%~18%

この比較で考えるとゆうちょ銀行の審査の難易度というのは、最低金利は少し高いですが最高金利は銀行と同程度になるので、大雑把に言って銀行と消費者金融のちょうど中間程度と考えられます。

もちろん銀行や消費者金融によって金利設定は大きく違う場合があるため、一概には言えませんが、この金利から考える限りゆうちょ銀行の審査が特別に緩いと考えるのは少々問題が有ると言えます。

ゆうちょ銀行の特殊事情

ただしゆうちょ銀行には特殊事情が有り、審査をあえて緩くしている可能性はあります。

その特殊事情というのは、要するにゆうちょ銀行の金融商品があまり知られていないということです。これはまだまだゆうちょ銀行の歴史が浅いということに起因しています。

実際これを読んでいる読者の中にも、ゆうちょ銀行にこれ程金融商品が有るとは思っていなかったはずです。

こういう背景があるためにまずは利用者を増やして金融商品の名前を知らしめるという目的で一時的に審査を緩めているという可能性はないとはいえません。

こういう手法は良くある話で、大手銀行なども利用者を増やすために行っている場合も有ります。

ただしこういう手法をとる場合には例えばカードローンでは利用限度額を小さくして将来信用が大きくなった時点で利用限度額を増やし、本格的に利用してもらという方法がとられるのが普通です。

緩いと言われていても否決になる人も多い

ただし、ゆうちょ銀行の場合、緩いと言われることが有る反面、審査に落とされてしまったという人も少なくはないので、恣意的に審査を緩めているというのは考え過ぎではないかと思われます。

単に先ほど示したように他の銀行よりは審査が緩いのではないかと考えられますので、それで審査が緩いという意見が多くなっているだけの話ではないかと考えても間違いではないでしょう。

したがって、ゆうちょ銀行のローンでは一般的な審査が行われ、特に緩いという事は無いのではないでしょうか。

一般的な難易度が自分には当てはまるのか?情報の利用方法に注意

ではゆうちょ銀行の審査が緩いという話はどこから出てきたものなのでしょうか。最近ではこういう情報はインターネットの口コミ情報から出てくるのが普通で、ここにゆうちょ銀行の審査は緩いという意見が多かったという事です。

しかしこういった情報には逆に審査は厳しかったという意見も必ず含まれていますし、すべて信用できる情報とも限りません。

こういった情報は一般的な話として参考にするのは良いのですが、それが自分にも当てはまり、審査が緩くなるとは誰も言えないのです。

何処からゆうちょ銀行の審査は緩いと言われるようになったのか

それでは、こういった審査が緩いというような情報はの広まり方を考えていましょう。もちろんゆうちょ銀行の申込者一人一人に効いて回るというような事は不可能です。

しかし近年では情報であふれかえっているものがあります。それはインターネットです。インターネット上にはありとあらゆる情報がアップされそれこそ読み切ることも不可能なくらいの関連情報を見つけることができます。

特に何かについての評価を調べたいときに便利に利用されているのが口コミ情報というもので、以前は口コミと言えば本当に口伝えで伝わってきた情報でしたが、今や口コミ情報と言えばこういったインターネット上にある情報を指します。

これ等の口コミ情報サイトでゆうちょ銀行のローン審査の難易度を調べてみると、数多くの情報を読むことができます。審査が緩いという事が広がっているということは、こういったサイトで緩いという情報が多いという事になります。

しかし、こういったサイトをよく見てみると、全く逆に審査は厳しいという意見も必ずあります。厳しいと感じている人もいるという事は見逃しては行けません。

人間というものは自分に都合のよい情報は重視しますが、逆の情報は見ないことにすることが有ります。特に情報が非常に多い場合、良い情報だけを読んでいるという事も無いとは言えません。

こういったことを踏まえて、情報量の多いサイトでは十分情報の取り扱いに注意しなければならなりません。

口コミ情報は信用しても良いものか

ではこういった口コミ情報サイトに挙げられている情報は信用できるのでしょうか。こういった情報には次の3種類の情報が含まれています。

  • 真実を述べている情報
  • 架空の作り話
  • 悪意が有る情報

本来口コミ情報というのは真実を述べていなければ利用価値が有りませんが、インターネットの利用者というのは善良な人たちだけではありません。

単に面白がって架空の情報を流している人もいますし、利用者をだまして自分に利益を誘導するための悪意が有る情報を流している人もいます。

特にインターネットが一般的に商売に利用することが普通になった現在では、商売のために平気で悪意のある情報を流している個人や企業が横行しているのが現状です。

特にローンの審査の難易度などは、金融業者が自分の所に利用者を誘導するために、嘘の情報を流したりすることは日常的に行われていると考えられます。

したがって口コミサイトなどを利用する場合には、予めこういった沢山の無意味な情報も含まれているという前提で読まなければ、判断を誤る事をよく覚えておくようにして下さい。

一般的な話と自分の話と混同してはいけない

もう一つ注意しなければいけないのは、先ほども言ったように審査が緩いという情報が多く一般的には緩いとされる審査であっても、厳しいという意見もあるのです。

こういう情報に触れれば一般的に緩いわけですから自分にも審査が緩いと考えるのが普通ですが、利用者によっては厳しいと感じるわけですから、自分にも厳しい審査になる可能性もないとは言えないのです。

要するに一般的な話が常に自分にも当てはまると考えるのは間違いであり、例外になる可能性も常に存在しているという事を忘れては行けないのです。

したがって口コミサイトを利用する場合には、全体の傾向を読み取る程度の利用に止め、ローンの申込先を決めるようなことは、もっと別の観点で行うべきではないでしょうか。

ローン選びの方法とは?審査の難易度だけで決めてはいけない

そこでローンの選び方を考えてみましょう。まず必要なのは何がお得なのかを考えることです。そういう点を考慮すると、お金の利用目的が明確に決まっているのであれば目的別ローンの利用がお勧めです。

目的が明確に決まっていないのであれば、次に重要なのは使い勝手です。色々と比較しながら選ぶ必要が有ります。

ただ審査というものの性格上、必ず落とされる人はいます。もし落とされてしまった場合でも、慌てることなく、まずは原因を追究して対策を立ててから、先を考えるようにしましょう。

目的が決まっていたら目的別ローンがお得

最近はカードローンが出現して、何でもかんでもこれが利用できて便利と考える人が増えていますが、先ほど示したようにカードローンの金利というのはそれほど有利なものではありません。

特に大きなお金になるほど金利が効いて利息が大きくなってしまいますから、利用目的が決まっているのであれば、金利の低い目的別ローンを利用した方が絶対にお得です。

そこで例えばゆうちょ銀行のローンを利用する場合も目的が決まっているのであれば、カードローンやフリーローンのフリープランではなく、目的に沿ったプランを選択するようにしましょう。

もしゆうちょ銀行に目的に沿ったローンが無ければ他の金融機関に合ったものが無いか良く調べてみることも必要です。それでも見つからなければ自分で目的を設定できる多目的ローンというようなローンを用意しているところも有ります。

もちろん金融機関間で同じ目的別ローンであっても設定されている金利には差が有りますから、いろいろと調べたうえで、お得なものを選ぶことが重要です。

フリーローンなら自分の使い勝手で選ぼう

どうしても自分の目的のためのローンが見つからなかったり、金利的に魅力が無いというのであれば、次はフリーローンの出番です。

ゆうちょ銀行で言えばカードローンあるいはフリーローンのフリープランということです。

現在では必要な時に利用限度額内であれば自由に利用出来るカードローンが機能的には優れています。金利に差がないのであればカードローンを選ぶのは悪い選択ではありません。

カードローンにしろフリーローンにしろ金利に差が無ければ今度は使い勝手で選びましょう。自分がローンに対して何を望んでいるかを考えそれを最も満たしたものを選ぶのがコツです。

少し時間をかけて利用出来る可能性のあるすべての金融機関のものを比較して最も良いものを選んでください。有名どころだから良いとか、よくCMで見かけるからとかだけで選ぶのは止めましょう。

審査に落とされたときは慌てず原因を追究しよう

ただしローンの審査では必ず落とされる人はいます。ゆうちょ銀行なら大丈夫と考えていても落とされる場合は有るのです。そういう場合いったいどうすれば良いでしょう。

中には慌ててしまって、すぐに別の所を申し込んでまた落とされる人もいます。こういう場合慌ててもどうしようも有りませんので、まずは落ち着きましょう。

一度審査に落とされてしまうと申込ブラックという状態になるため最長6か月間は他を申し込んでも審査は通りません。そこでその間何故審査に落とされてしまったのか原因を考え、必要な対策を考えてください。

原因を探る場合、審査では本人確認の他、返済能力の評価と信用力の確認が行われますから、その点についてそれぞれ確認が必要です。

返済能力は実際に月々の収支を計算して返済額を捻出できるかを計算してみましょう。信用力については過去に金融事故を起こしていないか思い出してください。

してはいけないのは、お金に困ったからと言ってどういう状態でも貸すような怪しい業者を利用することです。

確かにお金は借りられるでしょうが、そういった怪しい業者はとんでもない金利だったり、厳しい取り立てが行われたりで後が怖く、安易な借り入れはかえって自分の首を絞める事に繋がってしまいます。

ここでゆうちょ銀行のフリーローンの審査について纏めておきます。

  • ゆうちょ銀行のフリーローンはスルガ銀行との提携で提供されている
  • ゆうちょ銀行のフリーローンの審査は特に緩いというわけではない
  • 一般に言われている審査の難易度が自分にも当てはまる保証はない
  • ローン選びは審査の難易度だけではなくお得さや使い勝手も大切

ゆうちょ銀行のフリーローンは充実した内容でお勧めできますが、審査の難易度は決して緩いとは考えず、安易な判断で申込むのは止めましょう。

トピックス
ページトップへ