ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 女性でも借りれるビジネスローンはあるの?その審査も知っておこう

女性でも借りれるビジネスローンはあるの?その審査も知っておこう

女性であっても個人事業主をされていたり、会社を経営されている方もいらっしゃるでしょう。しかし、経営をしていく中で資金繰りが大変になることなどもあるかと思います。

世の中にはビジネスローンと言って、会社経営のためのローンもありますが、女性でも借りることはできるのでしょうか。そして、その審査はどのようになっているのでしょうか。

女性でもビジネスローンは利用することが可能!

まずは、女性も起業される方もいますので、ビジネスローンを女性であっても利用できるのかについて探ってみましょう。

ビジネスローンを利用するなら収入証明のできる書類が必要!

ビジネスローンは、女性であっても利用できますし、種類によってはさほど利用するのが難しくないケースもあります。

消費者金融や銀行で扱っている、カードローンになっているビジネスローンなら、担保を用意する必要がないですし、一般的なカードローンと手続きが変わらないのです。ただ、収入を証明する書類を用意することが必要になることは覚えておきましょう。

経営をされている方であれば、給与明細がないこともありますので、収入がどの程度あるかということが判断し辛い面もあります。よって、確定申告書の控えなどといった書類が必要になるということです。

日本政策金融公庫は低金利だけど手続きが煩雑!

事業資金として、日本政策金融公庫から借りるということもあるでしょう。

そういった場合には、公的機関ということもあってか、手続きに手間がかかってしまうことが少々ネックです。

多額の借入ができる点や低金利である点はメリットとなります。しかし、計画書などの提出が必要になるのでこれから女性が起業したいと考えている場合に適しているのではないでしょうか。

女性だからといってビジネスローンを断られてしまうことはない!

ビジネスローンと言うと、男性が多く利用しているようなイメージがあるかもしれません。では、女性と言う点で不利になることはあるのでしょうか。

ビジネスの場では男女差というのは関係ない!

ビジネスローンの相談会などに参加される方は、女性の数がまだ少ない傾向にあり男性の方が多いと言えるでしょう。それでも、ビジネスローンを申込んだとしても女性だからといったことで断られることはさほどないと考えられます。

通常では、ビジネスの場において男性だから女性だからという差が起こることもないと言えますし、起業するための女性に向けたローンセミナーも多く行われているほどです。

なので、女性であるから借りられないという事例はほぼないでしょう。よって、女性の起業家の方でも安心してビジネスローンを申込むことができるということです。

起業した会社の事業計画書などをきちんと揃えることが大事!

ただ、ビジネスローンを女性でも借りられるとしてもいくつかの条件はあります。

まずは起業するとしてその会社に安定性があり将来的な発展が見込めるかどうかと言う点です。起業をするときにその企業に関する事業計画書などの書類を準備することになるでしょう。

そういった書類等はあらかじめまとめて揃えておくことが大事です。ビジネスローンを申込む際に提出を求められる書類が用意されていれば、審査の際にスムーズになるでしょうし、評価も良くなる可能性もあるかもしれません。

用意忘れのないようにきちんと確認をすることが大事だと言えます。

申込み者個人のローン履歴や信用度もポイントになる!

また、申込んだ方自身がローンをしたことがあるかという点もポイントになるでしょう。少なからず、ローンの実態や信用情報といったものを確認しているビジネスローンがあるということです。

この点で難点があると審査で落ちてしまうこともあり得るのです。ローンを利用するときにもし以前にした借入金を返済していないならば、審査に関して厳しくなってしまう可能性があります。

それは、個人的なローンの返済もしっかりとできていないのに、ビジネスローンを利用しても返済ができるのだろうかと思われてしまうこともあるからです。信用情報に難があるのなら、ビジネスのための多額のお金を貸してもらうことは難しくなることは覚えておきましょう。

ビジネスローンの審査は保証人の有無もポイントになってくる!

ビジネスローンを利用する場合の、審査のポイントには保証人なども関わってくることがあることも覚えておく必要があります。

信用情報は積み重ねている方も多いから心配はない!

ビジネスローンの審査に信用情報が関わってくると前述いたしましたが、今の時代は多くの方がクレジットカードを所持していますので、そのカードの支払いなどを通して信用情報を積み重ねていっていることも少なくないでしょう。

それに、この頃では携帯電話の分割払いも信用情報に登録されるようになっているため、信用情報をきちんと作り上げている方も多くいることが考えられます。よって、信用情報に難があるためにビジネスローンを利用できないという方はあまりないと考えられます。

ビジネスローンの審査は保証人の有無もカギになってくる!

審査では、保証人を立てられるかという面も大事になってくるでしょう。どの程度の金額を借り入れるかによっても異なりますが、保証会社を使うことができないケースが多いのです。

ビジネスローンの多くは、共同起業者の方に連帯保証人になってもらうことや、自身の血縁者に保証人になってもらうということもあります。

通常はビジネスローンと言うと借入額も多くなってきますので、大抵の場合に保証人が条件として大きくなってくることが考えられます。とは言え、そこまで多額ではない数百万円ほどであれば保証人を用意する必要がない、一般的なローンを利用することも一案です。

既にある会社の場合は業績や経営状況なども大事なポイントになる!

女性が起業するためのビジネスローンであれば、女性だからと言って借りにくくなることはありませんが、既にある会社の場合であっても社長が女性だからと難しくなるわけではありません。

その企業がどういった業績を上げているかと言う点や、経営状況にあるかという点、借りようとしている金融機関とどの程度の付き合いがあるかという点が大事になります。その場合には女性だからという点は問題にはならないでしょう。

女性でも厳しくない審査でビジネスローンを利用することが可能!

女性であってもビジネスローンを利用することは可能です。起業する場合に女性がビジネスローンを利用する場合には、女性であるからと言って借りにくいわけではありません。審査においては、保証人を立てられるかも大きなカギになります。

そして、もし既にある会社であれば業績や経営状況なども大事になってくると考えられます。

トピックス
ページトップへ