ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > ローン審査は甘いものではありません!しっかり審査で安心ローン

ローン審査は甘いものではありません!しっかり審査で安心ローン

生活していく上で最も欠かせないのがお金です。まとまったお金が必要なときは計画も立てられますが、急にお金が必要になったときはカードローンが役立ちます。

ローンに申し込むと必ず審査を受けるのですが、ここで気になるのが、自分は審査に通るのか、審査基準とは何か、ということでしょうか。

今回はカードローンを例にして、ローン審査の基準についてや、一般的に言われている審査に落ちる理由などをご紹介していきます。

これからローンを組む人も、予定のない人でも、今後のために是非確認しておいてください。

なぜ金融機関は必ず審査をするのか

そもそもなぜ「おたくのローンを利用しますよ」というお客様に対し、審査という面倒なことをするのでしょうか。もちろんそれには理由があります。

貸出リスクはできる限り回避したい

金融機関といえど、利益を得なければならない企業です。顧客にお金を貸すことによって得る利息が利益となります。

もし、返済能力がない人に貸し付けてそのお金を返してもらえなかったら、利息はおろか元金も戻らず大損をしてしまいます。

それを回避するため、貸付をする前に返済能力があるかなどを確認の意味で審査をしているわけです。

審査は例外なく、申し込みをした人に対し行われます。ですから、「なぜ自分は審査されるんだろう」と気にする必要はありません。そして平等に審査をしているのです。

金融機関と顧客の信頼関係を築くもの

審査をする目的はリスク回避だけではなく、貸す側と借りる側双方の信頼関係を築くという側面もあります。

例えば友達にお金を貸すことになったとき、相手が信頼できなければ貸したくありませんよね。どのような場合もそうですが、お金に関しても相手との信頼関係は重要なのです。

金融機関は、返済をしてくれるかどうか、信頼に値する人物かどうかをしっかり見ています。信頼は金融取引だけのことではありませんから、自分は信頼に値する人間かどうかを日頃から考えてみてもいいと思います。

審査基準ってどんなもの?何が審査されるの?

一口に審査といっても、何をどのように審査するのか分かりませんよね。一般的に言われている審査項目を見ていこうと思います。

個人情報は当然ながらチェックされる

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 家族構成
  • 勤務先
  • 年収
  • 健康状態
  • 他社からの借入の有無

審査される個人情報をざっと列記すると上記の項目になりますが、個人情報と言われるものはほぼ審査基準になると思った方がいいです。

つまり、お金を借りるには身元がはっきりしていなければならないということです。どのような生活をしているのか、というのは、返済能力の有無を確認する上では重要なのです。

過去にお金に関する問題を起こしていないか

お金に関するトラブルのことを「金融事故」と言います。事故を起こすと、「信用情報機関」という金融取引に関する情報を管理する機関に登録され、各金融機関で情報共有されます。

  • 公共料金の支払い遅延
  • 税金の支払遅延
  • クレジットカードなどの支払遅延
  • 自己破産の有無
  • 他社ローンの支払遅延の有無

上記項目をチェックしてください。支払うべきものを支払わなかったということはありませんか?一つでも当てはまるものがあると登録されてしまいます。

金融取引は信用取引とも言いますので、一つ事故を起こすと信用度は一気に下がります。

常日頃から、支払忘れや残高不足で引き落としできなかったと言うことがないようにしておきましょう。

何よりも収入があることが絶対条件

お金を借りるということはお金が必要になっているということですが、だからといって無一文の人誰にでも貸し付けているわけではありません。

審査に通るには、定職に就いていて安定した収入があり、定期的に返済する能力があるかどうかが絶対条件になります。もしくは家賃収入など仕事をしていなくても安定収入がなくてはいけません。

金融機関やローンの種類によって、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借りられる場合もあります。

金融機関としても、きっちり返済してくれる人に貸し付けたいので、収入に関する審査は特に厳しい目で審査をしているのです。

何も事故を起こしていないのに審査に通らなかったら

支払遅延も、破産もしたことないのに審査に通らなかったら、もしかしたら登録ミスの可能性もありますので、下記信用情報機関に確認を取ってみてください。

銀行系 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
信販系 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
消費者金融系 株式会社日本信用情報機構(JICC)

各機関は横の繋がりがありますが、例えば銀行系ローンの審査に通らなかったら、まずは全国銀行個人信用情報センターに問い合わせてみてください。問い合わせ方法は各社ウェブサイトに記載されています。

金融機関によって審査基準に差はあるのか

金融機関には、銀行と消費者金融といったように対応する法律や業務形態で分けられています。では銀行と消費者金融では審査基準に差はあるのでしょうか。

審査に甘いローンに申し込みたいけど…

結論から言うと、どのような形態の金融機関であっても、審査が甘いということは決してありません。

よく、銀行は厳しくて消費者金融は甘いという話を聞きます。確かに、預貯金で資金を調達できる銀行と違い、消費者金融は貸付した利息だけが全てなので、程度に差はあるかも知れません。

しかし、審査基準に差はあるにせよ、銀行だから厳しい消費者金融だから甘いと言うことはありません。

審査が甘い金融機関…違法業者の可能性も

「審査が簡単」「他社より借りやすい」などあたかも審査が甘くて通りやすいように宣伝している消費者金融があったら、まずヤミ金融かも知れないと疑ってください。

もちろん、本当に借りやすいところはあるかも知れません。その場合、金融機関もリスク回避のために利息が高かったり、借入限度額が低かったりと、利用者としても不利な条件がつきます。

健全な金融機関であればあるほど、やはり審査は厳しいものです。もし、審査甘そうだから借りよう、他で審査に落ちたからここにしよう、と安易に借り入れたりすると、法外な利息や取り立てがあるかも知れません。

お金を借りることは簡単なことではありません。それを理解した上で、自分に合った金融機関を見つけるようにしましょう。

金融取引は信用取引、審査で信頼関係を

「金融取引は信用取引」という表現を使って審査について紹介してきました。ローン契約をする際、金融機関は信頼できる利用者であることの確認のために審査をします。

逆に言うと、利用者は審査の結果、信用に値する人だと認められたからお金を借りることができるということです。

審査に通るか通らないかはあなた次第

何か払い忘れはありませんか?そういうちょっとしたことでも審査に通らない場合があります。日頃のお金の管理はとても重要です。

また、審査に通るようにと虚偽の情報で申し込むなどはもってのほかです。記入ミスもそうです。書類には正確な情報を記入しなければ当然落とされます。

ローン関係は、基本的に健全な生活環境の中にいる人が、それでも現状で資金がたりないから利用するものであって、ルーズだったり、仕事してなかったり単純にお金がないから安易に利用するものではありません。

審査の甘いローンなどは存在しません

何度も言いますが、審査の甘いローンはありません。借り主貸し主双方が損をしないためにも厳しく審査をしています。

お金が足りないからローンを使おう、そんなときのために、日々の生活を今一度確認し、お金に関してクリーンにしておいてください。

トピックス
ページトップへ