ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローンが3種類?伊予銀行を賢く利用するために知るべきこと

カードローンが3種類?伊予銀行を賢く利用するために知るべきこと

地方銀行でありながらその利用者数を増やしているのが、伊予銀行です。

伊予銀行は愛媛県を中心とした地方銀行で、地元民には知名度も高く利用者数も多い銀行と言えます。その伊予銀行が提供しているカードローンの利用者が20万人を超え、他県民でも利用している人も多いです。

伊予銀行が提供しているカードローンは「新スピードカードローン」「さっとカードローン」「ほっとカードローン」3種類それぞれ特徴があり、利用者の用途によって使い分けができるのが魅力と言えます。

しかし、地方のカードローンを利用することや、3種類のカードローンのメリットなど分からないことが多いでしょう。

そこで、伊予銀行のカードローンはどういった特徴があるのか調べてみましょう。

「新スピードカードローン」は預金口座が無くても利用できる

「新スピードカードローン」は伊予銀行の口座を持っている方でも、持っていない方でも条件を満たしていれば申し込むことが出来ます。

その申し込み条件とは

  • 利用時の年齢が満20歳以上満65歳
  • 伊予銀行の本店・支店がある13都道府県に住んでいる

と非常にシンプルな条件になっています。

通常、多くの銀行カードローンの多くは金融機関専用の口座を開設することが条件となっています。

しかし普通の口座を開設するにはある程度時間がかかります。

伊予銀行の「新スピードカードローン」だと、返済用の口座の開設が不要で、「インターネット支店にて口座を開設する」必要こそありますが、印鑑などの煩雑な手続きは必要ありません。

これは地方銀行では異色なカードローンと言っていいでしょう。

すでに伊予銀行の口座を持っている方はよりスムーズにサービスを受けられるようになっています。

口座のあるなしで申し込みの仕方が変わる

「新スピードカードローン」の申し込みは伊予銀行の口座を持っているかいないかで変わります。

預金口座あり 預金口座なし
ホームページ・電話・郵送・FAX ホームページ・電話

と上記の方法から選ぶことが出来ます。

郵送で申し込む場合、他の金融機関と同じように店舗やATMコーナーに設置してある利用申込書をもらってくる必要があります。が、ホームページならば自宅で簡単に申し込むことが出来ます。

未だ迷っていて、話を聞いてみたいという方には電話申し込みをおすすめします。朝の9時から夜の8時まで受け付け時間があり、かつ銀行の休業日である土日祝日は受け付けていません。

またもう申し込みを決めているという方なら、ホームページやFAXがおすすめです。特に口座を持っていれば申し込み後の書類提出は一切なく審査結果を待つだけでOKです。

口座を持っていない場合は、審査結果が出た後サイトを通じて運転免許証の画像をアップロードすれば手続きは完了します。

借入や返済はATMを利用できる

「新スピードカードローン」では、借り入れはATMからとなります。

伊予銀行のATMをはじめとして、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニATMからでも借り入れが出来ます。

振込での借り入れは出来ません。

唯一振込での借り入れができるのは「新スピードカードローン」の申込の時に「即日借入」をホームページの申し込み時に希望した場合のみで、利用してからカードローンの返済口座(口座がない場合は指定した口座)に振り込まれます。

ここで注意しておきたいのが、即日借入を申し込めば利用したその日にお金を借りられるという事ではありません。

即日借入で借りられるのは「契約した日」になります。

申し込み方法が郵送か電話だった場合の契約手続きは郵便でしか出来ず、必要事項を記入して返送した契約書類が伊予銀行に届いた後に交わされた契約日に振り込みがあるという事になります。

しかし、このサービスは自身に収入のない専業主婦や、無職の方、伊予銀行の預金口座をもっていない方は即日振込を利用できませんので、注意しましょう。

金利や返済額が家計に負担にならないとはいえ借入には注意が必要

返済方法も預金口座があるかで決まります。

預金口座あり 毎月1日に返済用口座から引き落とし
預金口座なし 毎月1日から末日に約定返済額をATMに振り込み

金利も利用限度額に応じて変動しますが、大手の金利とそう変わりはありません。

10万円~50万円以下 50万円~400万円以下 400万円~500万円以下
14.5% 9.5% 4.5%

いずれも銀行らしい低金利でしょう。最高金利は「14.5%」なので大手の銀行カードローンと変わりありません。

固定金利なので分かりやすく、明確にシミュレーションできます。

が、やはり銀行からお金を借りているということを前提として利用しましょう。

手持ちの預金口座から利用できる「 さっとカードローン」

「新スピードカードローン」以外にも、伊予銀行にはカードローンがあります。

それが「さっとカードローン」です。

これは伊予銀行の普通預金のキャッシュカードを持っていることを前提としたカードローンで、キャッシュカードにカードローンの機能を入れて利用できるものです。

新しくカードローン用のカードや口座を作る必要もなく、手持ちのキャッシュカードで気軽に借り入れが出来ます。

申し込みは窓口のみで普通預金の口座を利用している方だけ

  • 本人確認書類
  • 返済に使用する普通預金口座の届出印

上記の書類が必要になります。

「さっとカードローン」の申し込みは窓口のみで、は伊予銀行の普通預金口座を持っている人しか申し込みが出来ません。

普通預金の残高が0円になってから借りられるローンなので利用は注意

「さっとカードローン」は自身の普通預金口座の残高が0円になってから初めて借入が可能なカードローンになっています。

たとえば、預金口座の残高が5万円で、10万円引き落としたとします。預金口座の中身は「-5万円」となります。

残高がマイナスになってしまった場合、口座の残高に「OD」と記載されます。

といったように、口座にはマイナスが表記されてしまうので借入には注意してください。

返済は自分の都合に合わせて随時返済を採用しているカードローンなので、給料が入れば即返済に充てることもできます。

ここで注意しなければならないのが、借りている分の利息は毎月10日に普通預金から引き落とされます。

普段からカードローンを利用しないけれど、いざという備えでカードローンを使えるようにしておきたいという利用者にはおすすめのカードローンです。

が上記に記載されている通り、残高がマイナスになってからのカードローンなので、利用には注意が必要です。

シンプルで分かりやすく初心者に優しい「 ほっとカードローン」

伊予銀行には「新スピードカードローン」「さっとカードローン」の他にシンプルで初心者に優しいカードローンがあります。

それが「ほっとカードローン」です。

  • 金利が一律
  • 返済額も一律

といったシンプルな内容になっています。

伊予銀行のカードローンは、固定金利なので金利が一律なのですべてにおいてシンプルと言えそうです。

「ほっとカードローン」は別途のカードローン専用の口座を作り、それに合わせて専用の通帳とカードが発行されます。

専用のカードで借入を行う形のカードローンになります。

・専用通帳で確認できて利用しやすい

カードローン専用の口座と通帳があるので、いつ、いくら借りたかが目に見えやすいです。

借り入れることで残高が記入され、金額の前に「OD」という記号が付きます。

この借入の数字は普通預金の通帳に記載されませんが、返済口座を伊予銀行の普通預金口座に指定するので返済時に記入されます。

このカードローンは返済額が毎月同じ金額で返済できるので利用しやすいでしょう。

いくら借りていても、毎月の返済額は1万円となっています。

残高がいくらでも残っているのはあまり気持ちのいいものではありませんので、返済できる時には随時返済を利用した方がいいでしょう。

用途が違うとはいえ、お金を借りているという自覚を持ちましょう

簡単におさらいをしていきます。

伊予銀行のカードローンは特徴があります。

新カードローン 伊予銀行の預金口座が無くても利用できる
さっとカードローン 普通預金の残高が0円になってから借りられる
ほっとカードローン 専用通帳があり確認できやすく金利や利用額が低い

上記で説明してきたとおり利用しやすく初心者でも分かりやすいカードローンとなっていますが、当然他のカードローンと同じく審査があります。

審査の基本は信用情報と、返済能力です。

決して審査が甘いということや、通りやすいという事はありません。

利用については計画的に、自分の収入を見直し返済の出来なくなるような無理なローンを組むことは控えましょう。

トピックス
ページトップへ