ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 借り入れ金が多い人に知ってほしい、おまとめローン審査の甘い業者

借り入れ金が多い人に知ってほしい、おまとめローン審査の甘い業者

おまとめローンというのは、現在複数の借り入れをしている人が、その借り入れを一本化するために利用するローン商品のことです。借り入れ金が多い人がこの商品を利用することで、最終的な返済総額を減らすことができますので、返済に困った時には利用したい商品です。

しかし、現在の借り入れ金が多い人が利用する商品であることから、返済能力を疑問視され審査に通りにくいという側面があります。それではどのような業者のおまとめローンの審査が甘いのかというと、それは消費者金融です。銀行にもおまとめローン商品はありますが、銀行の場合審査が消費者金融よりも厳しくなっています。

そこで今回は、消費者金融のおまとめローンについて、詳しく見て行きたいと思います。

おまとめローンについて知ろう

まずは、おまとめローンを利用するメリットを見てみましょう。

  • 最終的な返済総額を減らすことができる
  • 借り入れ金の返済の管理がしやすくなる

最初に述べたように、おまとめローンを利用することで、最終的な返済総額を減らすことができます。これについては、後ほど詳しく見て行きます。

おまとめローンを利用することには、もう一つのメリットがあります。それは、借り入れ金の返済の管理がしやすくなるということです。お金を借りた場合の返済日は、業者ごとに違います。また、各業者から借り入れした金額が違うのが一般的ですし、返済額の決め方も業者ごとに違うことから、返済額も違ってくるのが普通です。

そのため、複数の借り入れがある場合、いつどこにいくら返済すればいいのかということを常に把握していなければいけません。そういう難しさを無くすことができるのも、おまとめローンのメリットです。

最終的な返済総額が減る仕組み

それでは、おまとめローンを利用すると、なぜ最終的な返済総額を減らすことができるのかについて詳しく見て行きましょう。おまとめローンを利用すると返済総額が減るのはなぜかというと、その業者での借り入れ金額が多い方が、借り入れ金額が少ない時に比べて金利が低くなるというのがローンの一般的な金利設定のしかただからです。

複数あった借り入れを一つにまとめると、その業者での借り入れ金額が多くなることになりますよね。そのために、金利が下がるということなのです。

また、金利の設定が低くなっているおまとめローン商品もあり、それを利用することで金利を減らすことができることもあります。そこで、おまとめローンの取り扱いがある消費者金融について、一般のカードローンとおまとめローンの金利を比較してみましょう。

通常のカードローン

アイフル アコム ノーローン プロミス
4.5~18.0% 4.7~18.0% 4.9~18.0% 4.5~17.8%

おまとめローン

アイフル(おまとめMAX) アコム(借換え専用ローン) ノーローン(かりかエール) プロミス(おまとめローン)
12.0~15.0% 7.7~18.0% 12.0~18.0% 6.3~17.8%

上記の表を元に比較すると、アイフルのおまとめMAXという商品の最大金利が低くなっていますが、ほかの消費者金融の一般的なカードローンの最大金利とおまとめローンの最大金利は、同じになっています。最低の金利に貸しては、いずれも通常のカードローンよりも高くなっています。

このことからもわかるように、消費者金融の場合は商品自体の金利が低くなっているわけではありません。そこで、消費者金融の商品を利用して最終的な返済総額を減らそうと考える場合は、いくつかの借り入れをまとめることで、その業者からの借り入れ金額が大きくなることを利用して金利を下げるという方向で利用するべきものだと言えます。

商品の選び方に気をつけよう

上記のように、おまとめローンを利用することで返済の総額が減るのは、金利の差を利用してのことです。そのため、現在借り入れをしているローンの金利がすでに低い場合は、おまとめローンを利用しても返済総額を減らすことができない場合もあります。

その場合は、無理におまとめローンを使うのではなく、現状のまま返済を続ける選択をした方がよくなります。そのため、おまとめローンのメリットを生かすためには、できるだけ金利の低い商品を選んで利用することが必要です。

また、金利が低い商品を選んだ場合でも、気をつけなければいけないことがあります。それは、月々の返済額が今までよりも大きく減った場合、返済期間が長くなることです。それがなぜ問題なのかというと、支払期間が長くなれば、利息を支払う期間も長くなるからです。そのため、場合によってはまとめた後の方が返済総額が高くなることがあります。

そのため、最終的な返済総額がいくらになるのかをシュミレーションして、現在の借り入れ金を返済する時よりも最終的な返済総額が減ることを確認してから、おまとめローンを利用するかどうかを決めるようにしましょう。

大手消費者金融のおまとめローン

それでは、審査が甘いおまとめローンとして、消費者金融の商品の詳細を見て行きたいと思います。消費者金融のおまとめローンには、大手の消費者金融が扱っているものと中小企業の消費者金融が扱っているものがあります。そこで、まずは大手の商品の詳細から確認しましょう。

アイフル(おまとめMAX)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
12.0~15.0% 満20歳以上 500万円 120回(最長で10年)

アイフルのおまとめMAXは、アイフルで通常のカードローンを利用している、または過去に利用していた人のみ利用できるおまとめローンです。アイフルを初めて利用する人は、かりかえMAXというローンを利用することになります。こちらも、商品名は『かりかえ』となっていますが、複数ある借り入れをまとめることも可能となっています。

おまとめMAXを利用できるのは、満20歳以上で定期的な収入を得ていて、返済能力がある人です。上限の年齢は記載されていません。

申し込み方法

  • インターネット

インターネットで申し込みをした後、審査結果の連絡があります。契約方法は郵送か来店かを選ぶことができます。融資を受けた後、現在の借り入れ先に返済を行います。申し込み者が自身で返済を行う場合と、アイフルが代行して借り入れ先に振り込みを行う場合とがあります。

必要書類

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明の書類
  • 他社の借り入れ状況がわかる書類

本人確認のための書類としては、運転免許証が使えます。持っていない人は、住民基本台帳カード、保険証、パスポートで代用できます。本人確認のための書類に記載されている住所と現住所が違う場合、公共料金の領収書・印鑑証明書・住民票の写しのいずれかが必要となります。

収入証明の書類としては、いずれも最新の源泉徴収票・住民税決定通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2カ月分)が使えます。

アイフルを利用していない場合に利用するかりかえMAXですが、おまとめMAXとかりかえMAXの違いは、金利のみです。かりかえMAXの金利は12.0~17.5%となっています。

アコム(借換え専用ローン)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
7.7~18.0% 20歳以上 300万円 162回(最長で13年7カ月)

アコムの借換え専用ローンを利用できるのは、20歳以上で安定した収入を得ていて、返済能力がある人です。上限の年齢は記載されていません。

申し込み方法

  • フリーコール

アコムの借換え専用ローンを利用する場合、まずはフリーコールへ連絡して申し込みをした後、店頭窓口か自動契約機(むじんくん)に行って契約を行います。来店が難しい場合、郵送で契約をすることも可能です。その際には電話での問い合わせが必要です。

審査に通過していれば、他社の借り入れを精算することになります。アコムでは、原則としてアコムから他社への振り込みが行われます。利用者が返済をした場合には、精算が行われたかどうかが書類を元に確認されます。

必要書類

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明の書類
  • 引き落とし口座がわかるもの、届け印

本人確認のための書類としては、運転免許証が使えます。持っていない人は健康保険証、パスポートで代用できます。本人確認のための書類に記載されている住所と現住所が違う場合、公共料金の領収書・社会保険料の領収書・納税証明書・国税または地方税の領収書が必要となります。

収入証明の書類としては、源泉徴収票・税類通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近1カ月分)が使えます。給与明細の場合、住民税の記載がないものは直近2カ月分の給与明細書が必要となります。また、賞与明細書がある場合は合わせて直近1年分の賞与明細書の提出も必要です。

返済は口座引き落としとなるため、引き落とし口座がわかるものとその届け印が必要です。

ノーローン(かりかエール)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
12.0~18.0% 20歳~69歳まで 400万円 96回(最長で8年)

ノーローンのかりかエールを利用できるのは、20歳~69歳の人で、給与収入がある人です。給与収入があれば、パートやアルバイトの人でも利用できます。

申し込み方法

  • フリーコール

かりかエールを利用したい人は、案内されているフリーコールに問い合わせをしてから利用することになります。フリーコールが利用できるのは平日9:00~18:00です。

必要書類

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明の書類

本人確認のための書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)が使えます。本人確認のための書類に記載されている住所と現住所が違う場合、国税・地方税の領収書、納税証明書、公共料金の領収書、社会保険料の領収書、住民票が必要となります。

収入証明の書類としては、源泉徴収票(直近のもの)・所得証明書・納税通知書・給与明細書(直近2カ月分のものと、賞与明細書1年分を合わせて)が使えます。

プロミス(おまとめローン)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
6.3~17.8% 満20歳以上65歳以下 300万円 120回(最長で10年)

プロミスのおまとめローンを利用できるのは、満20歳以上65歳以下で、本人に安定した収入がある人です。パートやアルバイトでも安定した収入があれば借り入れできますし、パートやアルバイトをしていれば主婦や学生でも利用可能です。

申し込み方法

  • 自動契約機
  • 店頭(お客様サービスプラザ)

上記のいずれかの方法で申し込みをした後、その場で審査が行われ、結果が伝えられます。審査に通っていれば、その場で契約ができます。その後、現在の借り入れ先にプロミスから振り込みが行われます。

必要書類

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明の書類

本人確認のための書類としては、運転免許証が使えます。持っていない人は、健康保険証かパスポートで代用できます。

収入証明の書類としては、源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2カ月分のものと、賞与明細書1年分を合わせて)が使えます。いずれも最新のものが必要です。

中小消費者金融のおまとめローン

それでは次に、中小企業の消費者金融のおまとめローン商品を見てみましょう。紹介している業者は、金融庁の貸金業者検索データベースに登録されていることを電話番号を元に確認した、正規の登録業者です。

アロー(借換ローン)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
15.0~19.94% 20歳以上65歳以下 200万円 120回(最長で10年)

アローは、借換ローンのほかにフリーローンを扱っている消費者金融です。アローで借換ローンを利用できるのは、20歳以上65歳以下で、健康保険に加入している人です。健康保険に加入していない人、無職の人、他社での返済が遅れている人はこのローンを利用することができません。

申し込み方法

  • インターネット
  • ファックス
  • 郵送

申し込みはインターネット・ファックス・郵送で行えます。申し込み用紙がアローに届いた後、審査結果の連絡があります。

必要書類

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明の書類

本人確認のための書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポートが使えます。また、所得証明書の提出が必要です。

収入証明の書類としては、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、給与明細書(直近2カ月分)、所得証明書が利用できます。

中央リテール(おまとめローン)

金利 利用できる年齢 最大利用限度額 最多の返済回数
10.95~13.0% 記載なし 500万円 120回(最長で10年)

中央リテールは、おまとめローンやリフォームローン、不動産担保ローンなどを扱っている消費者金融です。中央リテールでは、おまとめローンを利用できる人の年齢に関する記載はありません。また、必要書類に関する案内もありません。

申し込み方法

  • インターネット
  • 電話

インターネットか電話(平日9:00~18:00まで)で申し込みをした後、審査結果の連絡があります。その後、契約を行うことになります。原則として来店での契約となるのですが、遠方に住んでいる人の場合、電話かお問い合わせフォームを通して相談に乗ってもらうことができます。

中央リテールでは、融資金は申し込み者に渡されるので、それを元に現在の借り入れ先の返済を行います。返済が完了したかどうかの確認もあります。

中央リテールは中小企業の消費者金融ですが、審査は受付から約2時間で行われ、最短であれば翌営業日には融資を受けることもできるとホームページに明記されています。中小企業ながら、融資までの時間が短くて済む業者です。

おまとめローンの上手な使い方

これまでの返済状況や借り入れ状況によっては、まとめたい借り入れ金の総額がかなりの金額になっている場合があります。通常、消費者金融で融資を受けたい場合、貸金業法に定められている総量規制を守らなければなりません。

この総量規制は、融資を受ける人の年収の3分の1を超える金額の貸し出しはできないという内容の決まりなのですが、いくつか例外が設けられています。おまとめローンの利用も、総量規制の例外とされています。総量規制の例外は、以下の通りです。

  • 借り入れをする人が方的に有利になる貸し付け
  • 緊急の医療費として使うことを目的とした貸し付け
  • 配偶者の収入と合わせると年収の3分の1以下となるような貸し付け
  • 個人事業主に対しての貸し付け
  • 社会通念上必要と考えられる緊急の費用のための貸し付け
  • つなぎ融資として利用するためのお金の貸し付け

これらの例外として定められている項目の中で、どれがおまとめローンの利用に当たるのかというと、借り入れをする人が一方的に有利になる貸し付けの項目です。おまとめローンを利用すると、最初に挙げたように最終的な返済総額を減らすことができる可能性があります。また、返済に関する管理がしやすくなるということもあります。

このように、おまとめローンを利用すると利用者に有利に働くため、借り入れをする人が一方的に有利になる貸し付けと見なされるのです。そのため、借り入れ金の総額が多くても利用できる可能性がありますので、消費者金融からの借り入れであっても総量規制があるからと諦める必要はないとうことですね。

そういった特徴を知っていると、借り入れ金の総額が多くなって困った時に、おまとめローンの利用を考えることができます。

追加の借り入れはできません

おまとめローンは、借り入れ金の返済を目的として利用するローンであるため、追加で借り入れをすることはできない性質のものです。この点が、自由に追加の借り入れができるカードローンとは違うところです。

しかし、借り入れが複数あって借り入れ金の総額が多くなっているのなら、このような商品を使えば新たな借り入れができないので、また借りたいという気持ちを抑えることができるかもしれませんね。そういう特徴を利用することもできます。

銀行の商品も視野に入れてみよう

今回はおまとめローンの審査が甘い業者ということで、消費者金融に絞って商品を紹介しました。しかし、銀行にもおまとめローンの商品はあります。おまとめローンの商品を持っている銀行の金利はどうなっているのか、いくつかの商品を例として挙げてみます。

比較しやすいように、消費者金融のおまとめローンについても、もう一度表を掲載しました。

銀行のおまとめローン

イオン銀行(ネットフリーローン) オリックス銀行(カードローン) 東京スター銀行(おまとめローン) りそな銀行(プライベートローンJ )
4.8~13.5% 3.0~17.8% 5.8~14.8% 6.5~14.0%

ネット銀行のおまとめローン

住信SBIネット銀行(Mr.フリーローン) 楽天銀行(カードローン)
3.775~12.0% 4.9~14.5%

大手消費者金融のおまとめローン

アイフル(おまとめMAX) アコム(借換え専用ローン) ノーローン(かりかエール) プロミス(おまとめローン)
12.0~15.0% 7.7~18.0% 12.0~18.0% 6.3~17.8%

中小企業消費者金融のおまとめローン

アロー(借換ローン) 中央リーテル(おまとめローン)
15.0~19.94% 10.95~13.0%

東京スター銀行のおまとめローン以外は、おまとめ専用の商品ではありませんが、おまとめにも利用可能とホームページにはっきり書かれているので、おまとめローンの商品として紹介しました。銀行の商品の場合、カードローン型のものもありますが、やはり消費者金融と同じで多くが新たな借り入れはできないタイプのものとなっています。

これを見ると、多くの場合消費者金融のおまとめローンよりも銀行のおまとめローンの方が金利が低いことがおわかりいただけると思います。しかし、先ほども述べたように、銀行の方が消費者金融よりも審査が厳しいのです。

そのため、まずは銀行のおまとめローンを当たってみて、それでも審査に通らなかった場合は今回紹介した審査に通りやすい業者に申し込むという方法も使えます。

ただし、次々にローンの申し込みをするとよほど困っているんだという印象を持たれて、審査に通りにくくなりますので、一つ目の審査結果を待って、ダメだったときにより審査の甘い業者に申し込みをするというのがお勧めの方法です。

最大利用限度額も確認しよう

それから、商品ごとに最大でいくらまで借り入れができるかが違います。現在の借り入れを合計した金額よりも最大利用限度額が低い商品では、おまとめができないことになりますよね。そこで、現在の借り入れ状況と利用したい商品の利用限度額を確認することを忘れないようにしましょう。

最初に述べたように、おまとめローンの商品の選び方によっては最終的な返済総額が減らないこともあります。また、今確認したように、最大利用限度額によってはその商品ではおまとめができないといったこともあります。

そのため、審査の甘さだけをおまとめローンを選ぶ条件として考えるのではなく、しっかりシュミレーションしてから最終的な返済総額が減るとわかっている商品を選ぶことが必要です。

トピックス
ページトップへ