ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > カードローン審査の在籍確認で気になる会社への電話内容とは?

カードローン審査の在籍確認で気になる会社への電話内容とは?

カードローンやキャッシングの広告はテレビのコマーシャルや雑誌など至る所で目にします。そして、即日融資の謳い文句も。

あたかも簡単に借りられそうだし、実際に簡単に借りられれば、お金が足りないという時に便利ですよね。でも、お金を借りる以上、そう簡単には貸してくれません。

実はカードローンやキャッシングを申し込むと必ず審査があります。そしてその審査の中に、大抵勤め先への在籍確認があるのです。在籍確認と聞けば「会社への電話内容は何だろう。もし会社にバレたら・・・」と心配になる人は少なくないと思います。

ここでは、その在籍確認に至るまでの審査の内容から、在籍確認の実態までをご紹介します。

審査には段階がある!?在籍確認に到達するまでの道のりとは

一口に審査と言っても、様々な段階があります。そして、それを一つずつクリアしていかなければ、審査の最終段階である在籍確認に到達することはできません。また当然のことですが、在籍確認がクリアできなければ、借入にたどり着くことはできないのです。

まずは、審査の内容はどういうものなのか、その一つずつをご説明しましょう。

初めに申込書の確認から。記載内容は正確に!

基本的なことですが、まずは申込書の記載に不備がないかというところから始まります。お金を借りる側としては、早くお金を借りたいという場合が多いと思うので、審査がスムーズに始められるためにも、申込書に間違いがないか、きちんと確認をした上で、申し込みをしましょう。

金融機関同士で、情報交換している!?隠しても見抜かれる真実

金融機関では、カードローンやキャッシングなどを利用した顧客の情報を、信用情報機関というところで管理しています。日本には、3つの信用情報機関があるのですが、最近では、2つ以上の信用情報機関に加盟している金融機関がほとんどです。

信用情報機関には、以下のような情報が管理・保管されています。

  • 本人を確定するための情報(氏名・住所・生年月日・勤務先など)
  • 契約情報(会社名・契約の内容・利用金額など)
  • 返済状況についての情報(入金日・残高・延滞など)
  • 取引についての情報(債務整理・強制解約など)

申込者がこれまでにローンやキャッシングを利用した人であれば、金融機関は、審査を行う際に信用情報機関に問い合わせるだけで、過去の契約情報などが詳しく分かるということです。

もちろん、信用情報機関に載っているからと言って審査に落ちる訳ではありません。これまですべての支払いを現金で行ってきたという人はこの信用情報機関に載っていませんが、そういう人はほとんどいないと思います。ですので、載っているということよりも、その内容自体が重視されます。

つまり、返済が滞っていたり、強制解約、任意整理、自己破産などの事故情報があれば、審査が通りにくくなるということです。

しかし、これらの事故情報がいつまでも保管されている訳ではありません。情報の内容にも依りますが、解約から5~10年経つとその情報は消去されます。そのため、過去に事故情報があって審査に通らなかったとしても、年数が経っていれば審査に通る可能性があるのです。

また、1~3日中に複数のローンに申し込むと、審査に時間がかかったり、不利になる場合もあります。

借りられる金額は法律で決まっている?総量規制というハードル

銀行以外からお金を借りる場合、借入金額について総量規制という制度が関わってきます。

総量規制というのは、お金を貸す側は借り手の所得の1/3を超えてお金を貸してはいけないという制度です。つまりお金を借りる人は、所得の1/3以上のお金は貸してもらえないということになります。

しかし、どうしてこの規制が銀行にはないのでしょうか。

実は、銀行と消費者金融では法律が分かれていて、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法の下で経営が行われています。そして総量規制は貸金業法にある規制なので消費者金融だけが対象になっているのです。

この規制ができる前、多額の借金で自己破産する人が増えた時期がありました。その為、この規制ができたのです。銀行は、一般に消費者金融よりもさらに厳しい審査基準を設けているので、この総量規制がありません。

申し込みの際、年収の1/3を超える金額であったり、既に他の消費者金融から借入をしていて、その合計が総量規制の額を超えるようであれば、審査に落ちてしまいます。

これらの審査をクリアした人が、いよいよ在籍確認に進めます。そして在籍確認が終われば、借入はもうすぐ。

次にその在籍確認についてご説明しましょう。

会社に知られたくない在籍確認。電話はこう掛かってくる!

そもそも、在籍確認ってどうしてするのでしょうか。それはもちろん、申し込む人の中には、ウソの記載をして、勤めていない会社名や数日後に辞めることが分かっているのに、その社名を書く人がいるからです。

貸し手は、返済をしてもらうために借り手に一定収入があることを見込んでお金を貸します。しかし、もともと無職であったり、申し込みの時は働いていても、お金を返済する時点では無職だったなんてことになったら、返済してもらえる可能性は低くなります。

もちろん、それだけではなくて、消費者金融は総量規制があるので、収入のない無職の人にはお金を貸すことはできません。そういう理由から、在籍確認を行うのです。

では、その電話はどんな風に掛かってきて、何を聞かれるのでしょうか。

消費者金融と銀行では違う!?第一声の言葉

お金を借りる人にとって、「在籍確認ってどんな電話が掛かってくるのだろう」「何て掛かってくるのかな」と不安は尽きないと思います。

しかし、電話を掛ける側もその辺りの事はきちんと考えてあり、消費者金融の場合は、個人の名前で電話を掛けます。

あたかも個人的なプライベートな用件のようにしてくれます。

しかし、最近は携帯電話やスマートフォンを持っている人が多く、プライベートな電話は会社で受け付けないという場合もあります。そんな時は、「携帯に掛けてもつながらなかったので・・・」なんていう言い訳もしてくれます。

掛ける側もプロですから、臨機応変に電話に出た人に気づかれないよう、配慮してくれるのです。

また、銀行の場合は、銀行名を名乗るところが多いようです。

銀行は貸付だけでなく、預金も行っているので、個人に銀行から電話が掛かってきても不思議に思われないだろうということなのです。要件も、「キャンペーンのお知らせ」や「お得な情報が・・・」など営業目的という電話にしています。そうすると電話に出た人も違和感なく対応してくれますよね。

いずれにしても掛かってくる電話で在籍確認だと分からないように、各社とも考慮しているのです。

在籍確認で聞かれる会社への電話内容とは

在籍確認で電話が掛かってきた場合、一体何を聞かれるのでしょうか?もし、すぐに答えられないようなことだったり、周りに人がいて会話を聞かれたら、バレるようなことでは・・・と不安な気持ちはあると思います。

実は聞かれることは簡単なことで、氏名や生年月日・住所などです。

つまり申込書に書いた基本的な内容程度なのです。在籍確認ですから、あくまでも電話で話している相手が申し込みをした本人だと分かれば十分です。なので、電話で本人確認できればそれで要件は済み、終わりです。

在籍確認の電話、誰が出るかで対応が変わる!?

お金を借りる人がオフィスワークの仕事であれば、できるだけ席を外さないようにするなど、自分が電話を受けられるようにすることはできるかもしれません。しかし、たまたま席を立ったタイミングで電話が掛かってきたり、そもそも外回りの仕事であったり、急な会議や出張が入って・・・なんてこともないとは言えません。そうなると、必ずしも自分が電話に出られるとは限らないのです。

ここでは、本人が電話に出られた場合、出られなかった場合の、在籍確認の電話についてご説明します。

自分で電話応対できるのがベスト、そうすればすぐに終わる確認の電話

掛かってきた電話を自分でとる、またはとれなくても誰かから取り次いでもらうという状況で、自分で話せた場合は、すぐに電話は終わります。本人に代われば社名も名乗れ、名前や生年月日等で本人確認ができれば、融資について申し込みをしたかどうかの返事も聞けるからです。

もし不在時に電話がかかってきたら・・応対で変わる確認の仕方

電話が掛かってきたタイミングがちょっと席を外していた間くらいなら、待ってもらうこともできますが、外出していたり、たまたま休んでいた場合、当然他の人が返答することになります。その場合、その人がどんな風に答えるかで在籍確認が済んだか済まないかが決まります。

もし外出中で、「●●時に帰社の予定になっております」と答えが返って来れば、それで在籍確認になります。

しかし、ただ「おりません」だけ言われると、今だけいないのか、そもそも在籍していないのか分からず、在籍確認になりません。もし「おりません」と言われたら、「何時ごろお戻りでしょうか?」と一歩踏み込んで尋ねられます。

休暇中や出張中も同じです。次に出社してくる予定を聞いて、その返答をきちんとしてもらえれば、在籍確認は終わったことになります。

もし、応対した人が不審がって、色々質問しても、決して社名も要件も話すことはありません。

また、折り返し電話が掛けられないよう、基本的に非通知で掛かってきます。

細心の注意を払っていても、会社にバレてしまう場合とは

気をつけているつもりでも、同僚などにバレてしまうことがあります。それはどんな時でしょう。

また、バレてしまう前に、あらかじめ周りの人に「クレジットカードを新規で作ったので、その件で電話が掛かってくるかも・・・」と伝えておくと、疑われる危険から回避されます。

質問の受け答え、電話内容でバレてしまう可能性もある!?

本人が電話に出た場合でも、その会話内容から、「もしかして在籍確認?」と思われる可能性があります。電話で生年月日を答えていれば、確かに違和感はありますよね。ちょうど周りに人がいなければいいのですが、オフィスワークで同じ部屋にたくさん人がいる場合では、なかなか一人になるのは難しいことです。

どこにでもカンの良い人はいるもの

カードローンを利用したことのある人は、普段電話がほとんど掛かってこない人に、個人の名前で電話が掛かってくると、もしかして・・・とカンが働く場合があります。意外とカードローンやキャッシングを利用している人は多いので、アナタの周囲にもいるかもしれません。自分の経験から、特に会話を聞いたわけではなくても、気づくのでしょうね。

在籍確認の電話、掛ける側に要求できる事項とは?

個人の名前や銀行名での電話であっても、さらに非通知の電話であっても、状況によっては勤め先への電話は困るということがあります。業種や会社の形態によって、不審がられる事情は様々なので、仕方のないことです。

そこで、よく聞く、電話を掛ける際の要望をご紹介します。

異性からの電話は、ちょっと・・・

普段、全くプライベートな電話が掛かってこない人であったり、男性中心の職場になると、そこに個人の名前で女性が電話を掛けてくるということは、在籍確認に関わらず、変に疑われそうですよね。異性からの電話は困るという人は珍しいことではなく、性別を指定して電話をしてほしいという要望は結構あるのです。

もちろん、このような要望を叶える金融機関は多く、電話を掛ける側としても難しいことではありませんよね。

また、日にちや時間を指定することも、事情によっては叶えてくれます。ただ、あまり曖昧な事情であれば、かえって在籍しているのかどうか疑われる可能性もあります。

どうしても応えられない要求事項

いかに顧客の要望であっても、叶えられないこともあります。

例えば、顧客にとって都合の良い社名や個人名で電話をしてほしいという場合です。その方が電話が掛かってきても違和感がなかったり、在籍確認と疑われたりしないという事情はあるにしても、社名を偽ったり、偽名を使うことは禁止されています。そのため、まずその要望を叶える金融機関はありません。

ただ、電話を掛けた要件については、ある程度融通がきくので臨機応変に対応している金融機関は多いようです。

トピックス
ページトップへ