ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 借金で車購入したい人なら必見!車のローン審査対処法を徹底検証!

借金で車購入したい人なら必見!車のローン審査対処法を徹底検証!

「借金して車を購入したい!」のなら、車のローン審査を突破しなければなりません。

車のローンと言うと、多くの人がまず考えるのは自動車販売会社が用意している「ディーラーローン」となりますが、車を借金して買うためのローンと広く考えれば選択肢はディーラーローン以外にも広がります。

マイカーを手に入れるために、どの車のローン審査を利用すればより確実に実現できるのかを考えることはとても重要です。

そこで今回のレビューでは、車購入の目的を満たせる幅広い車のローンを取り上げつつ、各々を徹底的に検証するかたちで借金で車が買える可能性を掘り下げてみます。

借金で車買う方法は1つじゃない!

車を購入する際に現金一括で買えるような人なら資金繰りで頭を悩ませることはないでしょう。しかし、現金一括で車を買える人ってそうザラにいないと思います。

実際には多くの方が借金するかたちで夢のマイカーを手に入れているのが現実ではないでしょうか。

ところで借金して車を購入する方法は1つではありません。いろいろな方法があります。

ディーラーローンはファーストチョイス?メリットはなに?

ディーラーローンは、クルマの購入と同時にローン手続きができるので比較的早くローンが組めるのがメリットとなります。

しかし、当然の事ながら車のローン審査はあります。

が、自動車販売会社と直結した車のローン審査となることで手続きに必要な書類の用意について便宜を図ってくれたり、なるべく購入者に面倒をかけないように手続きを済ませてくれるといった配慮も期待できます。

それゆえ、とても使い易い車ローンと言ってよいでしょう。

ディーラーローンであっても車購入の資金を融資してくれるのは信販会社やクレジット会社となります。

そして、車購入の際にディーラーローンを利用するメリットは、銀行マイカーローンなどと比べると審査が早くて、かつ審査が柔軟で利用し易い傾向があるということです。

その理由は、ディーラーローンでは自分が購入する車が借金の担保となるので審査に通過し易くなるからです。

ディーラーローン審査の難易度は特別高いわけではなく、しっかり返済能力があればまず落とされることはないでしょう。

また、ディーラーでローンを組む時には、できるだけ多くの頭金を用意することで車のローン審査に通過できる確率がグンと高くなるのです。

以下にディーラーでの車のローン審査における一般的な当落の条件を示します。

ディーラーローン審査の合格条件 ディーラーローン審査に落ちる条件
・年収は200万円以上
・公務員か正社員が有利(ただしパートやアルバイトでも審査通過可能)
・勤続年数は1年以上ある
・他社での借入が年収の3分の1以下
・過去に返済で問題なし
・携帯電話などの滞納なし
・年収が150万円以下
・勤続年数が1年未満
・収入が不安定
・他社で多額の借金ある
・信用情報にキズあり

“金利”で選ぶなら銀行マイカーローンで決まり

ディーラーローンは審査時間の短さや審査通過の可能性の高さで考えるといちばん利用し易い車購入のための借金方法と言えます。

しかし、車購入のための借金となれば必然的に借りる額は大きくなると思います。そこで気になるのは借りた後の返済負担に大きく影響してしまう「金利」となるのではないでしょうか。

ディーラーローンは使い易いのですが金利設定が高めとなってしまうのが普通です。

一方で、車購入の借金で低金利となるのが銀行マイカーローンとなります。ディーラーローンと銀行マイカーローンの金利水準を比較してみます。

ディーラーローン金利 銀行マイカーローン金利
   4%台~10%台
(ただし、特別低金利の設定あり。その場合は年2.0%以下となることが多い)
   2.0~4.5%程度
(住信SBI銀行『MR.自動車ローン』では最低金利が年1.525%)

最近はディーラーローンでは購入する車種によって「特別低金利」を実施しているところが多くあります。たとえば、日産フィナンシャルサービスでは期間限定で新型リーフのローンなら年0.1%の特別低金利キャンペーンをしているようです。

そのことからディーラーローン金利と言っても、ひと昔前の“バカ高い金利!”といったイメージからは脱却しつつあると言ってよいでしょう。

一方で、銀行マイカーローンは金利が低くなる分だけ車のローン審査はディーラーローンの審査に比べると審査ハードルが高くなり、審査時間も長くなると考えてください。

銀行マイカーローンを徹底検証!~借金は難しい?~

車購入のための借金先として、借りた後の返済負担を重視して少しでも負担を軽くするとの観点から言えば、いちばんのオススメとなるのは銀行マイカーローンです。

車のローンを利用する際には金利はとても重要な点となります。なぜなら、ローンを組んでようやく念願の車を購入しても返済できなくなると、ディーラーローンの場合は借金の担保が車となり車の名義人はディーラーなので車を差し押さえられてしまいます。

借金までしてようやく手に入れた車を借金のかたに取られてしまっては元も子もありません。それゆえ、少しでも金利が低いところで車購入の借金を模索することは夢のマイカーを手に入れるための必須条件となるのではないでしょうか。

銀行の車のローン審査は甘くない

銀行マイカーローンを利用して車購入の借金をするためには、なによりも銀行の車のローン審査に通過できなければ話になりません。

そして、ディーラーローンのローン審査と比較すると、銀行マイカーローンは低金利となる分だけローン審査は厳しくなると考えてください。

まずはディーラーローンの審査基準と銀行マイカーローンの審査基準を比較したものを示します。

ディーラーローンの審査基準 銀行マイカーローンの審査基準
・年収:200万円以上あればOK
・勤務形態:アルバイトやパートでも通過可能
・勤続年数:1年以上あればOK
・他社借入状況:多額の借金なければ問題なし
・その他属性情報:特に問題視されない
・信用情報:特に問題なければOK
・年収:300万円以上ないと厳しい
・勤務形態:正規雇用者
・勤続年数:正社員として3~5年
・他社借入状況:他社での借入あると審査通過が難しくなる
・その他属性情報:借家か持家かで有利不利あり
・信用情報:少しでも問題あると審査NGの可能性大

銀行マイカーローンがディーラーローンに比べて車のローン審査が厳しめになると感じ取れるのは、「年収制限」と「勤続年数」および「勤務形態」の3点にまずあると言ってよいでしょう。

原則として銀行マイカーローンで借金できる人は、年収が平均的であり正社員であること、さらに正社員として少なくても3年以上働いている方になると言えます。

また、銀行マイカーローンでは基本的に「購入する車の所有権は借金する本人」となるのでディーラーローンのように車を担保にして融資を受けるものとはなりません。

そのことから“担保なしの融資”となることで信用貸しリスクをヘッジするために車のローン審査のハードルが高くなってしまうと訳なのです。

また、銀行の車のローン審査で特に注意したいのは、他社からの借入状況といった点があります。

銀行のローン審査では特別にマイカーローンだけが当て嵌まるという訳ではなく、他社からのカードローンなどでの借金は特に審査の可否に影響してしまう要因と言ってよいのです。

たとえば、他社借入の件数が3社くらいあるとまず銀行の車のローン審査はパスできないと考えてよいでしょう。

また、借入件数は1社のみだが借入額が大きく年収の3分の1近くになっているようだと車のローン審査は通過できないと言えます。

さらに言えば、借入件数が1社で借入額もそんなに大きくない場合でも銀行の審査では必ず重視されることになるので、銀行の車のローン審査にパスできるギリギリの年収額とのケースだと審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

そのことから銀行の車のローン審査を万全の体制で望みたいのなら、借入状況はクリーンな状態で申し込んだ方が安全です。

加えて、現在返済中の借入で一度でも滞納や延滞があるとマイカーローン審査には通してくれないと考えて方がよいと思います。

利用者の返済に少しでも疑問があると銀行の車のローン審査はさらに厳しく調べられることになってますます審査に通り難くなります。

それゆえ、他の借金を抱えて車のローン審査に申し込むことは非常に危険が大きいとも言えます。

銀行の車ローン審査突破の絶対条件はこれだ!

銀行の車のローン審査は決して甘くありません。むしろ、審査通過は難しいと言ってもよいと思います。

しかし、いかに審査が厳しめとなる銀行マイカーローンの審査であっても“落とすための審査”ではないので車のローン審査を突破することは十分に可能ですし、銀行マイカーローンの審査を通過するための最低条件というものもあります。

その最低条件はなにも銀行マイカーローン審査ゆえの条件というものではなく、銀行の住宅ローンや学資ローンの審査を突破するための最低条件にもなると言ってよいものなのです。

それは簡潔に言えば、「信用能力」と「返済能力」の2点になると言えます。

信用能力については、「この人ならマイカーローンの融資を認めても大丈夫だ」と銀行マイカーローンの審査担当者をしっかり説得できるような客観的事実を証明できればOKです。

そのような客観的事実を具体的に挙げれば、「正規雇用者である」「正社員として十分な勤務実績がある」「過去に返済で問題を起こしていない」といったことになります。

銀行の融資ではマイカーローンに限らず、どのローンでの融資審査でも“信用力の高低”を特に重視する傾向があるのです。

そのことから銀行の車のローン審査突破の1つ目の最低条件となる信用能力の審査では、「いかに自分は信用貸しリスクが低い人物なのか」をアピールできることとなります。

それゆえ、アルバイトやパートの方なら会社に就職して正社員として3年以上まじめに働けば銀行マイカーローン審査での信用能力はクリアできると言ってよいのです。

また、、不幸にも過去に金融事故を起こして信用情報機関にブラック登録されているなら登録抹消となるまで待ってから銀行マイカーローンに申し込むこととなります。

つまり、銀行の車のローン審査において“信用能力の欠如”とみなされるような点を解消してから申し込むことが審査通過の最善策と言ってよいのです。

一方、返済能力の審査に関しては、「この人にマイカーローンの融資を認めてもきちんと返済してくれる」と説得できる材料をたくさん用意することとなります。

そのためのいちばんの方法は、少しでも年収を高くして最低でも300万円は確保することです。

加えて、もし他社から借入があるなら、まずは借金をしっかり完済することが銀行マイカーローン審査で返済能力を認めてもらう術となります。

以上の「信用能力」と「返済能力」の審査ハードルをしっかりクリアすることが銀行マイカーローンの審査を通過するための最低条件となります。

が、この2つの条件に加えて銀行の車のローン審査をより確実に突破するためのさらなるコツというものがあります。

車のローン審査突破をより確実にするためのポイント

信用能力と返済能力に関して、銀行の車のローン審査の担当者にしっかり説得できる材料を整えて上で、さらに車のローン審査突破をより確実にするための秘訣、ポイントといったものはあります。

1つ目は、すでにカードローンなどで融資を受けている銀行と同じ銀行の車のローン審査に申し込むことです。

また、給与振込や各種の公共料金などの支払いで口座を利用している、定期預金を積んでいる銀行のマイカーローンを利用するのです。

すでに利用している銀行の車のローン審査に申し込むポイントは、これまでの利用実績が車のローン審査で有利に評価されることでブラス材料となる場合があるからです。

たとえば、A消費者金融での負債は返済能力ではマイナス評価となりますが、マイカーローンと同じ銀行からの借入と返済は“実績”として評価されて信用能力の上積みとなることで同銀行のマイカーローンが利用し易くなるケースがあるのです。

また、定期預金があれば、それは銀行にとって“優良顧客”となることで「銀行の車のローン審査で優遇してくれる」といったこともあります。

さらに言えば、必ずしもすべての銀行で実施しているものではありませんが、銀行によっては、カードローンなどをすでに利用した上でマイカーローンを利用すると、カードローンとマイカーローンとの抱き合わせというかたちで車のローン審査に通り易くしてくれたり、金利面で優遇してくれる可能性もあります。

2つ目のポイントは、“銀行マイカーローンからの融資額を低くする”とそれだけ車のローン審査に通過できる確率が高くなるケースがあることです。

たとえば、同じ車種の車を購入するための借金でも300万円のトップグレードの車資金を借りるよりも少しグレードを落として250万円あるいは200万円くらいの車種購入に変えれば融資金額が小さくなるのでそれだけ車のローン審査のハードルも低くなると考えらるのです。

最後のポイントとしては、1年のうちで特に自動車販売が好調になる時期を狙って銀行マイカーローンに申し込むことです。

それは「自動車販売会社のかき入れ時と銀行マイカーローンの融資とは連動しているケースが多い」と言ってよいからなのです。

銀行はお金を貸した利息で利益を上げる会社なので、銀行側としてはマイカーローンを積極的に展開できる時期には力を入れたいのです。

そのことから自動車が売れる時期は、銀行にとっても銀行マイカーローンを積極的に売り出せる時期ともなるのです。

だからそのような時期だと、それ以外の時期と比較して銀行の車のローン成約率も高くなることで可決率にも拍車がかかって審査通過の可能性が高くなる時期と考えられるのです。

車が売れる時期のタイミングを狙って銀行マイカーローンに申し込むことは車のローン審査通過の可能性を少しでも高くできるポイントと言ってよいと思います。

これがオススメの低金利な銀行マイカーローン

銀行マイカーローンでの車のローン審査は決して甘くありません。が、信用能力と返済能力をクリアできる資格があり、かつ銀行マイカーローンの審査をより確実に突破するためのポイントをしっかり考えて申し込めば、そう簡単に審査落ちとなることは十分避けられると思います。

そして、車を購入するさいの借金先としては、金利の低さと返済負担の軽さ、さらには銀行によっては他ローンの利用状況などや返済実績を勘案した審査になるといった期待に加えて、他ローン金利との抱き合わせのかたちで銀行マイカーローン金利が優遇されるといったメリットが期待できることから、銀行マイカーローンで借金して車購入することはオススメになると言っても過言ではありません。

銀行マイカーローンに関して言えば、メガバンクが提供しているマイカーローンに加えて、地方銀行が提供しているマイカーローンもあり実に豊富なラインアップになっているのです。

これら銀行のマイカーローンはおしなべて金利水準は低めとなります。が、銀行マイカーローンでも実際のところは金利水準にはバラつきがあります。

それゆえ、しっかり各銀行のマイカーローンの金利水準を比較検証して自分が利用できるマイカーローンの中でいちばん低金利となるところで借金するのが賢い利用法となります。

銀行マイカーローン 金利 融資額 その他
三菱東京UFJ銀行『ネットDEマイカーローン』 変動金利:年2.975% 50万円~1000万円以内 ・ネット申込で審査結果は最短即日に回答
三井住友銀行マイカーローン 変動金利:年4.475% 10万円~300万円以内 ・ネット申込可で24時間申込対応
・原則として即日回答も可能
住信SBIネット銀行『MR.自動車ローン』 年1.525~3.725% 10万円~1000万円 ・ネット申込で来店不要
・車選ぶ前でも「仮審査」がOK
・所定条件満たせば最大年-1.25%の金利優遇あり
千葉銀行『ちばぎんマイカーローン』 年2.35~2.55% 最大1000万円まで ・郵送なら来店不要
・保証料負担ゼロ
・必要書類の提出が少ない
横浜銀行『マイカーローン』 年2.100~2.800% 最大1000万円まで ・ネット申込で来店不要
・同銀行での取引状況によって最大で年-0.7%の金利優遇あり
・最短1~2週間で融資可能

以上の銀行マイカーローンは特に金利面でのメリットが大きいと感じられるものとなっています。また、すべての銀行マイカーローンで「ネット申込」に対応しているので来店不要で手続きができます。

また、銀行マイカーローンによっては同銀行での取引状況によってさらに金利が優遇されて低金利となるところもあります。

一方、地銀のマイカーローンについては、同地銀の営業エリア内に居住もしくは勤務している方に限定されるのでその点はデメリットと感じられます。

車のローン審査の難易度に関しては、特に審査ハードルが高くなってなかなか融資を受けられないといったものはないと思います。

が、やはりより低金利となる銀行マイカーローンの車のローン審査は金利が高めとなるマイカーローンの審査に比べると審査が厳しめになってしまう可能性はあります。

カードローンでも車購入の借金は実現できる!

銀行マイカーローンでの車のローン審査は銀行ゆえの審査の厳しさに加えて、融資額が比較的大きめとなることでさらに審査は厳しめになってしまうと考えられます。

それゆえ、銀行マイカーローンに申し込んだ人が必ずしも審査に通過できるとは言えません。むしろ、審査が厳しい分だけ審査に通らない人の方が多いかもしれません。

そうなったら車購入のための借金はあきらめるしかないのでしょうか?いいえ!銀行マイカーローンの審査がダメでも車購入のために借金する“抜け道”はあります!

それはカードローンの利用なんです。

カードローンで車購入できる!?賢く選べば金利でも損しない!

銀行マイカーローンの車のローン審査と比較すればカードローン審査ではもっと柔軟に対応してくれますし、銀行マイカーローンでは難しい即日融資にも対応してくれる場合があります。

一方、金利に関して言えば、銀行マイカーローンの金利と比較してしまうと高めとなってしまう事実は否めません。

が、銀行カードローンなら銀行マイカーローン金利とあまり遜色ない金利水準で車購入の借金が可能となります。

一般的に銀行マイカーローンの金利水準は年2.0~4.5%くらいとなります。以下に主なカードローンの金利水準などをまとめておきます。

カードローン 金利 融資額
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 年4.5~17.8% 500万円まで
アコム 年3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 年4.5~18.0% 500万円以内
モビット 年3.0~18.0% 800万円まで
イオン銀行カードローンBIG 年3.0~13.8% 最高1000万円
住信SBIネット銀行カードローン『Mr.カードローン プレミアムコース』 年1.89~7.99% 最高1000万円
みずほ銀行カードローン『NEW!エグゼクティブプラン』 年3.0~7.0% 最大1000万円

銀行カードローンの金利については、銀行マイカーローンの金利とそんなに遜色はありません。

たとえば、イオン銀行カードローンBIGで車購入資金として100万円の借金した場合に適用される金利は年8.8%となり、銀行マイカーローンほどではありませんが低金利と言えます。

また、住信SBIネット銀行カードローン『Mr.カードローン プレミアムコース』なら100万円の借金した場合の金利は年7.99%なのでさらに低金利で借金できます。

他方、カードローンの審査について言えば、消費者金融カードローンは銀行に比べてかなり審査が柔軟になるので車購入のための借金としてはいちばん利用し易いと言えます。

しかし、消費者金融カードローンは年収の3分の1までしか融資を受けられないので消費者金融からの借金だけで車購入資金をすべて賄うのは厳しいと言えます。

銀行カードローンの審査に関しては、消費者金融の審査よりも厳しめとなります。しかし、銀行の車のローン審査に比べれば審査は柔軟になり、提出する審査書類も本人確認書類と収入証明書類だけでOkとなります。

銀行マイカーローンがいちばんのオススメ

車購入の借金において利用し易さから言えば、ディーラーローンがオススメでしょう。車のローン審査の難易度から言えば、カードローンがいちばん柔軟審査となり、次はディーラーローン、最後が銀行マイカーローンと考えてよいでしょう。

しかし、金利面や車購入のための資金額の大きさといった条件から言えば、銀行マイカーローンがいちばんバランスの良い借入先になると言えます。ディーラーローンは銀行マイカーローンよりも金利は高めで、カードローンについても銀行なら低金利ですがマイカーローンと同じの金利となるところはありません。

以上のことから、車のローン審査こそ厳しめとなりますが、返済のことまで考えると車購入の借金先としてオススメしたいのは銀行マイカーローンとなります。

トピックス
ページトップへ