ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 大学生に知ってほしい!お金を借りるための知識とその考え方

大学生に知ってほしい!お金を借りるための知識とその考え方

勉強やサークル、ゼミなど日々楽しみながらも忙しく過ごしている大学生の皆さん。人付き合いが増えるこの時期、以前より出費が増える人が多いと思います。

限られたおこずかいで何とかしないといけないけれど、今月はどうにもならない・・・。お金は家族に頼れないし大学生が金融機関からお金を借りられるかかわからないし、お金を借りた後がなんだか不安・・・と思っていたりしませんか?

実際に大学生が金融機関からお金を借りることは可能ですし、脅しや脅迫まがいの取り立てのような不安になるようなことは基本的にはおこりません。

ではなぜそう言い切れるのか、その理由と金融機関について解説していきます。

正規の金融業者であれば取り立てや家族に内緒で借り入れができる理由

借り入れの申し込みをするときに、住所や連絡先を書くことになります。

この時、金融機関から連絡が行くことで家族に知られてしまうのではないかと思う人がいるかもしれませんがそんなことはありません。

理由として、1つ目は書類は申し込みをする本人の情報を知りたいだけであって第3者に連絡するものではないということ。2つ目は内緒でお金を借りたいと思う人が多いからです。

本人の情報に基づき、どこまでお金を貸せるか審査をするための申し込みです。本人確認をするときに電話がきますが、連絡先を個人の携帯電話にすれば家族に知られることはありません。

また、在籍確認ということで金融機関からバイト先に連絡をします。この時、個人名を名乗って連絡をします。つまり、バイト先にも金融機関を利用しているとは知られずに在籍確認をすることができます。

申し込みの書類に両親など第3者の情報を書くことがあります。これは返済を滞納をして本人に連絡がつかなかったとき、そこに連絡がいくようになっています。審査時や返済を期日通りにしている場合は連絡はいきません。

内緒でお金を借りたいと思う人が多いから連絡がいかないの?と疑問に思うかもしれませんがこれもちゃんとした理由の一つです。

たくさんある金融機関の中から選んでもらうには借りる側の要望を満たす必要がありますよね。そもそも審査はお金を返していける能力があるか調べるものなので第3者に知らせる必要はないわけです。

さらに、正規の金融業者であれば脅しや脅迫まがいの取り立てが来ないというのにも理由があります。

正規の金融業者とは、営業所などの所在地を管轄する財務局長か都道府県知事の登録を受けている業者です。そして、正規の金融業者か闇金業者か判断する方法は、金融庁が公開している登録貸金業者情報検索入力ページというホームページがあります。そこで登録番号や代表者名、電話番号などを入力して検索をすればどんな業者かすぐにわかります。

もちろん、上記で説明したように滞納をしていると連絡がいきます。連絡も取れない場合はバイト先に連絡がいったり、自宅に訪問されたりします。

しかし、法律で私生活や仕事の妨げになるような取り立ては禁止されています。

つまり、私生活が不安になるような脅しや脅迫は絶対にないと言えるわけです。

また、金融機関以外でもいえることですが会社はイメージを大切にします。イメージが悪くなればお客さんは減り、会社側の利益も大幅に減ってしまいます。

会社のイメージを大切にするためにも、借りた側の人が不安になるようなことはしないと言えます。

学生のみが申し込みができる、学生ローンの解説

学生ローンというものをご存知でしょうか?学生のみ専門にお金を貸している会社のことです。

名前だけを聞くと学費のみを対象にしてると思われますが、そういうわけではありません。

例えば資格の費用だったり、サークルの合宿だったりと学業から大きく離れていなければ問題ありません。

店舗名は「マルイ」「カレッジ」「ベル」など色々ありますが、場所はほとんど東京都の高田馬場です。都内に住んでいるのであれば直接店舗に行けますが、遠くて行けない場合は振り込み対応している店舗でネットや電話などで申し込みをする必要があります。

金利はほどんどの店舗で15%~17%ほどで、限度額は30万円~50万円となっています。

学生ローンの申し込みから返済まで

申し込みに必要な書類は学生証と免許証か保険証の2点です。振り込みで借り入れする場合は銀行のキャッシュカードと公共料金の請求書か領収書も必要になります。

学生ローンの審査で一番重要視されるのはお金を借りる理由です。上記で説明したように学業に関連する理由でなければお金を貸してもらえません。例えばギャンブルや遊びなどの理由だとほぼ確実といって良いほど審査に落ちます。

また、安定してお金を稼いでいなければ申し込みはできませんが審査時、バイト先に在籍確認をしないことが多いです。理由は限度額が少ないためだと思われます。

返済についてですが、学生ローンは支払日から数日まってくれるところが多いです。それ以上過ぎてしまうと送れた月のみ、通常の金利より少し高い利率で支払いが発生します。

また、あまりにも遅れると連絡がいくようですが事前に遅れるなど連絡を入れておくと学生ローン側からは連絡がいかないようです。

大学生でも申し込みができる、消費者金融と銀行カードローンの解説

大学生でも消費者金融、銀行からお金を借りることはできます。但し、店舗によっては20歳以上でなければ申し込みができません。

またバイトなどで安定した収入がなければほとんどの場合、審査に通りません。

大学生でもお金が借りられる店舗として、「プロミス」「アコム」「レイク」などがあります。消費者金融、銀行カードローンであれば自動契約機で申し込みが可能です。また、ネットだけで申し込みを済ませることもできます。そのため、本人確認で自宅に電話がいくことや書類が郵送されてくるということがありません。

しかし、バイト先にはほぼ確実に在籍確認がきます。もちろん金融機関を名乗らず、個人を名乗ったりするのでお金を借りようとしていることは分からないように在籍確認をします。

金利は4%~18%ほどで、限度額はだいたいの店舗が500万円となっています。

ここで注意してほしいことがあります。

初めて借り入れをした場合、金利は一番高いものになります。そして、限度額まで借りられることはほぼありません。

最低金利と限度額だけ見るととても魅力的に思えますが、惑わされないように注意してください。

消費者金融、銀行カードローンの申し込みから返済まで

申し込みに必要な書類は身分証明書(免許証や保険証)です。50万円~100万円以上借り入れする場合は収入証明書が必要となります。

書類記入から審査結果まで自動契約機でできます。数日待ったり、電話で結果を知らせたりや郵送で送られてくるということはありません。審査が通ればその場で借り入れをすることもできます。

返済についてですが、学生ローンとは違い支払日を過ぎた時点でその月は少し高い金利で返済をしなければなりません。また、消費者金融や銀行も返済が遅れると連絡がいくので注意してください。

消費者金融、銀行カードローンの書類記入、申し込み時の注意

書類を記入するとき、注意する点が2つあります。

1つ目はウソを書かないということです。審査は信用機関というところをつかって申し込みした人の信用情報を調べます。この時に事実と異なることを記入しているとたとえどんな事でもそれだけで信用できないとみなされ審査に落ちてしまいます。

信用情報とは、個人のクレジットやローンの契約、申し込みに関する情報と何日に借りた、返済したというような取引事実を登録した情報のことです。金融業者からお金の貸し借りを利用した情報のみであり、学歴や職歴、犯罪歴などは一切含まれません。

2つ目は記入漏れ、誤字をしないということです。記入する側としては記入漏れや誤字だったとしても、審査をする側としてはウソをついていると思われたりやましいことがあるのではと思われ審査に落ちてしまいます。申し込み書類はしっかりと、丁寧に記入するようにしましょう。

申し込みについても注意する点があります。

それは、審査に落ちたからといって短期間に何社も申し込みをすることです。審査の結果は信用情報に登録されます。つまりほかの金融機関で審査をするとき、他の金融機関で申し込みをしていることが分かってしまうということです。

他のところで審査が落ちたということは何か理由があるのではないか、と思われ審査に落ちることが多いです。一度審査に落ちてしまったら3か月~6か月ほど期間をあけて申し込みをするようにしましょう。

奨学金を借りていている人でも審査は大丈夫?

奨学金を借りて大学に通っている人もいると思われます。では奨学金を借りている状態で金融機関からお金を借りることはできるのでしょうか?答えは、できます。

奨学金を借りていても金融機関からお金を借りるときに影響は一切ありません。

なぜはっきりと言い切れるかというと信用情報に奨学金を借りたかどうかは記載されないからです。つまり、信用情報を見て審査をしている金融機関は奨学金を借りているかどうかはわからないということです。

しかし、返済を滞納していると信用情報に滞納したことが記録されるのでそこは期日通りしっかり返済するようにしましょう。

お金を借りること自体は悪いことではない?

最後にお金のイメージについてです。現在お金を借りようと迷っていけるけどお金を借りることは悪いことだからどうしよう。と考える人がいると思います。

確かに人前でお金の話をするというのはあまり良いイメージではないし、借金という言葉もよいイメージではありませんね。しかし、お金を借りるということは本当に悪いことなのでしょうか?

そもそも、借金が悪いというイメージは消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代が原因だと思われます。サラ金と呼ばれていた時代では誰でも簡単に多額の借金ができた時代でした。自分では返しきれないような金額を借りる人がたくさんいたようです。

その結果、返済ができない人たちが大量に自己破産や自殺をしたために借金することが悪いこと。となったようです。

サラ金や借金そのものが悪いと思う人は多いですが、返済がしっかりとできていれば自己破産や自殺をすることはなかったわけであって、借金が悪いというよりは返済をしない(できないほど借りてしまう)ことが悪いとは考えられないでしょうか。

つまり、しっかりと返済ができるのであればお金を借りること自体は何も問題はありませんし、使い方によっては自分にとってプラスになることだってあります。

また、金融機関もサラ金から消費者金融と名前を帰るだけでなく法律も施行され無理な借り入れができなくなっています。

お金を借りることによって得られる結果は自分次第で変わります。よく考えてから借り入れをするようにしましょう。

トピックス
ページトップへ