ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 本人確認をしない会社もある?カードローン審査の現状

本人確認をしない会社もある?カードローン審査の現状

カードローンを申し込んだ時に避けて通れないことといえば、本人確認(在籍確認)です。

本人確認をされることで、家族や職場に借金をしたことがバレてしまうと不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、最近は本人確認を行わないカードローン業者も徐々に出てきています。

誰にもバレずにお金を借りられたらいいなあ・・・。そんなあなたのために、カードローン審査の現状について分かりやすく解説します。

なぜ本人確認を行う必要があるのか?

消費者金融でも銀行でも、大半の業者は本人確認を行っていますが、できれば職場には電話をかけてほしくないという方は少なくありません。

そもそも、本人確認は一体何のために行われるのでしょうか?

申告内容が事実かどうかを確認する必要がある

業者が本人確認を行う理由は「申込者が実際にその会社に勤めているか確認するため」です。

カードローンの審査に必要な職業・年収・勤務先といった個人情報はあくまで自己申告です。そのため、審査で有利になるように申込者がわざと虚偽の情報を申告する可能性がないとは言い切れません。

本人確認を省いた場合、返済能力が全くない無職の人が会社員と偽っても審査に通ることになってしまいます。貸し付けたお金を踏み倒されることはカードローン業者にとって大きな損失です。

「安定した収入があること」は貸付の必須条件であり、業者が顧客に最も求めていることは「返済能力の有無」です。

よって、勤務実態・収入源・返済能力の有無を確認できなければ業者はお金を貸してくれません。既に退職した会社を勤務先として申告する人も稀にいるので、申込時の内容に虚偽申告がないことを証明するためにも、本人確認はやはり必要であると言えます。

本人確認も審査のうちに含まれるということを覚えておきましょう。

確認が取れないと正確な審査ができず、虚偽申告を疑われて信用性の低い人と判断されてしまいます。

本人確認はどうやって行われる?

カードローン業者が本人確認を行う理由についてはこれまでの説明でお分かり頂けたかと思います。

ここから先は、本人確認が実際にどういった方法で行われているかについて詳しく説明します。カードローンの利用が初めての方も、そうでない方も、ぜひ参考になさってください。

電話以外の方法による本人確認は例外的措置

本人確認は電話で行われるのが一般的です。電話は職場にかかってきますが、カードローン業者は申込者のプライバシーにきちんと配慮してくれるので、同僚や上司にバレてしまうことはほとんどありません。

申込者本人が電話に出た場合、以下のようなやり取りをします。

業者「私○○と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」

申込者「はい、私です」

業者によってはその場で住所や生年月日を聞いたり、申込の意思確認をするところもありますが、基本的にはたったこれだけのやり取りで終了です。電話をかけてきたのが消費者金融であれば担当者の個人名、銀行であれば特に要望がない限り銀行名を名乗ります。

たまたま外出していたり会社を休んでいたとしても、電話を取った人が「○○は外出しております」「○○は休暇を取っております」などと答えればやり取りは終了します。

本人が確実に会社に在籍していることが分かればよいので、電話に出られなくても問題はありません。

しかし、業者の担当者は申込者への配慮のため第三者には用件を話さないようにしているので、職場によっては個人名で電話がかかってくることを不審に思うかもしれません。

職場に電話をされるのがどうしても不安だという場合は申込時にその旨を伝えておくと、電話以外の方法で対応してくれることがあります。

電話以外の方法では、会社に在籍していることが分かる書類を提出することで本人確認の代わりとします。FAXやメールで提出すれば即日融資も可能です。必要となる書類は社員証・直近の給与明細・会社発行の健康保険証等ですが、どこの業者でも対応してくれるとは限らないので、必ず事前に相談しましょう。

ちなみに、申込者が専業主婦の場合は本人に直接電話をすることで確認を行い、夫の職場には基本的に連絡しません。専業主婦として生活できているということは、夫に安定した収入があるという証拠なので、あえて連絡をする必要がないのです。

ただし、申込書に記入ミスや不備が見つかった場合は夫宛に確認の電話が入ることがあるので注意しましょう。

本人確認なしで借り入れできるオススメカードローン

本人確認の方法が分かったところで、会社に電話をされたくない人のためのカードローンを紹介していきます。

条件付きで電話連絡を避けてくれるところもあるので、ご参考になさってください。

ネット申込やWEB完結手続きを活用しよう

各カードローンの詳細をまとめてみました。

商品名 金利 限度額 書類による本人確認の可否
モビット 3.0~18.0% 800万円
セブン銀行ローンサービス 15.0% 50万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円 △(相談が必要)
アイフル 4.5~18.0% 500万円 △(相談が必要)
バンクイック 1.8~14.6% 500万円 △(申込時の状況による)

モビットはWEB完結申込を利用すると電話連絡なしで借入ができます。ただし、申込には三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。すでに口座がある場合は30分ほどで手続きが完了します。

セブン銀行ローンサービスは「原則としてご連絡することはありません。」と公式サイトに記載されています。限度額は低いですが、最短10分で審査が完了するので、急な出費で少しだけ借りたい時に便利です。セブン銀行の口座がなくても、口座開設と同時に申込ができます。

プロミスとアイフルは申込時か申込完了後すぐに相談すれば電話を避けてくれることがあります。しかし、この2社は原則として電話連絡が必須であり、対応してもらえない可能性も高いので注意が必要です。

バンクイックは「勤務先の確認や、申込内容に間違いがないかなどを確認するために、ご自宅および勤務先へ連絡する場合があります。」としています。どのような場合に連絡があるかまでは分かりませんが、少額の借入れで尚且つ他社からの借入がない状態であれば、電話連絡をしないケースが多いようです。

業者の指定口座を保有している、そうでない場合は開設しなければならないといった条件はあるものの、電話連絡なしで借入できるカードローンは確かに存在します。確実に電話を避けたいのであれば、モビットかセブン銀行ローンサービスを利用するとよいでしょう。

誰にもバレずにお金を借りることは可能です

最後に、おさらいとまとめをします。

カードローン業者は虚偽申告の有無を確認するために申込者の職場に電話連絡をします。

きちんと返済をしてくれるかどうかは業者にとって非常に重要なポイントなので、勤務実態と収入源があることを確認できない人にお金を貸すわけにはいかないのです。

電話による本人確認に抵抗を感じてしまう方はとりあえず一度業者に相談してみましょう。在籍が証明できる書類の提出を電話の代替手段として認めてもらえることがあります。

業者から職場へ電話がかかってくることに関しては必要以上に神経質にならなくとも大丈夫です。

数は少ないですが、電話連絡自体をしないカードローンもあるのでぜひ利用を検討してみてください。

トピックス
ページトップへ