ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > クチコミ情報でじぶんも審査通過と確信?そんなに審査は甘くない!

クチコミ情報でじぶんも審査通過と確信?そんなに審査は甘くない!

インターネットの普及が進みクチコミ情報もネット上に多数書き込まれて、読むだけでも楽しいですが、ローン申込みの検討時などに審査の難易度などの情報が大変役に立つと言われる場合が有ります。

しかし確かに大量の情報があり経験者の話も読めますが、ネット上の情報は偽情報も多数含まれており、そう簡単に信用はできません。

ローンの審査は誰であろうと同じ審査基準で判断されますから平等ですが、申込者の状況はそれぞれに異なっています。このため状況の異なる人は同じ審査を受けても審査に通る場合も有れば、通らない場合も出てきます。

ですからクチコミ情報で審査が緩いという話があったとしても、その人自身には甘く感じられたかもしれませんが、それが自分に当て嵌まると考えるのは早計です。

クチコミで有用な情報を探す?本当に信頼してよいのだろうか

クチコミと言えばかつては本当に口伝えで伝わってくる情報でしたが、最近ではインターネットが普及したことから口伝えでなくても様々な情報が伝わってくるようになりました。

ところが大変便利な情報源になり得るこのクチコミ情報ですが、インターネット上の情報というものはすべてが事実というわけではありません。騙そうという人も大勢いるのです。

また情報が多すぎる為、接することができる情報は限られてしまい、真実を見落としてしまう可能性も大いにあります。

こういった状況でクチコミ情報を信頼しても良いのか考えて見ることにしましょう。

クチコミ情報とはどんな情報を指すのか

クチコミ情報と言ってもインターネットを利用していない人の場合は、やはり隣近所や知り合いなどを通じて受け取る情報を指しますが、それではごく限られた範囲の情報しか流れてきません。

しかしインターネットが根付いてしまった今、実際に口から出た言葉を直接耳で聞くような従来のクチコミではなく、ネット上のSNSや掲示板などを通じて発信される、新しい形のクチコミに進化しました。

こういった形式で発信された情報には、それこそありとあらゆる情報が含まれています。

何かを選ぼうという場合にはそれについての誰かの経験談があれば、何も情報が無い状態で選ぶよりもずっと良いものが選べそうに思え、こういった情報の利用者は今後も増加していくでしょう。

こういった情報は物に関してだけではありません。カードローンを選ぶ際にも、審査の厳しさや、使い勝手などを体験を交えて説明している情報があふれています。

ここで取り上げるクチコミ情報も、こういったネット上にあふれる一般から投稿される体験に基づいた情報を指します。

クチコミ情報は悪用されてもわからない

このように一見参考になり便利そうに見えるクチコミ情報ですが、インターネットに多少詳しい人は、別の見方をするのが普通です。

インターネット上の情報には次の3つの情報が含まれています。

  • 真実の情報
  • 架空の情報
  • 悪意の情報

真実の情報とはここで言う実際に体験した体験談などを指します。架空の情報とは空想上の情報でいかにも体験したような話をでっちあげたものです。

悪意の情報とは、利用者をだます情報で、これを読む利用者を特定のホームページに誘導したり、さらに悪い場合には嘘の情報を流して利用者に不利益をもたらしたりします。

例えば悪徳金融業者があたかも自分のところの評判が良くなるように、多数の情報を流しているかもしれないのです。

クチコミ情報もインターネット上にある情報ですからには、これらの3つの情報が入り乱れていると考えなければなりません。

このためインターネットに多少とも詳しくなってくると、そう簡単に情報が信じられなくなって、すべの情報を一度は疑ってみるようになります。

クチコミ情報の氾濫多すぎるための大きな問題

またクチコミ情報にはもう一つ大きな問題が有ります。それは情報が多すぎることから生じます。

情報が多すぎることによって、利用者はすべての関連情報に目を通すことはできません。したがってどうしても拾い読みにならざるを得ないのです。

そこでAという銀行のカードローンの審査についてのクチコミ情報を読むことを考えてみましょう。利用者はできればそのカードローンを利用したいと思っていると仮定します。

通常クチコミ情報には肯定的な意見がある一方否定的な意見も同じくらい掲載されているものです。ここで言えばA銀行のカードローンの審査は緩いという意見と、厳しいという意見が入り混じっているわけです。

さて利用者がこれらのクチコミ情報を読んだらどうなるでしょう。多くの人の場合、自分に都合のよい審査が緩いという情報に強い印象を受けます。

情報が多数ありますから、審査が緩いという情報ばかりを選んで読み、このカードローンの審査は緩いようだと判断してしまうかもしれません。要するに知らず知らず都合の悪い情報を排除してしまう訳です。

情報の数が少なければ、否定的な意見にも目が留まらざるを得ませんが、情報の多すぎることがわざわいして、自分に都合のよい解釈になってしまうというわけです。

機械的な処理はできませんから、こういう点を考慮すると、クチコミ情報の利用には十分注意が必要だという事が分ると思います。

審査は誰に対しても公平に行われる!審査の内容を理解しよう

ローンの審査は各金融機関が持っている審査基準で行われますが、これは誰に対しても同じ基準が用いられ大変公平なものと言えるでしょう。

そこで改めて審査が厳しいとか審査が緩いとはどういう意味なのかを考えてみると、たぶんにローン利用者の主観によるところが多く、基準のようなものが有るわけではありません。

考えてみれば審査についてのクチコミ情報もこういった理由で主観に頼っているのです。

そこでまずここでは審査では何が行われているのかについて理解しておくことにしましょう。

審査は金融機関の審査基準によって行われる

ある金融機関のカードローンの審査についてのクチコミ情報には必ず、審査は緩いという情報と厳しいという情報が有ります。では利用者によって審査の内容が違うのかと考えてしまうことも有りますが、もちろんそんなことは有りません。

審査はそのカードローンを提供している金融機関かあるいはその金融機関が信用保証業務を委託している保証会社がそれぞれ作り上げた審査基準によって行われます。

この基準が2重基準だったり3重基準だったりすることは絶対にありません。そういう意味で金融機関の審査というのは誰に対しても公平な内容で行われます。

審査が厳しいとか緩いとはどういう意味なのか

ではそもそも審査が厳しいとか緩いというのはどういう状態なのでしょうか。一般的な話で言えば審査が厳しいというのは、審査通過が難しく否決になる人が多い状態、緩いというのは否決になる人が少ない状態を言います。

これらは多くの事例を統計的な意味合いで解釈するもので、1つや2つの例で判定できるものではないことが分ると思います。

ではクチコミ情報で言う厳しいとか緩いについて考えてみましょう。この場合の厳しいはクチコミ情報の投稿者がカードローンの審査に否決されたかあるいは身近な人が否決になった経験がある場合だと考えられます。

逆に審査が甘いという場合は、自分が審査に通過したか身近の人間が通過した経験がある場合でしょう。

つまり、この話は全く統計的な意味合いを持たず、自分の経験談で語られるわけです。

このようにクチコミ情報は一般的な解釈とは意味合いが違っていることを認識しておかなければなりません。

このあたりがうまく整理できず、どちらも同じ意味があると考える人が多いため、クチコミ情報を妄信してしまう人も出てくる事に繋がっています。

審査の内容を理解しておこう

ここで審査というものは何が行われているのかについて調べておきましょう。

先ほど説明したように審査は各金融機関の審査基準で行われます。細かい部分は各社各様だと考えられますが、基本的な部分については次の3つの確認が行われます。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者には返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

審査が厳しいとか緩いという場合、例えば返済能力の基準が高額な設定になっているのかあるいは比較的定額に設定されているのかで違いが出てきます。また信用については、過去の何を問題視するかによって違ってきます。

このためカードローン間で審査の厳しさには違いが出ることは間違いありません。ただし、同じカードローンの場合には、こういった違いはありませんから、問われる返済能力とか信用は申込者で違いがあるわけではありません。

さてそこで思い出してください。クチコミ情報には同じカードローンでも審査が厳しいという意見と緩いという意見があるのです。なぜこのような違いが出てくるのでしょうか。次節で考えてみることにしましょう。

申込者の状況はそれぞれ異なる!審査との相性は違ってくる

審査基準が平等に適用されるにしても、適用される利用者の方の状況というものは一人一人異なっているのが普通です。

クチコミ情報が事実を伝えているとしても、その情報は情報提供者のものであり、その人の置かれている状況というものは、決して申込者である自分と同じではないのです。

同じ状況ではない人が、それぞれ同じ内容の審査を受けることを考えてみましょう。同じ結果になると考えられるでしょうか。

クチコミ情報を信じたい気持ちはわかりますが、意に反する結果になる可能性もないとは言えません。

クチコミ情報が本当でも情報提供者と自分の状況は異なっている

ではなぜ同じ審査が行われているのにクチコミ情報に正反対の意見が書き込まれるのか考えていくことにしましょう。

考えなければならないのはカードローンの利用者の方です。利用者はそれぞれ置かれている状況が違います。

例えば年収が同じ程度であっても、会社員のように月々収入が安定している人と自営業者のように安定性が低い人はまったく状況が違います。

また同じ会社員でも正社員と派遣社員ではやはり収入の安定性の点で違いが有りますし、パートということになると安定性に加えて収入総額でも大きな違いが出てきます。

このように、カードローン申込者がみんなそろって同じ状況という事は考えられません。

異なった状況で審査が行われても同じ結果になるとは限らない

金融機関の審査での返済能力の算定では、こういった利用者それぞれの状況に応じた計算をすることになります。このため年収が同じような人が何人か集まったとしても、返済能力はそれぞれ異なる筈です。

また信用も、置かれた状況と、利用者の過去の金融取引の状況が考慮されますから、全く同じということは有り得ず、それぞれ別の判断結果になると考えられます。

つまり年収が同じ程度でも異なった状況に置かれた利用者が同じカードローンに申し込んで同じ審査を受けたとしても、同じ結果になるとは限らず、どちらかが通過して、どちらかが否決になる可能性があるのです。

この点で、例えば身近な人が審査に通過したことで自分も通過できなどと考えてはいけないことが分ると思います。

クチコミ情報提供者には甘く自分には厳しい結果になる事もある

さてそこでクチコミ情報を考えてみましょう。クチコミ情報が架空の話や悪意のある話ではなく実体験の話だと仮定します。

もしクチコミ情報が審査が緩いという情報であったとすると、その情報提供者はその審査を実際に通過したか隣人が通過したという事になります。

それを読んで通過しやすいと判断した自分もそのカードローンを申し込んだ場合を考えてみてください。

先ほど説明したように人はそれぞれ置かれた状況が異なっているのが普通です。したがって自分の状況と情報提供者の状況というのは異なっていると考えて間違いありません。

そうすると先ほどの話から、自分も審査が緩くなるだろうという事はまったく保証できないという事になります。

ここで重要なのはクチコミ情報が間違っていたわけではないという事です。つまりクチコミ情報が正しいからと言って、それが自分にも当てはまるなどという事は、全く言えないという事なのです。

最近クチコミ情報を利用する人が増えていますが、ここで説明したような理由でクチコミ情報とは違った結果になってしまったという人もやはり増加しているのです。

クチコミ情報は実体験者の話を聞ける貴重な情報ですが、利用するにはちょっとリスクの高い情報であることも確かで、取り扱いには十分注意が必要だと言えるでしょう。

クチコミ情報をどのように利用すべきか!信用しすぎはいけない

ではクチコミ情報というものをどのように利用して行けばよいのでしょうか。

最初でも言った通り、クチコミ情報には事実を述べ有効な情報も多数ありますが、意味のない情報や悪意の情報も多数存在している現状では、自分の意思決定に利用するのはお勧めできません。

ただクチコミ情報があまりにも否定的な意見ばかりの場合には、何か重大な問題がある場合が有るので、そういったローンには近づかないようにした方が賢明です。

もしクチコミ情報を信じて利用する場合には、自己責任という事を忘れないようにしましょう。

クチコミ情報は玉石混交!参考レベルの利用に止める

玉石混交という言葉が有ります、良いものも悪いものも一緒になって混じり合っている状態を指しますが、インターネット上の情報というのはまさにこのような状態です。

このためクチコミ情報もこの玉石混交の状態なのです。有用な情報が眠っているのは確かなのですが、それを見きわわめることは極めて難しい状態です。

そこでこのクチコミ情報をどのように利用すべきかを考えてみましょう。

先ほど説明したように統計的にこの審査は厳しいとか緩いという事は言えます。そこでクチコミ情報も各々の意見を判断基準に使うのではなく、数多くの情報の全体的な傾向を読み取って、判断の参考に利用するのであれば有効でしょう。

ただし、自分の考えに近い意見だけを恣意的に拾い集めては意味が有りませんので、あくまで全体的な傾向が分る場合に限ります。要するに参考レベルの利用に止めるということです。

クチコミ情報が否定的な情報ばかりのときは近づいてはいけない

ただし、クチコミ情報が顕著な傾向を示している場合には注意が必要です。例えばカードローンの審査について緩いとする情報ばかりが書かれている場合、それは情報を捻じ曲げる悪意の書き込みの可能性が有ります。

クチコミ情報というのはだいたい対立する意見が双方多数投稿されるものです。良い意見ばかりが目につくのは不自然なのです。

もっと注意が必要なのは否定的な意見ばかりが目立つ場合です。この場合ライバル会社の嫌がらせという場合も有りますが、大きな問題がある可能性も否定できません。こういう場合は近づかないことが一番です。

どうしてもそこのカードローンを利用したいという場合にはクチコミ情報ではなく、もっと別の角度から確かな情報を集め、問題が無いことを確認したのち再度利用を考えるようにしましょう。

クチコミ情報を信用する場合にはあくまで自己責任で

利用者の中には自分はクチコミ情報に精通しているので信用できる情報の見分けは付くと考えている人もいるようです。このため重要な判断を下す際にクチコミ情報を信用することも有ります。

しかし思惑が外れて当初の目的を達成できな場合も必ずあるもので、そういう場合クチコミ情報をやり玉に挙げて非難する人もいます。まあ誰が情報提供者かわからないので後の祭りですが。

ここでの例で言えば審査が緩いと言われるカードローンに申し込んだが、審査が否決になってしまって審査が緩いと情報を流した情報提供者に怒っているという状況です。

しかしインターネットというのはそういうものではありません。ネット上の情報を利用するかしないかという判断は自分の責任で行うものです。要するにすべて自己責任の世界なのです。

クチコミ情報を信じたのは自分であり、たとえそれで大きな問題が生じたとしても責任はすべて自分にあるという事をよく肝に銘じておかなければなりません。

ここでローンの審査に対するクチコミ情報をじぶんが利用するときの注意について纏めておきます。

  • クチコミ情報は信頼性に問題がある
  • カードローン審査は誰に対しても公平に行われる
  • 申込者の状況により審査結果は違いクチコミ情報提供者とは違う結果になる可能性が高い
  • クチコミ情報の利用はあくまで自己責任である

クチコミ情報を利用する場合にはよく注意して、自分の考えをもとにカードローンを選んでください。

トピックス
ページトップへ