ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 会社に電話がかかってくるの!?ローン審査の在籍確認について

会社に電話がかかってくるの!?ローン審査の在籍確認について

ローンを組むとなると、借りたいと言っただけですぐ貸してもらえるわけではありません。審査を受ける必要があるのです。その審査にも色々と手順があり、中には『在籍確認』というものもあります。

しかし、在籍確認とは一体どういったものなのかわからない方も多いかと思います。そこで今回は、どういったものなのか、決まって行われるものなのかについて探ってみたいと思います。

それは確実?在籍確認は行われることが基本と心得よう

在籍確認は必ず行われるのか、そしてどういった方法で行われるのかといった点について探ってみましょう。

在籍確認はどの様に行われるの?

カードローンの申込みを行うと、自身の勤務先に申込んだ業者の担当者から電話がかかってきます。これが在籍確認と言います。

この在籍確認は、必ず行われることになっているのです。

大方の業者では、銀行や消費者金融に関係なく審査の段階で勤務先への確認がなされるのです。在籍確認が行われている理由は、申込みの際に申告した勤務先に実際に勤めているのかと言う点を確認するためです。

ただ、本当は勤めていない会社を申告する人や以前に退職している会社を申告する方も中にはいますが、そうなると正しく審査を行うことができませんし、通過できなくなりますので、正確な情報を申告することが大事です。

そういったこともあるために、勤務先に確認をする必要があるということです。

会社にバレちゃう?業者名で電話がかかってくるのか

消費者金融が在籍確認をする場合には、業者名ではなく担当者の個人名でかけてくるでしょう。

もし業者名を名乗ったりすると、すぐに消費者金融からの電話であるとわかってしまいますし、そうなると借金をするのだという事もわかることが考えられるからです。そういった点にも配慮し、担当者の方の名前で『~と申しますが』という言い方でかけてくるのが通常です。

一方で銀行の場合であれば、申込み者が希望しなければ銀行名でかかってくるでしょう。銀行であればカードローンだけではなく預金や保険などといった商品も扱っているため、銀行から電話がかかってきたからと言って、借金と結び付けて考えられることもあまりないということが理由です。

それでも、前述のように希望すれば個人名でかけてもらうことも可能ですので、申込みをする際に個人名でかけえもらうように依頼しましょう。

嘘の業者名は名乗れないので注意!

申込む方の中には、『~と名乗ってほしい』と業者に頼むケースがあります。これは、まさしく嘘をつくことになりますが、この要望に応えることは、業者はできないのです。

嘘の業者名などを名乗ることは法律でも禁止されているからです。

ただ、消費者金融でも、親会社が大手であれば親会社の名前を名乗ることは可能なケースがあるということです。

在籍確認での応対にも色々あるから覚えておこう!

在籍確認で申込み者の勤務先に電話をしたとしても、本人がいるかはわかりませんし、電話を受けた人の応対の仕方によって在籍確認の担当者の応対も変わってくるのです。

本人がいたならフルネームが確認できたら終了!

在籍確認をする際の応答についてですが、本人が電話に出る場合もあるでしょう。その時には、『もしもし、私○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますでしょうか』などといった具合にかけます。

そして電話をかわってもらい、フルネームを確認するということが行われます。そして、正しいと判断された場合には、在籍確認は完了します。消費者金融ではこれで終わりと言うこともありますが、業者によっては生年月日まで尋ねることがあります。

もし『休んでいる』と答えられた場合にはどうする?

もしかしたら、タイミングによっては本人がいない場合もあります。そういったケースでは電話を受けた職員の方の答え方次第で詳しい事を聞かれる可能性もないとはいえないでしょう。

営業などで外出している場合や、その日がたまたま本人の休日であったなら問題はありません。しかし、退職をしてしまった後であったり休職をしているのであれば融資をしてもらうことはできなくなるという理由があるからです。

『今はいません』と会社の職員に答えられたとします。この場合には、在籍確認の担当をしている側はどういう状況であるのかがわかりません。これではどういった意味で『いないのか』ということが推し量れないでしょう。

そこで、在籍確認担当者は営業か何かで外に出ていていないのかなど、具体的な理由を聞くことになります。

その際に明確な理由を会社の職員に答えてもらうことができれば、その時点で確認は終了します。もし『休んでいる』と答えられた場合には、通常の休日であるのか休職をしているのかがわかりません。

よって、続いては『次に出勤をするのはいつか』と尋ねることになります。そして、勤務先の職員は『明日です』などと答えると、そこで休日であることがわかりますので、在籍確認は終了します。

しつこく用件を聞かれたとしても決して話さないのが鉄則!

ただ、勤務先の職員が不審に思ってしまいどういった要件で電話をかけてきたのかを聞いてくることがないとは言い切れないでしょう。もしかしたら、しつこく用件を聞かれることもあるかもしれません。

そういった時には、上手く交わすようにして、用件は話さないようにしているので、申込み者の方は安心できるでしょう。

こういう手も!書類送付で在籍確認ができるケースもある

在籍確認は、電話で行われることも多いですが、方法はそれだけではなく、書類送付でも行うことができるのです。

書類を写真に撮りメール送信するだけの簡単確認!

在籍確認は、業者によっては書類の送付でも受け付けている場合があります。この場合には、勤務先の会社の社員証や健康保険証、そして給与明細など、現在この会社に勤務していることが証明できる書類を用意することで、大手の消費者金融の一部などでは在籍確認となるケースもあるのです。

送付する書類もFAXをする必要はなく、写真として撮影してメールで送信するだけといった手軽さがあるので便利です。

文字が鮮明に読める状態でなくてはダメ!

在籍確認のために書類を送るなら、その書類の文字がはっきりと読める状態でなければ書類の意味をなさないでしょう。

なので、書類の撮影をする際にはきちんと文字にピントを合わせて撮ることを心がけることが大事です。もし文字が読みにくい状態で送ると、もう一度撮りなおして再送付しなければなくなることも考えられます。

そうなれば手間と時間がかかってしまいます。そういったことのないように、最初からきちんと撮るようにしましょう。この方法で在籍確認をしてもらうことができれば、自身の会社に知られてしまうことは避けられるということです。

書類で在籍確認できるなら土日でも審査が可能!

もし書類で在籍確認ができるとしたら、土日などの休日でも審査を受けることができ、即日融資も叶えられるでしょう。カードローンは、在籍確認がされることで審査も完了となります。

即日融資が可能となっている業者でも、申込み者の会社が休日であり電話ができない場合には、即日融資はできないということです。しかし、書類によって在籍確認をしてもらえるなら、会社が営業していない時間帯や休日であっても審査をしてもらうことができるでしょう。

書類での在籍確認には、こうしたメリットもあるのです。

ローンを利用するためには必要!在籍確認も大事な審査

在籍確認は、カードローンを利用するためには必要な審査の一環です。電話を申込み者の勤務先にかけてくることが一般的ですが、その勤務先に申込み者が実際に勤務していることが把握できることが目的となっています。

在籍確認の方法は、電話以外にも書類の送付でも受け付けている業者も中にはあり、便利となっています。

トピックス
ページトップへ