ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 銀行カードローンの審査に落ちた!まず通らない理由を見つけよう

銀行カードローンの審査に落ちた!まず通らない理由を見つけよう

銀行のカードローンの利用者は増加傾向にありますが、審査で落とされる人も同時に増えています。もし落とされてしまうと慌ててすぐに別を申込もうとする人がいますが、同じように落とされてしまいます。

そこで必要なのは、自分がなぜ落とされたのか理由を探ることです。そしてこれには大きく分けて2種類の理由が存在します。

まず1つ目は返済能力に問題がある場合で、返済に疑問が有れば銀行も貸したくないという事です。

もう一つは信用力に問題がある場合で、信用できない人には誰も貸さないのは当たり前です。

理由を分析したら、それに対する対策を考え、次のカードローンの申込みはこの対策が終わった後にしてください。

即再申込みはNG!申込ブラックに気をつけよう

借りるはずのカードローンの審査に落とされたら誰でも慌ててしまいますが、慌てたところで、すぐに他を申し込んでも申込ブラックという状態になっているのでまた落とされるのが落ちです。

ここで必要なのは、落ち着いてなぜ自分は審査に落とされてしまったのかを考えることです。これが分らないと申込ブラックの期間が明けてもまた審査に落ちる可能性が有ります。

そこでどのように理由を探っていけばよいのか考えていくことにしましょう。

落とされた直後に新たなカードローンに申込んでもまた落とされる

カードローンを申込むという事は何らかの理由でお金が必要だからというのが普通です。その申込みで審査に落とされてしまったら、誰でもびっくりして動転してしまうでしょう。

そこで次にとる行動はと言えば、すぐに別の銀行のカードローンを選んで再度申し込もうとすることです。しかし、残念ながらこれも審査落ちの運命にあります。

これは申込ブラックという状態になってしまっている為です。ブラックについては後で詳細を説明しますが、どの金融機関でも融資を断られる状態のことを指します。

ブラックかどうかの判断は信用情報という銀行間で共有される利用者情報の記載により行われます。

この信用情報の中にカードローンの申込みが行われるとその情報が6か月を超えない範囲で記載され、この記載があるとき申込ブラックという状態になるのです。

なぜ申込んだだけでブラックになってしまうのかと言うと短期間に何度も申込みが繰り返された場合、銀行の判断としてはかなりお金に困った状態であるという事になるのです。

このためこういった人にお金を貸すと、返してもらえるかどうかわからないという判断になり、審査に落とす訳です。

したがって一度審査に落ちた直後に、別のカードローンを申込んでも信用情報にこの記載がある間は、審査には通らないのです。

必要なのは落ち着いて落とされた理由を考える事

このため、再度申し込めるようになるまでにはしばらく時間がかかります。

そこでそれまでの間に落ち着いてなぜ自分は審査に落とされてしまったのかを考える事が重要です。

審査では各銀行あるいはその委託先の保証会社がそれぞれ審査基準を持っていて詳細な審査を行うわけですが、この審査の内容は大まかに言うと次の3点です。

  • 申込者が本人に間違いないか
  • 申込者には返済能力が有るか
  • 申込者は信用できるか

もし他人に成りすまして申込んで落とされたというなら、それは自業自得です。二度とやってはいけませんし、今後信用してもらえないでしょう。これは論外です。

そこで残った返済能力あるいは信用力の審査での問題が、審査に落ちる原因と考えられます。

これらの中にどのような問題が潜んでいるのかをさぐって、落とされた理由を明らかにする必要が有ります。

一人では十分な検討は難しい

落とされた理由を考える際、普通は自分だけで思い悩むのですが、それでは不十分です。自分だけで考えるとどうしても考え方が偏ってしまい、問題を見逃すことも有りがちです。

そこで身近にいる家族とか、友人に一緒に検討してもらい、いろいろな角度から検討できるようにして下さい。

もしそういう人がいなかったり、内緒にしておきたいという場合には、同じ検討を2度3度と少し時間をおいてやりなおすとか、自分なりに工夫して客観性を確保することが大切です。

返済能力はあるのか?収入と支出及び他からの借入れを確認する

まず考えなければいけないのが返済能力です。銀行は収入から様々な要因を考慮した数式で計算しているようですが、自分で考える場合には収入だけではなく収支で考えることが重要です。

またもし現在他社からの借り入れが有れば、それだけで返済能力の足を引っ張ることになりますから要注意です。

さらに自分の返済能力に見合っていないあまりに大きな融資希望額を望むのも良くありません。銀行に悪い印象を与えることになってしまいます。

収入の安定性を考えてみよう

まずどういったローンであっても返済する上で重要なのは収入の安定性です。

申込条件にも必ずと言って良いほど安定収入が明記されています。したがって収入が安定していない職種である、パート、長期アルバイト、自営業などは審査では不利になります。

こういった職種の場合申込みに際して、年収の証明書類だけでなく、自分の収入の安定性を示すために2か月分程度の収入を証明する書類を添付すると良い場合が有ります。

また短期アルバイトでは通常日給のため月々の収入という概念が無く審査通過は大変厳しくなりますし、水商売の場合、雇用先の安定性にも疑問符が付き、まず審査は通りません。

ただし、安定しているだけでもダメで、やはり年収としてある程度以上の金額は必要です。以前は200万円の壁というものが存在すると言われ、200万円を下回る年収では審査は通らないとされていました。

しかし現在ではデフレが進んで、この200万円の壁は無くなったと考えられますが、各銀行とも最低ラインは存在するものと思われます。

以下は収入が比較的安定していて一定以上の金額に達しているものとして話を進めます。

返済能力は収入ではなく収支で考える

返済能力と言えば収入額と考える人も多いと思いますが、そうではありません。収入から様々な要因が差し引かれ、申込者が実際に月々どの程度の返済が行えるのかが返済能力という事になります。

しかし金融機関がどのように計算するかは分りませんから、ここは自分自身で計算するしかありません。難しそうですが、実は極シンプルです。

自分に返済額が捻出できるかどうかが分ればよいのですから、次の式で示すような月々の収入額から、月々の支出額を差し引いた額である収支額が自分のギリギリの返済能力という事になります。

月々の収支額 = 月々の収入額 - 月々の支出額

この月々の収支額とカードローンの月々の返済額の間に次の関係が成り立っていれば返済能力ありということになります。

月々の収支額 ≧ カードローンの月々の返済額

月々いくらくらい支出しているかわからないという人もいるかと思いますが、それならまず1月分家計簿や小遣い帳をつけて自分の返済能力を計算してみてください。

簡単に言えば、たとえ月100万円の収入が有っても、支出が100万円以上であれば、返済能力など無いということです。

他社からの借り入れは銀行には歓迎されない

私には十分返済能力はありそうなのに、審査に落とされてしまったという場合は、他に原因があると考えなければなりません。

最近多くなりつつある原因としては、他社からの借入れが存在するという場合です。

銀行は他社からの借り入れを大変嫌います。

理由は借入れが有れば返済が有り、その分返済能力を削いでしまうからです。こういう場合銀行によって対応に違いが有ります。一部では2件目でもうダメな場合があるかと思えば、3件目程度までは許容する場合も有ります。

自分は確かに他社のカードローンを契約しているが、利用していないから大丈夫だろうという考えも甘いと言えます。

カードローンはいつでも借入れできるから、その使い勝手の良さによって利用者が増えていることを思い出してください。

銀行にしてみればいつ利用されるかわからない訳ですから、契約が有れば常に利用しているものとして返済能力を計算することになるので十分注意が必要なのです。

借入希望額はあまり高望みしてはいけない

もう一つ付け加えておきますと、申込みに際して借入希望額を書きますが、あまりにも現実離れした金額を書くのはお勧めできません。

これが理由で審査に落とすという事はあまり有りませんが、審査で不信を抱かれる可能性はあります。

銀行側では審査で現実に即した利用限度額を設定しますが、最初は信用は小さく、利用限度額も極少額です。大きな金額が利用できるのは長くお付き合いを続けて信用を高めてからという事になります。

自分には信用が有るのか?過去を振り返って確認する

次の問題は自分の信用力です。自分がお金を貸す場合、信用できない人には貸さないでしょうから、それを想像すれば分り易いでしょう。

銀行は利用者の金融取引情報を共有していますので、過去の情報はよく把握しています。とても隠しておくことはできません。

そこで信用力を考える場合には、これまで様々な金融取引において何か問題が生じたことが無いかを確認することが必要です。

この信用力に目を瞑って返済能力さえあれば融資するという消費者金融が有りますが、信用力に問題を抱える場合、返済途中にまた同じ問題を起こす可能性もあり利用はお勧めできません。

銀行は申込者の過去の情報を把握している

先ほど信用情報の話をしましたが、信用情報の中には何もローンの申込み情報だけが入っているわけではありません。利用しているローンの情報の他、月々支払っている電気料金や電話料金などの各種の支払い状況も格納されています。

こういった信用情報は銀行業界だけではなく、消費者金融業界やクレジットカード業界など金融各業界で管理されています。

通常はそれぞれ独立して運営されていますが、金融機関にとって都合の悪い情報である金融事故情報などは業界間でも共有されます。

ただしこれ等の情報にはそれぞれ掲載期間が決まっており、設定された期間が経過すれば削除されます。しかし逆に言えばこの期間中は銀行は利用者の過去の情報をしっかり把握できるという事です。

自分では忘れてしまいたい情報も相手は持っているという事を忘れない様にしなければならないのです。

過去に遡って金融事故に関連していないか確認してみよう

そこで審査に落とされた理由を把握するためには過去に遡ってこういった金融機関が嫌がる金融事故を起こしていないか思い出さなければなりません。

金融事故に該当する項目と、それぞれの信用情報への掲載期間を次に示します。

金融事故に該当する項目 信用情報への掲載期間
各種ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローン申込み 6か月を超えない期間

ローンの申込みについては先ほど説明したように申込ブラックと言われる状態で、その他のものは金融ブラックと言われてる状態です。

そこで自分がこういった状況になっている可能性が無いか調べる必要が有ります。情報掲載期間は決まっていますから、それぞれの期間中にそういった金融事故を起こしていないかよく思い出してみてください。

ローンの滞納や債務整理をすればさすがに忘れないでしょうが、各種支払いについては忘れてしまう人も多いと思います。領収書や家計簿など過去に遡ってしっかり調べてみましょう。

消費者金融には貸してくれるところもあるがお勧めできない

こういったブラックに陥ってしまうと、その掲載期間中は借入れができないというのがこれまでの常識でした。

しかし、銀行のカードローン参入で利用者が銀行に流れてしまった消費者金融では、利用者を確保するためブラック対応という方針を打ち出すところが現れてきました。

こういった消費者金融は信用情報に問題が有って通常なら信用力不足で審査に落とす人でも、返済能力が伴っていれば貸すという業者です。

ある意味これで助かる人もいるかもしれませんが、やはり審査に落とされたという事は何らかの理由で返済に不安があるということですから、それを無視して借入れしても返済で行き詰る可能性が有ります。

そういったことを考慮すると、安易に借入れすることには問題があるため、こういった業者の利用はあまりお勧めできるものではありません。

理由に対する対策が重要!終わらないうちは申込んではいけない!

審査落ちの理由を考える場合には、まず最初に当面借入れしないで済む方法を考えてみてください。何らかの問題があったとしても借入れしなければ、影響しないはずです。その間理由の分析を進めましょう。

ただし落とされた理由の分析が出来たとしても、それだけでは問題は解決しません。理由が分ったら次にその対策を考えてください。

返済能力あるいは信用力に潜んでいた問題点の対策ができて初めて、次の借入の検討ができるようになるのです。

まず借入れしない方法を考える

説明してきたように審査落ちした場合、当面申込ブラックになりますから、お金を借りることができません。

借入れを申込もうとしたわけですから、お金が必要だったはずですので、まず考えなけれならないのは、借り入れしないで済ませる方法です。

当面なんとか遣り繰りして凌ぐしかない訳ですが、その場合、家計簿などを見て、不要不急の支出を減らすことや、趣味を暫く控えたり、レジャーを中止するなどの対応が考えられます。

また生活費が足りない場合には、生活全般を見直して生活レベルを落とすなど、よく考えて、お金を使わない方法を実践するようにして下さい。

もしこれができれば、そもそも借入れ自体が要らなくなるかもしれないので、じっくり検討してみてください。

落とされた理由の分析だけではなく対策も必要

こうしておけば、いずれ借入れが必要になるにしても、しばらくの時間は取れます。その間にここまで説明した落とされた理由の分析を行いましょう。

中には理由がわかったから早く借りたいという人もいるかもしれませんが、理由がわかっただけでは、以前と何ら変わらないという事を思い出しましょう。

落とされた理由はそれに対する対策を実施しなければ無くなりません。

理由を分析したら、次はその対策を練りましょう。

他社からの借入れを返済してから次を考える

まず他社のカードローンの利用が有る場合、その契約を解除する必要が有ります。

利用していないものであれば、そもそもそれを利用すれば良いので、新たなカードローンの契約の必要性は薄いですが、有利なものに乗り換えるという考え方も有るので、そういう場合は、とにかく契約を解除してしまいましょう。

現在も利用している場合、契約解除のためには、まずはそちらの借入れの完済が必要です。

もし現在利用中のカードローンの返済のために、新たに別のカードローンを契約しようと目論んでいるのであれば、借金の額が膨らむ原因になりかねないので止めましょう。

返済して行くには遣り繰りが苦しいかもしれませんが、安易な借り入れをせず、先ほども言ったように生活全般を見直して、お金の余裕を作り返済して下さい。

返済能力を向上させる方法

返済能力をつけるためには、まずある程度の年収が必要ですから、まずは200万円を目標に少しづつでも収入を増やしていくようにしましょう。

しかし返済能力として最も重視されるのは、その安定性ですから、例えば短期アルバイトをして生計を立てているのであれば、長期アルバイトに切り替えることを考えましょう。

その他借りにくい職業の場合で、どうしても借入れが必要だという場合には転職を考えるか、自分の安定性を示す証拠書類を用意したり、水商売の場合には自分の安定性と共に、勤務先の安定性を示す書類を用意しましょう。

自営業者の場合はやはり事業の安定性を示すことの他、自営業者向けのカードローンを見つけるのも一つの方法です。

こういったカードローンはあまりあるわけではありませんが、月々の定期返済が無く、要するにある時払いの返済方法を取っているカードローンが有ります。有利か不利かは利用者次第でしょう。

この返済方法なら自営業者でも返済能力を正当に判断してくれる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

ブラックの場合は情報が消えるのを待つ

自分がブラックだったという場合には、これといって有効な対策はなく、情報が削除されるまで待つしかありません。

ただその場合も、単に待っているだけではなくて、自分が何故ブラックになってしまったのかと言う原因を追究して対策を立てる必要が有ります。

ブラックの期間というのは、こういったことを実践する期間だと考えて、貴重な時間を無駄にせず、二度とブラックになるのを防ぐため有効に使ってください。

ここで銀行のカードローンの審査に落ちた場合の理由の探り方について纏めておきます。

  • 即再申込みをしても申込ブラックでまた落とされてしまう
  • 収支を計算して自分の返済能力で実際の返済が可能か調べてみる
  • 過去に金融事故を起こしていないか思い出してみる
  • 落ちら理由を探っただけで終わらず対策を立てる必要が有る

お金は借りないことが一番ですが、どうしても必要な場合は再度落とされないよう十分に検討してからにしてください。

トピックス
ページトップへ