ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 知ってる?銀行のカードローンに通らない時のしていいこと悪いこと

知ってる?銀行のカードローンに通らない時のしていいこと悪いこと

簡単だと思っていた銀行のカードローンなのに審査に通らなかったという、予測できない事態に陥ってしまうことがあります。この時が実は肝心なタイミング。

もし何も考えないで、同じ過ちを犯し続けてしまうと事態は決して好転することはありません。でも、審査落ちした理由なんてどこも教えてくれないし、どうすればいいかなんてことも教えてもらえないでしょう。

今回はこのような事態にどうすればよいか、またしてはいけないかをしっかりと一緒に考えていきましょう。そうすれば、きっと解決策が見つかるはず。

ここから!なぜ銀行のカードローンに落ちてしまったのかを考よう

せっかくあれこれ計画を立てて申し込んだのに、結果は否決でがっかり。という経験をしても、ガッカリしてばかりはいられないのが人間というもの。

ただ、ダメでしたで諦めることはできないものです。ほとんどの人が考えるのは、どうしてダメだったのかということでしょう。しかし、銀行に理由を問い合わせても答えてはくれません。

それでも原因も理由も知らされないままでは、対策を立てることもできず、将来の役に立たない無駄な経験に終わってしまいます。一体どうすればよいのでしょうか。

このような場合でも、自己評価でおおよその見当をつけることは可能です。自己評価することで、対策を考えだせる可能性が出てきます。

審査情報は個人情報を多く含みます。
消費者金融や銀行でも本人の承諾なく、これらの個人信用情報を照会することはできません。

銀行のカードローン審査には隠された収入のボーダーラインがある

貸金業法が取り決めている総量規制が厳しく制限している消費者金融とは異なって、銀行カードローンでは確かに総量規制の対象になりません。

だからといって、銀行のカードローンに収入制限がないという結論は間違っているのです。むしろ銀行は個人向けのキャッシングローンの提供による事業を中心にしていないことが条件を高くしています。

個人に収入がなくても銀行はカードローンの申し込みを受け付けてくれます。しかし、これは世帯所得といって配偶者などの家族の総収入を対象にすることができるからに他ならないからです。


決して銀行のカードローンが必要とする収入の基準は低くありません。

銀行は信用第一ですから、個人向けキャッシング事業でも、利用者に高い信用能力を要求します。申込時の計算では、年収は十分にあったといえるでしょうか。もう一度確認してみることをオススメします。

社会的信用を測る物差し-職歴は時代遅れではありません

収入と並んで問題になるのは安定性です。いくら高収入だと言っても来月はヤバイなど言っているようだと、安定した収入だということはできません。

職歴で収入の安定性を評価する方法が昔から一般的な方法です。会社員の場合、長い勤務によって職業的な安定が得られるという考え方は一般的であって、他に方法が見当たりません。

ですから転職によって評価が下がることになります。前職より収入が良くなったと主張することは、安定性を意味していませんよね。転職によって安定性を損なっているのが大きな問題になります。

銀行が安定していると評価するためには、少なくとも4年程度以上の勤務歴が求められます。1年以上であれば、評価の対象になるかもしれませんが、決して安全圏ではないことをお忘れなく。

ダメージ大きい?利用中のローンは審査で大きなマイナスになる

既にローンを利用中であれば、利用金額を申し込み金額に加算して評価するのが原則です。ローンはキャッシングだけのものではなく、ショッピングローンも同じようにローンとして扱われます。

たとえ順調に返済を続けているとしても、カードローンの審査は金額ではなく利用ローンの件数を問題にします。利用総額が年収に対する評価ポイントだからです。

意識から落ちてしまっている隠れローンも考えられます。そのような利用中のローンがないか再確認しましょう。ローンで購入した家電や自動車の支払いなどが給与天引き、振り替えを利用していると意外と忘れやすいのです。

さらに携帯電話、スマートフォンをローンで利用しているのではありませんか?高額商品になってしまった携帯電話やスマートフォンは毎月の利用料と本体価格を合算して支払いするローンになっています。

些細な失敗が致命傷を招くこともある!支払い返済の不手際

ローンの利用は完済することで完了します。分割された利用金額を毎回の約定日に返済支払いし続けることで完済するのですが、この返済支払いが些細なことに見えてくることはある種のワナです。

大きな金額のショッピングでもローンを利用することで、小さな金額に分割して支払うことができるのがローンの魅力、メリットです。この方法でさらに多くの可能性が開かれます。


毎月の決まった期日に、負担が少ない金額を支払い続けることは、日常的な行為ですから、その分だけ意識から消えやすい。

それでもローン返済の支払いに問題があれば論外でしょう。何かのローンの支払を失念してしまって数日遅れてしまったなどという失敗があれば、その記録は個人信用情報に記録されている可能性が高くなります。

カードローン審査に通るために今からできることのまとめ

前述した項目を自己採点してみれば、どの辺りに問題があったのかおおよその見当が付けられるはずですが、今後どのようにそれらの問題に取り組めば良いのかが問題になります。

落ちてしまったカードローンをもう一度なんとかする努力は報われません。しかし、今後のローン審査の評価を少しでも向上していく努力は必ず報われることになるでしょう。

そのための知識・ノウハウをここで整理しておきましょう。

意外と簡単!必要であれば個人信用情報の照会してみよう

収入や安定性に自信があれば経済的には問題がないはず。では何が原因なのかはっきりしなくなってしまいます。そのような場合には銀行が審査に利用する情報を自分でも確認してみましょう。

日本には大きく3つの個人信用情報センターがあり、銀行が利用する情報センターが「全国銀行個人信用情報センター」です。ここでは過去10年に亘る取引関係の情報が記録されています。

日本の個人信用情報センターは次の3つです。
1.JICC日本信用情報機構
2.CIC割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
3.KSC全国銀行個人信用情報センター

本人であれば記録内容を照会できます。センターが管理している個人信用情報は個人情報保護法によって固く保護されていますので、加盟している銀行であっても本人の許可なしでは照会できません。

ですから本人の要請によって、保存されている情報は照会することができます。公式ホームページにその手続が詳しく説明されているので、検討するのが良いでしょう。

照会結果の情報はいくつかの情報に分類できますが、それらの中でも返済情報に注意して見る必要があります。この返済情報を見れば自分の公的な信用状況を把握することができます。

ダイレクトにポイントUPするために!ローンを完済する

時々、私は数年にわたって期日に遅れることもなく、きっちりと返済支払いを続けてきたと自慢される方がいらっしゃいますが、ローンの返済をコツコツとやっているだけでは、期待するほどローンの評価は高くなりません。

ローンの本数を増やして、長い期間掛けて返済していればよいというものではなく、ローン利用の品質が評価対象だからです。


ローン利用の品質とは、しっかりと完済しているかということにつきます。

少しでもローン返済を送れずに期日ごとに確りと支払い続けることが評価対象にもならない当然のこととして見做されています。ですからこの努力によって真面目さを主張することができないのです。

複数のローンを抱えているのであれば、まず、小さなローンの完済を目指し、完済の記録を積むことが大変有効な手段だといえるのも同じ理由によります。

完済実績のためのこんな方法も有効です!複数のローンをまとめる

どれかひとつのローンにまとめて、他のローンを完済する方法をまとめローンといいます。このために新しいローンを用意する必要は必ずしもありません。

ローンは高額なほど金利が低く設定され、少額ほど金利が高くなる傾向がありますから、利用中のローンをまとめることで利用金額が高額になり、金利を低く抑えられる可能性が出てきます。

また新しいローンでまとめることができるなら、返済期間を再設定してもらえるのが普通なので、毎月の返済支払い金額を抑えることが可能になります。

ただし、この方法にも強い副作用があるので注意が必要です。まず、場合によっては新規のローン利用が制限される場合があります。また借り換えに相当しますので、利息の計算が違っていても遡る計算はできなくなります。

端的に増収を図ることを考えてみると案外うまく行く?

ローンをまとめることのメリットはローンの完済ができるだけに留まらず周辺に及びますのに気づいていらっしゃるでしょうか?

ローンをまとめることで一回あたりの返済を以前より抑える効果がありますので、返済金額が少なくなった分を増収と考えられます。


ローンを単純に借り換えるだけではなく、アルバイト・パートなどで単刀直入に増収を図るのは、銀行ローンの場合有利に働きます。

銀行のカードローン審査では、個人の収入だけではなく家族全体の世帯所得を審査対象にするからです。それに増収できていれば、ローンを利用する必要がなくなる可能性もでますよね。

カードローンを必要としない状況は、銀行カードローンの申し込み審査で有利に働きます。これは裏腹な現実を表している気もしますが。

こんなことはダメ!人生終了の危険もある4つのキャッシング

焦るのはもっとも避けたい気持ちです。焦る気持ちのままで、町中を見回すと意外にダメな広告が目について、悪いことにはそれらが魅力的に見えたりするのです。そこで……


実は危ないキャッシングの方法をいくつか簡単に照会して、気持ちを引き締めたいと思うのです。

知らなかったで済まない!違法金融業者利用のキャッシング

銀行がダメでも消費者金融があります。その通りです。消費者金融業者でも有名大手では銀行と同じようにカードローンを提供しています。

だからといって消費者金融を自称している業者をすべて消費者金融業者だと考えてはいけません。そのような業者の中には未登録の非正規金融業者が混じっているのです。

消費者金融が提供しているローンにはキャッシングローンとカードローンの区別がしっかりとされていますが、中にはカードローンと言っても名ばかりで実はキャッシングに過ぎないものを提供する怪しい業者も存在します。

怪しい業者の中でもヤミ金と呼ばれる違法業者は、実際の設定金利がまったく合法性を持たなかったり、そもそも完済できない条件だったりして、最悪生活が破綻してしまうリスクがあります。

消費者金融業は登録事業です。各都道府県知事または内閣総理大臣による登録が貸金業法によって義務付けてられています。

しかし、ヤミ金融業者は登録を詐称している場合も少なくなく、見分けるのはそれほど簡単だとも言えません。さらには、気づいた時には手遅れという場合もあるようです。

クレジットカードを持っているならショッピング枠の現金化?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠とが用意されているものが多いはずです。それぞれのクレジットカードはキャッシングとショッピングとに利用できるようになっています。

人によってはキャッシング枠を使いきってしまって、さらにキャッシングを必要とする場合がありますが、このような人が魅力的に感じるのがショッピング枠の現金化という方法でしょう。

そのやり方は多岐にわたりますが、原理的にはショッピング枠で何かを購入して、それを買い取ってもらうという方法になっているようです。

つまりクレジットカードで行われているのは正規のショッピングに過ぎないため、これを違法として取り締まるのは大きな弊害が生じてしまいます。


ショッピング枠は違法ではありません。しかし、クレジットカードの定款(契約書に添付されている条件書き)をよく読むと、このやり方が禁止されています。

ですから、クレジットカードのショッピング枠を現金化していると突然クレジットカードの使用を停止されるケースがあるのです。

借金が膨張し続ける!?返済資金の借り入れをしてはいけない

現在主流のリボ返済は利用元金の分割金額に期間分の利息を合計して一回分の支払いにして返済します。この方法で順調に返済している限りは、利息が利息を生むことはありません。

しかし、利息を支払うためにキャッシングをすることで利息は新たに利息を発生させます。これは一般にいう、「複利」という厄介なやり方です。

利息が利息を生んでしまうのですから、完済に漕ぎ着けることは極めて難しくなってしまいます。これを自分でやってしまうのは愚かな行為だと思いますよね。

今月だけ返済支払いの金額が用意できないから、もう一度キャッシングしてしのぎましょう。でもその支払金額の中には少ないとはいえ、利息が含まれています。

そして利息が利息を生み出す仕掛けを自分で実行してしまう結果になってしまいます。これには注意しなければ、誰も注意してくれない自己責任なのです。

がんばれば光も見えてくる派の人は要注意!申込の間隔を考えて

時には審査の手違いで審査に落ちてしまうということもあるそうです。特に最近の銀行カードローンは銀行と信用会社との連携によって審査を進める事情から、処理が複雑化しています。

ですから申込者の条件に関わりなく、審査に通らない結果になることも確かにあるとはいえます。しかし、だからといって別のところに申し込めば大丈夫、などと考えない方がよいでしょう。

何かの間違い。それが事実だとしても申し込み、そして審査に落ちたという情報は、個人信用情報に記録されています。なんという理不尽と言っても仕方がありません。

その状態で他の銀行に申し込んでも、審査に落ちた経歴は事実として評価されてしまいますので、今度は本当に審査に通らなくなってしまいます。

それを続けることでいくつも審査落ちの記録を作っていくと、「申し込みブラック」という不名誉な商号をいただく結果を招く事態も危惧されるでしょう。

まったくの事故で審査落ちしたのであれば、1週間から10日前後置くことで、今度は審査に可決される可能性が高まりますが、本来的には半年は間隔を開くことが安全なのです。

社会問題にもなったローンの多重化を招くことをしてはいけない

ローンは支払いの負担を軽くする効果があります。これがローンの普及した最大の理由でしょう。だからこそ、これが多くの問題を生じる土壌ともなっています。

複数のローンを抱えなければならないような状況はそれほど簡単な決断で実現します。昔の人はなどと他人事だと考えていると、自分が多重ローンの生活で身動きできない状態にハマりかねませんよ。

銀行のカードローンを利用していても、消費者金融業者のカードローンを取得することは比較的簡単です。銀行カードローンの利用状況を消費者金融業者は判断できないからです。

つまり簡単にカードローンを複数枚取得できます。そこで交互に使ってキャッシングを利用していると、既に多重ローンの利用者になっているのです。

多重ローンの問題は、突然多重ローンの利用者になるのではなく、気がついたら多重ローンの利用者になっていたという順番が問題になる点にあります。

多重ローンになってしまうと、それ以降のローンを重ねていく操作はより簡単なモノになっていく危険があります。

それでも必要?消費者金融業者を利用する時の注意事項

ここまで、リスクとローン利用の困難を説明してきましたが、それでも必要という場合に考えるのが、消費者金融のキャッシングでしょう。

消費者金融業者でのキャッシングをオススメするのではありませんが、利用する際に気を付けることをまとめておくことは決して悪いことではありません。

おそらく大手の消費者金融業者では銀行に準じる審査を実施していますので、多少金利が高くなるとしても、中堅中小の消費者金融業者を利用することになるでしょう。

正規の業者、中小の消費者金融業者の中には、信用情報機関に加盟せず独自の審査を実施している場合もあります。これによって公的な情報如何に関わらず可能性は出てきます。

カードローンとキャッシングローン
カードローンは一定の利用限度額を定めて、何度でもキャッシング利用が可能です。それに対してキャッシングローンは一回ごとに利用金額を決定して利用することになります。

そこで、消費者金融業者を利用する際のポイントは次の通りになります。

  • 正規の消費者金融を利用する
  • 少額利用
  • 短期返済

カードローン審査は思うほど甘くはありませんが、カードローンに通らないのは自分の計画性を見直す絶好のチャンスにもなります。計画を立てなおして対策を実行しましょう。

できれば、キャッシングローンの利用をせずとも大丈夫という状況を作りましょう。それができた人に審査を通過する可能性があるからです。

トピックス
ページトップへ