ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > 車購入の注意点!カードローン利用中の家族がいても車ローン組める?

車購入の注意点!カードローン利用中の家族がいても車ローン組める?

車購入を決めてローンを申し込むとして当然ながら審査があり、通らなければ車を買うことは出来ません。

また、他社から借入のある家族がいると車のローンを組むことが難しいと言われていますが、どれくらい審査に影響があるのでしょう?

今回はカーローン審査を受ける前に、いくつかの注意点をご紹介します。

総量規制が無関係な自動車ローン

総量規制とは消費者への過剰貸付を防ぐため、年収の3分の1以上の借入はNGとなっています。総量規制は消費者が安全に借り入れできるよう作られたルールです。

車ローンは基本的に銀行などの金融機関が提供しているサービスなので総量規則の対象外になっています。

自動車ローンがもし総量規制の対象ならば年収の3分の1以上の借入は出来ませんので、車の購入自体が難しくなってきます。欲しい車が買えないという事態になりかねません。

自動車ローンは総量規制の対象外になっているため、高額の借入が可能になっています。ただし高額を借りる場合は注意が必要です。

  • 本当に完済できるの?
  • 無理な借り入れをしようとしていないか
  • 収入などの金銭の見直し

車購入に対し、こういったポイントについて押さえておきましょう。車のローンは高額の借入が出来ますので、返済計画は念入りに立てておくべきです。

最近では同じ総量規制外のカードローンで車購入を考える方も増えていますが、車のローンに比べて金利は高いです。そのため返済額と高金利に掛け合わして、利息の負担も大きくなることを考えましょう。

家族と相談しよく考えてから利用しましょう。決して無理な借入はしないようにしましょう。

カードローンとカーローンの違いとは?

住宅ローンや教育ローンなど、目的が定められているローンは他にもあります。しかし借入額が大きければそれだけ審査は厳しいとされています。
カードローンとカーローンは大まかに分けると違いが分かると思います。

カードローン カーローン
目的は特にとらわれず、自由に使える 目的が車限定

カーローンだけでも細かく分類されています。

  • 自動車販売店で組めるように提携しているローン
  • 銀行のカーローン

カードローンでも、目的は決まってないので自動車購入にも利用できます。が、どれを選ぶかは自分に合った選択肢として考慮することは出来ます。

他社に借り入れがある場合は車のローンを組めない?

車のローンの場合、借入額は年収×35%=年間返済額の上限額という目安があります。これは他のローンを含めて考えた額になります。

他社借入があり、多額の借入をしているとなればこの目安から大きく外れるでしょう。借入額が少なければ問題ないのでしょうが、他社に借入がある時点で支払いが満足にできる状態だと判断はされないと考えた方がいいです。

他社借入がある場合、すでに目安の数%は使っているわけですから審査は難しいでしょう。厳しいところだと他社借入がある時点や、カードローンのカードを持っているたけで審査が通らないこともあります。

他にも他社借入の扱いとして大きな落とし穴に、クレジットカードのキャッシング枠があります。クレジットカードは便利なため2枚、3枚と持っている方も少なくなく、家族内でも利用している所も多いでしょう。もし借入額が大きくなっているなら注意が必要です。

実際にお金をカードローンで借りていなくても、多額の借金をしていると同じように判断されます。

クレジットを持っている方は、その金額を一度きちんと確認した方がいいでしょう。

他社に借入がある場合、注意したいこと

借入額を把握することが大切です。
複数の他社に借り入れている場合も含めてですが、全体を把握しきれていないことがあります。

また毎月の返済額を確認しましょう。複数借りている場合、合計でいくら返済しているか知る必要もあります。

家族のしている借入も把握しておくのも大切です。もしクレジットを使っているのでしたら、そのキャッシング額も把握しておきましょう。

車のローンの審査は難しい?

カーローンを選択肢に考える人が増えているのは、コマーシャルなどの宣伝などで浸透しているからでしょう。なので多くの人が利用しているため、それだけ審査が厳しいと言えます。

特に銀行の車ローンは厳しいと言われています。

車のローンの場合、以下のようなことを審査で聞かれます。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 他社借入状況
  • 過去のローンの返済実績

他のローンの審査と大きな違いはないものの、車のローンの審査は他のローンと比べて厳しいと言われる分、各項目の判断ラインが厳しく設定されていることが想定されます。

また申し込みの際の審査項目とは別に、本人の過去のカードローンやクレジットの利用内容を信用情報機関で照会して審査に使います。特に信用情報での内容で金融事故があるかどうかは審査に大きく影響するでしょう。

審査に通りやすい人の特徴は以下の通りです。

  • 年代30~50代
  • 収入が安定している職業
  • 勤続年数が長い
  • クレジット履歴が優秀

年齢に関しては働き盛りの年代ですが、たとえ若くても高齢でも年齢だけで審査に落ちるという事は無いです。若くても高齢でも収入が安定していれば審査に通るでしょう。
これは車のローンに限ったことではないので、返済がきちんと行われることが前提で組まれるものです。

だからと言ってアルバイトやパートだから通らないという事ではありません。なのであくまで審査の項目の一つと言ったところでしょう。

どんな審査でも見ているのはその人の返済能力です。

カードローン利用中の家族がいても、過去の事故歴や現在の返済状況に問題が無ければアナタのカードローン審査に影響することはありません。

しっかりと返済を計画できるか、期間内に返済してくれるかを業者は見ているので審査が甘いや厳しいは無いと考えましょう。

カーローン審査に通らない原因にはどんなものがある?

審査の通りやすい条件を上げていきましたが、逆に審査に通りにくい、落ちやすい条件を上げていきます。

  • 信用情報に金融事故の記録がある
  • 他社の借入が多額にある
  • 短期間で複数の申し込みをする

基本的に他のカードローンと同じ条件と言えます。審査内容もそうですが、返済ができるかどうかがポイントになります。

特に気を付けなければならないのが、金融事故の記録がある場合です。金融事故の記録があればまず審査に通らないと考えていいでしょう。

*金融事故とは
自己破産や三か月以上の延滞をして支払いが困難になった状態の人を指します。
こうなると審査どころの話ではなくなるので注意が必要です。

場合によっては同居家族の金融事故が審査に影響するという事もあります。もちろん家族といえ勝手に調べることはローン会社にはできません。自社に記録があって偶然見つけてしまったなどの理由があります。

車のローンを組むことは簡単な事ではありません

簡単におさらいをしていきます。

カーローンを考える場合、以下の事に注意しましょう。

  • 他社の借入がないか家族の確認をする
  • 信用情報に金融事故の記載がないか
  • クレジットカードのキャッシングの利用額を確認
  • カーローンを組んでも返済していけるか

車の購入は生活するうえで必要不可欠だと思います。それこそローンを借りる事を考えているならば、返済できることを前提で計画するようにしましょう。

カードローンにしても車のローンなどはまず審査を受けることが大前提です。ローンは審査に通らなければ利用することが出来ないサービスです。

もし審査に通らなかった場合「審査に通らない人でもできるローンは無いの」と期待する方もいるかと思いますが、審査に通らない人はローンを利用できません。

お金を借りる事を甘く考えないでください。

そのために家族の抱える負債や、利用額の確認を怠らないようにしてローン審査が通ることが出来る状況へ変えていきましょう。

トピックス
ページトップへ