ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > どうしてなの?銀行ローン審査にとおらない理由を教えます

どうしてなの?銀行ローン審査にとおらない理由を教えます

銀行のカードローンは金利も低くて魅力的ですよね。だからといって実はそう簡単には手に入りません。銀行ローンの申込みには厳しい審査があるからです。

確かに最近は審査が以前より簡単になったというのも事実。でもそれはあくまでも昔と比べたときの結論です。しかも審査に落ちてもその理由はあくまでも秘密なのです。

審査に落ちてから理由を調べても後の祭りになります。審査に落ちた記録が間違いなく利用履歴に汚点を残すからです。そうなる前に審査に通らない理由を考えておきたいもの。

影響大!いちばん大切なこと、まず経済状況をチェックしてみよう

お金に困ったときに役立つのがカードローンなどを利用したキャッシング。なのですが、だからといって困ったならキャッシングすればいいと考えるのは大間違い。

本当に困ってしまう状況に陥ったというなら、返済することもかなり難しいと考えられるからです。ですから余裕のある時期にカードローンを用意しておくことを、いろんなところでオススメされていますが、気を付けたいのは審査に通るかどうか。

大切なのは事前の自己管理と自己評価です。特に気をつけたいポイントは現在の経済状況、そして資産状況です。ホームページなどで案内されている条件を満たしていることは、最低限に過ぎません。

実はそこには暗黙の条件があるからです。これに引っかかってしまうと、どれだけ多くのローンに申し込んでも審査に通らない現実に直面しなければならないでしょう。

ローンに申し込むと、申し込み記録が残ります。別件のローンに申し込むと申し込み経歴も照会され、直前の申し込みが否決であれば、審査も慎重になりがちで、否決が複数立て続けていると、それだけで否決されるようになります。これを申し込みブラックと呼んでおり、救済する方法がありませんので、注意が必要です。

消費者金融よりはるかに厳しい最低収入の規定を知っておこう

かりに消費者金融業者であれば、貸金業法にある総量規制によって年収からいくらまでローンが利用できるか、ハッキリしています。

銀行は貸金業法で制限されていませんから、収入に対して多く貸付することができるはずで、だからこそ住宅ローンなどの大型ローンを提供することが可能になっています。

しかし、キャッシングを提供するカードローンというサービスになると事情が異なってきます。個人向けキャッシングの提供では、住宅のように担保を確定することができないからです。

一説によるとカードローンを利用できる最低収入は年収200万円とも言われていますが、おそらく年収200万円の人がカードローンを申し込んでも、結果は期待にそうものにはならないでしょう。

200万円という数字がもはや大きな数字ではないからです。それだけの年収では生活を維持するだけでも大変だと推察できるでしょう。


つまり収入が200万円ではなく、利用できる最低収入の条件は可処分所得が200万円だと考えるべきなのです。

貸金業法では、個人に提供できるキャッシングローンの上限を年収の3分の1未満と定めています。これを総量規制と呼んでいますが、銀行は貸金業ではないため、一般には総量規制の対象外として取り扱われます。

資産状況は無視できない審査の条件。賃貸住宅なら審査が難しい

カードローンの申込みには住宅の種類を記入する欄が用意されています。持ち家なのかそれとも賃貸住宅なのかは審査に際してチェックされる大きなポイントになっています。

持ち家の場合、住居にそれなりに担保価値が既にあります。それだけではありません。持ち家であることはそれ以上の様々な属性を暗示しています。

持ち家なら、長期のローンを抱えていることになり、ローンの返済状況を把握することが容易でしょう。また、そうたやすい転居も考えにくい状況にあるはずです。仮に転居した場合、登記内容が変更されますので、公的に把握することも可能です。

そのような理由から持ち家の属性は生活の安定を測る尺度として理解されています。対して借家の場合であれば、同じ理由から生活の不安定さを抱えているとして理解されがちでしょう。


借家住まいなら、信託、証券、定期預金など持ち家に変わる資産が必要だと考えられます。

いくつのローンを抱えているかが致命的になる。ローンの利用状況

ローンを利用したことがないと思っている人は要注意なのが、ローンの利用歴です。ローンを抱えていると資産が少なくなっているのと同じ意味になります。

現在返済中のローンで毎回の返済支払額を毎月の収入から差し引きして毎月の収入を把握し直すべきなのです。そのようにして純粋な毎月の可処分所得を計算してみましょう。さらにカードローンを利用できるかをより明確に理解できます。

さらに利用しているローンの総額を計算して、年収との比較をしてみるべきです。既に3分の1に迫るようであれば、もはや消費者金融業者の利用すら難しいかもしれません。

さらに気にしていなければならないのがローンの本数です。一つだけの利用と複数ローンの利用とは意味が大きく違うからです。家族の誰かが利用してるローンも場合によっては利用ローンの合計されるのを知っているべきでしょう。


結論をまとめれば、現在なんらかのローンを利用中の人は、銀行カードローンの新規申し込みで可決される可能性はかなり低いといえるでしょう。

どれくらい安定できている?就労状況が問題になって審査に落ちる

収入の安定度は個人の経済的な信用と直接的な関係があります。このことは疑う余地はありませんが、収入の安定度が何によってもたらされるかを知って自己評価しなければ意味がないでしょう。

「職業に貴賎なし」という言葉は、カードローンなどのローンの審査に関係ありません。職業に貴賎がなくても、安定性に大きく違いがあると考えられているからです。

就業していない場合でも銀行カードローンならなんとかなる?

そもそも定職についていないというなら、論外ですといえるほど難しいのですが、銀行のカードローンであれば、世帯収入を対象に審査できるので大丈夫といわれます。

世帯収入でカードローンを申し込むということは、生計をともにしている配偶者や親などを審査することによってカードローンの申込みを評価します。

本来なら、利用者本人の就業状況を評価するはずで、必要とされる情報は本人に関するものに限られるはずですが、配偶者の収入を前提にする場合は、評価のためにその情報も開示するのが条件になります。

この余分な情報開示がプラスに働くことはあまりないはずです。会社の状況もありますし、営業職の場合は適切に対応できないこともあるでしょう。

なんらかの条件が問題になって審査落ちした場合、配偶者の個人信用情報にまで瑕疵を被る可能性が残ります。世帯収入を前提にカードローンを申込む場合は、事前によく相談して同意をとっておく必要があるでしょう。

務めるなら!大企業でなければ就業先が不安定な状況と同じこと

むかしも今も、親から進められる就職先として大企業は人気があります。それは親というものが保守的だからでもなく、決して意味のないことではありません。

確かに現在日本ではある意味、年功序列の制度は崩壊したようですし、またベンチャーのような生きの良い企業方が月収は良いともいいます。あるいは外資系企業の魅力は以前にもまして大きいです。

しかし、福利厚生や事業の安定性は、就業の安定性に関わっている事情はなんら変わっていないといえます。ベンチャー企業は事業そのものが大きなリスクを背負っており、外資系企業は身分の保証に問題を感じるでしょう。

だから大企業に努めているだけで、経済的に安定していると社会的な評価を得ているといえるのです。特に銀行にとって大企業に付属する安定性は魅力的なようです。

この逆にあなたが、中小企業で就労しているなら、事業所の安定性そのものが問題として評価対象にされかねないのかカードローンです。

大企業なら勤続年数が短くても?銀行カードローンで必要な年数は

大手の企業に就業しているなら簡単に失職しないと考えられているのが、大手の社員ならではの信用に結びついているのは確かなのですが、だからといってそれだけで、カードローン審査の信用条件を満たしているといえるかとなると微妙でしょう。

それは大企業ほど社員の昇給に時間が掛かるのが通常だからです。昇給に代わって昇進という報奨を使う企業は大企業ほど多くなっていくからです。この場合、昇進しても昇給は期待できないかもしれません。

ですから昇給を期待したローンを計画してしまうと、予想不可能な局面で計画が破綻しかねないでしょう。

さらに出向・左遷という処遇がありえます。数年前、盤石だと思われていた巨大企業が業態変化に伴って大量の社員を出向や左遷によって一気に処分して社会問題としてとりあげられました。

突然の解雇がないということと、失職がないというのはまったく別の次元の話なのです。自主退職に追い込まれてしまう人たちが数多くいる事実をしっかりと見据えて自分の経歴を評価しなければなりませんね。


大企業に就職できたとして、少なくとも数年の安定した勤務年数を必要とするのが実情です。

利用経歴に問題はない?自分も知らない間にローンまみれかも!

現在はローンの利用がないから安心と思っている人は多いと思います。しかし、ローンの利用の場合は意識して利用している分も無意識の内にローンになっているものも含みます。そして審査の対象は最長過去10年に遡って評価されます。

銀行ローン審査の対象になる個人信用情報は過去10年分です

日本の個人信用情報機関は、非銀行のものと銀行のものとに分けられます。非銀行のものは消費者金融業者や割賦販売業者が加盟するもので情報を5年間保管します。

銀行加盟の個人信用情報機関の場合は、個人信用情報を10年間保管するようになっています。10年前にどのようなローンを利用したかを個人で把握しきれている人は少ないでしょう。

つまり10年間のことになると、記憶漏れのローン利用ができているはずで、自分で把握しているのはかなり難しい状況になるでしょう。

さらに付け加えるなら、10年とは規約上の問題で、抹消する処理が行われていない場合がありえることを知っておきましょう。そうなるといつまでも過去の記録を引きずっている状態になります。

こんなことが!ローンだと思っていなかったのにローンになっている

まさかという坂は結婚生活だけの話ではありません。いろいろな、まさかがあってローン利用にもまさかは潜んでいます。

スマートフォンが便利で生活に欠かせない人は多くいますが、その支払いがローンになっていない人はそれほど多くないでしょう。携帯の使用料金の支払いと本体分の支払いを支払っているのではありませんか?

本体の支払いとはつまりローンです。割賦の一種として処理されているのです。ですから一括払いで携帯を購入していなければ、意識していなくても既にローンを抱えているのです。

そして携帯の毎月の支払いをしっかりしていなければ、その記録は知らない間に個人信用情報に傷を付けている可能性が非常に高いのです。


自社ローン利用で家電を買った場合も注意が必要です。

自社ローンを提供している業者も多くありますが、この場合でも個人信用情報に影響を与える可能性を意識しているべきでしょう。

知ってました?審査そのものにも審査落ちの仕掛けがあるのです

かつてに比べると審査に通りやすくなったと評価されている銀行のカードローンですが、そのからくりを知らなければ意外な落とし穴にハマって、予想外の審査落ちということになります。

銀行カードローンなのに審査するのは消費者金融業者なのです

銀行カードローンの公式ホームページを御覧ください。審査条件として記載されているであろう保証会社は銀行本体ではありません。

保証会社がカードローンの担保を引き受けることで、利用者自身の担保責任を肩代わりするという仕掛けによって、銀行カードローンは提供するための条件をクリアしています。

ですから、銀行カードローンに申し込むと審査するのは保証会社が担当することになります。つまり申込んだのは銀行カードローンでも、審査するのは保証会社を受託している消費者金融業者です。

単純に考えれば、利用者には何もしなくても個人向け金融のノウハウに長けた消費者金融業者による審査で銀行カードローンを手に入れられると思えてしまいます。

保証会社である消費者金融は隠れローンの利用を明確に把握できる

かつての状況は銀行は一般割賦販売の利用状況を把握できなかった事実があり、銀行は個人向けキャッシングの提供には慎重だったという側面を指摘できます。

個人信用情報機関は銀行と非銀行に分けられると前述したとおりで、小さなローンを抱えていても、支払い事故などに縁がない限りは銀行側で状況を把握することができませんでした。

しかし、消費者金融業者なら一般割賦販売の利用状況まで把握可能です。つまり小さなローンまで含めてどれくらいのローンを、どのように利用しているかを審査することができるようになったのです。結果は利用者にとってメリットばかりではなくなりました。


消費者金融業者による銀行カードローン審査はむしろ、小さいローンを抱えている人には不利になったといえるかもしれません。

これが落とし穴!意外にも銀行にも審査に通らない要因がある

銀行のカードローン審査の難易度に影響を与える社会的要因を無視できません。言い換えれば、銀行そのものに審査落ちの原因があるかも知れません。

一般に利用者に通知されることなく変更される方針によって審査基準がかなりの幅で流動的になりますから、いままで通らなかった人が突然、審査に通過したり、いままで使っていた人が増額を申請した途端、否決されたりという事件を生じます。

そのような社会的な条件には次のような3つの要因を挙げることができるでしょう。

  • 景気
  • 方針
  • 担当者

これらの中で方針とは、銀行の規模や営業範囲によって、銀行ごとに考え方が違うことを意味しています。銀行と一口に言っても、大は大手都市銀行から地方銀行や信用金庫などと様々なのです。

いずれも保守的な組織だと理解されて区別されないのですが、地方銀行や信用金庫の方が、地域の特性を反映するため、むしろ保守的な傾向は強くなるのです。

結果として申込み条件が厳しくなり、また限度額が低めに設定されることも多くなり、保守的で魅力に欠ける内容に見えてしまいます。

また大手の都市銀行でも中には保守傾向が強く見られる銀行もあり、それは一見しただけではわからないことも多いのです。これらの銀行は極めて独自性の強い基準を設けており、審査に通過することが難しくなっています。

銀行の担当者は、個人向けキャッシング金融商品の知識に乏しい場合が少なくないことを挙げるべきでしょう。保証業務を委託し、審査業務も委託している場合は、窓口担当者は単に受付業務に特化されがちです。

しかし、申し込みの手続きに関する案内によって大きく結果を左右しかねない事実が潜んでいるのです。審査手続きに処理が渡る前に厳密にチェックしてもらえるのかは、担当者とスキル次第です。

まとめれば、見えないところで複雑な事情が絡み合っており、銀行ローンの審査はそう簡単に通りません。でもだからといって、正確な審査落ちの理由は秘密で教えてもらえることはありません。事後学習は期待できないのです。だからこそ申し込み前の自己診断が重要です。
トピックス
ページトップへ