ローン審査に通らない原因を探って今すぐ対策
> > バイクローン審査について徹底検証!お得なバイクローンを探そう!

バイクローン審査について徹底検証!お得なバイクローンを探そう!

バイクが欲しい!夢のバイクを手に入れたい!…「でも手持ち資金がない」「手持ち資金が足りない」といった人は多いと思います。

お金がない、資金が足りない場合にはバイク購入をあきらめなければいけないのでしょうか。簡単にあきらめる必要はありません。

手許にバイク購入の資金がなくてもバイクローンでバイクを買うためのお金を融資してもらえばいいのです。しかし、バイクローンで融資を受けるには審査を受けてその審査にパスしなければなりません。

そこで今回のレビューではバイクローン審査について徹底的に検証します。

バイクローンは“バイク買う!”ための「目的ローン」

「どうしてもバイクが欲しい!」「憧れのバイクライフをエンジョイしたい!」となると、どんな手段を使っても絶対にバイクが欲しくなってしまうこととなるでしょう。

でも手許にバイク購入の資金が無い場合はどうすればいいのか?お金が貯まるまでバイク購入は我慢するしかないのか!?

バイク購入を我慢する必要はありません!手許にバイク購入の資金が無くてもバイクローンがあります。

バイクローンを組んでまでバイクが欲しいのですから自分にとってどのタイプのバイクローンのメリットが“バイクを買う!”といった目的をいちばん早く満足させてくれるのかを重視して選ぶのがバイクローン利用でのポイントになると思うのです。

つまり、バイクローン選びのポイントは、“バイクを買う目的を実現させられるもの”を選ぶということになるのではないでしょうか。

信販系バイクローンのメリットは審査の柔軟性

バイクを購入した販売店でそのままバイクローンの申込み手続きをして、その後すぐにバイクローン審査に移ってローンを組むようなケースがローンでバイクを購入する際にいちばん多いパターンとなるのではないでしょうか。

バイク販売店でのバイクローン契約は「信販系バイクローン」を利用するものとなります。

バイク販売店で信販系バイクローンに申込むメリットは、なんと言ってもローン申込みの手間やバイクローン審査で必要になる書類の用意での面倒さが他のバイクローンに比べて格段と楽になることでしょう。

信販系バイクローンへの申込書での必要事項をすべて記入すればバイク販売店の店員がFAXなどですぐに信販会社に申込書を送って申込み手続きをすべて行ってくれます。

「申込者はただ審査結果を待つだけでOK」と言っても過言ではありません。審査に必要な書類も本人確認ができる書類と場合によって収入証明書類の提出だけでOKです。

信販系のバイクローン審査については最短で申込み当日中に審査結果をだして契約を完了させてその後すぐにバイク車両登録まで可能となるのでいちばん早く面倒が少なくバイクを手に入れられるバイクローン審査になると言ってよいでしょう。

審査はスピーディーなので簡易審査となって審査自体は柔軟です。

ただし、審査が柔軟で審査回答も早くてすぐにバイクを手に入れられる代わりにバイクローン金利が高めとなるのがデメリットです。

しかも信販系バイクローン金利については、利用するバイク販売店によってかなり金利にバラつきがあるので、その点は信販系バイクローンを利用する際に注意したい点となります。

低金利は銀行バイクローンの大きなメリット!

ローンを組んでバイク購入するには、なにもバイク販売店で扱っている信販系バイクローンだけではありません。

銀行のマイカーローン、自動車ローンと言われているローンならクルマ購入だけでなくバイク購入資金としても対象になるのでバイクローンとして利用できます。

銀行バイクローン(マイカーローン)を利用するいちばんのメリットはなんと言っても金利の低さです。

銀行バイクローンの金利水準は2~5%程度となるのでバイクを買うためのローン金利ではいちばんの低金利と言って間違いありません。

さらに低金利のバイクローンのメリットは、返済負担が軽くなることで返済し易くなります。

また、銀行バイクローンの場合はローン返済中でもバイク名義はローン利用者本人となるのでローン利用中でもバイク売買は利用者の自由となります。

しかし、先の信販系バイクローンの場合は、ローン完済するまではバイク名義がバイク販売店もしくは信販会社となるのでローン返済中ではバイク売買ができません。

それゆえ、この点についても銀行バイクローンにはメリットがあると感じます。

一方、銀行のバイクローン審査について言えば、審査は厳しめになると考えてください。

バイクローン審査よりも審査が柔軟になるカードローン審査についても銀行は消費者金融や信販会社のカードローン審査よりも厳しめになり、一般的に銀行カードローンの審査通過率は20~30%程度と言われています。

そして、銀行カードローン審査よりもさらに厳しめになると言ってよい銀行のバイクローン審査については審査通過率はもっと低くなってしまうと考えた方がよいと思います。

また、銀行バイクローンの審査では提出しなければならない必要書類が信販系バイクローンの場合よりも多くなってしまうと考えられるのです。

加えて、銀行のバイクローン審査は審査時間が長めとなるので信販系バイクローン審査のように“即日即決でバイクも即納”という訳にはいきません。

銀行バイクローン審査では早くても数日、遅いと1週間以上も審査結果を待たせれてしまうことが少なくないのです。

銀行バイクローン 金利 限度額 年齢制限
三井住友銀行マイカーローン(バイクローン) 年4.475%(変動金利) 10~300万円 満20歳以上満65歳以下
住信SBIネット銀行「Mr.ミスター自動車ローン」 年1.775~3.975%(変動金利) 10~1000万円 満20歳以上
ゆうちょ銀行(スルガ銀行)「フリーローン夢航路「目的型」(オートプラン)」 金融事情に応じて決定(固定金利) 10~500万円以内 20歳以上70歳以下
三菱東京UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」 年2.975%(変動金利、保証料込) 50~1000万円まで 満20歳以上

使い易さで選べばカードローンでバイク購入!

信販系バイクローンや銀行バイクローンを利用しないでバイクの購入資金を調達する方法はあります。それはカードローンを利用してバイク購入資金をゲットすればいいのです。

が、この場合は「バイクの購入目的」といった特定の目的で組むローンではなく、“お金を借りる”といったキャッシング契約となります。

カードローンで借りたお金は事業目的以外の用途ならどんな目的にも利用できるのでバイクを購入するための資金としての借り入れはもちろん可能です。

カードローンでバイク購入資金を融資してもらう際のメリットは“使い易さ”に尽きると言えます。

カードローンはマイカーローン、学資ローン、住宅ローンなどの他のローンに比べて審査で必要になる書類提出やローン申込みでの手間や時間に面倒がありません。

そして、カードローン審査は、他のローン審査に比べて柔軟になり申込み当日に融資を受ける即日融資にも対応可となるカードローンがあります。

それゆえ、即決でバイク購入資金を手に入れることは夢ではありません。

信販系バイクローンでも即日即決が可能となりますが、即日融資の可能性について言えばカードローンの方がはるかに分があると言って間違いないのです。

つまり、審査が柔軟で早くて即日融資も可能で、かつ申込みや審査での手間がないからバイク購入資金先としてはとても使い易いと言ってよいのです。

審査で必要になる書類も運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出でOKです。ただし、借入額によっては給与明細書などの収入証明書の提出が必要になることがあります。

審査書類の用意については銀行バイクローンの方が面倒になります。

他方でカードローンでは収入の3分の1までしか融資を受けられない総量規制があるのでバイク購入資金での不足分を賄うために利用するとの使い方なら問題はないと思います。

が、バイク資金全額を借りるのはまず難しいと言ってよいでしょう。

銀行カードローンでは総量規制の対象外となるので収入の3分の1縛りはありません。

ただし、銀行カードローンの審査は総量規制の対象となる消費者金融カードローン審査に比べて厳しめとなるので審査に落ちてバイク購入資金を借りれなくなってしまう可能性は高くなります。

各バイクローン審査を徹底検証~ポイント抑えれば審査突破は可能!~

手許に資金が無い場合にバイクを購入する方法は、信販系バイクローン、銀行バイクローン、カードローンのいずれかを利用してバイクを購入するための資金を調達することとなります。

ここではバイクローン審査について各々のバイクローン審査を徹底的に検証するかたちで審査のポイントやコツに関して明らかにしてみたいと思います。

信販系バイクローン審査のポイントは“保証人”

信販系バイクローンについては、バイクの運転免許証が16歳から取得可能であり、大型二輪免許・AT限定大型二輪免許に関しては18歳から免許取得が可能なので未成年に対してもバイクローン契約を認める信販会社は多いのです。

そのことから信販系のバイクローン審査については“保証人の有無”が審査通過のポイントになるケースが多いと言ってよいのです。

つまり、親や後見人が連帯保証人になることで信販系バイクローンの審査はグッと柔軟な審査となって審査通過の可能性も高くなるのです。

信販系バイクローンの審査においても返済能力はもちろん重視されます。それゆえ、未成年者の契約の場合には返済能力の担保が審査通過の重要なカギとなります。

が、安定収入ある親や後見人が連帯保証人に付けば実質的に信販系バイクローンの契約者は返済能力のある親や後見人とみなせるので審査に通り易くなるのです。

また、未成年の契約者の場合は保証人を付けられない場合はバイクローンの申込時点で断わられてしまうことがあります。

もう1つ信販系バイクローン審査のポイントを挙げれば、「信用情報」でしょう。

信販系バイクローンに限らず、お金の融資に関する審査においては必ず信用情報機関に与信をかけてローン申込者の信用情報をチェックします。

信用情報においてなにも問題がなければOKですが、過去に返済遅延などで問題を起こした経歴が残っている、任意整理などの債務整理歴がある、あるいは現在の借入状況で多額の借金を抱えているなどの情報がある場合にはバイクローン審査に通してくれません。

しかし、信販系バイクローンに申し込む本人の信用情報に多少のキズがあっても親が連帯保証人となり親の信用情報に問題がなければ信販系バイクローンの審査に通してくれる可能性はあると言ってよいのです。

以下に信販系バイクローン審査通過の条件をまとめておきます。

  • 16歳以上か?
  • 保証人を付けられるのか?
  • 信用情報に問題はないのか?

銀行バイクローン審査通過のカギは“信用力”

銀行バイクローン審査は信販系バイクローン審査よりも厳しめになります。

そして、銀行のバイクローン審査については特に申込者の「信用力の高低」が審査通過でのカギになると言って間違いありません。

銀行のローン審査ではどのローン審査においても申込者の信用力を重要視します。

銀行バイクローンを含めて銀行のローン金利はおしなべて低金利となります。

低金利で融資をするためにはできるだけ信用貸しリスクが低くて貸倒れの心配がないような信用力の高い人への融資が大前提になると言ってよいのです。

そして、この信用力に関する審査基準について言えば、たとえば先の信販系バイクローンの場合は連帯保証人が付けられることと信用情報に問題がないといった2つの点をクリアできれば信用力はOKとみなされると言えます。

しかし、銀行バイクローンでの信用力に関する審査ではさらに幅広い条件から調べられるためにハードルが高くなってしまうことで審査自体が厳しくなると言ってよいのです。

以下に各銀行のバイクローン審査についての信用力に関する審査基準の一覧を紹介しておきます。

銀行バイクローン(マイカーローン) 信用力クリアの条件 保証人の有無
三菱東京UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」 ・満20歳以上の人
・前年度税込年収200万円以上の方
・勤続年数は1年以上あること
・パソコンのEメールアドレスをもっていること(携帯メアドは不可)
原則不要
住信SBIネット銀行「Mr.ミスター自動車ローン」 ・満20歳以上
・原則安定収入ある人
・保証会社(ジェーシービー)の保証受けられる資格ある人
原則不要
ゆうちょ銀行(スルガ銀行)「フリーローン夢航路「目的別」(オートプラン)」 ・申込時に20歳以上の方
・日本国籍の人
・保証会社(SDD株式会社)の保証を受けられる資格ある方
原則不要
三井住友銀行「マイカーローン」 ・申込時20歳以上の人
・前年度税込年収200万円以上の方
・安定収入ある人
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証資格ある人
・契約時に同行のローン契約機に来店できる人
原則不要

以上のように銀行バイクローンの場合は信販系バイクローンよりも申込条件が厳しめになり未成年では申し込みできないものとなります。

また、申し込みで年収制限が設けられているところや勤続年数での条件がつく場合もありバイクローン審査についてのハードルは高めと言って間違いないでしょう。

カードローン審査通過は“安定収入”で決まる!

カードローンの審査は信販系バイクローンの審査や銀行のバイクローン審査と比べると柔軟な審査になると言って間違いないでしょう。

ただし、消費者金融カードローンの審査と銀行カードローンの審査とでは銀行カードローンの審査の方が厳しめとなるので銀行カードローンでのバイク購入資金の借り入れは難しくなってしまう可能性はあります。

が、審査が厳しめとなる銀行カードローンでも銀行バイクローン審査のように申込条件や借入条件のハードルは高くなりません。

たとえば、申し込みや利用条件での年収制限はありませんし、審査時間もバイクローン審査のように長くはかからないのでそれだけ審査は柔軟になると言ってよいでしょう。

銀行カードローンでも即日の審査回答に対応しており、その後の即日融資にも場合によって対応できるところもあります。

そして、銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、審査通過のポイントは「安定収入の有無」となります。

つまり、どちらのカードローン審査でも年収の高低は厳しく問われることはなく、収入がどのくらい安定しているのかが審査通過の条件になるということです。

たとえば、銀行カードローンでは会社の正社員や公務員であれば収入の安定度は高いとみなされて審査通過の可能性は高くなると言えます。

また、消費者金融カードローンなら銀行の審査よりも柔軟になることでアルバイトやパートといった働き方の人でも定期的に働いて毎月きちんと給料を得ていれば「安定収入アリ!」と審査でみなされてバイク購入の資金をキャッシングできます。

審査通過に必要となる書類についても本人確認書類と給料明細書などの収入証明書の提出で原則OKなので書類提出の手間や面倒さもありません。

また、必要書類について言えば、実は銀行カードローンの方が柔軟となり、たいていの銀行では100万円以下の融資額なら原則として収入証明書の提出不要で本人確認書類のみでOKとなります。

カードローン 審査通過の条件 必要書類
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) ・満20歳以上
・安定収入ある人
・本人確認書類と収入証明書類
アコム ・満20歳以上
・安定収入ある方
・運転免許証
・借入額によって収入証明書が必要
モビット ・満20歳以上
・安定収入を確保していること
・本人確認書類と収入証明書類
新生銀行カードローン レイク ・満20歳以上
・原則安定した収入ある方
・運転免許証(無い場合は健康保険証)
・当行が必要とする場合のみ収入証明書類の提出あり
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ・満20歳以上
・安定収入ある方ならOK
・本人確認書類
・限度額200万円以下なら収入証明書は不要
みずほ銀行カードローン (コンフォートプラン) ・満20歳以上の方
・安定した収入がある人
・本人確認書類
・限度額200万円までは収入証明書類は不要
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 ・満20歳以上の方
・安定収入ある方はOK
・本人確認書類
・300万円までの借入なら収入証明書は原則不要

タイプ別にオススメのバイクローンはこれだ!

最後に「バイクが欲しい!タイプ別」によってオススメしたいバイクローンについて簡潔に見てみたいと思います。

バイクローンを利用する目的は、「欲しいバイクを手に入れる!」ことですから、バイクが欲しい各人の希望をいちばんベストな方法や状態で実現できるバイクローンがその人にいちばん合致したローンになると考えてよいのではないでしょうか。

とにかく早く夢のバイクをゲットしたいなら信販系!

「とにかく欲しいバイク、夢にまでみたバイクを1分1秒でも早く手に入れて思い切りバイクライフをエンジョイしたい!」と考えている人なら、少しでも早くバイクローン契約が完了できてすぐに納車手続きまで終わらせてバイクを持ち帰ることが可能なバイクローンがピッタリと言えるでしょう。

そこでオススメになるのが「信販系バイクローン」です。

信販系バイクローンは、バイクを購入した販売店でそのままローン契約の申込みと審査を経て契約までの一連の手続きを完結できるので、審査がスムーズに運べばバイク購入を決めたその日の間に納車まで完了させられます。

だから即決即納でバイクが欲しい人には信販系バイクローンしかないと言っても過言ではないでしょう。

ただし、少しでも早くバイクが手に入る代わりに金利が高めとなることには目をつぶる必要があるかもしれません。

金利負担を考えたバイク購入なら銀行バイクローン

「バイクはすぐにでも手に入れたいけど、ローン返済のことも第一に考えて少しでも返済負担を軽くしながらバイクライフをエンジョイしたい!」といった考えの人なら、少しでもバイクローン金利が低くなるところがオススメです。

そして、バイクローン金利の低さで決めるなら銀行のマイカーローン、あるいはバイクローンしかありません。

銀行バイクローンの金利は、年2~5%台となり信販系バイクローン金利よりもはるかに低金利でバイク購入の融資を受けられます。

ただし、金利が低くなる分だけバイクローン審査については厳しめとなり審査への申込みの手続きでも用意しなければならない必要書類も多めとなって面倒な上に、審査自体にも時間がかかるので即決即納車といった段取りは期待できません。

通常は2~3日程度で審査結果が出ますが、審査の進捗状況によっては1週間以上も審査結果が出るまで待たされてしまうことも珍しくないようです。

そして、銀行バイクローンで覚悟しておくべき点は「長く審査結果を待たされた挙句に審査落ち…」といった事態も往々にして起こり得るといったことになります。

面倒な手続きは一切イヤ!手早く買うならカードローン!

とにかく申込みや審査などで面倒が少なくて時間的にも素早くバイク購入の資金を調達できて、すぐにでも欲しいバイクを納車したいのなら銀行か消費者金融のカードローンがオススメです。

すでに触れたように即決即納車なら信販系バイクローンでも可能となりますが、収入状態によっては連帯保証人を付けなければならなくなるのでちょっと面倒になってしまう可能性があります。

が、カードローンでは保証人・担保は一切不要なので、それに費やす手間や時間的ロスはありません。

つまり、信販系バイクローンよりも手続きに面倒さや煩雑さがなく、かつ審査時間についても消費者金融カードローンなら原則30分の審査時間といったスピード審査となり、場合によっては即日融資にも十分対応可となります。

それゆえ、バイク資金の借り入れの申込みから実際の融資までのトータルな時間ならカードローン利用がいちばん早いと言ってよいのです。

だから手早く面倒なくバイク購入資金をゲットしてできるだけ早く欲しいバイクを手に入れたいのならカードローン利用がいちばんのオススメと言ってよいかもしれません。

バイクローン審査についての難易度は各ローンによって異なる

バイクローンには信販系バイクローン、銀行バイクローン(マイカーローン)、カードローンといった利用が考えられます。そして、各ローンによって審査の難易度は異なると言ってよいのです。

信販系のバイクローン審査については難易度は、銀行バイクローン審査とカードローン審査の中間に位置すると考えていただければよいでしょう。

一方、バイクローン審査としていちばん難易度が高くなるのは銀行バイクローンであり、いちばん審査が柔軟になると言ってよいのはカードローン審査となります。

が、バイクローン審査の難易度では「低金利で融資を受けられる」、「ローン手続きの手間が少なくて即決即納車が可能になる」、「即日融資ですぐにバイク購入資金がゲットできる」といった様々なメリットとの抱き合わせになります。

そのことから単に難易度だけにこだわって選ぶのではなく、自分のバイク購入の目的をいちばん満たしてくれる条件となるバイクローンを利用するのが賢い利用法になると言ってよいかもしれません。

トピックス
ページトップへ